Skip to content

ジヌと牛朗

約束された王:「7」の兆しが現れる

「7」という数字は、古くから文化や国家を超えて、特にアジアで大きな尊敬と神秘的な驚異を呼び起こしてきました。仏教の伝統によれば、ゴータマ シッダールタは菩提樹によって悟りを達成した後、自分の悟りの経験を考えるためにその後の7週間を7つの場所で過ごしました。7月7日に開催される七夕祭りには、少なくとも2600 年前まで遡る伝統があります。 孔子が編纂した『詩経』では七夕について言及しています。七夕祭りは東アジア全域に広がりました。日本では七夕(たなばた)、韓国では七夕(칠석)、ベトナムではThất Tịchとして祝われます。前述のように 7 月 7 日に祝われるこれらの祭りは、二重七夕または、七夕の夜とも呼ばれます。 七夕祭りの「七」 七夕祭りの背後にある物語は国によって多少異なりますが、主なストーリーラインは一貫しています。織女の女神、Zhinü (織女) は、牛飼いの少年、Niulang (彦星または牛郎) に恋をします。しかし、玉皇大帝は少女を天に連れ戻し、恋人たちを引き離し、彼らの心は引き裂かれてしまいます。しかし、彦星の牛は彦星に、自分を殺してその皮を持って天国に行くように言いました。玉皇大帝は二人の恋人を星の中で引き離し、二人の間に天の川を置きました。しかし、カササギは彼らの誠実な愛を認識し、7月7日に恋人たちのために橋を架けたので、恋人たちは毎年この日にだけ会って愛を新たにすることができました。アジア人はこの 7 月 7 日を愛の日として祝います。これは西洋におけるバレンタインデーに似ています。  ヘブライ語聖書における神秘的な「7」 数字の 7 と愛と再生との関連性は、ヘブライ語の預言者の文書にも顕著に現れています。彼らは、「7」に包まれた謎を予言的に書き留めました。この謎は、数百年後の歴史において初めてのみ、理解できるものでした。この謎は、私たち全員に対する創造主なる神からの愛の救いをまとめたものであり、それは今日でも機能しています。 これらの古代ヘブライ語の作家たちの多くは、互いに何百年も離れていたため、人間らしく互いの預言を調整することができなかったことがわかりました。しかし、彼らの預言は、来るべき王 ( =… Read More »約束された王:「7」の兆しが現れる