Skip to content

イエスの犠牲

シンプルだが強力: イエスの犠牲はどのようにしてあなたのカルマを帳消しにできるのでしょうか?

カルマは、重力と同様、私たちによく影響を与える原理または法則です。カルマにはさまざまな意味があります。しかし、基本的な考え方は、私たちは日々何かを行なっており、善行に対する功徳と悪行に対する罰が私たちの中に根付いているということです。私たちの行いが完全に高潔でない限り、私たちは死の輪廻を続けることになります。 私たちは本能的にこれを何らかの形で感じています。間違っていると分かっていることをするとき、私たちは罪悪感を感じます。したがって、私たちは知識、知恵、努力によって、蓄積したカルマに対処するさまざまな方法を開発します。ある人は、すべての誓いを立てて、厳しい禁欲生活の中で僧侶としてしばらく生きるかもしれません。それが難しいと感じ、最善を尽くして五戒に従うだけで十分であると願う人もいます。あるいはまた、菩薩に助けを求める人もいます。さらに、瞑想の訓練、仏陀への祈り、寺院や聖地での崇敬、僧侶や他者への慈善活動は、私たちが良い功徳を得るためにたどる道であり続けます。これにより、私たちの行動の結果である業報を減らすことができるのです。 これらの方法はどれも困難であり、私たちの努力が十分であるという保証は決してありません。私たちの行動の背後にある動機は十分なものでしたか?十分な数の行為があればよかったのでしょうか?つまり、重力と同じように、私たちはカルマの中で生きており、そこから抜け出すことができないのです。 そのため、努力を放棄してしまう人もいます。彼らは自分の行為によって生じたカルマに関係なく、ただその瞬間の喜びのために生きているのです。 聖書に示されたカルマの法則 イエスは私たちに代わってこれらの問題に取り組むために来られました。彼は私たちがクレーシャから逃れる方法を見つけるのを助けるためにやって来ました。彼は、仏陀が洞察力していた死と無常の輪廻を解いてくれたのでした。 さて、それはどのように行われたのでしょうか?  聖書は、私たちに影響を与えるカルマの法則を次の言葉で宣言しています。 23 罪の支払う報酬は死です。しかし、神が下さる賜物は、私たちの主キリスト・イエスによる永遠のいのちです。 ローマ人への手紙 6:23 下の図はこのカルマの法則を示しています。カルマは文字通り「行為」または結果を意味します。これは、ここで使用されている「賃金」という言葉と同じです。日常生活において、「賃金」は雇用労働による経済的行為または結果です。しかし霊的には、私たちが罪のために働くとき、その行為やカルマは死となります。 「死」とは分離を意味します。私たちの魂が肉体から離れると、私たちは肉体的に死にます。同様に、私たちは霊的に神から離れているか、死んでいます。神は聖なる(罪のない)方なので、これは真実なのです。 私たちは自分自身が罪によって神から切り離されていると考えることができます。罪は死につながる一種のカルマを引き起こします。聖なる罪のない神は罪を容認しないので、私たちは神から離れ、霊的に死にます。 私たちの功績はカルマには不十分です この分離は罪悪感と恐怖を引き起こします。したがって、私たちがやろうとしていることは、私たちを(死の)側から神の側に導く功徳を積むことです。これを部分的にギャップをまたがる橋として説明します。私たちは犠牲を捧げ、儀式的な洗礼を行い、苦行を行い、祭りに参加し、寺院に行き、多くの祈りを捧げ、さらには罪を減らしたり止めたりしようとします。功徳を得るための行いのリストが非常に長くなる場合もあります。問題は、私たちの努力、功績、犠牲、苦行が、悪くはないにしても足りないということです。なぜなら、私たちの罪に対するカルマ、つまり結果(「報酬」)は「死」だからです。罪の代価を支払うことができるのは死だけであり、私たちの功績ではないのです。 したがって、功績のための私たちの努力はまったく不十分です。それは、ベジタリアンの食べ物だけを食べてビタミンを摂取することによって、ガン(死に至る)を治そうとするようなものです。ビタミンを摂取し、ベジタリアンの食事をするのは悪いことではありませんが、ガンは治りません。そのためには、まったく異なる治療法が必要です。   これは聖書のカルマの法則であり、悪い知らせです。私たちはそれについて聞きたくもないこともよくあります。そのため、私たちは普段この法則がなくなることを願い、他の事をしながら生活を満たしています。しかし、重力と同じように、この法則は私たちを捉え続けているのです。  解脱を達成する良い知らせ しかし、聖書はこのカルマの法則で終わっているわけではありません。 23 罪の支払う報酬は死です。しかし、神が下さる賜物は、私たちの主キリスト・イエスによる永遠のいのちです。 ローマ人への手紙 6:23 「しかし」という短い言葉は、律法の方向が今、別の方向、つまり良い知らせに進もうとしていることを示しています。福音は文字通りの「良い知らせ」という意味があります。カルマの法則は、解脱(自由)と悟りへと反転するのです。では、解脱の良い知らせとは何でしょうか? 23 罪の支払う報酬は死です。しかし、神が下さる賜物は、私たちの主キリスト・イエスによる永遠のいのちです。… Read More »シンプルだが強力: イエスの犠牲はどのようにしてあなたのカルマを帳消しにできるのでしょうか?

新年の満月祭りのなぞなぞ

元宵節(元宵節、元宵节、Yuánxiāo jié ) または上元節(上元節、上元节、Shàngyuán jié ) は、中国の新年のお祝いを締めくくります。元宵節は、伝統的な中国暦の新年の最初の満月に祝われます。中国の暦や他のアジアの暦は、太陰月と太陽年を組み合わせた太陰太陽暦を使用しています。月が地球の周りを12回転するには354日かかります。そのため、太陰太陽暦では、19 年間にわたって特定の年に閏月が追加されます。したがって、太陰月と太陽年は、この繰り返しの期間によって同期するのです。 元宵節のクライマックスは、夜に提灯を持って出かけ、提灯にある謎を解くことです。これらには、幸運、家族の再会、豊作、繁栄、愛のメッセージが含まれていることがよくあります。  古代の新年祭りの起源 元宵節の起源についてはさまざまな伝説があります。その 1 つは、玉皇大帝がお気に入りの鳥を殺されたことに激怒し、人々を火で滅ぼそうとしたという物語です。玉皇大帝の裁きを受けた人々は、赤い提灯、花火、かがり火を灯すことにしました。そうすれば、彼らを滅ぼすために送られた天使たちは、火の裁きがすでに下ったと騙されます。この計画は功を奏し、人々は裁きから逃れることができました。他の伝説では、最初の月の満月に提灯がどのように神の裁きを退けたかを記しています。    ヘブライ暦は太陰太陽暦でもあり、中国の暦と同じくらい古いものです。同様に、その年の最初の満月に祝祭が行われます。3500 年以上前に始まったこの祭りには、謎解きは含まれていません。代わりに、神はそれをすべての人々のための謎解きとして定めました。この謎が解けるまでに1500年がかかりました。この謎解きは、すべての人々にとってカルマと死からの解放がどのように達成されるかを示しました。   この記事では、この祝祭と、その謎、その解決策、そしてなぜこれが私たちの人生に影響を与えるのかについて説明します。私たちは古代ヘブライ語聖書の記録を調べ、過越祭に辿り着きました。 出エジプトの過越祭 私たちはアブラハムから500年後、今から約3500年前、モーセがどのようにしてイスラエル人をエジプトの奴隷制から導いたのかが記録されています。創造主なる神はモーセに、エジプトのファラオ(統治者)と対峙するよう命じました。その結果、彼らの間に激しい紛争が生じ、エジプトに9つの疫病、つまり災いをもたらしました。しかしファラオはまだイスラエル人を解放することに同意していませんでした。そこで神は、10番目で最後の災いをもたらそうとしたのです。 アブラハムの犠牲において、アブラハムが息子を捧げた場所はモリヤ山でした。アブラハムの息子が生きるために一匹の小羊が死にました。 モリア山はまさにイエスが犠牲になった場所でした。その場所を示すことで、彼の死の意味を私たちに「理解」させるためのしるしだったのです。過越祭では、その年の同じ日を指すことによって、イエスの犠牲への別の指標が見つかります。子羊の犠牲はどちらの場合もイエスの犠牲を指すために使用されます。ヘブライ語の聖典の中で最も重要な出来事は、2 つの異なる方法 (場所とタイミング) でイエスを直接示しています。歴史上、これほど劇的な形で、これほど明白な類似性によって遠い将来に死が予見された人物は思いつきません。 神がこれらのしるしを与えたのは、イエスの犠牲が本当に神によって計画され、定められたものであると私たちが確信できるようにするためです。これらは、イエスの犠牲がどのように私たちをカルマから救ってくれるかを示しています。 次に注目する出来事、

シンプル&力強い イエスの犠牲とはどういう意味か?

私たちが堕落から逃れ、神様に再びつながるため、イエスは私たちすべての人間のために犠牲として自分自身をささげました。この出来事は、人間の歴史の始まりに記させています。イエスの犠牲が行われた場所であるモリヤの山を指し示すことによって、アブラハムの犠牲の中に神様によって指示されました。そして、ユダヤ人の過越祭の犠牲は、イエスが犠牲となった時のその年の日を指し示すサインでした。 なぜ彼の犠牲はそんなに大切なのでしょう?これは質問するに価値のあるものです。聖書はそれが述べられるとき、神の教えを宣言しました。 罪の報いは死である。。。(ローマ人への手紙6章 23) 「死」という意味は、文字通り「分離」という意味です。私たちの魂が体から分離する時、私たちは肉体的に死にます。それと同じく、私たちは精神的に神様からもまた分離しています。これは真実です。なぜなら神様は神聖であるが、私たちは最初の創造物から堕落し、そして私たちも罪であるからです。 このことは、底知れない穴によって分離された私たちから、反対側の崖の上にいる神様、という図で表すことができます。それはちょうど、木から切られた枝が死んでしまうのと同じです。私たちは神様から切り落とされ、精神的に死んでいるのです。 この分離は罪悪感と恐怖感の原因になります。だから私たちが自然に行おうとすることは、私たちの場所(死)から神様の場所まで橋をつなごうとします。私たちはこれをいろんな方法で行います;例えば、教会や神社、寺院に行ったり、宗教信者になったり、良い人になったり、貧乏人を助け、瞑想したり、もっと助けようとしたりお祈りしたり…功績を増やすためのこのような行為は、とても難しいです。そしてそれをやり抜くのはとても複雑です。このことは、次の形で説明されます。 問題は、私たちの熱心な努力や功績、行動は間違ってはいないけれど、それは不十分なのです。なぜなら、私たち罪のためのに要求される報酬は、「死」であるからです。私たちの努力は、神様から分離された私たちの溝をつなごうとする「橋」のようなものなのです。しかし最終的にはつながらないのです。いい功績は根本的な問題を解いてはいないからです。それは、ベジタリアンフードを食べることで癌(死の原因)を克服しようとしていることと同じです。ベジタリアンフードを食べることは悪いことではありません、むしろいいことでしょう。しかし、それは癌を克服はしません。癌には、全く異なった治療法が必要なのです。 この神様の教えは、悪いニュースです。私たちはそれを聞きたくはありませんし、この教えがなくなるように活動したり望んだりします。しかし聖書はこの罪の教え、シンプル で力強い解決策に集中するため、私たちの注意を引くための死を強調します。 罪の報酬は死である、しかし、、、(ローマ人への手紙 6章23) メッセージの支持を示しているこの小さな言葉である「しかし」は、福音書の良い知らせー解決策 でまさにその方向を変えようとしています。それは、神様の愛と有徳を表しています。 罪の報酬は死であるが、神様の贈り物は私たちの主であるイエス・キリストにおける永遠の命である。(ローマ人への手紙6章23) イエスの犠牲である良い知らせは、私たちと神様を分離する架け橋をするのに十分であります。私たちはこのことを知っています。なぜなら、彼の死の3日後、イエスは肉体的に甦りました。ほとんどの人々は、この復活の証拠を知りません。とても強い真実が、私が大学で行った講義で示されています。(ビデオのリンクはここ-English)イエスの犠牲は予言的にアブラハムの犠牲と過越祭の中に表されています。イエスを示しているこのようなサインは、解決策を見つける手助けをするためにあるのです。 イエスは罪のない人生を送った人間です。それ故に、彼は人間と神の両側を「触る」ことができ、神様と人間との間の分離を埋めることができます。彼は以下にに示されるような、人生の架け橋なのです。 このイエスの犠牲がどのようにして私たちに与えられたか気づいてください。それは、「ギフト」として提供されました。「ギフト」について考えてください。それがどんなものであれ、本当に「ギフト」なのであれば、それは何か仕事をして得るものでもなく、功績によって稼ぐものでもないのです。もしあなたがそれを稼ぐのであれば、それはもはや「ギフト」ではなくなります。それは給料です。同じく、あなたはイエスの犠牲に値したり稼いだりはできないのです。それは私たちに「ギフト」として与えられるのです。とてもシンプルです。 そして、「ギフト」とは何ですか?それは、「永遠の命」です。その意味は、私たちの与えられた罪の死は今取り消されました。イエスの人生の架け橋が永遠に続く人生を受け取り再び神様につながることを可能にします。神様はあなたと私をそれほど愛しているのです。それはとても力強いのです。 では、どのように私たちはその人生の橋を渡るのでしょうか?もう一度、「ギフト」を思い出してください。もし誰かがあなたに「ギフト」を渡したいなら、あなたはそれを「受け取る」べきなのです。いつも「ギフト」には二つの選択があります。ギフトを断る(いいえ、いりません)か、受け取る(ギフトをありがとう。受け取ります)かです。そしてこの提供されたギフトは受け取られるべきなのです。それは、ただ精神的に信じるのでも、勉強したり理解したりすることではありません。このことは、神様が私たちに与えたギフトを受け取り、神様に向かう橋を「歩く」様子を描いた次の図で示されます。 そしてどのように私たちはこのギフトを受け取ればいいのでしょう?聖書はこう言っています。 主の名を呼び求めるものすべてのものは報われる。(ローマ人への手紙 10章 13) この約束は「すべてのもの」ということに気づいてください。イエスが死から甦ってから彼は今でも生きており、「主」なのです。もしあなたが彼を呼び求めると、彼はそれを聞き、あなたにギフトをもっと与えるでしょう。あなたは彼を呼び、彼と会話をすることで聞きます。たぶんあなたは今までにこのようなことをしたことがないでしょう。下にあるものは、あなたを導くお祈りです。それはマジックのおまじないではありません。それは力を与える特別な言葉でもありません。それは、私たちがこのギフトを受け取るために置き換えられたアブラハムの行ったような信用です。私たちが彼を信じれば、彼は私たちを聞き、それに答えます。良い知らせは力強く、そしてシンプルです。もし役に立つと思ったら、このガイドに従ってみてください。… Read More »シンプル&力強い イエスの犠牲とはどういう意味か?