Skip to content

イエスの誕生

約束された王:「7」の兆しが現れる

「7」という数字は、古くから文化や国家を超えて、特にアジアで大きな尊敬と神秘的な驚異を呼び起こしてきました。仏教の伝統によれば、ゴータマ シッダールタは菩提樹によって悟りを達成した後、自分の悟りの経験を考えるためにその後の7週間を7つの場所で過ごしました。7月7日に開催される七夕祭りには、少なくとも2600 年前まで遡る伝統があります。 孔子が編纂した『詩経』では七夕について言及しています。七夕祭りは東アジア全域に広がりました。日本では七夕(たなばた)、韓国では七夕(칠석)、ベトナムではThất Tịchとして祝われます。前述のように 7 月 7 日に祝われるこれらの祭りは、二重七夕または、七夕の夜とも呼ばれます。 七夕祭りの「七」 七夕祭りの背後にある物語は国によって多少異なりますが、主なストーリーラインは一貫しています。織女の女神、Zhinü (織女) は、牛飼いの少年、Niulang (彦星または牛郎) に恋をします。しかし、玉皇大帝は少女を天に連れ戻し、恋人たちを引き離し、彼らの心は引き裂かれてしまいます。しかし、彦星の牛は彦星に、自分を殺してその皮を持って天国に行くように言いました。玉皇大帝は二人の恋人を星の中で引き離し、二人の間に天の川を置きました。しかし、カササギは彼らの誠実な愛を認識し、7月7日に恋人たちのために橋を架けたので、恋人たちは毎年この日にだけ会って愛を新たにすることができました。アジア人はこの 7 月 7 日を愛の日として祝います。これは西洋におけるバレンタインデーに似ています。  ヘブライ語聖書における神秘的な「7」 数字の 7 と愛と再生との関連性は、ヘブライ語の預言者の文書にも顕著に現れています。彼らは、「7」に包まれた謎を予言的に書き留めました。この謎は、数百年後の歴史において初めてのみ、理解できるものでした。この謎は、私たち全員に対する創造主なる神からの愛の救いをまとめたものであり、それは今日でも機能しています。 。切り株から枝のしるしを預言しました。そしてゼカリヤは、イエスがこの世に生まれる500年前に、これは「油注がれた者」(=キリスト=王)の到来の預言です。創造主である神は、いつ来るかについての予定表を示しました。その予定表では 7 つの周期が使用されていました。預言によれば、カウントダウンは「エルサレムを修復し再建する布告の発布」から始まります。神は紀元前… Read More »約束された王:「7」の兆しが現れる

クリスマス – イエスの誕生物語

クリスマスは、世界中の国が祝う主要な世界的な祭りとして認識されています。クリスマスのお祝いは音楽、食べ物、飾り付け、贈り物でいっぱいですが、正確な祝い方は国によって異なります。しかし、クリスマスの歴史の中で重視すべきことは、この祝祭は2000年以上前に生まれた貧しいユダヤ人の少年の誕生を祝うものであるということです。 クリスマスのお祝いを避けている人々がユダヤ人であることに気づくと、クリスマスの独特の本質は皮肉なものになります。伝統を生み出したこのユダヤ人の少年はまさにこの人々から生まれたのです。この陰謀だけでも、クリスマスの物語を探求する価値があります。それではこの物語を追求してみましょう。 ユダヤ人の誕生物語: サンタよりも優れている この少年の誕生をめぐる物語を構成する登場人物のほとんどはユダヤ人でした。この物語を記録した二人の歴史家のうちの一人もユダヤ人でした。 ユダヤ人のレビ族によって記録された、このユダヤ人の赤ん坊の誕生をめぐる陰謀、サスペンス、祝祭は、後のクリスマスに付け加えられたサンタクロース、北極、サンタの工房のエルフなどと比較すると見劣りするでしょう。 マタイとしても知られるレビは、彼が書いた男の子の赤ちゃんがユダヤ人であることを私たちに確実に知ってもらいたかったのです。そこで彼は、彼の福音書と新約聖書の最初の文であるこの文で説明を始めました。 1 これは、イエス・キリストの系図です。イエス・キリストはダビデ王の子孫、さらにさかのぼってアブラハムの子孫です。 マタイ 1:1 彼はすべてのユダヤ人と同じようにアブラハムの息子であるだけでなく、有名なダビデ王の子孫でもありました。これほど大きな期待を抱かせるテーマは他にあるでしょうか? 少なくともサンタではないでしょう。 イエスの誕生が語られる イエスの誕生にはどのような状況があったのでしょうか。マタイは驚くほど詳しく教えてくれます。 18 救世主イエス・キリストの誕生は次のとおりです。母マリヤはヨセフと婚約していました。ところが結婚する前に、聖霊によってみごもったのです。 19 婚約者のヨセフは、神の教えを堅く守る人でしたから、婚約を破棄しようと決心しました。しかし、人前にマリヤの恥をさらしたくなかったので、ひそかに縁を切ることにしました。 20 ヨセフがこのことで悩んでいた時、天使が夢に現れて言いました。「ダビデの子孫ヨセフよ。ためらわないで、マリヤと結婚しなさい。マリヤは聖霊によってみごもったのです。 21 彼女は男の子を産みます。その子をイエス(「主は救い」の意)と名づけなさい。この方こそが、人々を罪から救ってくれるからです。 22 このことはみな、神が預言者(神に託されたことばを語る人)を通して語られました。23 『見よ。処女が身籠もって、男の子を産む。その子はインマヌエル〔神は私たちと共におられるという意〕と呼ばれる。』(イザヤ7・14)」 24 目が覚めるとヨセフは、天使の命じたとおり、マリヤと結婚しました。 25 しかし、その子が生まれるまでは、マリヤには触れませんでした。そして、生まれた子をイエスと名づけました。 マタイの福音書 1:18-25 処女懐胎 マタイは、マリアが出産したとき処女であったと確信を持って語っているので、すぐに私たちを大きな論争に巻き込みます。もう一人の福音書著者であるルカは、この出来事についてさらに詳しく説明しています。 26 その翌月、神は天使ガブリエルを、ガリラヤのナザレという町に住むマリヤという処女のところへお遣わしになりました。 27 この娘は、ダビデ王の子孫にあたるヨセフという人の婚約者でした。 28 ガブリエルはマリヤに声をかけました。「おめでとう、恵まれた女よ。主があなたと共におられます。」 29 これを聞いたマリヤは、すっかり戸惑い、このあいさつは、いったいどういう意味なのかと考え込んでしまいました。 30 すると、天使が言いました。「こわがらなくてもいいのです、マリヤ。神様があなたにすばらしいことをしてくださるのです。 31 あなたは身籠もって、男の子を産みます。その子を『イエス』と名づけなさい。 32 彼は非常に偉大な人になり、神の子と呼ばれます。神である主は、その子に先祖ダビデの王座をお与えになります。 33 彼は永遠にイスラエルを治め、その国はいつまでも続くのです。」 34 マリヤは尋ねました。「どうして私に子どもができましょう。まだ結婚もしておりませんのに。」 35 「聖霊があなたに下り、神の力があなたをおおうのです。ですから、生まれてくる子どもは聖なる者、神の子と呼ばれます。 ルカの福音書 1:26-35 驚くべきことに、「処女の出産というテーマ」はアダムとイブにまで遡り、その奇跡的な性質は約束の地への巡礼の旅に出ました。しかし、アブラハム100年目のイサクの誕生は、イエスの処女誕生と同じくらい奇跡的でした。イエスの誕生は、この典型的なユダヤ人の役割を強調するために、イサクの誕生を反映しています。… Read More »クリスマス – イエスの誕生物語