Skip to content

偉大なナーガ・ドラゴンとの対決: 歴史の始まり、しかし終わりを見据える

蛇またはナーガは、アジアの民間伝承、芸術、神話に深く根付いています。それは、神話の中で蛇と多くの類似点を共有するドラゴンに匹敵します。アジアの神話もヘブライ語聖書も、ナーガとドラゴンを一緒にグループ化しています。ヘブライ語の聖典には、人類の歴史の黎明期における蛇/竜と創造主なる神との対決も記録されています。私たちはここで、これが歴史と今日の私たちの生活にどのような影響を与えたかを見ていきます。

アジアで描かれるナーガとドラゴン

アジアのさまざまな国でナーガや蛇の描かれ方は異なりますが、彼らは常に強力で賢いものとして描写されています。ナーガは水と関連しており、伝統的に地下の洞窟や穴に住んでいると信じられています。このような役割から、彼らは冥界(パタラまたはナーガ・ロカ)とつながっています。仏教神話では、ナーガをナーガ・ロカと呼んでいますが、それは、忉利天の支配者である 帝釈天 (サンスクリット語: शक्र; パーリ語: सक्क) がナーガ を倒したのからです。

五頭のナーガ、ローイエット、タイポーイリー、パブリックドメイン、ウィキメディアコモンズ経由

仏教の伝統の中で、ムカリンダは最も重要なナーガです。彼はかつて、激しい嵐の中、仏陀が瞑想している間、風雨から仏陀を守りました。アジアの芸術では、ナーガは複数の頭を持つ蛇のような姿、または半分が人間で半分が蛇の姿で描かれています。

ナーガと同様、ドラゴンは水と関係があります。アジアの芸術では、一般的に、長く、螺旋状の蛇のような体と4本の足を持つドラゴンが描かれています。ドラゴンは、それにふさわしい人々の力、強さ、幸運の象徴でもあります。仰韶龍の像の発見は、アジア文化における龍の起源が数千年前に遡ることを証明しています。

穴に投げ込まれたドラゴン

聖書の中のナーガ・ドラゴン

古代ヘブライ語聖書には、創造主なる神の敵対者と最初の人類との出会いが記録されていますこの出会いにおいて、霊は蛇に憑依し、創造主である神に従わないように人間を誘惑したため、人間は神の似姿から腐敗してしまいました。それ以来、聖書は悪魔を蛇(ナーガ)と龍の両方と結びつけています。

9 こうして、この巨大な竜、悪魔またサタンと呼ばれ、全世界をだまし続けてきた古い大蛇は、手下もろとも、地上に投げ落とされてしまったのです。

ヨハネの黙示録 12:9

庭園におけるモークシャ(解脱)の約束

創造主である神が無常のサイクルを設定する対決では、蛇と対峙します。聖書には次のように記録されています。

14 それを聞いて、神は蛇に言いました。「おまえがそんなことをした罰だ。いいか、あらゆる家畜、野生の動物の中で、おまえだけがのろわれるようになる。生きている間中、ちりの中をはい回るがいい。 15 これからのち、おまえと女は敵対するようになる。おまえの子孫と女の子孫も同じだ。女はおまえを恐れるだろう。子孫同士も、互いに相手を敵視するようになる。おまえは彼(キリストを暗示する)のかかとにかみついて傷を負わせるが、彼に頭を踏み砕かれてしまうのだ。」

創世記 3:14-15

まず創造主である神は動物そのものを呪いました(14節)。これは、アジアの図像における蛇と龍の関係を示唆しており、竜は小さな足を持つ蛇として描かれています。

登場人物と大いなる謎かけとの、その関係

15 節で、創造主である神は、蛇に取り憑いた大いなる霊である悪魔に対して謎を出します。この謎は、段階的に解いていけば理解できます。

この謎には 5 人の異なる登場人物が言及されていることがわかります。また、これは未来を見据えており(未来時制「will」が繰り返し使用されている)、預言的であることにも注目してください。登場人物は次のとおりです。

  1. 「私」 = 創造主の神 (神が話しているので)
  2. 「あなた」 = 蛇(悪魔)(神が彼に話しかけるので)
  3. ‘その女’
  4. 「あなたの子孫」 = 蛇の子孫
  5. 「彼女」 = 女性の子孫

この謎は、これらの登場人物が将来互いにどのように関係するかを預言するものでもあります。女性と蛇の間、そしてそれぞれの子孫の間には「敵意」が生まれ、蛇と女の子孫との間に交流があるのです。そして、蛇は女の子孫の「かかとを打ち」、一方で女の子孫は蛇の頭を砕きます。以下の図は、これらの関係を示しています。

園の約束における登場人物の関係性

子孫に関する推論 – 「彼」について

これまでのところ、文脈から直接観察しただけです。ここからは、根拠に基づいた推論です。神が女性の子孫にどのように言及しているかに注目してください。

15 これからのち、おまえと女は敵対するようになる。おまえの子孫と女の子孫も同じだ。女はおまえを恐れるだろう。子孫同士も、互いに相手を敵視するようになる。おまえは彼(キリストを暗示する)のかかとにかみついて傷を負わせるが、彼に頭を踏み砕かれてしまうのだ。」

創世記 3:15

この謎は女性の「子孫」を「彼」として言及しているため、この子孫が一人の人間の男性であることがわかります。これは男性を指しているのです。これで、いくつかの考えられる解釈を捨てることができます。

「彼」である以上、その子孫は「彼女」ではないため、女性であるはずがありません。 

「彼」であるため、子孫は「彼ら」ではありません。これは、人々の集団、人種、団体、または国家を除外します。さまざまな時期に、さまざまな方法で、人々は「彼ら」がドゥーカの呪いを解決してくれると考えてきました。しかし、子孫は「彼」なので、国家であろうと、ヒンズー教徒、仏教徒、キリスト教徒、イスラム教徒などの特定の宗教に属する人々であろうと、人々の集団ではありません。

「彼」であるため、子孫は「それ」ではありません。むしろ子孫は人間です。

「彼」の意味

その意味について少し考えてみましょう。歴史を通じて、最も聡明で賢明な人々が、新しい哲学、政治システム、経済モデル、先進技術を開発してきました。通貨制度の発展、過去 200 年間に開発された新技術、医学の飛躍的進歩、民主主義の進歩について考えてみましょう。これらすべては、良いことであり歓迎すべきことかもしれませんが、「それ」のさまざまな形態です。人間の最も聡明な頭脳は、ほとんどの常に、人類の状況を助けるために、より新しくてより良い「それ」を探してきました。ゴータマ・ブッダの洞察と教えは、この膨大な貢献の一部です。

しかし、ここではこの約束はまったく異なる方向を向いています。より良い「それ」を期待しているのではなく、むしろ「彼」を期待しているのです。この「彼」は、クレーシャを世界に解き放った蛇との闘いを何らかの形で担うことになります。

蛇の頭は砕かれる

これにより、その子孫が特定の哲学、教え、テクノロジー、政治制度、または宗教である可能性が排除されます。このような種類の「それ」は、おそらく今も昔も、世界を修復するために私たちが好んで選択するものであるでしょう。私たちは、自分たちの状況を解決してくれるのは、ある種の「それ」だと考えています。そのため、人類の最高の思想家たちは何世紀にもわたって、さまざまな政治制度、教育制度、技術、宗教などを主張してきました。しかし、この約束はまったく異なる方向を指しているのです。神は別の何か、つまり「彼」を念頭に置いていました。そして、この「彼」は蛇の頭を砕くことになります。

女と「彼」

神が言わなかったことに注目してください。創造主である神は、「彼」が男性と女性から生まれるとは約束していません。また神は人間が子孫を残すとも約束していません。この謎は、女性が子孫、つまり「彼」を産むことを単に約束しているだけです。神はこのことを、人間が子孫を残す役割を果たすことは示唆せずに述べています。特に古代世界では父親を通してのみ息子が生まれることが重視されていたことを考えると、これは極めて異例なことです。しかしこの場合、男性から子孫(「彼」)が生まれるという約束はありません。そこには、女性から子孫が生まれるとだけ書かれており、男性については言及されていません。

歴史的にも神話的にも、これまでに生きたすべての人間の中で、母親はいたものの物理的な父親はいなかったと主張されているのはたった一人だけだからです。それがイエス・キリストであり、新約聖書(数千年後に書かれた)では処女から生まれたと宣言されており、したがって母親はいるが人間の父親はいないのです。この謎は、歴史の初めにイエスが登場することを予兆しているのでしょうか?これは、子孫は「彼女」、「彼ら」、または「それ」でもなく、「彼」であるという観察とも一致します。その観点から見ると、謎のいくつかの部分が適切に当てはまります。

「かかとを打つ」??

蛇が「かかとを打つ」とはどういう意味でしょうか?私がアフリカのジャングルで働いていたとき、湿気の多い暑さの中でも分厚いゴム長靴を履かなければなりませんでした。そうしないと、長い草の中に寝そべっている蛇が私たちの足、かかとを襲って殺してしまうからです。そこでの初日は蛇を踏みそうになり、死にそうになりました。その後、このなぞなぞの意味が分かりました。やって来る「彼」は蛇を滅ぼします(「頭を砕く」)が、その代償として自分の命を払います(「彼のかかとを打つ」)。このことは、イエスがその後死からよみがえったことから、犠牲の死において勝利を収めたことを暗示しています。

イエスは死からよみがえった

蛇の子孫?

しかし、彼のもう一つの敵であるこのサタンの子孫はについてはどうでしょうか?それを徹底的に追跡するスペースはありませんが、聖書の後の書物には、ある人物の登場が預言されています。次の記述に注目してください。

1-2 さて、主イエス・キリストがもう一度来られることと、その時、一堂に集められた私たちが主にお会いすることについて、どう考えていますか。愛する皆さん。主の日はもう来たなどといううわさを耳にして、興奮したり、あわてたりしないでください。たとえ、このことについて幻を見たとか、神から特別のお告げを受けたとか言う人が現れても、また、私たちから送られたもののように偽造した手紙を見せられても、信用してはいけません。

どんなことを言われても、惑わされたり、だまされたりしないように気をつけなさい。なぜなら、主の日は、次の二つの現象が起こるまでは実現しないからです。まず、世をあげて神に逆らう時代が来ます。それから、反逆者である反キリスト、すなわち滅びの子が現れます。 彼は、神と名のつくものにはことごとく反抗し、また、礼拝の対象をすべて打ちこわします。そして神殿に入って神の座につき、自分こそ神だと宣言します。

テサロニケ人への手紙Ⅱ 2:1、3-4。西暦50年頃ギリシャでパウロによって書かれた

これらの後の書物は、女性の子孫とサタンの子孫の間の衝突へのカウントダウンが描かれています。しかし、この謎の中で、人類の歴史の初期に、胎児のような形で初めて言及されました。後の預言でさらに詳細が明らかになります。したがって、歴史のクライマックス、つまりサタンと神の最後の争いへのカウントダウンは、この謎の早い段階から予見されていたのです。

注目すべき聖書の図書館

この約束の重要性を理解するには、聖書に関する基本的な事実をいくつか知っておく必要があります。私たちは聖書を本だと考えていますが、より正確には移動図書館です。これは、聖書が 1500 年にわたってさまざまな著者たちによって書かれた書物の集まりで構成されているためです。現在、これらの本は 1 冊の聖書にまとめられています。これらのさまざまな聖書の本には、後の本で続く声明、宣言、預言が書かれています。

厳選された聖書筆者とその著書の歴史年表

神聖なメッセージを伝える

もしたった一人の聖人、あるいはお互いを知っている聖人のグループが聖書の本を書いたとしたら、それは目立たないものになってしまうでしょう。しかし歴史上、聖書の筆者たちは何百年、あるいは何千年も隔てられています。彼らはさまざまな文明、言語、社会階層、文学ジャンルで執筆しました。しかし、彼らのメッセージと預言は、その後の賢人たちによって一貫してさらに発展さしています。同様に、古代の預言は、聖書の外でも検証可能な歴史の事実を通じて成就しています。これは、数千年後のイエスにおいて成就する「女の種の謎」に見られます。

このことが聖書を超越的なレベルで独特なものにしています。人間はどのようにして数百年にわたってメッセージを調整し、何百年も先に起こる出来事を正確に予測できるのでしょうか? 作家たちは、創造主なる神が彼らの著作に霊感を与えてくれたからだと主張しています。彼らの預言を歴史的に検証する能力により、創造主が本当に彼らを通して私たちに語りかけているかどうかを判断することができます。

そのため、私たちは聖書の物語の目的を理解し、その信頼性を確認するために聖書の物語を調査し続けます。聖書の信頼性の紹介についてはここを、また旧約聖書への聖書の応用についてはここをチェックしてください。ここでは、アダムの存在を示す中国語の文字の歴史的証拠を見ていきます。そして、最初の人類に与えられた次の慈悲に目を向けても見ていきます。私たちは今日、当たり前のことだと思っていますが、服を着るということは私たちに毎日影響を与えています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *