Skip to content

解放を達成するためのアブラハムのシンプルなマルガ

解脱 (またはヴィムッティ) に到達するための古典的な仏道 (マルガまたはマッガ) は、八正道です。『スッタ・ピタカ』は八正道を次のように示しています。

「世尊は仰せられた。『僧侶たちよ、八正道とは何ですか?』正見、正思、正語、正業、正命、正精進、正念、正定[サマーディ]」

タニサロ・比丘。1996. Magga-vibhanga Sutta: 道の分析。

古典的な仏教の教えでは、これらの 8 つの徳についてさらに説明されています。

  1. 正見:混乱、誤解、欺瞞的な思考から人を導きます。
  2. 正思:修行者は家を出て世俗的な生活を放棄し、修行の追求に身を捧げることを決意します。
  3. 正語:嘘、不和を招く発言、暴言、無駄なおしゃべりをしないことを意味します。
  4. 正業:殺人、窃盗、性犯罪を慎みます。
  5. 正命:乞食で生きることを意味しますが、すべてを受け入れたり、必要以上に所有したりしないことを意味します。
  6. 正精進:官能的な考え、道に対する疑念、落ち着きのなさ、眠気、あらゆる種類の悪意と闘うために努力する意志を呼び起こします。
  7. 正念:無常で自己のない現象を完全かつ継続的に認識することによって、一時的な状態や物事を渇望したり執着したりしないように助けます。
  8. 正定(サマーディ):心の一点集中です。この集中力は、生活の気を散らすものを乗り越えて、あらゆる物体や対象の区別が消える意識状態に達します。
聖なる八正道ホイール
イアン・アレクサンダーCC BY-SA 4.0、ウィキメディア・コモンズ経由

高貴とは何ですか? 道なのかそれともその道を行く人か?

道の分裂
Chris SloanCC BY-SA 2.0、Wikimedia Commons経由

八正道は仏教徒にとって唯一の道やマルガではありません。他の伝統には、チベット仏教のサルヴァスティヴァーダ菩薩ラムリムの道などがあります。これらは正しい努力の数と順序が異なるだけで、よく知られている八正道とそれほど変わりません。

多くの人が気づいていないのは、パーリ語の原典では、「高貴な」という形容詞が道やマルガを指しているのではなく、八正道を歩む人を指しているということです。『Noble Eight-fold path』 のより適切な翻訳は、「高貴な者の八正道」となるかもしれません。

パーリ語の文書に示されている道を検討すると明らかですが、この 8 つの徳の道に挑戦することすら望むことができるのは、非常に高貴な人だけです。

アブラハムと高貴でない者ための道

しかし、それでは、それほど高貴ではない残りの大部分の人々はどうなるでしょうか?これらの徳をうまく守るための高貴な心と精神を持たない人がいるのでしょうか?

私たちは古代ヘブライ語の聖典である聖書に明らかにされている創造主である神の計画に従ってきました。私たちに慈悲を差し伸べる神の計画の中心は、アブラハムを西への旅に呼びだすことであることがわかりました。さて、今度はアブラハムが私たちのために導いた別の道を見ていきます。この道、つまりマルガは、高貴ではない人々、つまり八正道が要求する正しい心構えを身につける見込みのない人々のためのものです。実際、アブラハムがたどった道は非常に単純だったので、ほとんどの人が見逃しています。創造主なる神がアブラハムを「高貴ではない者たち」のための道に導いた方法を古代の聖典がどのように記録しているかを以下に詳述します。

アブラハムの訴え

アブラハムの訴え
Sweet PublishingCC BY-SA 3.0、Wikimedia Commons経由

神がアブラハムに約束を告げてから、アブラハムの人生で数年が経過しました。アブラハムはその約束に従って、約束の地、つまり今日のイスラエルに移住しました。その後、彼が望んでいた出来事以外の出来事が起こりました。彼には子供がいなかったため、神が約束を果たせる息子がいませんでした。そこで、アブラハムの訴えから話を続けます。

15 そののち主が幻の中でアブラムに現れ、こう語りかけました。「アブラムよ、心配することはない。わたしがあなたを守り、大いに祝福しよう。」

2-3 「ああ神様、私に息子がないのはご存じでしょう。どんなに祝福していただいても、子どもがいなければ、全財産は一族のだれかほかの者が相続することになるのです。」

創世記 15:1-3

神の約束

アブラハムは、創造主なる神が彼に約束した「偉大な国家」の誕生を待ち望んで、その地で野営をしていました。しかし息子は生まれず、この時までに彼は約85歳になっており、それが彼の訴えの焦点となりました。

4 「いや、そんなことはない。ほかの者があなたの跡継ぎになることは決してない。財産を相続する子が、あなたに必ず生まれる。」それから主はアブラムを外へ連れ出し、満天の星空の下に立たせました。「空を見なさい。あの星を全部数えられますか? あなたの子孫はあの星のようにとても数えきれないほどの数になる。」

創世記 15:4-5

二人のやりとりで、神はアブラハムが息子を得て、その息子は空の星のように数え切れないほどの民となるだろうと宣言することによって、その約束を再度行いました。確かにたくさんありますが、数えるのは困難です。

アブラハムの返答: 解脱を達成する道

ボールはアブラハムのコートに戻ってきました。この新たな約束に彼はどう答えるでしょうか?聖書は次の文章を最も重要な文章の一つとして扱い、予期せぬ道を理解するための土台を築きました。その記述は以下の通りです。

主はアブラハムに語る
スウィート・パブリッシングに語られる、CC BY-SA 3.0、ウィキメディア・コモンズ経由

6 アブラハムは主を信じました。主はアブラハムの信仰を義と認めました。

創世記 15:6

この文は、代名詞を名前に置き換えて読むとより明確になります。

6 アブラハムは主を信じました。「主」は「アブラハム」の信仰を義と認めました。

創世記 15:6

これはとても小さくて目立たない文章です。ニュースの見出しにもならないので、見逃してしまうかもしれませんが、本当に重要なことなのです。

なぜでしょう?

なぜなら、この短い文で、アブラハムは「義」を得たからです。これは、彼がすべてのカルマと罪を償う功徳を見つけたことを意味します。義は、私たちが罪と苦しみのサイクルから逃れ、神の前に正しく立つために必要な唯一の特質です。

私たちの問題を見直す: 腐敗

神の視点から見ると、神は私たちを神の似姿に造ったにもかかわらず、そのイメージを損なうようなことが起こりました。評決は次のとおりです。

2 主は天からすべての人々を見下ろし、

神を喜ばせたいと願う

賢い者をお探しになります。

3 しかし、だれもいないのです。

すべての人が道を踏みはずし、

罪のために腐りきっています。

正しい人はいません。ただの一人もいません。

詩篇 14:2-3

私たちは本能的にこの腐敗を感じ取っています。クレーシャスドゥカが古代の知恵の中で重要な役割を果たしているのはこのためです。これは、小説「西遊記」の暗い設定を説明しています。

ヒンドゥー教のプラルタ・スナーナ (またはプラターサナ) マントラ(真言)もこの見解を表しています。

「私は罪人です。私は罪の成れの果てです。私は罪に生まれています。私の魂は罪の下にあります。私は最悪の罪人です。おお美しい目をお持ちの主よ、私を救ってください、おお犠牲の主よ。」

私たちの腐敗の結果、私たちは義を持たないために義なる神から引き離されてしまいます。私たちの腐敗により、私たちの負のカルマが増大し、その結果として無益と死を刈り取っています。それを疑うなら、ニュースの見出しをざっと読んで、人々が過去 24 時間に何をしていたのかを調べてみてください。私たちは命の造り主から離れてしまったので、聖書のイザヤの言葉が現実になります。

6 私たちはみな罪の毒に冒され、汚れきっています。

これこそ正義だという最上の着物をまとっても、

悪臭を放つぼろきれにすぎません。

私たちは秋の木の葉のように色あせ、

しおれて落ちます。

あえなく罪の風に吹き飛ばされるばかりです。

イザヤ書 64:6

アブラハムと義

アブラハム 遠くを見つめる
Sweet PublishingCC BY-SA 3.0、Wikimedia Commons経由

しかし、はアブラハムと神の間に、神に受け入れられるような「義」を獲得したという宣言が、見逃してしまいそうなほど、あまりにも静かに紛れ込んでいてます。では、この義を得るためにアブラハムは何を「した」のでしょうか?やはり、ここでも非常に控えめなので要点を見逃してしまう危険がありますが、アブラハムについては単に彼が「信じた」と述べているだけです。

それだけなのです!

私たちは罪と腐敗という乗り越えられない問題を抱えています。そのため、時代を超えて、義を獲得するために洗練された難しい道、努力、礼拝、倫理、禁欲的な鍛錬、教えなどを求めてきました。しかし、この男、アブラハムは、単に「信じる」ことによってその貴重な義を獲得しました。見逃してしまいそうなほど簡単なことでした。

得たのではなく、認められた

アブラハムは義を「獲得」したのではありません。神はそれを彼のおかげだと「認めた」のです。では、その違いは何でしょうか?そうですね、何かが「得た」ものであれば、あなたはそのために働いたのであり、それに値するものです。つまり、働いた対価として給料をもらっているようなものです。しかし、何かがあなた認められたとき、それはあなたに与えられるのです。無償で与えられる贈り物と同じように、それは獲得したり価値があるものではなく、ただ受け取るだけです。

アブラハムのこの記述は、義は神の存在への信仰から来るものである、あるいは義は十分な善行や宗教活動を行うことによって得られるものであるという、私たちが義について持っている一般的な理解を覆します。これはアブラハムがとった道ではありません。彼は単に約束を信じることを選択しただけで、そのとき彼は正義と認められ、あるいは正義を与えられたのです。

聖書の残りの部分では、この出会いは私たちへのしるしとして扱われます。アブラハムが神からの約束を信じたこと、そしてその結果として得られた義の功績は、私たちが従うべき模範です。福音全体は、神が私たち一人一人に与えてた約束の上に成り立っています。

しかし、それでは誰が正義の代償を払い、あるいは正義を獲得するのでしょうか?次にそれを取り上げます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *