Skip to content

アンネ・フランク

イスラエルとしてのイエス:ヘロデ大王から追われ隠れる

アンネ・フランクは、第二次世界大戦中にナチス政権から隠れて書いた日記「アンネの日記」で知られています。彼女の政権からの追跡からの逃走は、アムステルダムで家族とともに本棚の後ろに隠れる何年も前から始まっていました。彼女は1929年にドイツのユダヤ人の家庭に生まれました。1933 年にナチスが政権を握ったとき、父親のオットー・フランクは国外に逃げることが最善であると判断したため、アンネは外国人としてオランダで育ちました。 しかし、1940 年にナチスがオランダを制圧し、もう安全ではなくなってしまったのです。1942年にナチスがアンネの妹に労働キャンプへの出頭命令を出したとき、家族は身を隠しました。彼らは1944年に発見されるまで本棚の後ろに隠れた続けました。この隠れている間、アンは日記を書きました。悲しいことに、アンの父親を除くフランク家の全員がナチスの収容所で亡くなりました。しかし彼女の日記は隠されたままで、戦後に父親が出版したのです。 他のユダヤ人のホロコースト日記作家 他のユダヤ人もナチスから追われ、隠れながら日記を書いていました。以下の話は、刺激が強いものもあるので注意してください。 追求される – 歴史的なユダヤ人の現実 危害を加えようとする追っ手から逃げなければならないことは、ホロコーストのときだけでなく、歴史を通じてユダヤ人の経験の一部でありました。それは国家の初期に、ヤコブが、命を奪うと脅したエサウから逃げたときに始まりました。その後何世紀にもわたって、ヤコブの子孫にとって、追っ手から逃げることはいつも差し迫った現実であったのです。 イエスの幼少期: 追われ、身を潜ませる この点に関して、福音書の中で、イエスが誕生直後、アンネ・フランクの家族と同じように他国へ逃げなければならなかったことが分かるのは驚くことではありません。  モーセのもとでエジプトから出てきた若い国家イスラエルの出エジプトを思い出すためにこの文を書きました。国の歴史の初期に出エジプトが起こって以来、彼はイスラエルを神の「子」そして「息子」として描いていました。しかしマタイは、同様にエジプトから出てきたイエスにこれを当てはめるのが適切であると考えています。そうすることで、マタイは、イエスが何らかの形でイスラエル国民全体を体現しているという大胆な仮説を立てています。マタイの見解では、イエスはイスラエルの原型、設計図、成就、または完成です。イエスは、イスラエル国家の経験を形どるパターンを形成しました。 仮説を裏付ける証拠 マタイは、イエスが若い頃にエジプトから出てきたことをその証拠として示しています。それは、イスラエルが国家の若い頃にエジプトから亡命したことと相関しているからです。そして、アンネ・フランクの物語に例示されているように、ユダヤ人の歴史を通じて常に存在する、逃げたり隠れたりしなければならなかった経験は、イエスの逃亡と隠れの経験と同じです。 この相関関係はさらに深くなり、国家の黎明期にまで遡ります。イスラエルとも呼ばれるヤコブは, アブラハムの子孫の中で、(兄のエサウから)逃げ隠れすることを強いられた最初の人となりました。イエスはエドム人またはエサウの子孫であるヘロデ大王から逃げなければなりませんでした。イスラエルがエサウから逃げたように、彼の子孫もエサウの子孫から逃げなければなりませんでした。マタイが提示した観点からすると、イスラエル人は両方ともエサウから逃げました。 イエスの前に道を開いた人、洗礼者ヨハネを見ていきます。今回は