Skip to content

人類の堕落

偉大なナーガ・ドラゴンとの対決: 歴史の始まり、しかし終わりを見据える

蛇またはナーガは、アジアの民間伝承、芸術、神話に深く根付いています。それは、神話の中で蛇と多くの類似点を共有するドラゴンに匹敵します。アジアの神話もヘブライ語聖書も、ナーガとドラゴンを一緒にグループ化しています。ヘブライ語の聖典には、人類の歴史の黎明期における蛇/竜と創造主なる神との対決も記録されています。私たちはここで、これが歴史と今日の私たちの生活にどのような影響を与えたかを見ていきます。 アジアで描かれるナーガとドラゴン アジアのさまざまな国でナーガや蛇の描かれ方は異なりますが、彼らは常に強力で賢いものとして描写されています。ナーガは水と関連しており、伝統的に地下の洞窟や穴に住んでいると信じられています。このような役割から、彼らは冥界(パタラまたはナーガ・ロカ)とつながっています。仏教神話では、ナーガをナーガ・ロカと呼んでいますが、それは、忉利天の支配者である 帝釈天 (サンスクリット語: शक्र; パーリ語: सक्क) がナーガ を倒したのからです。 仏教の伝統の中で、ムカリンダは最も重要なナーガです。彼はかつて、激しい嵐の中、仏陀が瞑想している間、風雨から仏陀を守りました。アジアの芸術では、ナーガは複数の頭を持つ蛇のような姿、または半分が人間で半分が蛇の姿で描かれています。 ナーガと同様、ドラゴンは水と関係があります。アジアの芸術では、一般的に、長く、螺旋状の蛇のような体と4本の足を持つドラゴンが描かれています。ドラゴンは、それにふさわしい人々の力、強さ、幸運の象徴でもあります。仰韶龍の像の発見は、アジア文化における龍の起源が数千年前に遡ることを証明しています。 聖書の中のナーガ・ドラゴン 古代ヘブライ語聖書には、創造主なる神の敵対者と最初の人類との出会いが記録されています。この出会いにおいて、霊は蛇に憑依し、創造主である神に従わないように人間を誘惑したため、人間は神の似姿から腐敗してしまいました。それ以来、聖書は悪魔を蛇(ナーガ)と龍の両方と結びつけています。 9 こうして、この巨大な竜、悪魔またサタンと呼ばれ、全世界をだまし続けてきた古い大蛇は、手下もろとも、地上に投げ落とされてしまったのです。 ヨハネの黙示録 12:9 庭園におけるモークシャ(解脱)の約束 創造主である神が無常のサイクルを設定する対決では、蛇と対峙します。聖書には次のように記録されています。 14 それを聞いて、神は蛇に言いました。「おまえがそんなことをした罰だ。いいか、あらゆる家畜、野生の動物の中で、おまえだけがのろわれるようになる。生きている間中、ちりの中をはい回るがいい。 15 これからのち、おまえと女は敵対するようになる。おまえの子孫と女の子孫も同じだ。女はおまえを恐れるだろう。子孫同士も、互いに相手を敵視するようになる。おまえは彼(キリストを暗示する)のかかとにかみついて傷を負わせるが、彼に頭を踏み砕かれてしまうのだ。」 創世記 3:14-15 まず創造主である神は動物そのものを呪いました(14節)。これは、アジアの図像における蛇と龍の関係を示唆しており、竜は小さな足を持つ蛇として描かれています。 登場人物と大いなる謎かけとの、その関係 15 節で、創造主である神は、蛇に取り憑いた大いなる霊である悪魔に対して謎を出します。この謎は、段階的に解いていけば理解できます。 この謎には 5 人の異なる登場人物が言及されていることがわかります。また、これは未来を見据えており(未来時制「will」が繰り返し使用されている)、預言的であることにも注目してください。登場人物は次のとおりです。… Read More »偉大なナーガ・ドラゴンとの対決: 歴史の始まり、しかし終わりを見据える

罪…聖なる道を踏み外す

最も有名な仏教の洞察、または般若は、よく「八正道」(パーリ語: ariya aṭṭhaṅgika magga、サンスクリット語: āryāṣṭāṅgamārga)と呼ばれるものに関するものです。これは、ゴータマ・ブッダの古代の教えを保存するパーリ語とサンスクリット語の仏教経典に由来しています。『スッタ ピタカ』は八正道を要約し、「正しい集中力」(サマーディ(三昧)状態)は「正しい見解」、「正しい決意」、「正しい発言」、「正しい行動」、「正しい生活」、「正しい努力」「正しいマインドフルネス」における能力の結果であることを強調しています。「正しい集中」(サマーディの状態)は、八つの戒律の 1 つですが、その他の戒律の洞察を包括し、要約しています。 「八正道」という言葉で伝えられるこの考えは、道そのものが高貴である(アーリヤ)ということではなく、むしろこの道を歩む人々(マッガ)が高貴であるということです。道自体は、仏陀と仏教の般若が私たちのために守ってきた 8 つの「正しい」(サンマ)意図と行動で構成されています。この道は、功徳に沿っているという点で「正しい」のです。したがって、この道を歩む者は、功徳を積んで高貴な人(アーリヤ)となります。「正しい言葉」、「正しい行動」、「正しい生活」は道徳的美徳(サンスクリット語: śīla、パーリ語: sīla)を指しますが、「正しい見方」と「正しい決意」は洞察力と知恵(サンスクリット語: prajñā、パーリ語:paññā)を指しています。最後に、「正しい努力」、「正しいマインドフルネス」、そして最も重要なことに「正しい集中」は瞑想(サンスクリット語とパーリ語:サマーディ)に分類されます。 しかし、この道を歩み続けることができる高貴な人がどれだけいるでしょうか? 私たちは、古代ヘブライ語の聖書が、人類が最初に創造された神のイメージからどのように腐敗したかを記録したのかを見ました。  聖書を誤解して、この最初の反逆の責任は私たちにあると解釈する人もいます。実際、非難されているのはアダムだけですが、私たちはその反逆の結果の中で生きています。それを遺伝的に考えてみましょう。子供は遺伝子を受け継ぐことによって、両親の特徴(善と悪)を身につけます。人々はアダムの反逆的な性質を受け継いでおり、したがって自然に、ほとんど無意識のうちに、しかし意図的に彼が始めた反乱を続けているのです。私たちは宇宙の神になりたいわけではないかもしれませんが、自分たちの環境の中で神になりたいのです。これにより、私たちは聖なる道を踏み外すことになります。 社会で目に見える罪の影響 そしてこれは、私たちが当たり前だと思っている人間の生活の多くを説明しています。これが、どこでもドアに鍵が必要になる理由です。なぜ警察、弁護士、そして銀行取引の暗号化パスワードが必要なのでしょうか? なぜなら、今の状態では、私たちはお互いから盗み合っているからです。すべての帝国の国民が衰退する傾向があるため、帝国と社会が最終的に崩壊するのはこのためなのです。そしてこれは、すべての政府と経済システムが、他のシステムよりうまく機能するものがあるにもかかわらず、最終的にはすべて崩壊してしまう理由を説明しています。このようなイデオロギーを生きる人々には腐敗していく傾向があり、最終的にはシステム全体を崩壊に追いやります。私たちの世代はこれまでで最も教育を受けた世代ですがが、問題は教育よりもはるかに深いものであるため、依然としてこれらの問題を抱えているのです。  どの宗教も社会に対するビジョンを完全に実現できていないのもこのためです。しかし、無神論者も同じです(スターリンのソ連、毛沢東の中国、ポル・ポトのカンボジアを思い浮かべてください)。私たちのあり方についての何かが、私たちのビジョンを見逃してしまう傾向があります。仏教、イスラム教、キリスト教、ヒンズー教の国では、社会は戒律に定められたビジョンを見逃しています。実際、「見逃す」という言葉が私たちの状況を要約しています。 罪 – 「見逃すこと」へ 聖書の一節は、このことをよりよく理解するための例を示し、次のように述べています。 16 ベニヤミン軍には、左ききの石投げの名手が七百人いました。その腕まえは大したもので、一本の毛をねらっても的をはずさないほどでした。… Read More »罪…聖なる道を踏み外す

中つ国のオークのように…腐敗した今

私たちは、聖書が私たちと他者をどのように描いているかについて追求し、創造主である神がもともと私たちを自身の似姿に創造したということを学びました。しかし、ヘブライ語聖書には、私たちがどのようにして創造主なる神に背き、すべての人にクレーシャが生じたかが記録されています。詩篇は、古代ヘブライ人が礼拝で使用した神聖な歌と賛美歌を集めたものです。紀元前 1000 年頃にダビデ王によって作られた詩編14篇は、神の視点から見た現在の状況が記録されています。以下は、他の著名な聖書の登場人物と比較して、いつダビデ王がこのようなことを行ったかを示す年表です: 2 主は天からすべての人々を見下ろし、 神を喜ばせたいと願う 賢い者をお探しになります。 3 しかし、だれもいないのです。 すべての人が道を踏みはずし、 罪のために腐りきっています。 正しい人はいません。ただの一人もいません。 詩篇 14:2-3 「腐敗する」という言葉は人類全体を表しています。それは私たちが「なった」ものであるため、腐敗はその最初の「神の似姿」を指しています。つまり、私たちの堕落は、神からの決然とした独立(離婚)(「すべての人」が「神を求める」ことから「背を向けた」)、また「善」を行わないことに現れているのです。 考えるエルフとオーク このことをより深く理解するには、『ロード ・オブ・ザ・リング』と『ホビット』の中つ国のオークを思い浮かべてください。オークは、見た目、行動、そして地球に対する扱いにおいて、恐ろしい生き物です。しかし、オークはサウロンによって堕落させられたエルフの子孫です。エルフが持っていた堂々たる威厳、調和、自然との関係について思い返してみましょう(レガロスを思い浮かべてください)。そして、堕落したオークもかつては「堕落した」エルフであったことに気づき、ここで私たちについて言われていることが理解できるでしょう。神はエルフを創造しましたが、彼らはオークになりました。‎‎‎ 今、中つ国では、たとえ血縁関係にあるとしても、エルフはオークと一緒に暮らしていません。オークの邪悪さ、腐敗、そして憎しみによって、彼らと共存することを不可能にしているのです。絶え間なく口論、戦い、殺人が起こり、エルフが切望する平穏な生活は完全に破壊されてしまいます。こうしてエルフはオークから離れ、裂け谷やロスローリエンのような美しい場所に住むようになったのに対し、オークは薄暗い山の中の暗い洞窟に住むようになりました。聖書にも似たようなことが書かれています。私たちが自らを堕落させた後、神は私たちから離れ、今私たちは無常と死の領域に生きています。 良いもの、悪いもの、そして醜いもの そこで、私たちは非常に示唆にとむ視点に辿り着きました。聖書は、人間は知覚的で、個人的で、創造的で道徳的であると書き始め私たち自身も自覚しているように、腐敗しているとも描いています。聖書は人々に対する評価において、抜け目なく的確です。聖書は私たちの中に内在する道徳的性質も認識しています。しかし、私たちはこの道徳的性質を簡単に見逃してしまいがちです。なぜなら、私たちの行動はこの性質が私たちに求めるものと実際には一致しないからです。その代わりに、最も賢明な人々の洞察は、三毒、クレーシャ(煩悩)、タンハー(渇望)について論じています。そのとき、私たちはドゥッカ(苦しみ) と アニッカ(無常)の中に生きていることがわかるのです。私たちのクレーシャへの隷属は非常に強いので、私たちに意図された八正道を見失ってしまいます。なぜでしょうか?次にこれを見てみましょう。