Skip to content

イエスはなぜ死んだのか

シンプルだが強力: イエスの犠牲はどのようにしてあなたのカルマを帳消しにできるのでしょうか?

カルマは、重力と同様、私たちによく影響を与える原理または法則です。カルマにはさまざまな意味があります。しかし、基本的な考え方は、私たちは日々何かを行なっており、善行に対する功徳と悪行に対する罰が私たちの中に根付いているということです。私たちの行いが完全に高潔でない限り、私たちは死の輪廻を続けることになります。 私たちは本能的にこれを何らかの形で感じています。間違っていると分かっていることをするとき、私たちは罪悪感を感じます。したがって、私たちは知識、知恵、努力によって、蓄積したカルマに対処するさまざまな方法を開発します。ある人は、すべての誓いを立てて、厳しい禁欲生活の中で僧侶としてしばらく生きるかもしれません。それが難しいと感じ、最善を尽くして五戒に従うだけで十分であると願う人もいます。あるいはまた、菩薩に助けを求める人もいます。さらに、瞑想の訓練、仏陀への祈り、寺院や聖地での崇敬、僧侶や他者への慈善活動は、私たちが良い功徳を得るためにたどる道であり続けます。これにより、私たちの行動の結果である業報を減らすことができるのです。 これらの方法はどれも困難であり、私たちの努力が十分であるという保証は決してありません。私たちの行動の背後にある動機は十分なものでしたか?十分な数の行為があればよかったのでしょうか?つまり、重力と同じように、私たちはカルマの中で生きており、そこから抜け出すことができないのです。 そのため、努力を放棄してしまう人もいます。彼らは自分の行為によって生じたカルマに関係なく、ただその瞬間の喜びのために生きているのです。 聖書に示されたカルマの法則 イエスは私たちに代わってこれらの問題に取り組むために来られました。彼は私たちがクレーシャから逃れる方法を見つけるのを助けるためにやって来ました。彼は、仏陀が洞察力していた死と無常の輪廻を解いてくれたのでした。 さて、それはどのように行われたのでしょうか?  聖書は、私たちに影響を与えるカルマの法則を次の言葉で宣言しています。 23 罪の支払う報酬は死です。しかし、神が下さる賜物は、私たちの主キリスト・イエスによる永遠のいのちです。 ローマ人への手紙 6:23 下の図はこのカルマの法則を示しています。カルマは文字通り「行為」または結果を意味します。これは、ここで使用されている「賃金」という言葉と同じです。日常生活において、「賃金」は雇用労働による経済的行為または結果です。しかし霊的には、私たちが罪のために働くとき、その行為やカルマは死となります。 「死」とは分離を意味します。私たちの魂が肉体から離れると、私たちは肉体的に死にます。同様に、私たちは霊的に神から離れているか、死んでいます。神は聖なる(罪のない)方なので、これは真実なのです。 私たちは自分自身が罪によって神から切り離されていると考えることができます。罪は死につながる一種のカルマを引き起こします。聖なる罪のない神は罪を容認しないので、私たちは神から離れ、霊的に死にます。 私たちの功績はカルマには不十分です この分離は罪悪感と恐怖を引き起こします。したがって、私たちがやろうとしていることは、私たちを(死の)側から神の側に導く功徳を積むことです。これを部分的にギャップをまたがる橋として説明します。私たちは犠牲を捧げ、儀式的な洗礼を行い、苦行を行い、祭りに参加し、寺院に行き、多くの祈りを捧げ、さらには罪を減らしたり止めたりしようとします。功徳を得るための行いのリストが非常に長くなる場合もあります。問題は、私たちの努力、功績、犠牲、苦行が、悪くはないにしても足りないということです。なぜなら、私たちの罪に対するカルマ、つまり結果(「報酬」)は「死」だからです。罪の代価を支払うことができるのは死だけであり、私たちの功績ではないのです。 したがって、功績のための私たちの努力はまったく不十分です。それは、ベジタリアンの食べ物だけを食べてビタミンを摂取することによって、ガン(死に至る)を治そうとするようなものです。ビタミンを摂取し、ベジタリアンの食事をするのは悪いことではありませんが、ガンは治りません。そのためには、まったく異なる治療法が必要です。   これは聖書のカルマの法則であり、悪い知らせです。私たちはそれについて聞きたくもないこともよくあります。そのため、私たちは普段この法則がなくなることを願い、他の事をしながら生活を満たしています。しかし、重力と同じように、この法則は私たちを捉え続けているのです。  解脱を達成する良い知らせ しかし、聖書はこのカルマの法則で終わっているわけではありません。 23 罪の支払う報酬は死です。しかし、神が下さる賜物は、私たちの主キリスト・イエスによる永遠のいのちです。 ローマ人への手紙 6:23 「しかし」という短い言葉は、律法の方向が今、別の方向、つまり良い知らせに進もうとしていることを示しています。福音は文字通りの「良い知らせ」という意味があります。カルマの法則は、解脱(自由)と悟りへと反転するのです。では、解脱の良い知らせとは何でしょうか? 23 罪の支払う報酬は死です。しかし、神が下さる賜物は、私たちの主キリスト・イエスによる永遠のいのちです。… Read More »シンプルだが強力: イエスの犠牲はどのようにしてあなたのカルマを帳消しにできるのでしょうか?

犠牲によって山はすべての人にとって神聖なものとなる

山は聖地として理想的な場所を生み出し、巡礼の目的地または寺院の場所として機能します。日常生活から遠く離れ、その高さは、信者に天国に近いという感覚を与えます。そのため、ほとんどすべての国が国家および宗教の中心地を山の上に築いてきました。以下の例をいくつか考えてみましょう。 アジアの聖なる山 ブルカン・ハルドゥン (Бурхан Халдун) ブルカン・ハルドゥンには、これをモンゴルで最も神聖な山であると宣言したチンギス・ハンの墓があります。チンギス・ハンはブルカン・ハルドゥンで定期的に礼拝を行っていました。今日、モンゴル人はブルカン・ハルドゥーン周辺の指定されたルートに沿って、3つの主要な聖なるオボーへの定期的な巡礼を行っています。したがって、この山は「モンゴルの遊牧民の遺産と伝統的な生活様式」を表しています。(wiki) アダムスピーク スリランカのシンハラ仏教徒はアダムスピークを最も神聖な場所の1つと呼んでいます。頂上には仏陀 (シュリ・パダ、または ශ්‍රී පාද) の足跡であると信じられている自然の地層があります。そのため巡礼者は、数千段の階段を登るようなさまざまな困難なルートをたどって山を登ります。 ( wiki ) プノン・クーレン ( ភ្នំគូលែន ) カンボジアのヒンズー教徒も仏教徒もプノン・クーレンを古代クメール帝国発祥の地として巡礼します。クメール王朝の創始者は、プノン・クーレンで神聖な統治権(デヴァラージャ)を宣言しました。近くには、国内最大の涅槃像のある仏教僧院、プレア・アン・トムがあります ( wiki ) 白頭山 (백두산; 白頭山; 长白山; 長白山) 長白山とも呼ばれる、韓国人にとっても、中国人にとっても神聖な白頭山は、中国と北朝鮮の国境に位置しています。火口の上に湖がある火山であり、韓国人はこの火山とその湖に神話的な性質を見出しています。彼らはその湖を天国の湖と呼び、自分たちの国の精神的な故郷であると考えています。韓国と北朝鮮の国歌はどちらも白頭について言及しています。北朝鮮の国章には白頭山が描かれており、白頭山を「革命の聖山」と呼んでいます。満州族の中国人は長白(別名)を神聖な祖先の故郷とみなしています。彼らはこの山を清朝の帝国権力を象徴するために使用していたのでした。( wiki ) ドイステープ(ดอยสุเทพ) タイのチェンマイ郊外のドイステープには、ワット プラタート ドイステープという寺院があります。敬虔なタイの仏教徒は、この寺院を礼拝の重要な場所としています。… Read More »犠牲によって山はすべての人にとって神聖なものとなる