Skip to content

大洪水から学んだ教訓

中国の正式な56の少数民族の1つであるミャオ族は、長い間そこに住んでいます。彼らの起源は多くの議論と憶測の対象となっています。何世紀にもわたって、漢民族は彼らをさらに南に押しやりました。このようにして、モン族と呼ばれるミャオ族の有力な氏族がベトナム、ラオス、タイに流出しました。中国の清朝時代、ミャオ族は常に漢民族と戦っていました。その後、20 世紀にはモン族はインドシナ戦争でベトナム軍やラオス軍と戦ったため、モン族の歴史は中国、ベトナム、ラオス、タイの歴史と一体となっています。 

モン族の洪水の伝統

ミャオ族 (またはモン族) は、何千年もの間、口承による神話の伝承を守り続けてきました。彼らの神話の1つは、遠い昔の大洪水が彼らの起源であると説明しています。ミャオ族の氏族ごとにバージョンは異なりますが、通常は次のようになります。

大洪水
ギュスターヴ・ドレ、パブリックドメイン、ウィキメディア・コモンズ経由

誰が悪い性質を持って、
火を放ち、丘を燃やしたのでしょうか?
誰が悪い性質を持って、
水を送って地球を破壊するようになったのでしょうか?
こう歌う私には分かりません。


ジーは知っていました。ジーは性格が悪く、
ジーは火を放って丘を焼き払いました。
雷はそうでした。雷の性質は悪く、
雷は水を送り、地球を破壊しました。
なぜ知らないのですか?

ETCヴェルナー。1922年。中国の神話と伝説。

この洪水から逃れられたのは兄と妹だけでした。彼らは大きなひょうたんをボートとして使って逃げたのです。彼らは兄弟だったので結婚することに消極的でしたが、最終的には結婚しました。ミャオ族だけでなく地球上のすべての民族は彼らから生まれました。この伝承のバリエーションは「ベトナムのほぼすべての東南アジア民族グループ」に見られます。

タイの洪水の伝統

タイ族にも、非常によく似た天地創造と洪水の神話があります。それは次のようになります:

「最高神プー・ルトゥア(ผู้รู้ทั่ว)は最初の男性と女性を創造しました。神は彼らをプー・サンカサ・ヤ・サンカシ(タイ語: ปู่สังกะสา-ย่าสังกะสี)、またはサンカサじいさんとサンカシばあさんと名付けました。千年が経ち、彼らの子孫は邪悪で粗野であり、最高神を崇拝することに興味がありませんでした。神様は怒って、彼らに大洪水の罰を与えました。幸いなことに、巨大な魔法のひょうたんの中に逃げ込んだため生き残った子孫もいます…」

シラポーン・ナタラン。1996. タイ語族の創世神話の分析。

やがて水は引き、乾いた土地が現れ、生き残った人々は耕作を学びました。彼らからタイ人が生まれました。

中国の洪水の伝統

中国の民話「天を繕う女媧 (中国語: 女娲补天)」では、女媧は大洪水による破壊から世界を救いました。天界では神々の間の争いが洪水を引き起こしましたが、彼女は地上に水を注いでいる宇宙の穴を塞ぎ、洪水を止めました。

アジア各地には、彼らの先祖を飲み込んだ洪水についての伝説が残っています。物語は一貫して、少数の人々だけが生き残り、その後人類はそこから、人口が増え、繁栄していったと主張しています。同様の洪水の伝承は世界中の文化に見られます。

女媧像、邯鄲、中国
ギュスターヴ・ドレ、パブリックドメイン、ウィキメディア・コモンズ経由

古代ヘブライ語の聖書にも同様の記述がありますが、これは口頭伝承としてではなく、洪水の生存者による書面による記録として残っています。聖書に書かれた記録は、今日地球上のすべての民族はその生き残った家族の子孫であると主張しています。おそらく、アジアの洪水神話は、聖書に記された同じ洪水のかすかな記憶なのかもしれません。

私たちは人類の創造に関する、輪廻と苦悩をもたらした楽園の誘惑などの聖書の記述を調査しました。私たちはまた、人類の歴史を方向づける謎かけのような約束を解き明かしました。 

聖書はその後、アジアを含む世界中の人々がさまざまな形で記憶している大洪水について詳しく述べています。

聖書におけるノアの洪水

洪水の始まり
Sweet Publishing
CC BY-SA 3.0、Wikimedia Commons経由

聖書には、ノアとその家族だけが生き残った大洪水が記録されています。聖書の全文を読むにはここをクリックしてください。この出来事の記憶は、さまざまな文化、宗教、民族の多くの歴史に残されています。 洪水によってのみ形成された堆積岩が地球を覆っているため、人類学的証拠だけでなく、この洪水の物理的証拠も得られています。しかし、今日の私たちがこの記述から学べる教訓はあるでしょうか?

欠落した慈悲

神やカルマが腐敗(罪)を裁いているのではないかと疑問に思うとき、「慈悲が得られることを望んでいるから、あまり心配していません」と考えたくなることがあります。ノアについてのこの記述は、再び考えるきっかけとなるはずです。洪水はその世界全体を(ノアと彼の家族を除いて)破壊しました。では、そのとき慈悲はあったのでしょうか?それは箱舟によってもたらせました。

神はノアに箱舟の建造を命じた
Sweet PublishingCC BY-SA 3.0、Wikimedia Commons経由

神は慈悲深く、誰でも利用できる箱舟を備えてくださいました。誰でもその箱舟に入り、慈悲と洪水の到来から安全を得ることができたでしょう。しかし、ほとんどすべての人々は、来たる洪水に対して信じられないという反応を示しました。彼らは洪水が本当に来るとは信じておらず、ノアを嘲笑しました。そのため彼らは滅んだのです。しかし、箱舟に入りさえすれば、彼らは裁きを逃れることができたでしょう。

当時の人々の中には、より高い丘に登ったり、大きないかだを作ったりすることで洪水から逃れられると考えた人もいたでしょう。しかし、彼らは来たる洪水の規模と威力を完全に過小評価しており、その前には無力でした。これらの「良いアイデア」では、その裁きには不十分でした。彼らは自分たちを適切に保護できるもの、つまり箱舟が必要でした。彼らが箱舟の建造を追っている間、それは来たる裁きと慈悲の両方のしるしとして機能しました。そしてノアの例に注目することで、今日も同じように語られます。この言葉は、私たちが慈悲を受けることができるのは、自分自身の良い考えによってではなく、神が定めた備えによるものだということを思い出させます。

慈悲を受ける

では、なぜノアは神の慈悲を見出したのでしょうか?聖書には次のような言葉が何度も繰り返されています。

そしてノアは主が命じたことをすべて実行しました。

私たちは通常、自分が理解していること、好きなこと、同意することだけを行う傾向があります。神はノアに洪水が来ると警告し、陸に箱舟を建てるよう命じました。ノアの心には多くの疑問があったに違いありません。彼は、自分は多くの功績を積み上げてきたので、箱舟を造る必要はなかったのではないかと考えることもできたでしょう。しかし、彼は命令されたことの「すべて」を実行しました。それらは、自分が理解ししていることでも、納得していることでも、彼にとって意味のあることでもありませんでした。彼は私たちが見習うべき素晴らしい模範を残しました。

救いへの扉

聖書には、ノアとその家族、動物たちが箱舟に入った後、次のように書かれています。

16 主の命令どおり、それぞれが雄と雌のつがいで入れられたのです。そのあと神が船の扉を閉じ、心配はなくなりました。

創世記 7:16

神はノアではなく、箱舟への一つの扉を支配し、管理していました。洪水が来て水位が上昇したとき、外の人々がいくら叩いてもノアはドアを開けることができませんでした。神はその一つの扉を支配していたのでした。しかし同時に、中にいる人たちは、神が扉を制御しているので、風や波が扉を強制的に開くことはできないと確信することができました。彼らは神の配慮と慈悲の扉の中で安全でした。

神は決して変わらないので、これは今日でも私たちに当てはまります。聖書は、新たな裁きが来る、そしてそれは火による裁きであると警告しています。しかしノアは、裁きが来る前には慈悲は常に差し伸べられることを私たちに保証しています。私たちは、必要を満たし、慈悲を与えてくれる、備えられた「箱舟」を探すべきです。

洪水にも傷つかなかった箱舟
Sweet PublishingCC BY-SA 3.0、Wikimedia Commons経由

もう一度犠牲を払うために

聖書には次のようにも書かれています。

20 ノアはそこに主への祭壇を築き、神から指定された動物や鳥をささげ物としてささげました。

創世記 8:20

これは、ここで観察した生贄のパターンに当てはまります。ノアは、神が慈悲をくださるという信頼を示し、やがて来ると知っている別の犠牲を思い描くために動物の生贄を捧げました。

聖書には、この犠牲の直後に神が「ノアとその息子たちを祝福し」(創世記9:1)、ノアと契約を結び(創世記9:8-11)、洪水で再び地球を裁かないことを誓ったと書かれています。

聖書には、洪水の後、さまざまな人種や言語がどのように発生したかが記録されており、それについては次の記事で詳しく説明します。

再生 – 法によって、それとも…

聖書の中で、ノアの子孫であるヘブライ人は、純潔さと清さを得るために2つの方法を得ました。一つの方法は功徳を積むことでした。問題は、誰も十分な功績を得ることができないことでした。もう1つの方法は、はるかに神秘的で、再生を達成する前に神秘的な死を伴うものでした。イエスもこのことについて教えています。彼は当時の学者に次のように語りました。

「そうですか。でもよく言っておきますが、あなたはもう一度生まれ直さなければ、絶対に神の国に入れません。」

ヨハネの福音書 3:3

聖書は、人々の歴史上の出来事を通して、これら両方の道を説明しています。それらは私たちがそこから学ぶことができるように、例として書き留められました。これは、人類の離散後に起こったアブラハムへの神の呼びかけに見られます。創造主の神は、今日の見出しを独占するような出来事を引き起こすためにこの呼びかけを用いたのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *