Skip to content

イエスとモーセ

笑う仏陀の幸運、しかしプレータのように呪われる:モーセの祝福と呪いは今日にどう響くか

布袋 (포대; Bố Đại ) は、 通常、幸運と縁に恵まれた中国の僧侶です。仏像や物語では、彼はおいしい食べ物をたくさん食べるため、陽気で太った姿で描かれています。このことから「笑う仏陀」と「太った仏陀」というニックネームがあります。彼の姿はアジア文化の至る所に現れ、幸福感と豊かさの両方を象徴しています。今日の人々は、彼の幸運の一部を得て、彼の幸運から恩恵を受けることを望んでいます。 プレータは笑う仏陀とは対照的です。プレータ、または餓鬼は、大きな苦しみを受けている霊です。人々は、プレータは前世で偽り、腐敗し、強迫的で、欺瞞的で、嫉妬深く、貪欲だったと信じています。蓄積された悪いカルマの結果、彼らは特に不快な物質に対する飽くなき飢えに悩まされるようになりました。また、不安なビジョンもプレータを悩ませます。 人間の目には見えませんが、精神状態が変化した人間は、プレータの存在を識別できると信じる人もいます。 彼らはプレータを人間に似ているが、陥没してミイラ化した皮膚、細い手足、巨大に膨らんだ腹、そして長く細い首をしていると説明しています。この姿は彼らの精神的な状況を象徴しています。彼らの巨大な腹は彼らの莫大な食欲を表していますが、細い首はその食欲を満たす能力の限界を象徴しています。プレータの苦しみは地獄(ナラカ)の苦しみに似ています。実際、人々は地獄の呪われた者とプレータを混同しやすいです。しかし、地獄では人間が外を歩き回ることが許可されていませんが、プレータは地上を自由に移動できます。 したがって、神話は、笑う仏のような祝福と、プレータのような呪いの両方を伝えているのです。 祝福と呪いを…イスラエル人に…私たちを教えてくれたこと。 しかし、単なる神話を超えた現実世界に、祝福や呪いを与える能力を実証できる精霊は存在するのでしょうか?私たち自身の運命だけでなく、周囲の人々の運命をも支配する権威を持つ人物はいるのでしょうか? 創造主なる神は、ヘブライ語聖書の著者たちにそのような祝福と呪いを明らかにしました。彼の祝福も呪いも、笑う仏陀やプレータのそれとは比較になりません。神は何千年も前に祝福と呪いを与えましたが、それらが今日でも機能しているのがわかります。創造主である神は、自身の祝福と呪いの両方を自身が選んだ民、イスラエル人に向けました。神はそのようにして、他のすべての国々が彼らを観察し、神の力の現実を認識することを意図していました。破壊と呪いを避け、繁栄と祝福を望む私たち全員が、イスラエル人の経験から学ぶことができます。  モーセは約 3500 年前に生き、ヘブライ語聖書を構成する最初の本を書きました。モーセはエジプトでイスラエル人を奴隷から解放に導き、その後創造主である神から十戒を受けました。彼の最後の著書である申命記には、亡くなる直前に書かれた最後の言葉が含まれています。これらにはイスラエル人(ユダヤ人)に対する彼の祝福だけでなく、呪いも含まれていました。モーセは、これらの祝福と呪いが世界の歴史を形成し、他のすべての国々がそれらに気づくだろうと書きました。これらの祝福と呪いはあらゆる歴史に影響を与えてきました。したがって、それらについてよく考えることが賢明でしょう。私たちはここに完全な祝福と呪いを記録します。要約は次のとおりです。 モーセの祝福 モーセは、イスラエル人が律法(十戒)に従った場合に受けられる祝福について説明することから始めました。神からの祝福は他のすべての国がその祝福を認めるほど偉大なものです。これらの祝福は次のような結果をもたらします。 10 世界中の国々は、あなたが主のものであることを知って恐れるでしょう。 申命記 28:10 …そして呪い しかし、イスラエル人が戒律に従わなかった場合、神は祝福と同じように、似たような方法でイスラエル人を呪うでしょう。周囲の国々はその呪いを目にし、イスラエル人は次のようになります。 37 こうして主に追い払われ、国々の恐怖、物笑いの種とされるのです。 申命記 28:37 そして呪いは歴史を通して広がっていくことになる。… Read More »笑う仏陀の幸運、しかしプレータのように呪われる:モーセの祝福と呪いは今日にどう響くか

新年の満月祭りのなぞなぞ

元宵節(元宵節、元宵节、Yuánxiāo jié ) または上元節(上元節、上元节、Shàngyuán jié ) は、中国の新年のお祝いを締めくくります。元宵節は、伝統的な中国暦の新年の最初の満月に祝われます。中国の暦や他のアジアの暦は、太陰月と太陽年を組み合わせた太陰太陽暦を使用しています。月が地球の周りを12回転するには354日かかります。そのため、太陰太陽暦では、19 年間にわたって特定の年に閏月が追加されます。したがって、太陰月と太陽年は、この繰り返しの期間によって同期するのです。 元宵節のクライマックスは、夜に提灯を持って出かけ、提灯にある謎を解くことです。これらには、幸運、家族の再会、豊作、繁栄、愛のメッセージが含まれていることがよくあります。  古代の新年祭りの起源 元宵節の起源についてはさまざまな伝説があります。その 1 つは、玉皇大帝がお気に入りの鳥を殺されたことに激怒し、人々を火で滅ぼそうとしたという物語です。玉皇大帝の裁きを受けた人々は、赤い提灯、花火、かがり火を灯すことにしました。そうすれば、彼らを滅ぼすために送られた天使たちは、火の裁きがすでに下ったと騙されます。この計画は功を奏し、人々は裁きから逃れることができました。他の伝説では、最初の月の満月に提灯がどのように神の裁きを退けたとされています。    ヘブライ暦は太陰太陽暦でもあり、中国の暦と同じくらい古いものです。同様に、その年の最初の満月に祝祭が行われます。3500 年以上前に始まったこの祭りには、謎解きは含まれていません。代わりに、神はそれをすべての人々のための謎解きとして定めました。この謎が解けるまでに1500年がかかりました。この謎解きは、すべての人々にとってカルマと死からの解放がどのように達成されるかを示したのでした。   この記事では、この祝祭と、その謎、その解決策、そしてなぜこれが私たちの人生に影響を与えるのかについて説明します。私たちは古代ヘブライ語聖書の記録を調べ、過越祭に辿り着きました。 出エジプトの過越祭 私たちは前回、4000年前に起こったアブラハムの犠牲について見ました。彼の息子イサクを通じた彼の子孫はイスラエル人と呼ばれ、広大な民となっていきました。しかし、エジプト人は彼らを奴隷にしていました。 ここで、イスラエルの指導者モーセが挑んだ劇的な闘争に迫ります。ヘブライ語聖書の出エジプト記にはこの出来事が記録されています。アブラハムから500年後、今から約3500年前、モーセがどのようにしてイスラエル人をエジプトの奴隷制から導いたのかが記録されています。創造主なる神はモーセに、エジプトのファラオ(統治者)と対峙するよう命じました。その結果、彼らの間に激しい紛争が生じ、エジプトに9つの疫病、つまり災いをもたらしました。しかしファラオはまだイスラエル人を解放することに同意していませんでした。そこで神は、10番目で最後の災いをもたらそうとしたのです。 第10の災いに関する内容はこの記事を読んでみてください。ここでは、過越祭の謎とその解決策について取り上げます。 過越祭の詳細… それは、一年の始まりを定義する次の出来事から始まります。 12 さて、主はモーセとアロンに言いました。 2 「これから今月をユダヤの一月(太陽暦の三月中旬から四月中旬)とし、一年で最も重要な月とする。 出エジプト記 12:1-2 そこでイスラエル人は次のことを行うことになりました。… Read More »新年の満月祭りのなぞなぞ

モーセのように:山の上で権威をもって教える

Guru (गुरु) は、元のサンスクリット語の「Gu」(闇)と「Ru」(光)に由来します。グルは、真の知識の光によって無知の闇を払拭するために教えます。ガリラヤ湖岸から語ったイエスは、マハトマ・ガンジーへの影響を通じて、1900年後、遠く離れたインドでもそれが感じられるほどの衝撃を与える教えによってこのことを例証しました。 ガンジーとイエスの山上の垂訓 イエスの誕生から 1900 年後のイギリスで、現在マハトマ ガンジー (またはモハンダス カラムチャンド ガンジー) として知られるインド出身の若い法学生に聖書が与えられました。山上の垂訓として知られるイエスの教えを読んだとき、彼はこう語ります。 「山上の垂訓は私の心にまっすぐに響きました。」 MK ガンジー、自伝、または私の真実の実験の物語。1927 p.63 「右の頬を殴られたら左の頬を差し出せ」というイエスの教えは、ガンジーに古代ヒンズー教の非暴力、不殺の概念についての洞察を与えました。ガンジーが、後にこの教えを政治的な力へと発展させたものがサティヤグラハであり、英国の支配者に対して非暴力・不服従を用いました。数十年にわたるサティヤグラハの結果、インドは、ほぼ平和的にイギリスから独立することができました。イエスの教えがすべてのきっかけとなったのです。  さて、イエスは何を教えたのでしょうか? イエスの山上の垂訓 イエスは悪魔に試みられた後、教えを説き始めました。福音書に記録されている彼の最も長いメッセージは山上の垂訓と呼ばれています。このリンクから、説教全文をぜひ読んでみてください。そして、より深い洞察を得るためにモーセについて振り返ってみましょう。 イエスは次のように教えました。 21 あなたがたの教えでは、『人を殺した者は、死刑に処す』とあります。 22 しかし、わたしはさらにこうつけ加えましょう。人に腹を立てるなら、たとえ相手が自分の家族であっても、裁判にかけられます。人をばか呼ばわりするなら、裁判所に引っぱり出されます。人をのろったりするなら、地獄の火に投げ込まれます。 23 ですから、神殿の祭壇に供え物をささげようとしている時、人に恨まれていることを思い出したら、 24 供え物はそのままにして、相手に会ってあやまり、仲直りをしなさい。神に供え物をささげるのはそのあとにしなさい。 25 あなたを告訴する人と、一刻も早く和解しなさい。裁判所に引っぱって行かれてからでは間に合いません。そうなったら、あなたは留置場に放り込まれ、 26 すべてを払い終えるまで、出て来られないでしょう。 マタイの福音書 5:21-26 姦通… Read More »モーセのように:山の上で権威をもって教える