名の知れない男との永遠の約束

世界中でスポーツや政治について今現在重要視されていることは、私たちが他の娯楽やスポーツでの優勝戦、政治等のイベントに移りゆくように、すぐに忘れられることでしょう。ある日の最も目立った出来事も、次には忘れられています。私たちは、アブラハムの古代に起きたことが本当であったという以前の記事に出会いました。4000年もの前に住んでいた人々の注目を得たとても大きなな業績や劇的な状況も、今では完全に忘れられています。しかし、以前の世の中

では完全に見落とされていたけれども、その約束は密かに個々に話され、今ではそれが大きくなり、その上私たちの目の前で明らかにされています。4000年前にアブラハムに約束された約束は、実現しました。おそらく神様は実在し、世界中で任務をなしているのでしょう。

アブラハムの訴え

創世記12章の中で記録されたその約束が話されてから、アブラハムの人生でいくつもの年が過ぎました。従順により、アブラハムは、今日ではイスラエルである、カナン(約束の地)に移動しました。しかし、この約束の中で実現されるという子孫の誕生は、起こりませんでした。なので、アブラハムは心配し始めました。

その時、神様の言葉がアブラハムに幻の中でで現れました。

「怖がらなくてもよい、アブラハム。私はあなたを守り、あなたを祝福します。」

しかしアブラハムは言いました。「君主である神様、私は未だに子どもに恵まれず、私の財産を相続するのは私の使用人であるエリザーであり、あなたは何ができるのでしょう?」そしてアブラハムはまた言いました。「あなたは私に一人も子どもを与えず、そして私の雇われ人である使用人が私の相続人になるのです。」

神様の約束

アブラハムは、約束された”偉大な民族”の始まりを待ちながら、その地でキャンプをしながら暮らしていました。しかし何も起こらず、そして彼は約85歳になりました。(彼がカナンに移動してから10年もの月日が経ちました)彼は、神様は自分の約束を果たしていないと訴えました。彼らの会話はこのように続きました。

そして神様の言葉が彼に届きました。「他の男があなたの子孫になることはないでしょう。しかし、あなたの子孫になる息子が必ず生まれるでしょう。」神様はアブラハムを外へ連れ出し、言いました。「空を見上げて、星を数えなさい。実に、もし数えられるのであればだが。」そして神様は言いました。「あなたの子孫はこの数えきれない星のように大勢になるだろう。」(創世記12章:4-5)

そして神様は、アブラハムが空に輝く星の数ほどの人数になるであろう民族を得るという約束を断言し,初めの約束を詳細に話しました。そしてこれらの人々は、今ではイスラエルである「約束の地」に与えられました。

アブラハムの返答:永遠に続く影響

アブラハムはどのように拡張された約束について返答したのでしょう。次に続く文章は、全聖書の中でもっとも大切な文章の中の一文として扱われているものです。それは、私たちにとって聖書を理解するのに役立ち、神様の心を表しています。それはこう続きます。

アブラハムは神様を信じ、そして彼は彼に正義を与えました。(創世記15章:6)

代名詞を名前で置き換えたら、理解しやすいでしょう。こうなります。

アブラハムは神様を信じ、そして神様はアブラハムに正義を与えました。(創世記15章:6)

それはとても短く、単純な文章です。しかしそれはとても大切な文章なのです。なぜでしょう?なぜならば、この短い文章には、アブラハムが「正義」を手に入れているからです。まさにこれなのです。神様に受け入れられる特質、これだけなのです。

私たちの問題の復習:堕落

神様の視点では、私たち人間は、神様をイメージして作られましたが、私たちを堕落させる何かが起こりました。聖書はこう言っています。

神様は、もしそこに誰か神様を理解するものや、神様を探し求めようとするものがいるかどうかを見るために、人々を天国から見下ろしました。私たちすべての人間は道を外れ、そしてすべての人間は堕落しています。そこには、誰もよいことをする人は、一人もいません。(詩篇14章:2-3)

この堕落は、空虚さや死という、何が良いことなのかをしない習慣を私たちに与えています。もしそのことを疑うのであれば、世界中のニュースのヘッドラインを調べ、この24時間以内に人々は何をしているのかを見てみてください。このことは、有徳な神様から離れているということを意味しているのです。なぜならば、私たちすべての人間は、みな正義を持っていないからです。

私たちにとってネズミの死骸が嫌悪感を起こさせるのと同じように、神様にとってこの堕落は嫌悪感を起こすものなのです。私たちは、その死骸に近寄りたくはないでしょう。そして聖書の中の預言者であるイザヤの言葉は本当になります。

私たちすべてのものは、汚れ、私たちの有徳な行動もネズミのように汚れるものとなるでしょう。私たちすべてのものは葉っぱのように枯れはて、風のように私たちの罪が、私たちを追い払うでしょう。(イザヤ64章:6)

アブラハムと正義

しかしここには、神様とアブラハムが交わした会話があり、そこには、たとえアブラハム自身は罪の少ない人ではなかったとしても、アブラハムが神様が受け入れたという種類の「正義」を手に入れたという宣言があります。しかし、罪のあるものとして、アブラハムはこの正義を得るために何を行ったのでしょう?それはとても単純で、「信じる」ことと言っています。それだけ!?私たちは何かをすることによって正義を得ようとしますが、この男アブラハムは、「信じること」それだけで正義を得たのです。

しかし「信じること」とはいったいどのようなことなのでしょうか?そしてそれは、あなたの正義や私の正義によって何を行うべきなのでしょうか?それは次の議題に続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です