Skip to content

エルサレムの山

犠牲によって山はすべての人にとって神聖なものとなる

山は聖地として理想的な場所を生み出し、巡礼の目的地または寺院の場所として機能します。日常生活から遠く離れ、その高さは、信者に天国に近いという感覚を与えます。そのため、ほとんどすべての国が国家および宗教の中心地を山の上に築いてきました。以下の例をいくつか考えてみましょう。 アジアの聖なる山 ブルカン・ハルドゥン (Бурхан Халдун) ブルカン・ハルドゥンには、これをモンゴルで最も神聖な山であると宣言したチンギス・ハンの墓があります。チンギス・ハンはブルカン・ハルドゥンで定期的に礼拝を行っていました。今日、モンゴル人はブルカン・ハルドゥーン周辺の指定されたルートに沿って、3つの主要な聖なるオボーへの定期的な巡礼を行っています。したがって、この山は「モンゴルの遊牧民の遺産と伝統的な生活様式」を表しています。(wiki) アダムスピーク スリランカのシンハラ仏教徒はアダムスピークを最も神聖な場所の1つと呼んでいます。頂上には仏陀 (シュリ・パダ、または ශ්‍රී පාද) の足跡であると信じられている自然の地層があります。そのため巡礼者は、数千段の階段を登るようなさまざまな困難なルートをたどって山を登ります。 ( wiki ) プノン・クーレン ( ភ្នំគូលែន ) カンボジアのヒンズー教徒も仏教徒もプノン・クーレンを古代クメール帝国発祥の地として巡礼します。クメール王朝の創始者は、プノン・クーレンで神聖な統治権(デヴァラージャ)を宣言しました。近くには、国内最大の涅槃像のある仏教僧院、プレア・アン・トムがあります ( wiki ) 白頭山 (백두산; 白頭山; 长白山; 長白山) 長白山とも呼ばれる、韓国人にとっても、中国人にとっても神聖な白頭山は、中国と北朝鮮の国境に位置しています。火口の上に湖がある火山であり、韓国人はこの火山とその湖に神話的な性質を見出しています。彼らはその湖を天国の湖と呼び、自分たちの国の精神的な故郷であると考えています。韓国と北朝鮮の国歌はどちらも白頭について言及しています。北朝鮮の国章には白頭山が描かれており、白頭山を「革命の聖山」と呼んでいます。満州族の中国人は長白(別名)を神聖な祖先の故郷とみなしています。彼らはこの山を清朝の帝国権力を象徴するために使用していたのでした。( wiki ) ドイステープ(ดอยสุเทพ) タイのチェンマイ郊外のドイステープには、ワット プラタート ドイステープという寺院があります。敬虔なタイの仏教徒は、この寺院を礼拝の重要な場所としています。… Read More »犠牲によって山はすべての人にとって神聖なものとなる