Skip to content

アブラハムに対する神の約束

新年の満月祭りのなぞなぞ

元宵節(元宵節、元宵节、Yuánxiāo jié ) または上元節(上元節、上元节、Shàngyuán jié ) は、中国の新年のお祝いを締めくくります。元宵節は、伝統的な中国暦の新年の最初の満月に祝われます。中国の暦や他のアジアの暦は、太陰月と太陽年を組み合わせた太陰太陽暦を使用しています。月が地球の周りを12回転するには354日かかります。そのため、太陰太陽暦では、19 年間にわたって特定の年に閏月が追加されます。したがって、太陰月と太陽年は、この繰り返しの期間によって同期するのです。 元宵節のクライマックスは、夜に提灯を持って出かけ、提灯にある謎を解くことです。これらには、幸運、家族の再会、豊作、繁栄、愛のメッセージが含まれていることがよくあります。  古代の新年祭りの起源 元宵節の起源についてはさまざまな伝説があります。その 1 つは、玉皇大帝がお気に入りの鳥を殺されたことに激怒し、人々を火で滅ぼそうとしたという物語です。玉皇大帝の裁きを受けた人々は、赤い提灯、花火、かがり火を灯すことにしました。そうすれば、彼らを滅ぼすために送られた天使たちは、火の裁きがすでに下ったと騙されます。この計画は功を奏し、人々は裁きから逃れることができました。他の伝説では、最初の月の満月に提灯がどのように神の裁きを退けたかを記しています。    ヘブライ暦は太陰太陽暦でもあり、中国の暦と同じくらい古いものです。同様に、その年の最初の満月に祝祭が行われます。3500 年以上前に始まったこの祭りには、謎解きは含まれていません。代わりに、神はそれをすべての人々のための謎解きとして定めました。この謎が解けるまでに1500年がかかりました。この謎解きは、すべての人々にとってカルマと死からの解放がどのように達成されるかを示しました。   この記事では、この祝祭と、その謎、その解決策、そしてなぜこれが私たちの人生に影響を与えるのかについて説明します。私たちは古代ヘブライ語聖書の記録を調べ、過越祭に辿り着きました。 出エジプトの過越祭 私たちはアブラハムから500年後、今から約3500年前、モーセがどのようにしてイスラエル人をエジプトの奴隷制から導いたのかが記録されています。創造主なる神はモーセに、エジプトのファラオ(統治者)と対峙するよう命じました。その結果、彼らの間に激しい紛争が生じ、エジプトに9つの疫病、つまり災いをもたらしました。しかしファラオはまだイスラエル人を解放することに同意していませんでした。そこで神は、10番目で最後の災いをもたらそうとしたのです。 アブラハムの犠牲において、アブラハムが息子を捧げた場所はモリヤ山でした。アブラハムの息子が生きるために一匹の小羊が死にました。 モリア山はまさにイエスが犠牲になった場所でした。その場所を示すことで、彼の死の意味を私たちに「理解」させるためのしるしだったのです。過越祭では、その年の同じ日を指すことによって、イエスの犠牲への別の指標が見つかります。子羊の犠牲はどちらの場合もイエスの犠牲を指すために使用されます。ヘブライ語の聖典の中で最も重要な出来事は、2 つの異なる方法 (場所とタイミング) でイエスを直接示しています。歴史上、これほど劇的な形で、これほど明白な類似性によって遠い将来に死が予見された人物は思いつきません。 神がこれらのしるしを与えたのは、イエスの犠牲が本当に神によって計画され、定められたものであると私たちが確信できるようにするためです。これらは、イエスの犠牲がどのように私たちをカルマから救ってくれるかを示しています。 次に注目する出来事、

犠牲によって山はすべての人にとって神聖なものとなる

山は聖地として理想的な場所を生み出し、巡礼の目的地または寺院の場所として機能します。日常生活から遠く離れ、その高さは、信者に天国に近いという感覚を与えます。そのため、ほとんどすべての国が国家および宗教の中心地を山の上に築いてきました。以下の例をいくつか考えてみましょう。 アジアの聖なる山 ブルカン・ハルドゥン (Бурхан Халдун) ブルカン・ハルドゥンには、これをモンゴルで最も神聖な山であると宣言したチンギス・ハンの墓があります。チンギス・ハンはブルカン・ハルドゥンで定期的に礼拝を行っていました。今日、モンゴル人はブルカン・ハルドゥーン周辺の指定されたルートに沿って、3つの主要な聖なるオボーへの定期的な巡礼を行っています。したがって、この山は「モンゴルの遊牧民の遺産と伝統的な生活様式」を表しています。(wiki) アダムスピーク スリランカのシンハラ仏教徒はアダムスピークを最も神聖な場所の1つと呼んでいます。頂上には仏陀 (シュリ・パダ、または ශ්‍රී පාද) の足跡であると信じられている自然の地層があります。そのため巡礼者は、数千段の階段を登るようなさまざまな困難なルートをたどって山を登ります。 ( wiki ) プノン・クーレン ( ភ្នំគូលែន ) カンボジアのヒンズー教徒も仏教徒もプノン・クーレンを古代クメール帝国発祥の地として巡礼します。クメール王朝の創始者は、プノン・クーレンで神聖な統治権(デヴァラージャ)を宣言しました。近くには、国内最大の涅槃像のある仏教僧院、プレア・アン・トムがあります ( wiki ) 白頭山 (백두산; 白頭山; 长白山; 長白山) 長白山とも呼ばれる、韓国人にとっても、中国人にとっても神聖な白頭山は、中国と北朝鮮の国境に位置しています。火口の上に湖がある火山であり、韓国人はこの火山とその湖に神話的な性質を見出しています。彼らはその湖を天国の湖と呼び、自分たちの国の精神的な故郷であると考えています。韓国と北朝鮮の国歌はどちらも白頭について言及しています。北朝鮮の国章には白頭山が描かれており、白頭山を「革命の聖山」と呼んでいます。満州族の中国人は長白(別名)を神聖な祖先の故郷とみなしています。彼らはこの山を清朝の帝国権力を象徴するために使用していたのでした。( wiki ) ドイステープ(ดอยสุเทพ) タイのチェンマイ郊外のドイステープには、ワット プラタート ドイステープという寺院があります。敬虔なタイの仏教徒は、この寺院を礼拝の重要な場所としています。… Read More »犠牲によって山はすべての人にとって神聖なものとなる

解放を達成するためのアブラハムのシンプルなマルガ

解脱 (またはヴィムッティ) に到達するための古典的な仏道 (マルガまたはマッガ) は、八正道です。『スッタ・ピタカ』(経蔵)は八正道を次のように示しています。 「世尊は仰せられた。『僧侶たちよ、八正道とは何ですか?』正見、正思、正語、正業、正命、正精進、正念、正定[サマーディ]」 タニサロ・比丘。1996. Magga-vibhanga Sutta: 道の分析。 古典的な仏教の教えでは、これらの8つの徳についてさらに説明しています。 高貴とは何か? 道なのかそれともその道を行く人か? 八正道は仏教徒にとって唯一の道やマルガではありません。他の伝統には、チベット仏教のサルヴァスティヴァーダ、菩薩、ラムリムの道などがあります。これらは正しい努力の数と順序が異なるだけで、よく知られている八正道とそれほど変わりません。 多くの人が気がついていませんが、パーリ語の原典では、「高貴な」という形容詞が道やマルガを指しているのではなく、八正道を歩む人を指しています。『Noble Eight-fold path』 のより適切な翻訳は、「高貴な者の八正道」となるかもしれません。 パーリ語の文書に示されている道を検討すると明らかですが、この8つの徳の道に挑戦することすら望むことができるのは、非常に高貴な人だけです。 アブラハムと高貴でない者ための道 しかし、それでは、それほど高貴ではない残りの大部分の人々はどうなるでしょうか?これらの徳をうまく守るための高貴な心と精神を持たない人はいるのでしょうか? 私たちは古代ヘブライ語の聖典である聖書に示された創造主である神の計画に従ってきました。私たちに慈悲を差し伸べる神の計画の中心は、神がアブラハムに約束を告げてから、数年が経過しました。アブラハムはその約束に従って、約束の地、つまり今日のイスラエルに移住しました。その後、彼が望んでいた出来事以外の出来事が起こりました。彼には子供がいなかったため、神が約束を果たせる息子がいませんでした。そこで、アブラハムの訴えから話を続けます。 15 そののち主が幻の中でアブラムに現れ、こう語りかけました。「アブラムよ、心配することはない。わたしがあなたを守り、大いに祝福しよう。」 2-3 「ああ神様、私に息子がないのはご存じでしょう。どんなに祝福していただいても、子どもがいなければ、全財産は一族のだれかほかの者が相続することになるのです。」 創世記 15:1-3… Read More »解放を達成するためのアブラハムのシンプルなマルガ

西遊記: アブラハムからあなたへ

西遊記(中国語: 西遊記;ピンイン: Xī Yóu Jì ) は、中国の古典小説の中で最も偉大なものの1つであり、明の時代に出版されました。2016年には『大唐玄奘』という映画にもなりました。 この小説は、歴史上の僧侶玄奘(玄奘; 602–664)の伝説的な巡礼を描いています。彼は仏教の聖典 (経典)を入手するために、中国から中央アジアを経てインドへ旅しました。彼は多くの試練を経て帰国し、大唐西域記にその旅の記録を書きました。 『西遊記』では、ゴータマ・ブッダが架空の僧侶、三蔵法師に旅を課します。その後、ブッダは過去の罪の功徳を積むために、協力することにした3人の守護者を与えました。これらの弟子は、孫悟空、猪八戒、沙悟浄、そして、唐の三蔵法師の馬として行動する玉竜です。この巡礼者たちは、力と協力することによって、目的地と悟りを目指して旅をします。途中、彼らは、三蔵法師の純粋な肉を食べることで罪を打ち消そうとするさまざまな悪魔に遭遇します。  娯楽小説ではありますが、その設定は暗いものです。ゴータマ・ブッダは、中国が「貪欲、快楽主義、混乱、罪」しか知らないため、聖典を取り戻してくれる立派な僧侶を探していました。唐の三蔵法師の仲間である豚、猿、砂の妖怪、龍は、過去の罪を償う功徳を得るために彼の手助けをします。悪霊や動物の霊が巡礼者たちを襲うのは、彼らが罪で捕らわれているからなのです。 アブラハムの西方への旅 小説としてではなく実際の歴史として書かれていますが、古代ヘブライ語聖書にも同様に暗い物語が記録されています。そこには罪、ドゥッカに陥った古代世界が描かれています。国々を分散させた後、創造主は来たる「彼」を中心とした約束を通して自分の計画の概要を説明しました。そして創造主は、「彼」を生み出す「女性」を育てる過程を開始します。  創造主は西へ旅する巡礼者を呼び寄せることでそれを実現させました。唐の三蔵法師と同じように、この巡礼者たちも多くの困難に直面することになります。アブラハム(またはアブラム)と名付けられた彼は、この旅から決して故郷に戻ることはありませんでした。西遊記の小説とは異なり、現在の私たちは彼の旅の結果として良いカルマを経験することができています。彼の旅がもたらした影響については、今日のニュースで定期的に耳にすることもあります。つまり、これは単なる架空の小説ではないのです。私たちはこの旅によって生み出された、良いカルマを得ることができますが、それを認識できた場合に限ります。アブラハムは文字通りの物理的な旅をしましたが、同時に霊的な旅もしました。それが私たちに道(マルガ)を開いたのです。その方法については次回以降の記事で紹介します。   人間の問題 – 神の計画 創造主なる神には計画がありました。この計画は、あまりにも小規模で取るに足らないもののように思われたため、私たちが予期できるようなものではありませんでした。しかし、これが神が選んだ計画でした。この計画は紀元前約 2000 年 (つまり 4000 年前) に起こり、一人の男とその家族を召しました。神は彼と、祝福を受けることを選んだ人々を祝福すると約束しました。聖書にはアブラハムに対する神の約束が次のように記録されています。… Read More »西遊記: アブラハムからあなたへ