Skip to content

おうし座の月

古代の星座から見た牡牛座の星占い

黄道十二星座はもともと 12 個の星座に基づいていました。それは単に12頭の動物が12年間を循環しているだけではありません。ここでは、その十二星座が描いた本来の物語を進めていきます。今回は、牡牛座です。 牡牛座は、強力な角を持った猛々しく突進する雄牛のイメージです。今日の星占いでは、4月21日から5月21日までに生まれた人は牡牛座です。現代的な星占いの解釈では、牡牛座の星占いのアドバイスに従うことで、愛、幸運、富、健康、そして自分の性格についての洞察を得ることができます。 しかし、雄牛はどこから来たのでしょうか?どのような意味を持つのでしょうか? 注意! この疑問に答えると、予期せぬ展開が生じ、星座占いをチェックするだけのつもりが、思いがけない旅に導かれることになるかもしれません… 古代の星座では、牡牛座は占星術の 12 星座の 9 番目であり、一緒になって偉大な物語を形成しているのです。乙女座から射手座までは、偉大な救い主と彼の敵との死の闘争についての章を形成しています。山羊座から牡羊座までは、この救い主の働きに焦点を当てた別の章を形成しています。次に、牡牛座は、救い主の帰還とその完全な勝利に焦点を当てた、3 番目で最後の占星術章を幕開けます。この章は雄牛で始まり、ライオン (レオ) で終わるため、力と権威に関係しています。 古代の星座では、牡牛座はすべての人に影響を与える出来事を預言するため、すべての人のためのものでした。したがって、たとえ現代の星占いで牡牛座でなくても、牡牛座の星に込められた古代の占星術の物語は理解する価値があります。 占星術における牡牛座 牡牛座は、立派な角を持つ雄牛を形成する星々の星座です。これが牡牛座の星たちです。この画像の中に角を持つ雄牛のようなものが見えるでしょうか?  これは、ナショナル・ジオグラフィックの牡牛座と他の星座の画像です。雄牛はよりはっきりと見えますか? 線で結ばれた牡牛座の星々を観察してみましょう。角を持つ雄牛がよく見えるでしょうか?むしろ宇宙の文字のように見えるのではないでしょうか。 しかし、この星座は私たちが知る限り人類の歴史に遡ります。これはエジプトのデンデラ神殿にある2000年以上前の星座で、牡牛座は赤で囲まれています。 これまでの星座と同様に、牡牛座の雄牛のイメージは星座自体からはわかりません。それは星に生まれつき備わっていたわけではありません。むしろ突進する雄牛のアイデアが最初にありました。その後、最初の占星術師はこの考えを星に重ね合わせました。しかし、なぜそのようなことをしたのでしょう?そしてそれは古代人にとって何を意味したのでしょうか? 牡牛座の雄牛 牡牛座の占星術の画像には、立派な角を持ち、頭を下げて突進する雄牛が示されています。雄牛は激しい怒りを表しているかのようです。その行く手には誰でも襲いかかり、迅速かつ無限のエネルギーで突進しそうです。 赤い丸で囲まれたのは、牡牛座の首の真ん中にあるプレアデス星団(または七人姉妹)として知られる星団です。プレアデス星団への最も古いの直接的な言及は、聖書のヨブ記にあります。ヨブはアブラハムの時代、約 4000… Read More »古代の星座から見た牡牛座の星占い