Skip to content

笑う仏陀の幸運、しかしプレータのように呪われる:モーセの祝福と呪いは今日にどう響くか

プレータの描写
n/a、パブリック ドメイン、ウィキメディア コモンズ経由

布袋 (포대; Bố Đại ) は、 通常、幸運と縁に恵まれた中国の僧侶です。仏像や物語では、彼はおいしい食べ物をたくさん食べるため、陽気で太った姿で描かれています。このことから「笑う仏陀」と「太った仏陀」というニックネームがあります。彼の姿はアジア文化の至る所に現れ、幸福感と豊かさの両方を象徴しています。今日の人々は、彼の幸運の一部を得て、彼の幸運から恩恵を受けることを望んでいます。

プレータは笑う仏陀とは対照的です。プレータ、または餓鬼は、大きな苦しみを受けている霊です。人々は、プレータは前世で偽り、腐敗し、強迫的で、欺瞞的で、嫉妬深く、貪欲だったと信じています。蓄積された悪いカルマの結果、彼らは特に不快な物質に対する飽くなき飢えに悩まされるようになりました。また、不安なビジョンもプレータを悩ませます。

人間の目には見えませんが、精神状態が変化した人間は、プレータの存在を識別できると信じる人もいます。 彼らはプレータを人間に似ているが、陥没してミイラ化した皮膚、細い手足、巨大に膨らんだ腹、そして長く細い首をしていると説明しています。この姿は彼らの精神的な状況を象徴しています。彼らの巨大な腹は彼らの莫大な食欲を表していますが、細い首はその食欲を満たす能力の限界を象徴しています。プレータの苦しみは地獄(ナラカ)の苦しみに似ています。実際、人々は地獄の呪われた者とプレータを混同しやすいです。しかし、地獄では人間が外を歩き回ることが許可されていませんが、プレータは地上を自由に移動できます。

したがって、神話は、笑う仏のような祝福と、プレータのような呪いの両方を伝えているのです。

祝福と呪いを…イスラエル人に…私たちを教えてくれたこと。

しかし、単なる神話を超えた現実世界に、祝福や呪いを与える能力を実証できる精霊は存在するのでしょうか?私たち自身の運命だけでなく、周囲の人々の運命をも支配する権威を持つ人物はいるのでしょうか?

創造主なる神は、ヘブライ語聖書の著者たちにそのような祝福と呪いを明らかにしました。彼の祝福も呪いも、笑う仏陀やプレータのそれとは比較になりません。神は何千年も前に祝福と呪いを与えましたが、それらが今日でも機能しているのがわかります。創造主である神は、自身の祝福と呪いの両方を自身が選んだ民、イスラエル人に向けました。神はそのようにして、他のすべての国々が彼らを観察し、神の力の現実を認識することを意図していました。破壊と呪いを避け、繁栄と祝福を望む私たち全員が、イスラエル人の経験から学ぶことができます。 

モーセは約 3500 年前に生き、ヘブライ語聖書を構成する最初の本を書きました。モーセはエジプトでイスラエル人を奴隷から解放に導き、その後創造主である神から十戒を受けました。彼の最後の著書である申命記には、亡くなる直前に書かれた最後の言葉が含まれています。これらにはイスラエル人(ユダヤ人)に対する彼の祝福だけでなく、呪いも含まれていました。モーセは、これらの祝福と呪いが世界の歴史を形成し、他のすべての国々がそれらに気づくだろうと書きました。これらの祝福と呪いはあらゆる歴史に影響を与えてきました。したがって、それらについてよく考えることが賢明でしょう。私たちはここに完全な祝福と呪いを記録します。要約は次のとおりです。

歴史年表におけるモーセ

モーセの祝福

モーセは、イスラエル人が律法(十戒)に従った場合に受けられる祝福について説明することから始めました。神からの祝福は他のすべての国がその祝福を認めるほど偉大なものです。これらの祝福は次のような結果をもたらします。

10 世界中の国々は、あなたが主のものであることを知って恐れるでしょう。

申命記 28:10

…そして呪い

しかし、イスラエル人が戒律に従わなかった場合、神は祝福と同じように、似たような方法でイスラエル人を呪うでしょう。周囲の国々はその呪いを目にし、イスラエル人は次のようになります。

37 こうして主に追い払われ、国々の恐怖、物笑いの種とされるのです。

申命記 28:37

そして呪いは歴史を通して広がっていくことになる。

46 これらのことはみな、あなたがたと子孫への警告なのです。

申命記 28:46

しかし神は、呪いの最悪の部分は他の国々からもたらされるだろうと警告しました。

49 主は遠く離れた国を立ち上がらせ、わしが飛びかかるように、あなたを襲わせます。その民は聞いたこともないことばを話し、 50 子どもだろうが老人だろうが容赦せず、どう猛で怒りに燃えています。 51 家畜も農産物も食い尽くされ、イスラエルでは麦も新しいぶどう酒もオリーブ油も底をつき、牛や羊もいなくなります。 52 町々は包囲され、頼みの高い城壁もついにくずれ落ちる日がきます。

申命記 28:49-52

それはさらに悪化するでしょう。

63 かつて主があなたがたの幸せを願い、その数を増やすことを喜ばれたように、その時には、あなたがたを滅ぼすことを喜ばれるでしょう。一人もイスラエルには残れません。 64 世界の果てから果てまで追い散らされます。そこで、あなたも先祖も知らなかった、木や石でできた外国の神々を拝むのです。 65 一時も安心できず、不安と絶望に打ちのめされ、悲しみと恐れのあまり体はやせ衰えてしまうでしょう。

申命記 28:63-65

これらの祝福と呪いは、神とイスラエル人の間の正式な合意によって確立されました。

モーセはイスラエル人に語りかける

12 今日ここに立っているのは、主と契約を結ぶためです。 13 先祖のアブラハム、イサク、ヤコブに約束されたとおり、今日、主はあなたを神の民とし、またご自分があなたの神となられるためです。 14-15 この契約は、今、主の前に立っている者とだけでなく、イスラエルの子孫全員と結ばれます。

申命記 29:12-15

この契約は子供たち、あるいは将来の世代に結び付けられます。実際、神はこの契約を将来の世代、つまりイスラエル人と外国人の両方に向けられました。

22 その結果、子孫たちや遠くから来た外国人が、ひどい災害や疫病のつめ跡をまざまざと見ることになるでしょう。 23 全土が塩分を含んだアルカリ性の荒れ地となり、種もまけず収穫もなく、一本の草木も生えません。まるで、主の怒りによって滅ぼされたソドム、ゴモラ、アデマ、ツェボイムのようになってしまいます。

24 『こんなひどいことをするとは、いったいどういうわけか。それも特別に目をかけていた国に、なぜ主はこれほどまでに怒りを燃やすのか』と、国々の民は不思議がるでしょう。

申命記 29:22-24

答えは次のようになります。

25 答えはこうです。『彼らの先祖の神が昔、彼らをエジプトから助け出し、特別な契約を結ばれたのに、彼らのほうからその契約を破った。 26 はっきり禁止されていたのに、ほかの神々を拝んだからである。 27 それで主は激しく怒り、前もって警告してあったすべてののろいを下された。 28 彼らを一人残らずこの国から追い出し、情け容赦なく外国へ追いやったのである。彼らは今もまだ故国に帰れず、そこに住んでいる。』

申命記 29:25-28

祝福と呪いは起こったのか?

祝福は素晴らしく、呪いは恐ろしいものでした。

しかし、それらは起こったのでしょうか? 

ヘブライ語聖書の多くはイスラエルの歴史を記録しているので、私たちは彼らの過去を知ることができます。旧約聖書以外の歴史的記録や考古学的遺跡も多くあります。それらはすべて、イスラエル人またはユダヤ人の歴史を一貫して描いています。ここでは、それを年表を使ってまとめました。これを読んで、モーセの呪いが現実になったかどうかを自分で判断してみてください。これは、ユダヤ人の集団が 2700 年前からアジアに移住した理由を説明しています。まさにモーセが警告した通り、アッシリアとバビロニアによる征服とそれに続く大量追放の結果、ユダヤ人はアジア全域に散らばったのです。

モーセの祝福と呪いの結論

しかし、モーセの最後の言葉は呪いで終わりませんでした。モーセは祝福と呪いを次のように締めくくりました。

30 これらのことがみな起こり、外国へ追いやられても、絶望してはいけません。その時にはもう一度、この祝福とのろいのことをよく考えなさい。 2 そしてあなたの神、主のもとに立ち返りたいなら、今日、私が与える律法に、あなたも子どもたちも心から従いなさい。 3 そうすれば主は、囚われの身から救い出してくださいます。あなたをかわいそうに思い、いったんは散り散りに追いやった国々から集めてくださるのです。 4-5 たとえ地の果てにいようと、心配はいりません。主は必ず見つけ出し、あなたの先祖の地に連れ戻します。そして国を取り戻したら、先祖たちの時よりも、さらに祝福され、もっとよくしていただけるでしょう。

申命記 30:1-5
イスラエル国家宣言 (1948)
ルディ・ヴァイセンシュタイン、パブリックドメイン、ウィキメディア・コモンズ経由

何千年もの亡命生活を経て、1948年に国連の決議により現代国家イスラエルが再び誕生しました。モーセの預言どおり、ユダヤ人は世界中の国々からイスラエルに移住し始めました。現在、アジア全土でユダヤ人が祖先の地に帰るために旅立ち、ユダヤ人コミュニティが急速に減少しています。モーセの祝福は、呪いがその歴史を形作ったのと同じように、私たちの目の前で成就しています。

これは私たちにいくつかの影響をもたらします。まず、祝福と呪いは創造主である神からの権威と力を持っていました。モーセは単に啓発された使者として働きました。これらの呪いと祝福は何千年にもわたって世界中の国々に伝わり、今日では何十億もの人々に影響を与えています(ユダヤ人のイスラエルへの帰還は混乱を引き起こし、定期的に世界的な見出しを飾る出来事を引き起こしています)。これは、この神が「現実の」世界で活動する力と権威を持っているという証拠を提供します。  

同じヘブライ語聖書の中で、創造主はまた、「地上のすべての人々」が祝福されると約束しました。「地球上のすべての人々」には私たちも含まれます。アブラハムの息子の犠牲において、創造主なる神は再び「すべての国が祝福されるだろう」と繰り返しました。その犠牲の顕著な場所と詳細は、この祝福を得る方法を知るのに役立ちます。アジアから帰国したユダヤ人たちに今注がれている祝福は、神が約束どおり、アジアのすべての州、そして世界中の他の国々の人々を等しく祝福することを望んでおり、また祝福できるという「しるし」です。ユダヤ人と同じように、私たちも呪いの真っ只中に祝福を与えられています。祝福の贈り物を受け取りませんか?

モーセの後、古代イスラエル人の間に次々と先見者や預言者が現れました。彼らは聖書のモーセの預言に続いて、自分たちの預言を本に書き留めました。私たちはこれらの書物の構造を探り、これらの預言が何百年も先の出来事をどのように予見していたかを検証します。この記事で考えていきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *