Skip to content

アダムは存在したのか?古代中国人の証言

聖書は驚くべき書物です。まず、創造主である神が霊感を与えたものであるため、歴史の活動を正確に記録していると主張しています。多くの人にとって、これは聖書の最初の本である創世記の冒頭の章についての疑問を引き起こします。創世記には、アダムとイブが悪魔に誘惑されて最初の楽園に創造された記述が記録されています。その後、ノアが世界規模の洪水を生き延びた記録が続きます。今日、多くの人は、多くの古代の物語と同様、これらの記述が単なる神話に過ぎないのではないかと疑問に思っています。 

何千年も前に中国語の文字を開発した古代中国人、さらには孔子でさえ、この問題に光を当てた証言を持っています。 

中国語の簡単な歴史

中国語の文字は中国文明の始まりに誕生し、その起源は少なくとも 4200 年前に遡ります。これは、中国語の文字はモーセが創世記を編集する約 700 年前 (紀元前 1500 年頃) に開発されたことを意味します。中国人でない人でも、中国の書道を見ればそれとわかります。多くの人は知りませんが、中国語の「単語」の表意文字は部首と呼ばれる単純な絵から構成されています。これは、英語が単純な単語 (「fire」や「truck」など) を組み合わせて複合語 (「firetruck」) にする方法と似ています。中国の書道は何千年もの間、ほとんど変わっていません。このことは、古代の陶器や骨の工芸品に見られる文字からわかります。20日だけ共産党が脚本の簡素化を監督したのは何世紀も前のことだ。これにより、現在使用されているシンプルで伝統的なスクリプトが得られます。

中国語複合語の謎

たとえば、抽象概念「第一」を表す中国語の表意文字を考えてみましょう。それはここに示されています。

最初 = 生きている + 塵 + 人間

この表意文字は、表意文字「最初」にすべて結合された部首で示されているように、より単純な部首の複合体です。各部首の意味も上に示しています。これは、約 4200 年前、最初の中国の書記が中国の書道を作成していたときに、「生きている」+「塵」+「人」=「最初」という意味の部首を結合したことを意味します。 

しかし、なぜ?「塵」と「最初」の間にはどのような自然な関係が存在しますか? 

何もないようです。ただし、創世記の創造の説明と並行して、この質問について考えてみましょう。

16-17 ただし、一つだけきびしい注意がありました。「園の果物はどれでも食べてよい。だが、『良心の木』の実だけは絶対に食べてはいけない。それを食べると、正しいことと間違ったこと、良いことと悪いことについて、自分勝手な判断を下すようになるからだ。それを食べたら、あなたは必ず死ぬ。」

創世記 2:17

創造主である神は、「最初の」人間(アダム)を塵から生き返らせました。この記述は、「生きている」、「塵」、「人間」、そして「最初」の関係を明らかにします。しかし、中国語は聖書に書かれる少なくとも 700 年前に誕生しました。 

作成アカウント Inside Chinese Words

次のことを考慮してください。

塵 + 口の息 + 生きている = 話す

「塵」+「口の息」+「生きている」の部首を組み合わせると、表意文字は「話す」になります。しかしその後、「話す」が「歩く」と結合して「創造する」になります。

話す + 歩く = 創造する

古代中国人がこの構造を使用する原因となった、「塵」、「口の呼吸」、「生きている」、「歩く」、「創造する」の間に生得的に関係があるものは何でしょうか? しかしこれは、上で引用した創世記 2章17節と驚くべき類似点もあります。

庭の木々の誘惑者 – 中国語の言葉より

この平行線は続く。「庭で密かに動いている男」から「悪魔」がどのように形成されるかに注目してください。公園!庭園と悪魔はどのように関係するのでしょうか?自然にはそうなりません。 

秘密 + 男 + 庭 + 生きている = 悪魔

しかし、古代中国人はこれに基づいて、「悪魔」と「誘惑者」を意味する「2 本の木」を組み合わせました。 

悪魔 + 2 木 + カバー = 誘惑者

つまり、「二本の木」に隠れている「悪魔」は「誘惑者」なのです。「誘惑者」を官能的な女性や別の誘惑的な罪と結びつけるほうがはるかに自然でしょう。なぜ木が2本あるのでしょうか?「庭園」と「木」は「悪魔」と「誘惑者」とどのような関係があるのでしょうか?Genesis アカウントと比較してください。

それから神は、東の方のエデンに園をつくり、そこに人を住まわせました。 園には、あらゆる種類の美しい木が植えられています。どれも、極上の実をつける木ばかりでした。園の中央には、「いのちの木」と、善悪を判断する知恵のつく「良心の木」とがありました。

創世記 2:8-9

さて、主なる神が造ったものの中で、蛇が最も賢い動物でした。蛇は女に、ことば巧みに話を持ちかけました。「ほんとうにそのとおりなんですかね? ほかでもない、園の果実はどれも食べてはいけないという話ですよ。神様は、これっぽっちも食べてはならないと言ったっていうじゃないですか。」

創世記 3:1

「欲望」や「切望」は、再び「女性」と「二本の木」につながります。なぜ性的な意味での「欲望」を二本の木ではなく「女性」と関連付けてみてはいかがでしょうか?それは自然な関係でしょう。しかし中国人はそうしなかった。 

2本の木+女性=欲望

しかし、創世記の記述は、「貪欲」、「二本の木」、そして「女性」の関係を示しています。

言われてみれば、そう思えないこともありません。それに、その実はとてもきれいで、おいしそうなのです。「あれを食べたら何でもよくわかるようになるんだわ。」女はそう思いながら見ていると、もう我慢できなくなり、とうとう実をもいで食べてしまいました。そばにいたアダムにも分け与えたので、彼もいっしょに食べました。

創世記 3:6

中国語での大洪水

もう一つの注目すべき類似点を考えてみましょう。「大船」の中国語の表意文字は次のとおりです。

この表意文字を形成する部首に注目してください。

 八+口+器=舟

「器」には「8人」の「人」がいる。たとえば、1 つの船に 8 人よりも 3,000 人が乗っている方が合理的ではないでしょうか。しかし、聖書の洪水の記述には、ノアの船に8人、つまりノアとその3人の息子、そしてその4人の妻が乗っていたと記録されています。

中国人は実際の出来事を記憶していた – 聖書にも記録されている

創世記の初期の記述と中国の文書には、驚くべき類似点が見られます。中国人は創世記を読んでそこから借用したとさえ考える人もいるかもしれない。しかし、彼らの言語の起源はモーセより少なくとも700年前に遡ります。  

一致?多分。しかし、なぜこれほど「偶然」が多いのでしょうか?創世記の後のアブラハム、イサク、ヤコブの物語に、中国語の文字で書かれたそのような類似点が存在しないのはなぜでしょうか。 

しかし、もし創世記が実際の歴史上の出来事を記録していたらどうなるでしょうか。次に、民族および言語集団としての中国人は、すべての古代の言語/民族集団と同様にバベル (創世記 11 章) に起源を持ちます。この記述は、創造主である神がバベルの人々の言語をどのように混乱させたかを物語っています。したがって、彼らはお互いを理解することができず、混婚することはなく、今日私たちが見ているさまざまな人種が誕生したのです。その後、言語グループはメソポタミアからあらゆる方向に外へ移動しました。

バベルから分散した中国人は、天地創造と洪水の直後に文字を作成しました。当時、これらは歴史的な出来事であり、彼らはよく覚えていました。そのため、「貪欲」や「誘惑」などの抽象的な概念の脚本を開発する際には、歴史上の最近のエピソードを使用しました。同様に、最上級名詞の開発についても、「大きな船」のように、彼らが覚えている歴史から開発されました。 

このようにして、天地創造と洪水の記述は、文明の黎明期に彼らの言語に組み込まれました。何世紀も経つにつれて、彼らは本来の理由を忘れてしまいました。これは、中国の文字と創世記の記述の関係を説明しますが、それは創世記が実際の歴史を記録している場合に限ります。

孔子と天壇の国境の犠牲の謎

中国人には、国境の犠牲と呼ばれる、地球上で最も長く続いている儀式の伝統の1つもありました。中国文明の始まり(紀元前約2200年)以来、中国の皇帝は、王朝に関係なく、冬至には必ず雄牛をシャンティ(「天の皇帝」、つまり創造神)に犠牲として捧げました。彼は現在北京の観光名所となっている紫禁城内の「天壇」でこの犠牲を捧げた。この犠牲は、1911 年に孫文将軍が清朝最後の皇帝を打倒したときに初めて終了しました。そのため、4000 年以上にわたり、中国の皇帝は毎年雄牛を創造主の神に犠牲として捧げてきました。 

しかし、なぜ?孔子 (紀元前 551 ~ 479 年) はまさにこの質問をしました。彼は言った:

 「天と地への犠牲の儀式を理解する者は……王国の統治が手のひらを見るのと同じくらい簡単だと分かるだろう!」

孔子が言いたかったのは、その謎を解き明かすことができれば、王国を運営するのに十分な賢さがあるということだった。そのため、国境の犠牲が始まった紀元前 2200 年から孔子までの間のある時点で、その本来の意味は忘れ去られていました。しかし、中国の皇帝は西暦 1911 年までさらに 2400 年にわたってその伝統を守り続けました。

中国の「義」における孔子の答え

おそらく、彼らの文字の構築の背後にある重要性も忘れられていなかったら、孔子は彼の質問に答えたかもしれません。「正義」という言葉を構成するために使用される部首に注目してください。

手 + 槍/短剣 = 私、私 + 羊 = 正義

正義とは、「私」の上に「羊」を重ねたものです。そして、「私」は「手」と「槍」または「短剣」を組み合わせたものです。それは、私の手が子羊を殺し、義をもたらすという考えを伝えます。私の代わりに子羊が犠牲になるか死が私に義を与えます。  

創世記は、ユダヤ人の犠牲制度が始まるずっと前に行われた動物の犠牲について詳しく述べています。例えば、アベル(アダムの息子)とノアは犠牲を捧げます。 

アベルは一番良い子羊の最上の肉を、自分で神にささげました。主はアベルのささげ物は受け取りましたが、

創世記 4:4

20 ノアはそこに主への祭壇を築き、神から指定された動物や鳥をささげ物としてささげました。

創世記 8:20

初期の人類は、動物の犠牲が彼らに代わって死をもたらすことが義のために必要であることを理解していたようです。初期の中国人も犠牲を通してこのことを理解していたようです。

イエスにおいて成就された「義」

イエスの著名な称号の 1 つは「神の子羊」でした (ヨハネ 1:29)。彼の死は、古代中国の国境の犠牲を含むすべての動物の犠牲が単に描写した義を与える真の犠牲となりました。  アブラハムの犠牲モーセの過越の犠牲、そして園の蛇へのなぞなぞはすべてこれを示していました。中国人も孔子の時代には忘れていましたが、何百年も前からこのことを理解していたようです。

中国語の文字は初期の聖書の記述と一致しているため、聖書の歴史を裏付ける証拠があります。これらの初期の聖書の記述は、仏教の知恵が洞察を与えるクレシャドゥカを生み出した歴史的出来事も提供します。「国境の犠牲」と「蛇への謎」の両方に、人類の歴史の初めから理解されていた来るべき犠牲への期待が見られます。創造主なる神の計画は、最初からイエスの生涯、死、復活を中心にしていました。 

… 私たちが受け取れる贈り物を提供する

私たちは、正義は自分の努力と功績によってのみもたらされると考えるかもしれません。多くの人は、自分の罪の支払いには何らかのカルマが必要であることを認めています。しかし彼らは、自分たちの功績と努力によってその支払いに応えたいと考えている。カルマの要求を満たすことができるという希望を放棄し、無謀に生きる人もいます。これは次のような福音のメッセージと対照的です。

21-22 しかし今、神は、別の救いの道を示してくださいました。その新しい道は、「善人になる」とか、律法を守ろうと努力するような道ではありません。神は今、「もしあなたがたがイエス・キリストを信じるなら、あなたがたを受け入れ、罪のない者と宣言する」と言われます。どんな人間であろうと、私たちはみな、キリストを信じるという、この方法によって救われるのです。

ローマ人への手紙 3:21-22

福音の物語はそのような結果的な問題を扱っているため、研究する価値があります。古代人は犠牲の中にこのことを認識していたようです。私たちは、大洪水で学んだ教訓を踏まえて、この物語の調査を続けます。

参考文献

創世記の発見。CHカン&エセル・ネルソン。1979年

創世記と孔子が解けなかった謎。エセル・ネルソンとリチャード・ブロードベリー。1994年

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *