しかし堕落した、、中世の地球のように

以前私たちは、人々が神様の生き写しとして創造されたと聖書に書いてあることに出くわしました。このことは、なぜ人間の人生が貴重なものであるかを説明しています。しかし聖書は、重大な問題を説明するために、人類創造から引き続きます。その問題は、聖書の中の詩篇(歌)で見られます。

神様は、もしそこに誰か神を理解し神を探し求めるものがいるかを見るために、天国から人々を見下ろしました。すべての人々はわきへ逸れ、人々は堕落しました。そこには、たったひとりもいいことをする人がいなかったのです。(詩篇14章2-3)

これは、私たち「全て」が「堕落」したと言っています。私たちは神様の生き写しとして作られましたが、何かが私たちの中で破壊したのです。堕落は、神様からの独立として選ばれた中(全ての人々は、神様を探し求めることから逸れました)に見られます。そしてそれはいいことをしていません。

エルフとオークを考える

オークは各面で醜いが、基本的にはエルフが堕落したものである。
オークは各面で醜いが、基本的にはエルフが堕落したものである。

これを理解するために、映画ロード・オブ・ザ・リングのオークとエルフを見比べてみてください。オークは醜く、悪魔です。エルフは美しくて、平和的です(レゴラスを見てください)。しかしオークは、以前サウロンが過去に堕落したエルフだったのです。オークの中の最初のエルフの姿は、破壊されました。似たような形で、聖書は人々が堕落したと伝えています。神様はエルフを作りましたが、私たちはオークになったのです。

レゴラスのようなエルフは、高潔で壮麗でした。
レゴラスのようなエルフは、高潔で壮麗でした。

例えば私たちは、善悪の行動を知っています。しかし私たちは、何を知っているのかによって生きてはいません。それは、パソコンの正しい機能を破壊するウイルスと同じなのです。私たちの道徳的な規約はそこにあります。しかしウイルスがそれを汚染しているのです。これは、私たちが私たち自身を注意して見守ることに値します。しかしそれは質問を促しま

す。なぜ神様は、このように私たちを創造したのでしょうか?私たちは、善悪がそこから堕落したことを知っています。無神論者のクリストファー・ヒッチンズはこう批判します。

もし神様が人々をそのような考え(堕落)から自由にしたかったのであれば、彼はもっと異なった人種を作りだすべきだっただろう。(クリストファー・ヒッチンズ ”神は偉大ではない;宗教がすべてを壊した”p100)

しかし彼は何かとても大切なことを見逃しています。聖書は、神様がこのように私たちを作ったとはいっていなく、私たちが作られた後に、何か恐ろしいことが起こったのだといっています。初めに作られた人間が神様に背き、それによって彼らは変わり、堕落したのです。

人類の脱落

これは、よく「脱落」と呼ばれています。初めの人種であるアダムは、神様によって作られました。神様とアダムの間には、忠実な婚約のような契約がありました。そしてアダムはそれを破りました。聖書には、アダムが食べてはいけないと言われていたにもかかわらず、善悪を知る木からその実を食べたと書いてあります。その契約とその木自体は、アダムに神様に対して忠実のままでいるのかどうかという選択肢を与えました。アダムは、神様の生き写しとして創造され、神様との友情関係も置かれました。しかしアダムは彼の創造において選択肢はなかったので、神様はご自分との友情関係を選ぶことを許されました。それは、もし座ることができないから、立つことを選択するということが正しくはないのと同じです。(座ることができないから、残された選択である”立つ”ということを選ぶことは、そのほかに選択肢がないから選んでいるだけであって、決して正しい選択だとは言えないのです)アダムと神様との友情関係と信頼は、選ばれるべきだったのです。この選択は、一つの木から食べてはいけないという命令に集中しました。そしてアダムは背くことを選んだのです。アダムが背いたことは、私たちすべての世代を通してとめどなく続き、今日の私たちにもつながっています。それがどういうことなのか、次をみてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です