Skip to content

ペンテコステとは何ですか

ペンテコステの正確さと力

ペンテコステの日はいつも日曜日にやって来て、素晴らしい出来事を祝います。しかし、その日に何が起こったかだけではなく、それがいつ、なぜ起こったかこそが神の手の内を明らかにするのです。これはあなたにとっても偉大な贈り物です。 ペンテコステに何が起こったのか 「ペンテコステ」について聞いたことがあれば、それは聖霊がイエスに従う者たちの輪に来る日であることを学んだことでしょう。この日は、神に「召された者たち」である教会が誕生した日です。 聖書の使徒行伝第2章にはその出来事が記録されています。その日、神の霊がイエスの最初の信徒120人に降りかかりました。そして彼らは世界中の言語で大声で宣言し始めました。それは大きな騒動を引き起こし、当時エルサレムにいた数千人が何が起こっているのかを見ようと出てきました。集まった群衆の前で、ペテロは最初の福音のメッセージを語り、聖書には、「その日、彼らの数に三千人が加えられた」と記録されています(使徒行伝2:41)。そのペンテコステの主日以来、福音信者の数は増え続けています。 その日はイエスの復活から50日後に起こりました。イエスの弟子たちがイエスが死からよみがえったことを確信したのは、この50日間でした。ペンテコステの日曜日に彼らは公にし、歴史を変えました。復活を信じるか信じないかにかかわらず、あのペンテコステの日曜日の出来事は私たちの人生に影響を与えました。 ペンテコステに関するこの理解は正しいですが、完全ではありません。多くの人が、同じような経験を通して、あのペンテコステの日曜日をもう一度味わいたいと思っています。イエスの最初の弟子たちは、「御霊の賜物を待ち望む」ことでこのペンテコステの様な経験をしました。ですから今日、人々は同様に「待つ」ことによってイエスが同じように再び来ることを望んでいます。したがって、多くの人々は神が再びペンテコステを起こしてくれるよう懇願し、待っています。このように考えるには、当時、神の御霊を動かしたのは待つこと、祈ることであったことを前提としています。しかしこのように考えることでその正確さを欠くことになります。実際、使徒行伝第2章に記録されているペンテコステは最初のペンテコステではありませんでした。 モーセの律法からのペンテコステ 「ペンテコステ」は実際には毎年恒例の旧約聖書の祭りでした。モーセ (西暦前 1500 年) は、年間を通して祝われる祭りをいくつか設立しました。過越祭はユダヤ人の年の最初の祭りです。イエスは過越祭の日に十字架にかけられました。過越祭の子羊の犠牲に対する彼の死の正確なタイミングは、しるしとして意図されていました。 2番目の祭りは初穂の祭りでした。モーセの律法は、過越の祭りの「翌日」の土曜日(=日曜日)にその祝賀を行うよう命じていました。イエスは日曜日に復活したので、彼の復活はまさに初穂祭の日に起こりました。彼の復活は「初穂」の日に起こったので、(彼を信じるすべての人々のために)私たちの復活が後に続くことが約束されました。イエスの復活は、祭りの名前が預言したとおり、文字通り「初穂」です。 「初穂」の日曜日からちょうど50日後、ユダヤ人はペンテコステを祝いました。(「ペンテ」は50を意味します。7週単位で数えられるため、週の祝日とも呼ばれました)使徒言行録第二章のペンテコステが起こるまでに、ユダヤ人は1500年間ペンテコステを祝っていました。そのペンテコステの日にペテロの福音を聞くために世界中からエルサレムに人々が集まったのは、まさに彼らが旧約聖書のペンテコステを祝うためにそこにいたからでした。今日でもユダヤ人はペンテコステを祝いますが、シャブオットと呼んでいます。 旧約聖書にはペンテコステがどのように祝われているかが書かれています。 15-16 七週の祭りとして、最初の収穫をささげてから五十日目に、その後の収穫の中から、新しい穀物の供え物を持って来なさい。 17 家で焼いたパンを二つ、主の前で揺り動かしてささげる。パンは、四・六リットルの小麦粉にパン種を入れて焼く。これは収穫物の初穂としてささげるのである。 レビ記 23:16-17 ペンテコステの正確さ: 精神の証拠 使徒行伝第2章のペンテコステの出来事は、旧約聖書のペンテコステ(数週間の祝日)と正確に連携しています。これらは年の同じ日に起こったので、有名です。過越祭に起こるイエスの十字架刑、初穂に起こるイエスの復活、そして週の祝日に起こる使徒言行録第二章のペンテコステは、歴史を通してこれらを調整する精神を示しています。計画的に行われたのではなければ、一年にこれほど日数があるのに、なぜイエスの磔刑、復活、そして聖霊の降臨がちょうど旧約聖書の春の三大祭りの各日に起こるのでしょうか?このような精密さは、その「精神」が背後にある場合にのみ起こります。 ルカはペンテコステを「でっち上げた」のか? ルカ(使徒行伝の著者)はペンテコステの祝日に使徒行伝第2章の出来事を起こすためにでっち上げたと主張する人もいるかもしれません。だとすれば、彼はこのタイミングの背後にその「精神」があったのでしょう。しかし彼の説明で、使徒行伝第2章がペンテコステの祝日を「成就する」とは述べていない上に、それについても言及されていません。なぜこのような劇的な出来事がその日に「起こる」ようにわざわざ苦労して作りながら、それがペンテコステの祝日をどのように「実現」するのかを読者に理解させないのでしょうか? 実際、ルカは出来事を解釈するのではなく、報告するという点で非常に優れた仕事をしたため、今日のほとんどの人は、使徒行伝第2章の出来事が旧約聖書のペンテコステの祝日と同じ日に起こったことを知りません。多くの人は、ペンテコステは単に使徒 2 章から始まったと考えています。今日、ほとんどの人はそれらの間のつながりに気づいていないため、ルカはそのつながりをつくった天才であるにもかかわらず、それを売り込むのがまったく無能であるというありえない状況になってしまったのでしょう。… Read More »ペンテコステの正確さと力