Skip to content

ソロモンの歌

スウェーデン カナダの高解像度記号フラグの概念 の写真素材・画像素材 Image 39000001.  の写真素材・画像素材 Image 29122412.

福音が私にとってどのように意味のあるものになったかを共有したいと思います。これは、ソロモンと彼の心からの喜びと知恵の追求に影響を受けた旅でした。これにより、この Web サイトの記事について個人的な洞察をより深く得ることができます。(ああ、基本的な情報です…私の名前はラグナー・オボーン – スウェーデン人 – で、カナダに住んでいます。私は結婚しており、息子がいます。私はトロント大学、ニューブランズウィック大学、アーカディア大学で学びました)

恵まれた若者の落ち着きのなさ

私はアッパーミドルクラスのプロフェッショナルな家庭に生まれました。スウェーデン出身で、若い頃にカナダに移住しました。その後、アルジェリア、ドイツ、カメルーンなど、いくつかの国で海外に住みながら育ちました。最後に私は大学進学のためにカナダに戻りました。他のみんなと同じように、私も充実した人生を経験したいと思っていました(そして今も望んでいます)。満足感、平和感、意義と目的を特徴とし、他者との有意義なつながりを特徴とします。

霊的な気が散る原因は何ですか?
気を散らすもの

これらのさまざまな社会、宗教、世俗の中で暮らし、熱心な読書家であることで、私は「真実」と「充実した人生」が何を意味するかについてのさまざまな考えに触れることができました。私(そして西側諸国の多くの人々)には、前例のない富、技術、そしてこれらの目標を達成する機会があることに気づきました。しかし、矛盾しているのは、この充実した人生は非常にとらえどころのないものに見えるということでした。

私は、人間関係が前の世代よりも使い捨てで一時的なものであることに気づきました。「ラットレース」のような用語は、私たちの生活を説明するために使用されました。「あと少し」さえ取れれば到着すると言われました。しかし、あとどれくらいでしょうか?そしてさらに何?お金?科学的知識?テクノロジー?喜び?

何のために生きているのか?

何が人生に目的を与えるのでしょうか?

若い頃の私は、漠然とした落ち着きのなさという表現が最も適切かもしれない不安を感じていました。私の父はアフリカに駐在するコンサルティングエンジニアでした。そこで私は、他の裕福で特権的で教育を受けた西洋の十代の若者たちと付き合いました。しかし、そこでの生活は非常に単純で、私たちを楽しませるものはほとんどありませんでした。こうして友人たちと私は、母国に戻って、テレビ、おいしい食事、機会、そして西洋の暮らしやすさを楽しむことを夢見ていました。そうすれば私たちは「満足」するでしょう。

しかし、カナダやヨーロッパを訪れると、最初の少しの興奮の後、落ち着きのなさが戻ってきます。さらに悪いことに、私はいつもそこに住んでいる人々にもそれがあることに気づきました。彼らが持っていたものは何であれ(それはどう見ても多かった)、常にもっと必要なものがあった。モテる彼女ができたら「それ」が見つかると思っていた。そしてしばらくの間、これで私の中で何かが満たされたように思えましたが、数か月後には落ち着きのなさが戻ってきました。高校を卒業したら「到着」すると思っていました。そして、運転免許を取得して独立できるようになったとき、私の探求は終わりました。

私が年をとった今、人々が退職について満足への切符だと話しているのを聞きます。そうですか?私たちは一生を次から次へと追いかけて過ごすのでしょうか?私たちは角を曲がった先にある何かが私たちにそれを与えてくれるだろうと考え続けます、そして…私たちの人生は終わったのでしょうか?それはとても無駄なことのようです!

ソロモンの知恵

この数年間、ソロモンの著作は私に深い影響を与えました。ソロモン (紀元前 950 年) は、知恵で有名な古代イスラエルの王で、聖書の中でいくつかの本を書きました。彼は伝道者の書で、私が経験していたのと同じ落ち着きのなさについて説明しました。

全てを手に入れた男…

彼が書きました:

ソロモン王の秘密 - アフリカン・リーダーシップ・マガジン
ソロモン王

1-2 それで私は、「愉快に生きよう。思う存分楽しむのだ」と思いました。ところが、こうした生き方も実にむなしいことがわかりました。一日中笑っているのは愚かなことです。それが何の得になるのでしょう。

3 いろいろ試してみてから、私は知恵を探求し続ける一方で、酒を飲んで元気になろうと思いました。次に、もう一度考えを変えて、愚かな者になりきることにしました。多くの人が経験する幸福を味わってみようと思ったのです。

4-6 今度は、大規模な事業に乗り出して、仕事からくる充実感を得ようとしました。邸宅を建て、ぶどう園、庭園、公園、それに果樹園まで造り、良い作物を実らせるために貯水池まで造ってみたのです。

7-8 次に、男女の奴隷を買いました。私の家で生まれた奴隷たちもいます。ほかに家畜の群れも飼ってみましたが、その数は以前のどの王よりも多かったのです。さらに、多くの州や国から、税金として金銀をかき集めました。また文化的な活動として、混声コーラス・グループやオーケストラを組織しました。そのうえ私には、大ぜいの美しいそばめがいたのです。

こうして、歴代のエルサレムの王もしなかったような、あらゆることをやってみました。両眼をしっかり見開いて、これらのものの価値を見極めようとしたのです。 10 欲しいものは何でも手に入れ、したい放題の楽しみをしてみました。つらい仕事にも大きな喜びがあることを知りました。この喜びこそ、実に、あらゆる労働に共通した報酬なのです。

伝道者の書 2:1-10

富、名声、知識、プロジェクト、女性、快楽、王国、キャリア、ワイン…ソロモンはすべてを持っていました – そして当時の他の誰よりも、そして私たちの誰よりも多くのものを持っていました。アインシュタインの賢さ、ビル・ゲイツの富、ミック・ジャガーの社会的/性的生活、そして英国王室のウィリアム王子のような王室の血統が、すべてひとつにまとめられました。誰がその組み合わせに勝てるでしょうか?すべての人々の中でソロモンは満足しただろうとあなたは思うだろう。しかし彼はこう結論づけた。

でも、狂気の沙汰になるほど惨めだ

ダビデ王の子で、エルサレムの王であり、「伝道者」と呼ばれたソロモンの教え。

思うに、この世に価値のあるものなどない。

すべてがむなしい。

3-7 人はあくせく働いた報酬として、

何を手に入れるというのか。

一つの時代が去り、新しい時代が来るが、

少しも変わらない。

太陽は昇っては沈み、また昇ろうと、

急ぎ元の所に帰って行く。

風は南に吹き、北に吹き、あちこち向きを変えるが、

結局行き着く所はない。

川は海に注ぐが、

海は決してあふれることはない。

水は再び川に戻り、また海に流れて行く。

8-11 何もかも、くり返すばかりで、

あきあきする。

どれだけ見ていても満足できない。

どれだけ聞いても、

もうこれで良いということはない。

歴史はくり返すだけ。

ほんとうに新しいものなど何もない。

新しいように見えても、必ず前例があるか、すでに言い古されたものです。何か、「これは新しいものだ」と指摘できるものがあるでしょうか。それがずっと昔になかったと、どうしてわかるのですか。私たちは、先の時代にどんなことが起こったのか忘れてしまいます。そればかりか、のちの時代になれば、私たちが今していることを、だれも覚えていないのです。

12-15 伝道者である私はイスラエルの王で、エルサレムに住んでいました。私はこの世のあらゆることを理解しようと、全力を注ぎました。その結果、神が人間への分け前としてお与えになったものは、決して楽しいものでないことがわかりました。それはみな愚かに見え、風を追うようにむなしいものです。

間違ってしまったことは、もう正せない。

あったかもしれないものを考えてみたところで、

何の役に立とうか。

伝道者の書 1:1-15

人生…愚かさと風を追う

11 しかし、してきたことを振り返ってみると、どれもこれも役に立たないことばかりで、風を追うようなものでした。これこそ価値があると言えるものなど、どこにもありませんでした。

12 そこで、知恵と無知の価値を比較してみることにしました。おそらくだれでも、同じ結論に達するでしょう。 13-14 それは、こういうことです。光が闇にまさっているように、知恵は無知よりはるかに価値があります。賢い人は先々を正しく判断しますが、愚かな人は先のことがわかりません。ところが私は、知恵のある人にも知恵の足りない人にも共通点があることに気づきました。 15 知恵の足りない人が死ぬように、いずれこの私も死ぬということです。それなら、知恵をつけたところで、いったい何の益があるというのでしょう。私は、知恵をつけることでさえむなしいものだと悟ったのです。 16 賢い人も愚かな人も死ぬのです。時がたてば、両者とも、すっかり忘れられてしまいます。 17 私はここまでわかると、生きているのがいやになりました。人生は不条理きわまりないからです。何もかもむなしく、風を追うようなものです。
    。
18 一生懸命に築き上げたものが他者のものになると思うと、いやになってきます。 19 そればかりか、跡取り息子が愚か者か賢い者か、だれにわかるでしょう。それでも、私の財産はすべて、息子のものになるのです。なんと気分がめいることではありませんか。

20-23 こうして、満足感を与えてくれると考えていた労苦も愚かしく思われ、見切りをつけました。生涯をかけて知恵や知識や技術を追求しても、せっかく手に入れたものを全部、何もしなかった者に譲るはめになるのです。そんな者が、私が努力して得たものを受け継ぐのです。むなしいだけでなく、不公平です。どれほど必死に働いても何の役にも立ちません。あるものといえば、悲しみと悩みに押しつぶされそうな、心の休まらない日々と眠れない夜です。全くむなしい話ではありませんか。

伝道者の書 2:11-23

ソロモンは「太陽の下」であらゆることを試した

ほとんど幸せではありません!彼の詩の 1 つである「The Song of Songs」では、彼が抱いていたエロティックで真っ赤な恋愛が記録されています。これこそが、生涯にわたる満足感をもたらす可能性が最も高いと思われることでしょう。しかし結局のところ、その恋愛は彼に継続的な満足感を与えませんでした。

友人の間でも社会でも、どこを見ても、ソロモンの充実した人生の追求は誰もが試みていることのように思えました。しかし、彼はすでに私に、それらの道ではそれを見つけられなかったと言いました。そこで私は、そこでは見つけられず、あまり人が通らない道を探す必要があると感じました。

これらすべての問題に加えて、私は人生の別の側面に悩まされていました。それはソロモンをも悩ませました。

19 人間も動物も、同じ空気を吸い、同じように死んでいきます。人間が獣より優れている点などないのです。なんとむなしいことでしょう。 20 どちらも同じ所へ行くのです。土から出て土に帰るのです。 21 こんなことを言うのも、人の霊は天に上り、動物の霊は地中深く降りて行くことを、誰ひとり証明できないからです。

伝道者の書 3:19-21

ウディ・アレン vs. ソロモン

死は完全に最終的なものであり、私たちを完全に支配します。ソロモンが言ったように、それは善人であろうと悪人であろうと、宗教的であろうとなかろうと、すべての人々の運命です。ウディ・アレンが監督し、映画 『You Will Meet A Tall Dark Stranger』を公開しました。 それは死に対する面白くも深刻な見方です。カンヌ国際映画祭のインタビューで、彼はよく知られたユーモアを交えて死についての考えを明かした。

ウディ・アレン - ウィキペディア
ウッディアレン

「私と死の関係は今も変わっていません。私はそれに強く反対しています。私にできることはそれを待つことだけです。年を重ねることには何のメリットもありません – 賢くなることも、賢くなることも、穏やかになることも、優しくなることもありません – 何も起こりません。しかし、背中はさらに痛くなり、消化不良になり、視力も落ち、補聴器が必要になります。年を重ねると悪いビジネスなので、避けられるのであればやらないことをお勧めします。」[1]

そして、死は避けられないものとして、人は生とどう向き合うべきか、と締めくくった。

「人は生きるために妄想を持たなければならない。人生をあまりにも正直に、あまりにもはっきりと見ると、人生は耐え難いものになります。なぜなら、それはかなり厳しい事業だからです。これが私の人生観であり、これまでずっと私の人生観でした。私は人生について非常に厳しく悲観的な見方をしています…人生は厳しく、苦痛で、悪夢のような、無意味な経験であり、それが唯一の方法だと感じています自分に嘘をつき、自分を欺くことが幸せになれるのです。」

では、それが私たちの唯一の選択肢なのでしょうか?完全な絶望と無益を覚悟したソロモンの正直な道を選ぶか。あるいは、ウディ・アレンの言葉を借りて、「自分に嘘をつき、自分を欺く」ことで、より幸せな「妄想」のもとで生きられるようにするのです。どちらもあまり魅力的には見えませんでした。死と密接に関係しているのは、永遠の問題でした。本当に天国はあるのでしょうか、それとも(もっと憂慮すべきことに)永遠の裁きの場所、つまり地獄は本当に存在するのでしょうか?

高校3年生のとき、文学作品(詩、歌、短編小説など)を100冊集めるという課題がありました。私のコレクションのほとんどはこれらの問題を扱っていました。そのおかげで、同様に同じ問題に取り組んでいる他の多くの人たちに「会い」、話を聞くことができました。そして私は、あらゆる時代、学歴、生活哲学、ジャンルの人々と出会いました。

福音 – 考える準備ができています

また、聖書の福音書に記録されているイエスの有名な言葉のいくつかも含めました。

10 強盗は、盗んだり、殺したり、滅ぼしたりするために来ます。しかしわたしが来たのは、いのちをあふれるほど豊かに与えるためです。

ヨハネの福音書 10:10

おそらく、もしかしたら、ここに私が尋ねていた質問に対する答えがあるのではないかと思いました。結局のところ、ゴスペル(それは多かれ少なかれ意味のない宗教用語でした)は文字通り「良い知らせ」を意味していました。福音は本当に良い知らせだったのでしょうか?それとも多かれ少なかれ伝聞だったのでしょうか?それに答えるためには、2 つの道をたどる必要があることはわかっていました。

ゴスペルの旅

まず、情報に基づいて福音を理解し始める必要がありました。第二に、私はさまざまな宗教文化の中で暮らしてきたので、聖書の福音に多くの反対意見を持ち、反対の考えを持つ人々に会い、著者を読んでいました。彼らは知識があり、知的な人々でした。私はただの思慮のない批評家や頭の空っぽの信者になることなく、福音について批判的に考える必要がありました。

このような旅に乗り出すと、完全に到着することは決してないということを非常に実感していますが、ソロモンが提起したこれらの問題に対して福音が確かに答えを提供していることを学びました。実際、その重要な点は、完全な生、死、永遠、そして家族関係における愛、罪悪感、恐怖、許しといった現実的な問題に取り組むことです。福音の主張は、それが私たちの人生を築くための基礎であるということです。 福音が提供する答えが必ずしも 気に入らない人もいるかもしれません。人は  それらに 同意しないかもしれないし、信じないかもしれませ ん。しかし、この作品がこれらの非常に人間的な問題を扱っていることを考えると、それらを知らないままにするのは愚かなことでしょう。

また、福音が時々私を非常に不快にさせることも知りました。あまりにも多くのことが私たちをただ楽にしようと誘惑するこの時代に、福音は私の心、精神、魂、そして命を与えてくれるとはいえ簡単なものではないという強さに、悪びれずに挑戦してきました。時間をかけて福音を考察してみると、あなたも同じことに気づくかもしれません。まず最初に、 福音のメッセージを要約する重要な文を 1 つ見てみましょう。

大金持ちのプレイボーイはマヤの知恵をどのように教えますか?

マヤは「存在しないもの」を意味するサンスクリット語に由来しており、したがって「幻想」を意味します。さまざまな賢者や学派がさまざまな方法でマヤの幻想を強調してきました。彼らは一般に、物質的または物理的なものが私たちの魂を惑わし、それによって魂を絡め取り、束縛に陥らせる可能性があると警告しています。私たちの魂は物質をコントロールし、楽しむことを望んでいます。しかし、そうすることで私たちは情欲、強欲、怒りに仕えることになります。多くの場合、私たちは努力を倍増させ、間違いに間違いが重なり、幻想やマヤにさらに陥ってしまいます。したがって、マヤは渦のように作用し、その力が増すにつれて、ますます人を巻き込み、絶望に導きます。マヤは、結果的に、一時的なものを永続的な価値があるものとして受け入れることになります。それはこの世界では得られない永続的な幸福を求めるのです。 ヘブライ語聖書には、この幻想、つまり虚栄心を探求する知恵の文献が含まれています。この知恵の詩の作者は、ダビデ王の息子ソロモンでした。彼は「太陽の下」で暮らしながら、マヤをどのように体験したか、そしてその影響を記録しています。それは、物質だけに価値があるかのように生きることです。太陽の通り道の下、この物理的な世界でのみ永続的な幸福を求めます。 ソロモンの「太陽の下で」のマヤ体験 伝道の書の中で、ソロモンは人生に満足感を得るために行ったことすべてを説明しました。彼はこのように書き記しています: 2 1-2 それで私は、「愉快に生きよう。思う存分楽しむのだ」と思いました。ところが、こうした生き方も実にむなしいことがわかりました。一日中笑っているのは愚かなことです。それが何の得になるのでしょう。 3 いろいろ試してみてから、私は知恵を探求し続ける一方で、酒を飲んで元気になろうと思いました。次に、もう一度考えを変えて、愚かな者になりきることにしました。多くの人が経験する幸福を味わってみようと思ったのです。 4-6 今度は、大規模な事業に乗り出して、仕事からくる充実感を得ようとしました。邸宅を建て、ぶどう園、庭園、公園、それに果樹園まで造り、良い作物を実らせるために貯水池まで造ってみたのです。 7-8 次に、男女の奴隷を買いました。私の家で生まれた奴隷たちもいます。ほかに家畜の群れも飼ってみましたが、その数は以前のどの王よりも多かったのです。さらに、多くの州や国から、税金として金銀をかき集めました。また文化的な活動として、混声コーラス・グループやオーケストラを組織しました。そのうえ私には、大ぜいの美しいそばめがいたのです。 9 こうして、歴代のエルサレムの王もしなかったような、あらゆることをやってみました。両眼をしっかり見開いて、これらのものの価値を見極めようとしたのです。 10 欲しいものは何でも手に入れ、したい放題の楽しみをしてみました。つらい仕事にも大きな喜びがあることを知りました。この喜びこそ、実に、あらゆる労働に共通した報酬なのです。 伝道の書 2:1-10 富、名声、知識、プロジェクト、女性、快楽、王国、キャリア、ワイン…ソロモンはすべてを持っていました。そしてそれは、当時の誰よりも、あるいは私たちの時代の誰よりも遥かに多くを持っていたのです。アインシュタイン並みの賢さ、ジャック・マー並みの富、ボリウッドスター並みの社交的/性的生活、そして英国王室のウィリアム王子並みの王室の血統。すべてがひとつになりました。誰がその組み合わせに勝てるでしょうか?誰よりも彼は満足しただろうとあなたは思うでしょう。 聖書にも登場する彼の別の詩『雅歌』では、エロティックで赤々と燃えるような恋愛が記録されています。まさに、生涯にわたる満足感をもたらす可能性が最も高いと思われる追求です。約 3000 年前のこの詩には、ボリウッドの最高の恋愛映画のようなロマンチックな激しさが備わっています。  聖書には、彼がその計り知れない権力と富で700人の愛人を得たと記録されています。これは、ボリウッドやハリウッドの愛人たちをはるかに超えています。しかし、そのすべての愛、すべての富、すべての名声、知恵があっても、彼はこう結論づけました。 1 ダビデ王の子で、エルサレムの王であり、「伝道者」と呼ばれたソロモンの教え。 2 思うに、この世に価値のあるものなどない。 すべてがむなしい。 3-7 人はあくせく働いた報酬として、 何を手に入れるというのか。 一つの時代が去り、新しい時代が来るが、 少しも変わらない。 太陽は昇っては沈み、また昇ろうと、 急ぎ元の所に帰って行く。… Read More »大金持ちのプレイボーイはマヤの知恵をどのように教えますか?