Skip to content

イスラエル人

ユダヤ人の歴史とは何でしたか?

ユダヤ人には長い歴史があり、特にアジアの歴史に影響を与えてきました。一例を考えてみましょう。ヨーロッパの経済理論および政治理論として共産主義を構想し推進したカール・マルクスはユダヤ人でした。彼の思想はヨーロッパからアジアに広がり、中国で毛沢東主導の共産主義革命が起きました。その後、共産主義が中国から北朝鮮とベトナムに広がりました。ポル・ポト率いるクメール・ルージュもカンボジアでマルクス主義の思想を実践しました。これが1970年代にその国で大量虐殺を引き起こしました。おそらく今日のアジアの人々は皆、これらの共産主義革命とそれに起因する紛争の影響を受けているでしょう。 ユダヤ人はまた、遠い過去からアジアに大きな影響を与えてきました。最初の仏教の僧侶はパーリ語とサンスクリット語を使用して最古の仏教経典を書きました。パーリ語とサンスクリット語はブラーフミー文字に由来しており、学者らはこの文字が約 2700 年前にユダヤ人からアジアに伝わったと主張しています。このように、ユダヤ人はすべての古典的な仏教文献の形成に影響を与えてきたのです。 良くも悪くも、ユダヤ人は他の少数民族にはないほどアジアに影響を与えてきました。ここでは、特にアジアに関連するユダヤ人の歴史を考察していきます。なぜユダヤ人がアジアの歴史にこれほど長く永続的な影響を与えてきたのかを探ります。ユダヤ人の歴史については、他のどの国よりも多くの事実が分かります。これらの情報をもとに、彼らの歴史を年表でまとめます。 アブラハム: ユダヤ人の家族の始まり 年表は息子イサクを象徴的な犠牲で彼に試練を与えました。これは、将来の犠牲の場所を示すことでイエスを指し示すしるしでした。その後、神はイサクの息子をイスラエルと名付けました。年表は、イスラエルの子孫がエジプトで奴隷であったときの緑色で続いています。この時代はイスラエルの子ヨセフから始まりました(系図はアブラハム→イサク→イスラエル(ヤコブとしても知られる)→ヨセフ)彼はイスラエル人をエジプトに導き、後にエジプト人は彼らを奴隷にしました。 モーセ:イスラエルの民が神の下の国民となる 祝福と呪いを宣告しました。彼らが神に従えば、神は彼らを深く祝福しますが、従わなければ彼らを呪います。神はその後もイスラエルの歴史をこれらの祝福と呪いに結び付けました。この移行を、年表が緑から黄色に変わることで示します。 数百年間、イスラエル人は自分たちの土地に住んでいましたが、彼らには王がいませんでした。首都エルサレムも、この時代は他の人々のものでした。しかし、紀元前 1000 年頃、ダビデ王によって状況は変わりました。 ダビデがエルサレムに王朝を設立 ダビデはエルサレムを征服し、首都としました。彼は「キリスト」が降臨するという約束を受けました。その時からユダヤ人は「キリスト」の到来を待ち望んでいました。彼の息子ソロモンはモリア山に最初のユダヤ神殿を建てました。ダビデ王の子孫は約400年間統治を続けました。これはイスラエル人の栄光の時代であり、彼らは約束された祝福を受けていました。彼らは強力な国家であり、高度な社会、豊かな文化、そして壮大な寺院を持っていました。年表では、この期間が水色 (紀元前 1000 ~ 600 年) で示されています。 しかし、旧約聖書には、この時期の彼らの腐敗の進行についても記されています。この時代の多くの預言者はイスラエル人に、悔い改めなければモーセが900年前に『呪い』の中で預言した通りです: 49 主は遠く離れた国を立ち上がらせ、わしが飛びかかるように、あなたを襲わせます。その民は聞いたこともないことばを話し、 50 子どもだろうが老人だろうが容赦せず、どう猛で怒りに燃えています。 51 家畜も農産物も食い尽くされ、イスラエルでは麦も新しいぶどう酒もオリーブ油も底をつき、牛や羊もいなくなります。 52 町々は包囲され、頼みの高い城壁もついにくずれ落ちる日がきます。 申命記 28:49-52… Read More »ユダヤ人の歴史とは何でしたか?