Skip to content

西遊記: アブラハムからあなたへ

西遊記(中国語: 西遊記;ピンイン: Xī Yóu Jì ) は、中国の古典小説の中で最も偉大なものの 1 つであり、明の時代に出版されました。2016年には『玄奘』という映画にもなりました。

玄奘の絵画
東京国立博物館、パブリックドメイン、ウィキメディア・コモンズ経由

この小説は、歴史上の僧侶玄奘(玄奘; 602–664)の伝説的な巡礼を描いています。彼は仏教の聖典 (経典)を入手するために、中国から中央アジアを経てインドへ旅しました。彼は多くの試練を経て帰国し、大唐西域记その旅の記録を書きました。

『西遊記』では、ゴータマ・ブッダが架空の僧侶、唐三蔵に旅を課します。その後、仏陀は過去の罪の功徳を積むために彼に協力することに同意する3人の守護者を与えました。これらの弟子は、孫悟空朱八傑沙武京であり、唐の三蔵法師の馬として行動する龍王子と並んでいます。この巡礼者たちは、力と協力の徳によって目的地と悟りを目指して旅をします。途中、彼らは三蔵法師の純粋な肉を食べることで罪を打ち消すことを望むさまざまな悪魔に遭遇します。 

娯楽小説ではありますが、その設定は暗いものです。ゴータマ・ブッダは、中国が「貪欲、快楽主義、乱交、罪しか知らない」ため、聖典を取り戻してくれる立派な僧侶を探していました。唐の三蔵法師の仲間である豚、猿、砂の怪物、龍は、過去の罪を償う功徳を得るために彼を助けます。悪霊や動物の霊が巡礼者を襲うのは、彼らが罪縛られているからなのです。

アブラハムの西方への旅

小説としてではなく実際の歴史として書かれていますが、古代ヘブライ語聖書にも同様に暗い物語が記録されています。そこには罪、クレーシャドゥカに陥った古代世界を描かれています。洪水で世界を破壊し国々を分散させた後、創造主は敵を倒すために仕事を続けました。初めに、神は来たる「彼」を中心とした約束を通して自分の計画の概要を説明しました。そして創造主は、「彼」を生み出す「女性」を育てる過程を開始します。 

旅を続けるアブラハム ヨセフ
・モルナール、パブリックドメイン、ウィキメディア・コモンズ経由

彼は西へ旅する巡礼者を呼び寄せることでそれを実現しました。唐の三蔵法師と同じように、この巡礼者たちも多くの困難に直面することになります。アブラハム(またはアブラム)と名付けられた彼は、この旅から決して故郷に戻ることはありませんでした。西遊記の小説とは異なり、今日の私たちは彼の旅の結果として良いカルマを経験することができています。彼の旅がもたらした影響については、今日のニュースで定期的に耳にすることもあるため、これは架空の小説ではないのです。私たちはこの旅の良いカルマを得ることができますが、それを認識できた場合に限ります。アブラハムは文字通りの肉体的な旅をしましたが、同時に霊的な旅もしました。それが私たちに道(マルガ)を開いたのです。その方法については次回以降に記事で紹介します。  

人間の問題 – 神の計画

創造主なる神には計画がありました。この計画は、あまりにも小規模で取るに足らないもののように思われるため、私たちが期待するようなものではありませんでした。しかし、これが神が選んだ計画でした。この計画は紀元前約 2000 年 (つまり 4000 年前) に起こり、一人の男とその家族を召したのです。神は彼と、祝福を受けることを選択した人々を祝福すると約束しました。聖書にはアブラハムに対する神の約束が次のように記録されています。

12 父テラが死んだ時、主はアブラムに命じました。「あなたは、ここを発ちなさい。あなたの親族も住み慣れた地も捨てて出かけるのです。行く先はわたしが教えるから、ただ示されたとおりに進みなさい。 2 そうすれば、あなたを偉大な国民の父にしよう。あなたを祝福し、その名を広めて、だれ一人知らぬ者がないようにしよう。あなたによって、ほかの多くの者も祝福されます。 3 わたしは、あなたを祝福する者を祝福し、あなたをのろう者をのろう。アブラムによって、全世界が祝福されるのです。」

4 アブラムは主のことばに従って出発しました。ロトも彼といっしょです。その時、アブラムは七十五歳でした。 5 彼は妻のサライと甥のロトのほか、ハランで得た家畜や奴隷などを連れて旅をし、カナンに着きました。 6 そのまま旅を続け、シェケムの近くまで来ると、モレの樫の木のそばで野営することにしました。当時、この地方にはカナン人が住んでいました。

7 その時、主がアブラムに現れ、「この地をあなたの子孫に与えよう」と約束されました。アブラムは喜んで、主とお会いした記念に、そこに祭壇を築きました。

創世記 12:1-7
神に召されたアブラハム
Sweet PublishingCC BY-SA 3.0、Wikimedia Commons経由

今日、私たちの困難な生活を助け、希望を与えてくれるほど気にかけてくれるような個々に神が存在するのではないかと考える人もいます。この記述では、この疑問を確認することができます。ここで神は特定の人物に約束をしましたが、その一部は今日私たちが確認することができます。この記述には、主がアブラハムに「あなたの名を偉大なものにする」と直接約束したことが記録されています。私たちは今、4000年後の21世紀に生きています。今日、アブラハムの名前は、古代史において最も世界的に認識されている名前の 1 つです。今日、ユダヤ人とアラブ人は彼から祖先を辿っています。中東の地政学を変える最近の米国主導の和平計画であるアブラハム合意は、彼にちなんで名付けられました。この約束は文字通り歴史的に、そして検証可能な形で実現しました。

死海文書には聖書の最古の写本が収められています。その起源は紀元前200~ 100年に遡ります。これは、この約束は、遅くとも「アブラハム」という名前がユダヤ民族以外に知られるようになるずっと前から文書に残されていたことを意味します。その成就は、アブラハムの名が知られるようになってから、それを書き留めただけでは実現しなかったのです。

…偉大な国家によって

星を数えるアブラハム
Sweet PublishingCC BY-SA 3.0、Wikimedia Commons経由

もしあなたがアブラハムの時代に住んでいて、何千年後に誰が最も記憶に残っているかを予想したとしたら、当時生きていた王、将軍、戦士、宮廷詩人に賭けたでしょうが、彼らの名前はすべて忘れ去られています。しかし、荒野の中でかろうじて家族を持つことができたこの男は、世界中でその名を知られています。彼の名前が偉大なのは、彼が生んだ国家が彼の説明を記録していたからに他なりません。このようにして、彼から生まれた個人と国家は偉大になりました。これはまさに神が昔に約束したことです(「私はあなたを偉大な国民にします…あなたの名を偉大にします」)。歴史上、自分自身の人生における偉大な功績によるものではなく、その子孫のおかげでこれほど有名になった人は他にいません。

同様に驚くべきことは、アブラハムがその生涯で実際には特筆すべきことを何もしていなかったということです。彼は、「偉大な人物」と呼ばれるようなことを何一つ成し遂げませんでした。彼は、西遊記を書いた呉承恩のように、特別なことを書いたわけではありません。アブラハムは、万里の長城を建てた秦の始皇帝のように、注目すべきものを建てませんでした。彼はモンゴルのチンギス・ハーンのように、印象的な軍事技術を備えた軍隊を率いていたわけではありません。彼は、孔子のような政治家でも、ゴータマ・ブッダのような教師でもありませんでした。アブラハムは王国を統治したわけでもありません。彼は西への旅で野営をし、荒野で祈り、そして息子を授かっただけでした。

…約束者の意志を通して

そして、アブラハムの子孫である今日の人々、つまりユダヤ人は、私たちが一般的に偉大さを連想させるような民族ではありませんでした。彼らはエジプト人のピラミッドのような偉大な建築物を建てませんでした。明らかに、北京の紫禁城のようなものを何も建てていません。彼らはギリシャ人のように哲学を書いたり、イギリス人のように遠く離れた植民地を統治したわけでもありません。これらの国々はいずれも、並外れた軍事力によって広大な国境を拡張する世界帝国としての偉業を成し遂げました。

帝国の強大な権力をユダヤ人が持っていたことは一度もありません。ユダヤ人の偉大さは主に、彼らが生み出した律法と書物(聖書)、その民族から現れた優秀な人々、そして独特でやや異なる民族集団として何千年も生き延びた彼らの能力によるものです。彼らの偉大さは、実際に彼らが何かをしたことではなく、むしろ彼らよって、そして彼らを通じて行われたことにあります。

歴史に刻まれた「私の意志」

さて、この約束を実現しようとしていた人物に注目してみましょう。創世記 12:1-7 を参照すると、「わたしは…するだろう」と繰り返し書かれています。彼らの偉大さが歴史の中で展開してきた独特の方法は、これを実現させるのは、「国家」の生まれつきの能力、征服、あるいは力ではなく、創造主であるというこの宣言に再び見事に当てはまります。今日、世界中のメディアが現代のユダヤ国家であるイスラエルで起きた出来事に注目していることは、その一例です。シンガポール、ノルウェー、パプアニューギニア、ボリビア、中央アフリカ共和国で起きるニュースをよく耳にしますか? しかし、イスラエルは人口の点でこれらの地域と同様の規模でありながら、常に世界的なニュースの見出しに載っています。

人間の出来事には、ユダヤ人に対する、あらかじめ設定された偏見はありません。歴史は非常に多くの異なる道に沿って展開した可能性があります。この約束が何らかの形で失敗する可能性がどのくらい高かったかを考えてみましょう。しかし、その代わりに、数千年前に宣言されたように、その約束は展開し、展開し続けています。おそらく、古代の約束者の力と権威は、私たちの人生を支配するカルマを貫くことができるのでしょう。

今も世界を揺るがす旅

聖書には次のように書かれています。

4 アブラムは主のことばに従って出発しました。ロトも彼といっしょです。その時、アブラムは七十五歳でした。

創世記 12:4

以下の地図に示すように、アブラハムは西への旅に出発しました。

現代のイラクから現代のイスラエルまで西へ旅したアブラハムの巡礼の道程

私たちに祝福を

この旅は、アブラハムとその肉体的な子孫をはるかに超えて広がります。聖書には次のように記されているように、祝福はアブラハムだけのものではありませんでした。

わたしは、あなたを祝福する者を祝福し、あなたをのろう者をのろう。アブラムによって、全世界が祝福されるのです。」

創世記 12:3

これは私たちも注目すべきことです。あなたが韓国人、日本人、タイ人、スリランカ人、あるいはそれ以外の人であっても、仏教、道教、神道、精霊信仰、無神論など、宗教に関係なくです。あなたが裕福か貧乏か、健康か病気かは関係ありません。そして、教育を受けているかどうかにかかわらず、「地球上のすべての人々」にはあなたも含まれなければなりません。この祝福の約束には、当時から今日まで生きているすべての人、つまりあなたも含まれるのです。

どのようにして?

いつ?

どのような祝福でしょうか?

アブラハムの記述をたどると、よりよく理解することができます。

私たちは、アブラハムとの約束の最初の部分が実現したことを歴史的に、文字通りに検証したところです。それでは私たちとの約束も発動しないと信じる理由はあるのでしょうか?なぜなら4000 年もたった今も、この約束が昨日していることを見ることができるからです。この約束がアニッカや輪廻の下にないことがわかります。しかし、この約束を理解するには、そのロックを解除する必要があります。この約束がどのように私たちに「影響を与える」のかを理解するには、私たちに悟りが必要です。私たちはアブラハムの巡礼を追い続けることでこの悟りについてを見出します。この男が見つけた「マルガ」、つまり道は、私たちのパターンになります。次にこのことについて見てみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *