Skip to content

モーセ

ユダヤ人の歴史とは何でしたか?

ユダヤ人には長い歴史があり、特にアジアの歴史に影響を与えてきました。一例を考えてみましょう。ヨーロッパの経済理論および政治理論として共産主義を構想し推進したカール・マルクスはユダヤ人でした。彼の思想はヨーロッパからアジアに広がり、中国で毛沢東主導の共産主義革命が起きました。その後、共産主義が中国から北朝鮮とベトナムに広がりました。ポル・ポト率いるクメール・ルージュもカンボジアでマルクス主義の思想を実践しました。これが1970年代にその国で大量虐殺を引き起こしました。おそらく今日のアジアの人々は皆、これらの共産主義革命とそれに起因する紛争の影響を受けているでしょう。 ユダヤ人はまた、遠い過去からアジアに大きな影響を与えてきました。最初の仏教の僧侶はパーリ語とサンスクリット語を使用して最古の仏教経典を書きました。パーリ語とサンスクリット語はブラーフミー文字に由来しており、学者らはこの文字が約 2700 年前にユダヤ人からアジアに伝わったと主張しています。このように、ユダヤ人はすべての古典的な仏教文献の形成に影響を与えてきたのです。 良くも悪くも、ユダヤ人は他の少数民族にはないほどアジアに影響を与えてきました。ここでは、特にアジアに関連するユダヤ人の歴史を考察していきます。なぜユダヤ人がアジアの歴史にこれほど長く永続的な影響を与えてきたのかを探ります。ユダヤ人の歴史については、他のどの国よりも多くの事実が分かります。これらの情報をもとに、彼らの歴史を年表でまとめます。 アブラハム: ユダヤ人の家族の始まり 年表は息子イサクを象徴的な犠牲で彼に試練を与えました。これは、将来の犠牲の場所を示すことでイエスを指し示すしるしでした。その後、神はイサクの息子をイスラエルと名付けました。年表は、イスラエルの子孫がエジプトで奴隷であったときの緑色で続いています。この時代はイスラエルの子ヨセフから始まりました(系図はアブラハム→イサク→イスラエル(ヤコブとしても知られる)→ヨセフ)彼はイスラエル人をエジプトに導き、後にエジプト人は彼らを奴隷にしました。 モーセ:イスラエルの民が神の下の国民となる 祝福と呪いを宣告しました。彼らが神に従えば、神は彼らを深く祝福しますが、従わなければ彼らを呪います。神はその後もイスラエルの歴史をこれらの祝福と呪いに結び付けました。この移行を、年表が緑から黄色に変わることで示します。 数百年間、イスラエル人は自分たちの土地に住んでいましたが、彼らには王がいませんでした。首都エルサレムも、この時代は他の人々のものでした。しかし、紀元前 1000 年頃、ダビデ王によって状況は変わりました。 ダビデがエルサレムに王朝を設立 ダビデはエルサレムを征服し、首都としました。彼は「キリスト」が降臨するという約束を受けました。その時からユダヤ人は「キリスト」の到来を待ち望んでいました。彼の息子ソロモンはモリア山に最初のユダヤ神殿を建てました。ダビデ王の子孫は約400年間統治を続けました。これはイスラエル人の栄光の時代であり、彼らは約束された祝福を受けていました。彼らは強力な国家であり、高度な社会、豊かな文化、そして壮大な寺院を持っていました。年表では、この期間が水色 (紀元前 1000 ~ 600 年) で示されています。 しかし、旧約聖書には、この時期の彼らの腐敗の進行についても記されています。この時代の多くの預言者はイスラエル人に、悔い改めなければモーセが900年前に『呪い』の中で預言した通りです: 49 主は遠く離れた国を立ち上がらせ、わしが飛びかかるように、あなたを襲わせます。その民は聞いたこともないことばを話し、 50 子どもだろうが老人だろうが容赦せず、どう猛で怒りに燃えています。 51 家畜も農産物も食い尽くされ、イスラエルでは麦も新しいぶどう酒もオリーブ油も底をつき、牛や羊もいなくなります。 52 町々は包囲され、頼みの高い城壁もついにくずれ落ちる日がきます。 申命記 28:49-52… Read More »ユダヤ人の歴史とは何でしたか?

笑う仏陀の幸運、しかしプレータのように呪われる:モーセの祝福と呪いは今日にどう響くか

布袋 (포대; Bố Đại ) は、 通常、幸運と縁に恵まれた中国の僧侶です。仏像や物語では、彼はおいしい食べ物をたくさん食べるため、陽気で太った姿で描かれています。このことから「笑う仏陀」と「太った仏陀」というニックネームがあります。彼の姿はアジア文化の至る所に現れ、幸福感と豊かさの両方を象徴しています。今日の人々は、彼の幸運の一部を得て、彼の幸運から恩恵を受けることを望んでいます。 プレータは笑う仏陀とは対照的です。プレータ、または餓鬼は、大きな苦しみを受けている霊です。人々は、プレータは前世で偽り、腐敗し、強迫的で、欺瞞的で、嫉妬深く、貪欲だったと信じています。蓄積された悪いカルマの結果、彼らは特に不快な物質に対する飽くことのない飢えに悩まされるようになりました。また、不安なビジョンもプレータを悩ませます。 人間の目には見えませんが、精神状態が変化した人間は、プレータの存在を識別できると信じる人もいます。 彼らはプレータを人間に似ているが、陥没してミイラ化した皮膚、細い手足、巨大に膨らんだ腹、そして長く細い首をしていると説明しています。この姿は彼らの精神的な状況を象徴しています。彼らの巨大な腹は彼らの莫大な食欲を表していますが、細い首はその食欲を満たす能力の限界を象徴しています。プレータの苦しみは地獄(ナラカ)の苦しみに似ています。実際、人々は地獄の呪われた者とプレータを混同しやすいです。しかし、地獄では人間が外を歩き回ることが許可されていませんが、プレータは地上を自由に移動できます。 したがって、神話は、笑う仏のような祝福と、プレータのような呪いの両方を伝えているのです。 祝福と呪いを…イスラエル人に…私たちを教えてくれたこと しかし、単なる神話を超えた現実世界に、祝福や呪いを与える能力を実証できる精霊は存在するのでしょうか?私たち自身の運命だけでなく、周囲の人々の運命をも支配する権威を持つ人物はいるのでしょうか? 創造主なる神は、ヘブライ語聖書の著者たちにそのような祝福と呪いを明らかにしました。彼の祝福も呪いも、笑う仏陀やプレータのそれとは比較になりません。神は何千年も前に祝福と呪いを与えましたが、それらが今日でも機能しているのがわかります。創造主である神は、自身の祝福と呪いの両方を自身が選んだ民、エジプトでイスラエル人を奴隷から解放に導き、その後創造主である神から私たちはここに完全な祝福と呪いを記録します。要約は次のとおりです。 モーセの祝福 ここでは、それを年表を使ってまとめました。これを読んで、モーセの呪いが現実になったかどうかを自分で判断してみてください。これは、ユダヤ人の集団が 2700 年前からアジアに移住した理由を説明しています。まさにモーセが警告した通り、アッシリアとバビロニアによる征服とそれに続く大量追放の結果、ユダヤ人はアジア全域に散らばったのです。 モーセの祝福と呪いの結論 しかし、モーセの最後の言葉は呪いで終わりませんでした。モーセは祝福と呪いを次のように締めくくりました。 30 これらのことがみな起こり、外国へ追いやられても、絶望してはいけません。その時にはもう一度、この祝福とのろいのことをよく考えなさい。 2 そしてあなたの神、主のもとに立ち返りたいなら、今日、私が与える律法に、あなたも子どもたちも心から従いなさい。 3 そうすれば主は、囚われの身から救い出してくださいます。あなたをかわいそうに思い、いったんは散り散りに追いやった国々から集めてくださるのです。 4-5 たとえ地の果てにいようと、心配はいりません。主は必ず見つけ出し、あなたの先祖の地に連れ戻します。そして国を取り戻したら、先祖たちの時よりも、さらに祝福され、もっとよくしていただけるでしょう。 申命記 30:1-5 何千年もの亡命生活を経て、1948年に国連の決議により現代国家イスラエルが再び誕生しました。モーセの預言どおり、ユダヤ人は世界中の国々からイスラエルに移住し始めました。現在、アジア全土でユダヤ人が祖先の地に帰るために旅立ち、ユダヤ人コミュニティが急速に減少しています。モーセの祝福は、呪いがその歴史を形作ったのと同じように、私たちの目の前で成就しています。 これは私たちにいくつかの影響をもたらします。まず、祝福と呪いは創造主である神からの権威と力を持っていました。モーセは単に啓発された使者として働きました。これらの呪いと祝福は何千年にもわたって世界中の国々に伝わり、今日では何十億もの人々に影響を与えています(ユダヤ人のイスラエルへの帰還は混乱を引き起こし、定期的に世界的な見出しを飾る出来事を引き起こしています)。これは、この神が「現実の」世界で活動する力と権威を持っているという証拠を提供しています。   同じヘブライ語聖書の中で、アブラハムの息子の犠牲において、創造主なる神は再び「すべての国が祝福されるだろう」と繰り返しました。呪いの真っ只中に祝福を与えられています。この記事で考えていきましょう。

新年の満月祭りのなぞなぞ

元宵節(元宵節、元宵节、Yuánxiāo jié ) または上元節(上元節、上元节、Shàngyuán jié ) は、中国の新年のお祝いを締めくくります。元宵節は、伝統的な中国暦の新年の最初の満月に祝われます。中国の暦や他のアジアの暦は、太陰月と太陽年を組み合わせた太陰太陽暦を使用しています。月が地球の周りを12回転するには354日かかります。そのため、太陰太陽暦では、19 年間にわたって特定の年に閏月が追加されます。したがって、太陰月と太陽年は、この繰り返しの期間によって同期するのです。 元宵節のクライマックスは、夜に提灯を持って出かけ、提灯にある謎を解くことです。これらには、幸運、家族の再会、豊作、繁栄、愛のメッセージが含まれていることがよくあります。  古代の新年祭りの起源 元宵節の起源についてはさまざまな伝説があります。その 1 つは、玉皇大帝がお気に入りの鳥を殺されたことに激怒し、人々を火で滅ぼそうとしたという物語です。玉皇大帝の裁きを受けた人々は、赤い提灯、花火、かがり火を灯すことにしました。そうすれば、彼らを滅ぼすために送られた天使たちは、火の裁きがすでに下ったと騙されます。この計画は功を奏し、人々は裁きから逃れることができました。他の伝説では、最初の月の満月に提灯がどのように神の裁きを退けたかを記しています。    ヘブライ暦は太陰太陽暦でもあり、中国の暦と同じくらい古いものです。同様に、その年の最初の満月に祝祭が行われます。3500 年以上前に始まったこの祭りには、謎解きは含まれていません。代わりに、神はそれをすべての人々のための謎解きとして定めました。この謎が解けるまでに1500年がかかりました。この謎解きは、すべての人々にとってカルマと死からの解放がどのように達成されるかを示しました。   この記事では、この祝祭と、その謎、その解決策、そしてなぜこれが私たちの人生に影響を与えるのかについて説明します。私たちは古代ヘブライ語聖書の記録を調べ、過越祭に辿り着きました。 出エジプトの過越祭 私たちはアブラハムから500年後、今から約3500年前、モーセがどのようにしてイスラエル人をエジプトの奴隷制から導いたのかが記録されています。創造主なる神はモーセに、エジプトのファラオ(統治者)と対峙するよう命じました。その結果、彼らの間に激しい紛争が生じ、エジプトに9つの疫病、つまり災いをもたらしました。しかしファラオはまだイスラエル人を解放することに同意していませんでした。そこで神は、10番目で最後の災いをもたらそうとしたのです。 アブラハムの犠牲において、アブラハムが息子を捧げた場所はモリヤ山でした。アブラハムの息子が生きるために一匹の小羊が死にました。 モリア山はまさにイエスが犠牲になった場所でした。その場所を示すことで、彼の死の意味を私たちに「理解」させるためのしるしだったのです。過越祭では、その年の同じ日を指すことによって、イエスの犠牲への別の指標が見つかります。子羊の犠牲はどちらの場合もイエスの犠牲を指すために使用されます。ヘブライ語の聖典の中で最も重要な出来事は、2 つの異なる方法 (場所とタイミング) でイエスを直接示しています。歴史上、これほど劇的な形で、これほど明白な類似性によって遠い将来に死が予見された人物は思いつきません。 神がこれらのしるしを与えたのは、イエスの犠牲が本当に神によって計画され、定められたものであると私たちが確信できるようにするためです。これらは、イエスの犠牲がどのように私たちをカルマから救ってくれるかを示しています。 次に注目する出来事、