Skip to content

ダニエルの70週間

約束された王:「7」の兆しが現れる

「7」という数字は、古くから文化や国家を超えて、特にアジアで大きな尊敬と神秘的な驚異を呼び起こしてきました。仏教の伝統によれば、ゴータマ シッダールタは菩提樹によって悟りを達成した後、自分の悟りの経験を考えるためにその後の7週間を7つの場所で過ごしました。7月7日に開催される七夕祭りには、少なくとも2600 年前まで遡る伝統があります。 孔子が編纂した『詩経』では七夕について言及しています。七夕祭りは東アジア全域に広がりました。日本では七夕(たなばた)、韓国では七夕(칠석)、ベトナムではThất Tịchとして祝われます。前述のように 7 月 7 日に祝われるこれらの祭りは、二重七夕または、七夕の夜とも呼ばれます。 七夕祭りの「七」 七夕祭りの背後にある物語は国によって多少異なりますが、主なストーリーラインは一貫しています。織女の女神、Zhinü (織女) は、牛飼いの少年、Niulang (彦星または牛郎) に恋をします。しかし、玉皇大帝は少女を天に連れ戻し、恋人たちを引き離し、彼らの心は引き裂かれてしまいます。しかし、彦星の牛は彦星に、自分を殺してその皮を持って天国に行くように言いました。玉皇大帝は二人の恋人を星の中で引き離し、二人の間に天の川を置きました。しかし、カササギは彼らの誠実な愛を認識し、7月7日に恋人たちのために橋を架けたので、恋人たちは毎年この日にだけ会って愛を新たにすることができました。アジア人はこの 7 月 7 日を愛の日として祝います。これは西洋におけるバレンタインデーに似ています。  ヘブライ語聖書における神秘的な「7」 数字の 7 と愛と再生との関連性は、ヘブライ語の預言者の文書にも顕著に現れています。彼らは、「7」に包まれた謎を予言的に書き留めました。この謎は、数百年後の歴史において初めてのみ、理解できるものでした。この謎は、私たち全員に対する創造主なる神からの愛の救いをまとめたものであり、それは今日でも機能しています。 。切り株から枝のしるしを預言しました。そしてゼカリヤは、イエスがこの世に生まれる500年前に、これは「油注がれた者」(=キリスト=王)の到来の預言です。創造主である神は、いつ来るかについての予定表を示しました。その予定表では 7 つの周期が使用されていました。預言によれば、カウントダウンは「エルサレムを修復し再建する布告の発布」から始まります。神は紀元前… Read More »約束された王:「7」の兆しが現れる

イエスの宣戦布告:受難の主日に、王として、そして無敗の敵に対して

旧約聖書外典のマカバイ記には 、マカベア (マカベウス) 家がギリシャのセレウコス朝に対して行った戦争が生き生きと語られています。彼らは紀元前 168 年、エルサレムのユダヤ人にギリシャの異教を押し付けようとしていました。この戦争に関する歴史的な情報のほとんどは、『マカバイ記』の第一巻 ( マカバイ記1 ) から得られています。セレウコス朝皇帝アンティオコス 4 世エピファネスがユダヤの脱ユダヤ化をどのように扇動したかについて書かれています。   紀元前168年、アンティオコス4世は武力でエルサレムに侵攻し、数千人のユダヤ人を殺害しました。そしてバル・コクバ は、歴史上有名なユダヤ人であり、ユダヤ神殿の神聖さを守るために戦争を行いました。今でもユダヤ人の中には、紛争や戦闘の危険を冒して神殿の丘で祈りを捧げる人もいます。   マカベア家と同様に、イエスも神殿とその礼拝に非常に熱心でした。彼はそれをめぐって戦争をするほど熱意を持ってもいました。しかし、彼がどのように戦いに臨み、誰と戦ったかは、マカベアの人々とは大きく異なっていました。そして後に、神殿がこの戦いにどのように関わってきたかについても見ていきます。   栄光の入城 イエスは ダビデに始まり、古代イスラエルの王たちは毎年王馬に乗って行列を率いてエルサレムに入りました。同様に、イエスは現在、枝の主日として知られる日にもこの伝統を受け継ぎ、ロバに乗ってエルサレムに入城しました 。 人々はダビデの時と同じように、詩篇の歌をイエスのために歌いました。 25 ああ主よ、どうかお助けください。お救いください。私たちを、栄えさせてください。26 主がまもなく遣わしてくださる方に、祝福がありますように。私たちは神殿であなたがたを祝福します。27 主は私たちの光です。枝を携えて祭りの行列を祭壇の角にまで進ませます。 詩篇 118:25-27 人々は、来たるキリストの名を預言したゼカリヤは 、キリストがロバに乗ってエルサレムに入城することも預言していました。  ヨハネの福音書はその預言の一部を引用(下線部)しています。ゼカリヤの完全な預言は以下にある通りです。 9 わたしの民よ、大いに喜べ。歓声を上げよ。見よ。おまえたちの王が来る。その王は正しい方、勝利者だ。柔和で、ろばの子に乗っている。10 わたしは、イスラエルにいるわたしの民も含めて、地上のすべての民の武装を解除する。この王は諸国に平和をもたらす。その領土は海から海へ、川から地の果てに及ぶ。11 わたしはおまえを、水のない穴で死なないように助け出した。血でサインした、あなたとの契約を守るためだ。 ゼカリヤ書 9:9-11 来たる王が戦うのは…誰? ゼカリヤが預言したこの王は、他のすべての王とは異なるでしょう。彼は「戦車」、「軍馬」、「戦いの弓」を使って王になることはありませんでした。この王はこれらの兵器を取っ払い、その代わりに「諸国民に平和を宣言」するのです。しかし、この王は敵を打ち負かすために、苦労することになります。彼は死闘を繰り広げなければならないのです。 最後の敵 –… Read More »イエスの宣戦布告:受難の主日に、王として、そして無敗の敵に対して