Skip to content

イサク

イサクの誕生へのフラッシュバック: イエスの誕生との対称性

イサクの誕生は、聖書の中で最も期待され、描かれた出来事の一つです。神は創世記 12 章で息子や後継者を生み出さずに10年間待ちました。しかし、神は確かな誓いをたてて、彼を安心させました。神を知りたい人はアブラハムの道に従わなければなりません。 第二に、この物語は神の力を弱めるのではなく、むしろそれを強くします。中年夫婦に子供が生まれるというのは、奇跡ではないかもしれませんが、驚くべきことでしょう。アブラハムとサラが早い段階でイサクを産んでいたとしたら、この物語を起こりそうにない出来事も自然に起こるというように解釈できます。しかし、夫婦が100歳で子供を産むというのは作り話か奇跡のどちらかです。他に説明や中間点はありません。イサクの誕生の出来事は記録されたとおりに起こらなかったか、あるいは奇跡が起こったかのどちらかです。もし奇跡的であるとすれば、今日に至るまで続くイスラエルとして知られる計画全体は、神の奇跡的な力と完全に信頼できる神の約束の上に成り立っているということになります。イサクの誕生により、歴史上のすべてのユダヤ人は奇跡の上に確立されました。そして、基礎が奇跡的であれば、その上に建てられる構造も奇跡的です。 イサクの奇跡的な誕生とイエスの奇跡的な誕生の比較 イサクの誕生が遅れた 3 番目の理由を理解するには、驚くべきパターンを認識する必要があります。アブラハムには、もう一人子孫がいて、その子も同様に約束され、予期され、奇跡的な誕生を遂げました。それはナザレのイエスです。  それまで何世紀にもわたって、さまざまな預言者たちがさまざまな方法で神の名においてメシアの到来を約束してきました。そして福音書はイエスをこの約束されたメシアとして紹介しています。彼がイエスの処女誕生を捏造された物語か奇跡のどちらかとして解釈することしかできません。他に説明も中間点もありません。少し考えてみると、イエスとイサクの誕生のこの対称性がはっきりと見えてきます。   イスラエルの原型としてのイエス これは、イスラエルの原型としてのイエスの全体像を描いた一連の例のうちの 1 つです。彼は原型として、4000 年前にアブラハムに初めて語られた神の目的を表し、達成しました。イエスの誕生が原型となるためには、この国の最初の誕生である、イサクの誕生を模倣する必要がありました。そうでなければ、イエスがイスラエルであるという主張は最初から誤りであることが証明されます。しかし、両者の出生の奇跡的な性質が一致しているため、イエスがイスラエルであるという主張はそのままであり、少なくとも調査する価値のある疑問です。  この歴史的観点から彼らの誕生を比較すると、イサクの誕生はずっと後に訪れるイエスの誕生を予見していたことがわかります。人類の歴史の膨大な期間にわたるこのような先見性を備えた出来事を調整することは、イエスの出来事が神の計画の基礎であるという主張を裏付けるものです。神は、私たちが、この計画を理解することで、はるか昔にアブラハムに与えられた最初の約束の受益者となれるように招いているのです。 3 …アブラムによって、全世界が祝福されるのです。」 創世記 12:3 このような観点から、ここで調査を終了します。

アブラハム:どのように神様は、神社(杜 , 大社)の場所を記すことで与えるのでしょう

アブラハムは、現代でいうイスラエルを旅しながら、4000年も前に住んでいました。彼は、偉大な民族になるであろう子孫を約束されましたが、彼は彼の子孫の誕生に出会うため、とても歳をとるまで待たなければいけませんでした。今日のユダヤ人やアラブ人は、アブラハムの子孫であり、私たちはその約束が果たされ、彼は偉大な民族の父として歴史の中で大切な人物だということを知りました。 アブラハムは、彼の息子であるイサックの成長を見ることがとても幸せでした。しかし、神様は、アブラハムを素晴らしい方法で試しました。このことは、すべての国民がいつか神様を礼拝するであろう場所である神社を位置するでしょう。神様はこう言いました。 「あなたの一人息子であるイサックを連れて来なさい。あなたが心から愛するその息子を。彼をモリヤへ連れて行き、イサックを私の捧げものとして焼き殺しなさい。」(創世記22章2) このことは、理解しがたいです。なぜ神様はこうするようにアブラハムに言ったのでしょうか?神様を信用することを学んだアブラハムでさえ、そのことを理解できませんでした。 そして次の日の朝早く起きて、イサックと二人の使用人を連れ、神様が伝えた場所に向かいました。(創世記22章:3) そして3日後、彼らはその「杜」へたどり着きました。そして 、、、彼らは神様から伝えられた場所にたどり着いた時、アブラハムは祭壇を作り、その上に薪を置きました。そして、彼は息子をしばりつけ、息子を薪の上に置きました。彼はナイフを手に取り、息子を殺す準備をしました。(創世記22章:9-10) アブラハムは、神様に従う準備をしました。そしてちょうどその時、注目すべきことが起こりました。 しかし、神様の天使が天国からこう叫びました。「アブラハム!アブラハム!」 「私はここにいます。」アブラハムは答えました。 「その男の子をどんなやり方でも傷つけたり、痛めつけたりしてはいけません。」と天使は言いました。「今私は、あなたが本当に神様に従うのかわかりました。なぜならば、あなたは神様にたったひとりの息子を差し伸べようとしたからです。」 アブラハムがふと見上げると、木々の中に角を絡ませて動けないでいる雄羊を見つけました。そして彼は雄羊を捕まえ、彼の息子の代わりに雄羊をいけにえにしました。(創世記22章:11-13) その最後の瞬間、イサックは死から逃れ、アブラハムは雄羊を見つけ、その代わりに雄羊をいけにえにしました。その雄羊は、イサックの身代わりになりました。この場所は、神様が存在し、そこでイサックのために提供したので、神聖な場所でした。 ここで、質問があります。この物語のこの時点では、その雄羊は死んでいるでしょうか、それとも生きているのでしょうか? なぜそのように質問するのでしょうか?なぜならば、アブラハムがその場所に名前を付けようとするからです。しかし、ほとんどの人は、その大切さを逃しています。その物語は続きます。 アブラハムは、その場所を「神様のその山の上で与えられる」と名付けました。そして今でも人々は、「神様のその山の上で与えられる」と言っています。(創世記22章:14) ほかの質問;アブラハムが名付けた場所「神様は与えてくださるだろう」は、過去、現在、それとも未来の文型でしょうか? 過去ではなく、未来に向けて それは、確実に未来の文型です。多くの人々は、アブラハムがその神聖な場所を名付けた時、やぶに絡まった雄羊のことを考え、イサックの代わりにいけにえにしたと考えています。しかし、アブラハムがそこを名付けた時はもうすでに雄羊は死んでいて、いけにえにされていました。もしアブラハムがその、もうすでに死んでいていけにえにされた雄羊を考えていたのであれば、彼はその場所を、過去の文型である「神様は与えてくださった」と名付けたでしょう。そしてその次のコメントは、「そして今でも人々は、「神様のその山で与えられた」」となったでしょう。しかしその名前は、過去ではなく、未来を示しています。アブラハムは、もうすでに死んでいる雄羊を考えていたのではありません。彼は、その場所を、未来の別なこととして名付けているのです。しかし、それは何なのでしょうか? それはどこなのでしょう? このいけにえが起こったのは、どこか覚えておいてください。その物語のはじめでこう話されています。 「イサックを連れて行きなさい。彼を、モリヤの地に連れて行きなさい」 これは、モリヤで起こりました。それはどこなのでしょう?それは、アブラハムの時代(紀元前2000年)では、木々や野生の羊がいる荒地であり、アブラハムとイサックはその山にいました。しかし1000年後(紀元前1000年)そこに、デビット王はエルサレムの地を作り、そして彼の息子であるソロモンは、そこに初代のユダヤ教のお寺を作りました。(日本でいう大社)私たちは、旧約聖書のなかでこう学びます。 そして、ソロモンは、モリヤの山でエルサレムの神様であるお寺を建て始めました。(歴代志2、3章1) モリヤの山は、ユダヤ教のお寺のあるユダヤ人の町である、エルサレムになりました。今日では、そこはユダヤ人にとって聖地であり、エルサレムは、イスラエルの首都であります。… Read More »アブラハム:どのように神様は、神社(杜 , 大社)の場所を記すことで与えるのでしょう