Skip to content

人類のドゥカの呪い

私たちは、古代ヘブライ語の聖典に、歴史の初めにどのように渇望 (タンハー) と間違った考え (クレーシャ) が生じたかが記録されていことを知りました。しかし、ドゥッカとして知られる苦しみ、痛み、不幸についてはどうでしょうか?ドゥッカとタンハーは共に、ゴータマ・ブッダが明言した四諦の重要な要素を構成しています。

同様に、アニッカ(パーリ語) またはアニティヤ(サンスクリット語)と呼ばれる無常についてはどうでしょうか。このアニカの洞察は、すべての存在は一時的で、儚く、不変であると主張しています。物質的なものであれ、精神的なものであれ、すべてのものは継続的に変化する複合体であり、衰退と破壊を受けます。それらは発生し、最終的には消滅するのです。 

古代ヘブライ語の聖書には、アニッカまたは、無常がどのようにして生じたのかを説明しているのでしょうか?

私たちは、創造主である神の敵対者(悪魔またはマーラ)が最初の人類を不従順に導いたことを学びました。人類は神の似姿に創造されましたが、その似姿は煩悩と渇望によって損なわれてしまいました。その後、創造主である神は、敵対者と人類の両方に対応しました。敵対者に対する神の反応は後で見てみましょう。ここでは、神がどのようにして物質的な宇宙、具体的な形の領域、または色界 (Rūpadhātu) に輪廻を確立したかがわかります。  

宇宙の輪廻 – そしてその中のすべて

創造主は最初の人間に立ち向かい、彼らの不従順さを明らかにしました。それから神は、苦しみ(ドゥカ)、無常(アニッカ)、そして死(ムテュ)という原則を世界に定めたのでした。ヘブライ語の聖書には、創造主なる神がどのようにこのことを告げたかが記録されています。

アダムは畑で働く
畑で働くアダム
ヤン・ブリューゲル、PD-米国失効、Artnet経由

17 最後に神はアダムに言いました。「あれほど食べてはいけないと言ったのに、あなたはそれを食べたので、土地はのろわれたものとなった。あなたは生きるために、一生あくせく働かなければならない。 18 土地にはいばらとあざみが生え、あなたは野草を食べるようになる。 19 死ぬまで汗水流して土地を耕し、働いて糧を得、そしてついに死に、再び土に帰る。土から造られたのだから、また土に帰らなければならないのだ。」

創世記 3:17-19

すべての物質的な生命(人間、動物、植物)は、地中の化学元素、つまり「塵」から造られました。したがって、創造主である神が「地」を呪ったとき、これらの地の要素から発展したすべての生命を間接的に呪っったのです。これは生態系全体、つまり生命を動かすシステムのサイクルに影響を与えました。もはやこれらのサイクルが調和することはなくなりました。その代わりに、人間は「苦痛ん満ちた苦労」の中で人生を経験することになりました。そして自然は人間の仕事と努力を挫折させ、「いばらとアザミ」、つまり痛みを生み出すようになりました。最終的に、人類の運命は塵に還ること、つまり死へと向かうのです。

それ以来、無常、またはアニカが宇宙の要素を特徴付けています。人間は化学元素(炭素、水素、酸素など)から作られているため、苦しみ(ドゥカ)や無常を経験することになります。生を全うすることで、老化による死の侵食が着実に迫ってくるのを感じるのです。人間であれ、動物であれ、植物であれ、すべての生き物にとって死は例外なく避けられない運命なのです。

家族の苦しみと対立

創造主である神はまた、男性と女性の関係に影響を及ぼす宣言をしました。

16 次に女に向かって、神は言いました。「あなたは苦しみ抜いて子どもを産む。それでもなお夫の愛を求めるが、彼はあなたを支配する。」

創世記 3:16

もともと私たち人間は、神に似せて男と女として創造されましたが、この一体性は崩れてしまいます。むしろ、二人の間に対立とライバル関係が起こることになったのです。出産や子育てという役割は、満足のいくものではなく、「苦痛」を伴うものとなってしまったのです。

この記事では、中国の文字を調査し、この出来事が歴史の中で実際に起こったという証拠を見つけていきます

人類の歴史は、時代を超え、あらゆる文化を超えて、思いやりのない世界による痛み、家族の苦しみ、すべての人々の病気、老い、死を記録しています。この現実はあまりにも明白です。しかし、なぜ創造主は人間のクレーシャ(煩悩)やタンハー(執着)に対してこの呪いをかけたのでしょうか?

なぜドゥカと死の原則なのか?

「善悪を知る木」は、単に何かを理解するという意味での「知識」を与えたわけではありませんでした。悪魔の誘惑の中で、彼はその木の実を食べる際にこう言いました。

5 神様はわかっているんです。その実を食べたら、善と悪の見分けがついて神様のようになってしまうってことを。」

創世記 3:5

神が善悪を「知っている」のは、人間が算数、幾何学、代数学を学ぶにつれて数学を「知る」ようになるというような意味ではありません。神は、何が善で何が悪であるかを決定するという意味で、善悪を「知っている」のです。神が知ることは、学ぶことではなく、決定することにあります。私たちは算術の規則を学ぶかもしれませんが、その規則がどのようなものになるかを決定することはありません。それらをただ学ぶだけなのです。このように、私たちは単に 2 + 2 = 5 と決めることはできず、むしろ 2 + 2 = 4 であることを学びます。これは私たちを超えた数学的真理です。 

この時点まで、男も女も何が善で、何が悪かを決めるのは神であると信じていました。悪魔の誘惑の核心は、何が善で何が悪かを決定する神を信じなくさせることでした。代わりに、神自身のように、彼らは自分たちの本質で何が善であり、何が悪であるかを決めるのです。その一歩を踏み出すことで、彼らは神からの独立を宣言しました。神の支配から離れ、自分たちの支配を確立しようとしていたのです。人間もまた自分も(小さな)神であると決めたのでした。

死への分離

こうして人間は魂において自分自身を創造主から切り離したのです。しかし、彼らの生命の源は創造主からのものであったため、これは非常に愚かな行為でした。枝は栄養のために木の根を必要とするため、一生根にくっついたままでなければなりません。同様に、人も神との一体性を保たなければならないのです。根元から切り離された愚かな枝はやがてすぐに枯れてしまいます。人間が神の命令に背いたとき、同じことが起こりました。愚かな枝である人間は、命の源である根から自らを切り離してしまったのでした。

魂の分離

古代ヘブライ語の聖書では、死は「分離」を意味していました。私たちは、人が肉体的に死ぬとき、死について、魂と肉体の分離という観点からのみ考えることがよくあります。肉体的な死では、人の魂が肉体から分離し、人は「死」にます。体に宿っていた「人」が旅立ち、体が空っぽになり「死んだ」ように見えるのです。しかし、死は魂と肉体の分離だけではありません。

ヘブライ語聖書は死をそれだけではなく、より包括的なものとして捉えていました。死はまた、人間とその生ける創造主との間の霊的な分離を意味しました。人は「神のように」なるために善悪の知識の木の実を食べた瞬間、死にました。彼は霊的に創造主から分離したのです。この分離は、羞恥心、隠れること、そして非難という形で現れました。人は無知な思考(クレーシャ)と渇望(ターニャ)の奴隷となってしまったのです。

ダートゥスの分離

以下のように考えることもできます。仏教の宇宙論は、存在の精神的な面が 3 つの領域、つまりダートゥに分かれると提唱しています。

  • 無色界 ( Ārōpyadhātu ):形のない般若に対応。
  • 色界 ( Rāpadhātu ) 
  • 欲界 ( Kamadhātu )

初めに、形のない領域または霊界は、物質界または形相界と一体でした。しかし、邪悪な欲望が生じたとき、神の霊の領域 である無色界( Ārōpyadhātu ) が色界 ( Rōpadhātu ) から分離され、霊的な死が生じました。男はその日に霊的に亡くなりました。そのため、肉体的な死が始まったのです。

ボロブドゥール寺院、インドネシアイルル・オジクCC BY-SA 4.0、ウィキメディア・コモンズ経由

世界最大の仏教寺院であるボロブドゥール寺院は、仏教の宇宙論の 3 つの領域を映し出すように設計されています。各領域はそれぞれの色で強調されており、中心の白は仏陀の境地を象徴しています。下の図は、ボロブドゥール寺院が 3 つの領域を巡る様子を表しています。

ボロブドゥール寺院グナワン カルタプラナタの図CC BY-SA 3.0、ウィキメディア コモンズ経由
ボロブドゥール寺院の頭上グナワン・カルタプラナタCC BY-SA 3.0、ウィキメディア・コモンズ経由

別居と離婚

何が起こったのかを理解するための手段として結婚と離婚を使うこともできます。聖書はこの比喩を使って、創造主である神と人間との関係を説明しています。結婚相手が離婚を申請すると、夫婦は財産を分割し、別々の生活を送ります。最初の人間が木の実を食べたとき、彼らは創造主に離婚を申し出ました。

しかし、どのように資産を分ければよいのでしょうか?

すべてのもの(光、エネルギー、情報)は創造主のものであり、人類は離婚した場合、唯一の資産として、空の暗闇だけを保持することになります。このような離婚がどのようなものか、私たち人間が少しでも味わうことができるようにするために、創造主はこの分離に同意しました。この分離において、人類は完全な混沌と崩壊がどのようなものかを少しだけ味わうことができました。そこで神は、絶え間なく存在し、無秩序と衰退をもたらす輪廻のサイクルを定めました。これによって、別離が永久離婚になる前に、結婚生活に戻りたいかどうかを決めることができます。

創造主は人間を愛し、その愛を取り戻そうと計画しました。輪廻により、人々は離婚計画を見直すことができるようになりました。創造主である神は人間を救い戻すことを計画していましたが、人間は神の命から離れた存在がどのようなものかを感じ、味わう必要がありました。そのため、私たちが学ぶことができるように、世界は悪い方向に変わったのでした。 

しかし、創造者に背くという私たちの決断は、私たちをさらに悪い方向に変えてしまいました。聖書は私たちを本来の姿が腐敗したものとして描いています。患者が自分の病状に関する医師の否定的な診断を理解する必要があるのと同じように、私たちも自分の現状を理解する必要があります。次に、この記事で見ていきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *