Skip to content

ラビの情報源からのイエス

イエスはダビデの家系の処女の子でした​​か?

油そそがれた者(つまり「キリスト」)がダビデから来ると預言していました。福音書で、イエスをダビデの系図に登場させたのはこのためです。これにより、イエスがこの預言を成就することを私たちに証明しようとしているのです。 新約聖書は最初の節からこのように始まります。 1 これは、イエス・キリストの系図です。イエス・キリストはダビデ王の子孫、さらにさかのぼってアブラハムの子孫です。 マタイの福音書 1:1 イエスは本当にダビデの家系の人だったのか? しかし、単に「預言の成就」を得るために系図をでっち上げたのではないと、どうやって知ることができるのでしょうか? 彼らはイエスに同情的だったので、真実を誇張したいという意図があったかもしれません。 実際の出来事を知るためには、敵対的な立場にいる目撃者の証言が役立つことがあります。敵対的な証人が事実を目撃しても、一般的な信念には同意しません。したがって、そのような証人には、虚偽である可能性のある証言に反論する動機があります。例えば、A と B の間で自動車事故が発生したとします。両者は事故の責任をお互いに責めます。つまり、彼らは敵対的な目撃者と言えます。A さんは、B さんが事故の直前にメールをしているのを見たと言っており、B さんもそれを認めています。したがって、B さんがこの点に同意して得るものは何もないので、論争のこの部分は真実であると仮定することができます。 同様に、敵対する歴史的証人の記録を見ることは、イエスに実際に何が起こったのかを判断するのに役立ちます。新約聖書の学者であるF・F・ブルース博士は、タルムードとミシュナにおけるユダヤ人のラビによるイエスに関する言及について研究しました。彼はイエスについて次のように述べています。 ウッラは言った、「彼(イエス)のために、これほど熱心に擁護が求められると思いますか?」彼は欺瞞者であり、慈悲深い神はこう言っています:『あなたは彼を容赦してはならないし、彼を隠してはならない』[申命記 13:9] しかし、イエスの場合は異なっていました。彼は王権に近かったからです。P. 56 FF ブルースは、そのラビの発言について次のように述べています。 その描写は、彼らが彼の擁護をしようとしていたことを示しています(ここにはキリスト教徒に対する謝罪の言葉が見られます)。なぜ彼らはそのような罪を持つ者を守ろうとするのでしょうか?それは彼が「王権に近かった」、つまりダビデだったからです。P. 57 つまり、敵対的なユダヤ人のラビたちは、イエスがダビデ出身であるという福音書の筆者たちの主張に異議を唱えなかったのです。彼らはイエスの「キリスト」の主張を受け入れず、福音書のイエスについての主張に反対しました。しかし彼らは、イエスがダビデの王家の一員であることを認めました。したがって、福音書の筆者たちは単に「預言の成就」を得るためだけにそれをでっち上げたわけではないことがわかります。敵対的な立場にいる証人たちでさえも、この点では同意しています。… Read More »イエスはダビデの家系の処女の子でした​​か?