Skip to content

ベトナムのジア・ロング

来たる高貴な王: 何百年も前に指名されていた

アジアには長い歴史があり、多様な民族と強力な社会がありました。したがって、アジア各地の国々には、その過去の功績に対して、今日もなお私たちの賞賛を集める歴史的な王や皇帝がいます。これらの例を検討し、軍事的功績、文化的貢献、歴史的偉業のすべてが偉大さの評価にどのように反映されているかを観察してみましょう。 アジアの偉大な過去の王たち 預言的予言 – 創造主の来たる王の印 これらの王と皇帝は、さまざまな基準に沿って成功と偉大さを達成しました。しかし、彼らが地球を歩く何百年も前に、彼らの到来とそのキャリアを予測する預言を書き留めた人は誰もいませんでした。創造主である神は、「王」が永遠の王国に即位するというこのような証拠を提供しました。神は、(キリスト)という称号や将来カルマを打ち破る場所や時間などのようなしるしでイエスの到来を示しました。実際、神は来たる王の名前を何百年も前に預言し、書き留めていました。私たちはここでこのことについて検討し、なぜこれが上で取り上げた強力な王たち以上に私たちの人生に影響を及ぼすのかを学びます。    イザヤは、来たる枝について最初に書きました。滅びたダビデ王朝から、知恵と力を持った「彼」がやって来るのです。エレミヤは続けて、この枝は主として知られることになるだろうと述べました。これは創造主を意味するヘブライ語の名前です。彼は私たちの正義となるのです。 ゼカリヤは「枝」を続ける 預言者ゼカリヤは、ユダヤ人が最初の亡命からエルサレムに戻り始めた紀元前520年に生きました。帰還後、彼らは破壊された神殿の再建を始めました。当時の大祭司はヨシュアという名前で、彼は神殿の祭司たちの仕事を再開しました。預言者ゼカリヤは大祭司ヨシュアと協力して帰還したユダヤ人を導きました。神はゼカリヤを通してヨシュアについてこう言いました。 8 聞け、大祭司ヨシュアとほかの祭司たちよ。あなたがたは、やがて起こる良いことのしるしとなる人たちだ。わからないか。ヨシュアは、わたしが遣わす若枝(メシヤ)、わたしのしもべを表している。 9 彼は、ヨシュアがそのかたわらに立っている神殿の礎石となり、わたしはその上に七回、「わたしは一日で、この地の罪を取り去る」と彫りつける。』 ゼカリヤ書 3:8-9 枝!200年前にイザヤによって始まり、60年前にエレミヤによって継続されました。ゼカリヤは、王朝が今や断絶されたにもかかわらず、「枝」についてさらに説明を続けました。菩提樹のように、この枝は枯れた切り株から根を伸ばし続けました。創造主なる神は、ゼカリヤを通して、来たる枝についてさらに詳細を構築しています。 しかし、どのようにするのでしょうか? 主はどのようにして「一日で」この地の罪を取り除くのでしょうか? 枝: 司祭と王の結合 これを理解するには、神がヘブライ語聖書で祭司と王の役割を厳密に区別していることを知っておく必要があります。王は誰も祭司になることができず、祭司も王になることはできませんでした。祭司の役割は、神に犠牲を捧げることによって神と人間の間を仲介することでした。王の責任は玉座から正義をもって統治することでした。どちらも極めて重要であり、両方とも異なるものでした。しかし、ゼカリヤは将来のことをこのように書きました。 9 主から別のことばがありました。 10-11 「ヘルダイとトビヤとエダヤは、バビロンで捕囚の身となっているユダヤ人からの贈り物として、金や銀を持って来る。一行が着いたその日に、ゼパニヤの子ヨシヤの家で出迎えよ。そこに彼らは滞在することになる。贈り物を受け取り、そこから、金と銀で冠を作れ。そして冠をエホツァダクの子大祭司ヨシュアにかぶせる。 12 全能の主がこう言われると彼に告げよ。『あなたは、やがて来る人を表している。その名は「若枝」で、自分自身から成長し、主の神殿を建てる。 13 さらに王の称号を受ける。彼は王としても、祭司としても世を治め、二つの間には完全な一致がある。』 ゼカリヤ書 6:9、10-13 これまでの先例に反して、ゼカリヤの時代の大祭司ヨシュアは、象徴的に枝として王の冠をかぶることになっていました(ヨシュアが「来たるべきことの象徴」であったことを思い出してください)。大祭司ヨシュアは、王冠をかぶることによって、将来、王と祭司が一つになることを預言しました。この来たる枝は王の玉座の司祭となります。さらに、ゼカリヤは「ヨシュア」が枝の名前であると書いています。それは何を意味するのでしょうか? 「ヨシュア」と「イエス」という名前… Read More »来たる高貴な王: 何百年も前に指名されていた