Skip to content

イエスのヤシの枝

イエスの宣戦布告:受難の主日に、王として、そして無敗の敵に対して

旧約聖書外典のマカバイ記には 、マカベア (マカベウス) 家がギリシャのセレウコス朝に対して行った戦争が生き生きと語られています。彼らは紀元前 168 年、エルサレムのユダヤ人にギリシャの異教を押し付けようとしていました。この戦争に関する歴史的な情報のほとんどは、『マカバイ記』の第一巻 ( マカバイ記1 ) から得られています。セレウコス朝皇帝アンティオコス 4 世エピファネスがユダヤの脱ユダヤ化をどのように扇動したかについて書かれています。   紀元前168年、アンティオコス4世は武力でエルサレムに侵攻し、数千人のユダヤ人を殺害しました。そしてモーセが残した神殿礼拝に異教の宗教慣習を混ぜ合わせて神殿を冒涜しました 。アンティオコス 4 世は、豚を生贄にして食べるたり、安息日を冒涜したり、割礼を禁止したりして、異教の慣習をユダヤ人に強制しました。 その後、ユダヤ教の司祭マティアス・マカベアと彼の5人の息子がアンティオコス4世に対して反乱を起こし、ゲリラ戦を展開して成功を収めました。マティアスの死後、息子の一人であるユダ(ザ・ハンマー)・マカベアが戦争を指揮しました。ユダは、彼の優れた軍事計画、勇敢さ、肉弾戦の強さにより、大成功を収めました。彼は最終的にセレウコス朝を撤退させたのです。そのため、エルサレム周辺の地域は、ローマ帝国が支配するまでの間、一時的にハスモン朝から独立しました。今日のユダヤ教の祭典 ハヌカーは、 アンティオコス 4 世の穢れからユダヤ教の神殿を取り戻し、浄化したことを記念しています。 神殿のために戦争に向かう熱心なユダヤ人 神殿のために戦争をするほど、その宗教的信念は強力く、3000 年にわたってユダヤ人の伝統の一部となってきました。ヨセフスと バル・コクバ は、歴史上有名なユダヤ人であり、ユダヤ神殿の神聖さを守るために戦争を行いました。今でもユダヤ人の中には、紛争や戦闘の危険を冒して神殿の丘で祈りを捧げる人もいます。   マカベア家と同様に、イエスも神殿とその礼拝に非常に熱心でした。彼はそれをめぐって戦争をするほど熱意を持ってもいました。しかし、彼がどのように戦いに臨み、誰と戦ったかは、マカベアの人々とは大きく異なっていました。私たちはユダヤ人という視点からイエスを見てきましたが、今回はこの戦争と敵対者について見ていきます。そして後に、神殿がこの戦いにどのように関わってきたかについても見ていきます。   栄光の入城 イエスは ラザロを蘇らせることによって自分の使命を明らかにし、エルサレムへ向かう旅の途中でした。その道程は何百年も前に預言されていました。福音書は次のように説明しています。 12 翌日、イエスがエルサレムに向かわれるというニュースが町中をかけ巡りました。過越の祭りで上京した人々は、 13 イエスを迎えようと、手に手にしゅろの枝を振りかざして駆けつけました。沿道はたちまち人の波、波、波……。あちこちで大歓声が上がりました。「ホサナ(救い主)! イスラエルの王様ばんざーい! 神の大使ばんざーい!」 14 イエスはろばの子に乗っておられました。こうして預言どおりのことが起こったのです。 15 「イスラエルの民よ。あなたがたの王を恐れるな。王はろばの子に乗って、来られるのだから。」 16 〔この時、弟子たちには、この出来事が預言どおりに起こったこととは思えませんでした。しかし、イエスが天にある栄光の座に帰られたあと、「そういえば、あのことも聖書にあるとおりだった。このことも預言どおりだった」と思い出したのです。〕 17 群衆の中には、イエスがラザロを生き返らせた現場を目撃した人たちもかなりいて、彼らはその出来事を一部始終、人々に伝えていました。 18 こんなに大ぜいの人がイエスを出迎えたのも、実を言えば、そのすばらしい奇跡のことを聞いたからでした。 19 この有様にパリサイ人たちは動転し、言いました。「なんてことだ! 見ろ。みんな、あいつについて行ったじゃないか!」 ヨハネの福音書… Read More »イエスの宣戦布告:受難の主日に、王として、そして無敗の敵に対して