アブラハム:どのように神様は、神社(杜 , 大社)の場所を記すことで与えるのでしょう

アブラハムは、現代でいうイスラエルを旅しながら、4000年も前に住んでいました。彼は、偉大な民族になるであろう子孫を約束されましたが、彼は彼の子孫の誕生に出会うため、とても歳をとるまで待たなければいけませんでした。今日のユダヤ人やアラブ人は、アブラハムの子孫であり、私たちはその約束が果たされ、彼は偉大な民族の父として歴史の中で大切な人物だということを知りました。

アブラハムは、彼の息子であるイサックの成長を見ることがとても幸せでした。しかし、神様は、アブラハムを素晴らしい方法で試しました。このことは、すべての国民がいつか神様を礼拝するであろう場所である神社を位置するでしょう。神様はこう言いました。

「あなたの一人息子であるイサックを連れて来なさい。あなたが心から愛するその息子を。彼をモリヤへ連れて行き、イサックを私の捧げものとして焼き殺しなさい。」(創世記22章2)

このことは、理解しがたいです。なぜ神様はこうするようにアブラハムに言ったのでしょうか?神様を信用することを学んだアブラハムでさえ、そのことを理解できませんでした。

そして次の日の朝早く起きて、イサックと二人の使用人を連れ、神様が伝えた場所に向かいました。(創世記22章:3)

そして3日後、彼らはその「杜」へたどり着きました。そして

、、、彼らは神様から伝えられた場所にたどり着いた時、アブラハムは祭壇を作り、その上に薪を置きました。そして、彼は息子をしばりつけ、息子を薪の上に置きました。彼はナイフを手に取り、息子を殺す準備をしました。(創世記22章:9-10)

アブラハムは、神様に従う準備をしました。そしてちょうどその時、注目すべきことが起こりました。

しかし、神様の天使が天国からこう叫びました。「アブラハム!アブラハム!」

「私はここにいます。」アブラハムは答えました。

「その男の子をどんなやり方でも傷つけたり、痛めつけたりしてはいけません。」と天使は言いました。「今私は、あなたが本当に神様に従うのかわかりました。なぜならば、あなたは神様にたったひとりの息子を差し伸べようとしたからです。」

アブラハムがふと見上げると、木々の中に角を絡ませて動けないでいる雄羊を見つけました。そして彼は雄羊を捕まえ、彼の息子の代わりに雄羊をいけにえにしました。(創世記22章:11-13)

その最後の瞬間、イサックは死から逃れ、アブラハムは雄羊を見つけ、その代わりに雄羊をいけにえにしました。その雄羊は、イサックの身代わりになりました。この場所は、神様が存在し、そこでイサックのために提供したので、神聖な場所でした。

ここで、質問があります。この物語のこの時点では、その雄羊は死んでいるでしょうか、それとも生きているのでしょうか?

なぜそのように質問するのでしょうか?なぜならば、アブラハムがその場所に名前を付けようとするからです。しかし、ほとんどの人は、その大切さを逃しています。その物語は続きます。

アブラハムは、その場所を「神様のその山の上で与えられる」と名付けました。そして今でも人々は、「神様のその山の上で与えられる」と言っています。(創世記22章:14)

ほかの質問;アブラハムが名付けた場所「神様は与えてくださるだろう」は、過去、現在、それとも未来の文型でしょうか?

過去ではなく、未来に向けて

それは、確実に未来の文型です。多くの人々は、アブラハムがその神聖な場所を名付けた時、やぶに絡まった雄羊のことを考え、イサックの代わりにいけにえにしたと考えています。しかし、アブラハムがそこを名付けた時はもうすでに雄羊は死んでいて、いけにえにされていました。もしアブラハムがその、もうすでに死んでいていけにえにされた雄羊を考えていたのであれば、彼はその場所を、過去の文型である「神様は与えてくださった」と名付けたでしょう。そしてその次のコメントは、「そして今でも人々は、「神様のその山で与えられた」」となったでしょう。しかしその名前は、過去ではなく、未来を示しています。アブラハムは、もうすでに死んでいる雄羊を考えていたのではありません。彼は、その場所を、未来の別なこととして名付けているのです。しかし、それは何なのでしょうか?

それはどこなのでしょう?

このいけにえが起こったのは、どこか覚えておいてください。その物語のはじめでこう話されています。

「イサックを連れて行きなさい。彼を、モリヤの地に連れて行きなさい」

これは、モリヤで起こりました。それはどこなのでしょう?それは、アブラハムの時代(紀元前2000年)では、木々や野生の羊がいる荒地であり、アブラハムとイサックはその山にいました。しかし1000年後(紀元前1000年)そこに、デビット王はエルサレムの地を作り、そして彼の息子であるソロモンは、そこに初代のユダヤ教のお寺を作りました。(日本でいう大社)私たちは、旧約聖書のなかでこう学びます。

そして、ソロモンは、モリヤの山でエルサレムの神様であるお寺を建て始めました。(歴代志2、3章1)

モリヤの山は、ユダヤ教のお寺のあるユダヤ人の町である、エルサレムになりました。今日では、そこはユダヤ人にとって聖地であり、エルサレムは、イスラエルの首都であります。

アブラハムの犠牲とイエス

イエスの肩書について、少し考えてみましょう。一番よく知られているのは、「キリスト」でしょう。しかし、彼には他にも肩書があります。

その次の日、ジョンはイエスが彼に向ってくるのを見て、こう言いました。「見てください、世界から罪を取り除く”神の子羊”」(ヨハネ1章 29)

イエスは「神の子羊」とも呼ばれていました。イエスの最後の人生を考えてみてください。どこで捕らえられ、どこで十字架にかけられたのでしょう?それは、エルサレム(モリヤの山と同じ)でありました。それはとても明白でした。

彼(ピラト)はイエスがヘデロの支配下の元にあると知りました。ヘデロはその頃、エルサレムにいたので、ピラトはイエスを彼に送りました。(ルーク23章7)

その逮捕、審判とイエスの死は、エルサレム(モリヤの山)で行われました。そのタイムラインはモリヤの山で起こった出来事を表しています。

mount moriah timeline Japanese
モリヤの森で行われた、主な出来事の歴史的なタイムライン

アブラハムに戻ってみましょう。なぜ、彼はその場所を未来型である「神は与えるでしょう」と名付けたのでしょうか?イサックは、雄羊が彼のいた場所でいけにえにされた最後の瞬間で助けられました。2000年後、イエスは「神の子羊」と呼ばれ、彼は同じ場所でいけにえにされました。なのであなたと私もまた、生きることができたのです。

神聖な計画

それは、2000年の歴史によって分けられた、これらの二つの出来事とつながっている精神のようなものです。何がそのつながりを特有なものにしているかは、初めの出来事が、未来系で名付けられたことによって後の出来事を示していることです。しかし、どのようにしてアブラハムは、未来に起こることがわかったのでしょうか?どんな人間も未来をわかりません。特に、遥か遠い未来のことは。神様だけが知ることができるのです。未来を予測することと、これらの出来事が同じ場所で起こったことは、これが人間の計画ではなく、神様の計画であることを証明しています。神様は、私たちに、これを以下で示すように考えてほしいのです。

mount moriah thinking Japanese
モリヤの山でのアブラハムのいけにえは、イエスのいけにえを示すサインなのです。

神社は聖地として考えられました。なぜなら、何か神聖なことが過去にその場所で起こったからです。しかし神聖なモリヤの山は他の神社とは異なる、未来を予測した神社になりました。そしてその時、神の子羊であるイエスはアブラハムが予感した神聖な場所と同じ場所でいけにえとして自分自身をささげました。

すべての民族のためのよい知らせ

この物語には、あなたのためにもまた約束があるのです。この物語の最後に、神様はアブラハムにこう約束しました。

「地球上のあなたの子孫である民族を通して祝福されるでしょう。なぜならば、あなたは私に従ったからです。」(創世記22章18)

神社は、たった一つの民族のみのために作られました。例えば、伊勢神宮は日本人のためのものです。しかしアブラハムが記した神社は、すべての民族のためにあるのです。日本人も、ユダヤ人や中国人、韓国人やアラブ人と同じく含まれています。

それでは、この「祝福」とは何なのでしょうか?どのようにして手に入れるのでしょうか?その物語を考えてみてください。雄羊がイサックを死から救ったように、神の子羊であるイエスは、同じ場所で彼のいけにえによって死の力から私たちを救うのです。もしそれが本当なのであれば、間違いなくよい知らせになるでしょう。

モリヤの山でのアブラハムのいけにえは、古代歴史の中で大事な出来事であり、すべての民族のための神社として記されました。それは、今日での世界中の何億もの人々から記憶され、祝賀されているのです。そしてそれは、4000年後に暮らしているあなたのための物語でもあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です