Skip to content

仏教宇宙論

新年の満月祭りのなぞなぞ

元宵節(元宵節、元宵节、Yuánxiāo jié ) または上元節(上元節、上元节、Shàngyuán jié ) は、中国の新年のお祝いを締めくくります。元宵節は、伝統的な中国暦の新年の最初の満月に祝われます。中国の暦や他のアジアの暦は、太陰月と太陽年を組み合わせた太陰太陽暦を使用しています。月が地球の周りを12回転するには354日かかります。そのため、太陰太陽暦では、19 年間にわたって特定の年に閏月が追加されます。したがって、太陰月と太陽年は、この繰り返しの期間によって同期するのです。 元宵節のクライマックスは、夜に提灯を持って出かけ、提灯にある謎を解くことです。これらには、幸運、家族の再会、豊作、繁栄、愛のメッセージが含まれていることがよくあります。  古代の新年祭りの起源 元宵節の起源についてはさまざまな伝説があります。その 1 つは、玉皇大帝がお気に入りの鳥を殺されたことに激怒し、人々を火で滅ぼそうとしたという物語です。玉皇大帝の裁きを受けた人々は、赤い提灯、花火、かがり火を灯すことにしました。そうすれば、彼らを滅ぼすために送られた天使たちは、火の裁きがすでに下ったと騙されます。この計画は功を奏し、人々は裁きから逃れることができました。他の伝説では、最初の月の満月に提灯がどのように神の裁きを退けたかを記しています。    ヘブライ暦は太陰太陽暦でもあり、中国の暦と同じくらい古いものです。同様に、その年の最初の満月に祝祭が行われます。3500 年以上前に始まったこの祭りには、謎解きは含まれていません。代わりに、神はそれをすべての人々のための謎解きとして定めました。この謎が解けるまでに1500年がかかりました。この謎解きは、すべての人々にとってカルマと死からの解放がどのように達成されるかを示しました。   この記事では、この祝祭と、その謎、その解決策、そしてなぜこれが私たちの人生に影響を与えるのかについて説明します。私たちは古代ヘブライ語聖書の記録を調べ、過越祭に辿り着きました。 出エジプトの過越祭 私たちはアブラハムから500年後、今から約3500年前、モーセがどのようにしてイスラエル人をエジプトの奴隷制から導いたのかが記録されています。創造主なる神はモーセに、エジプトのファラオ(統治者)と対峙するよう命じました。その結果、彼らの間に激しい紛争が生じ、エジプトに9つの疫病、つまり災いをもたらしました。しかしファラオはまだイスラエル人を解放することに同意していませんでした。そこで神は、10番目で最後の災いをもたらそうとしたのです。 アブラハムの犠牲において、アブラハムが息子を捧げた場所はモリヤ山でした。アブラハムの息子が生きるために一匹の小羊が死にました。 モリア山はまさにイエスが犠牲になった場所でした。その場所を示すことで、彼の死の意味を私たちに「理解」させるためのしるしだったのです。過越祭では、その年の同じ日を指すことによって、イエスの犠牲への別の指標が見つかります。子羊の犠牲はどちらの場合もイエスの犠牲を指すために使用されます。ヘブライ語の聖典の中で最も重要な出来事は、2 つの異なる方法 (場所とタイミング) でイエスを直接示しています。歴史上、これほど劇的な形で、これほど明白な類似性によって遠い将来に死が予見された人物は思いつきません。 神がこれらのしるしを与えたのは、イエスの犠牲が本当に神によって計画され、定められたものであると私たちが確信できるようにするためです。これらは、イエスの犠牲がどのように私たちをカルマから救ってくれるかを示しています。 次に注目する出来事、

解放を達成するためのアブラハムのシンプルなマルガ

解脱 (またはヴィムッティ) に到達するための古典的な仏道 (マルガまたはマッガ) は、八正道です。『スッタ・ピタカ』(経蔵)は八正道を次のように示しています。 「世尊は仰せられた。『僧侶たちよ、八正道とは何ですか?』正見、正思、正語、正業、正命、正精進、正念、正定[サマーディ]」 タニサロ・比丘。1996. Magga-vibhanga Sutta: 道の分析。 古典的な仏教の教えでは、これらの8つの徳についてさらに説明しています。 高貴とは何か? 道なのかそれともその道を行く人か? 八正道は仏教徒にとって唯一の道やマルガではありません。他の伝統には、チベット仏教のサルヴァスティヴァーダ、菩薩、ラムリムの道などがあります。これらは正しい努力の数と順序が異なるだけで、よく知られている八正道とそれほど変わりません。 多くの人が気がついていませんが、パーリ語の原典では、「高貴な」という形容詞が道やマルガを指しているのではなく、八正道を歩む人を指しています。『Noble Eight-fold path』 のより適切な翻訳は、「高貴な者の八正道」となるかもしれません。 パーリ語の文書に示されている道を検討すると明らかですが、この8つの徳の道に挑戦することすら望むことができるのは、非常に高貴な人だけです。 アブラハムと高貴でない者ための道 しかし、それでは、それほど高貴ではない残りの大部分の人々はどうなるでしょうか?これらの徳をうまく守るための高貴な心と精神を持たない人はいるのでしょうか? 私たちは古代ヘブライ語の聖典である聖書に示された創造主である神の計画に従ってきました。私たちに慈悲を差し伸べる神の計画の中心は、神がアブラハムに約束を告げてから、数年が経過しました。アブラハムはその約束に従って、約束の地、つまり今日のイスラエルに移住しました。その後、彼が望んでいた出来事以外の出来事が起こりました。彼には子供がいなかったため、神が約束を果たせる息子がいませんでした。そこで、アブラハムの訴えから話を続けます。 15 そののち主が幻の中でアブラムに現れ、こう語りかけました。「アブラムよ、心配することはない。わたしがあなたを守り、大いに祝福しよう。」 2-3 「ああ神様、私に息子がないのはご存じでしょう。どんなに祝福していただいても、子どもがいなければ、全財産は一族のだれかほかの者が相続することになるのです。」 創世記 15:1-3… Read More »解放を達成するためのアブラハムのシンプルなマルガ

アパレル: なぜ単なる衣類ではないのか?

なぜ自分に服を着せるのでしょうか?サイズが合えば何でもいいわけではなく、自分らしさを表現できるおしゃれな服を求めています。暖かさを保つためだけでなく、視覚的に自分を表現するために、本能的に服を着る必要があるのはなぜなのでしょうか? 言語、人種、教育、宗教に関係なく、地球上で同じ本能を見つけるのは奇妙ではないでしょうか? おそらく男性よりも女性の方が多いでしょうが、女性も同様の傾向を示します。2016 年、世界の繊維産業は 1.3 兆ドルを輸出しました。 服を着たいという本能的な欲求はごく普通で、自然なものであるため、多くの人は立ち止まって「なぜ?」と尋ねることはあまりありません。 私たちは、地球がどこから来たのか、人々がどこから来たのか、そしてなぜ大陸が離れてしまうのかについて議論を繰り広げてきました。しかし、衣服の必要性がどこから来るのかについての理論を読んだことはありますか? 人間だけ – 暖かさだけではない 明らかなことから始めましょう。動物にはこのような本能はありません。彼らは皆、私たちや他の人の前で常に全裸になることに完全に満足しています。これは高等動物にも当てはまります。私たちが単に高等動物よりも高等であるならば、これは腑に落ちません。 私たちの服を着たいという欲求は、暖かさへの欲求だけではありません。私たちのファッションや衣類の多くは、ほとんど耐えられないほどの暑さの場所で作られているからです。衣服は機能的であり、私たちを暖かく保ち、守ってくれますが、これらの理由は、謙虚さ、性表現、自己アイデンティティなどの私たちの本能的なニーズに応えてくれるものではありません。 衣服 – ヘブライ語聖書より 私たちが服を着て、そしてそれを上品に着こなすかを説明する一つの記述は、古代ヘブライ語聖書にあります。これらの聖書は、歴史的であると主張する物語の中に私たちを位置付けます。それは、あなたが誰であるか、なぜその行動をするのか、そしてあなたの将来に何が待ち受けているのかについての洞察を与えてくれます。この物語は人類の黎明期にまで遡りますが、なぜ衣服を纏うのかといった日常的な現象についても説明しています。この物語をよく知ることは、自分自身について多くの洞察を与え、より豊かな生活に導くものであるため、価値があります。 私たちは、しばしば聖書と呼ばれるヘブライ語聖書から、ここで、創造主である神が宇宙を創造したことを学び、次のように続きます。 27 このように人間は、天地を造った神の特性を持つ者として、男と女とに創造されました。 創世記 1:27 アジア各地の壮大な仏像から、最初の楽園で最初の人間に、神に従うか従わないかの選択を与えました。彼らは従わないことを選び、従わなかったとき、創造の記述は次のように語っています。 7 はっと気がつくと、なんと、二人とも裸ではありませんか。急に恥ずかしくなって、とっさにいちじくの葉をつなぎ合わせ、腰の回りを覆いました。 創世記 3:7 この時から、人間は… Read More »アパレル: なぜ単なる衣類ではないのか?

偉大なナーガ・ドラゴンとの対決: 歴史の始まり、しかし終わりを見据える

蛇またはナーガは、アジアの民間伝承、芸術、神話に深く根付いています。それは、神話の中で蛇と多くの類似点を共有するドラゴンに匹敵します。アジアの神話もヘブライ語聖書も、ナーガとドラゴンを一緒にグループ化しています。ヘブライ語の聖典には、人類の歴史の黎明期における蛇/竜と創造主なる神との対決も記録されています。私たちはここで、これが歴史と今日の私たちの生活にどのような影響を与えたかを見ていきます。 アジアで描かれるナーガとドラゴン アジアのさまざまな国でナーガや蛇の描かれ方は異なりますが、彼らは常に強力で賢いものとして描写されています。ナーガは水と関連しており、伝統的に地下の洞窟や穴に住んでいると信じられています。このような役割から、彼らは冥界(パタラまたはナーガ・ロカ)とつながっています。仏教神話では、ナーガをナーガ・ロカと呼んでいますが、それは、忉利天の支配者である 帝釈天 (サンスクリット語: शक्र; パーリ語: सक्क) がナーガ を倒したからです。 仏教の伝統の中で、ムカリンダは最も重要なナーガです。彼はかつて、激しい嵐の中、仏陀が瞑想している間、風雨から仏陀を守りました。アジアの芸術では、ナーガは複数の頭を持つ蛇のような姿、または半分が人間で半分が蛇の姿で描かれています。 ナーガと同様、ドラゴンは水と関係があります。アジアの芸術では、一般的に、長く、螺旋状の蛇のような体と4本の足を持つドラゴンが描かれています。ドラゴンは、それにふさわしい人々の力、強さ、幸運の象徴でもあります。仰韶龍の像の発見は、アジア文化における龍の起源が数千年前に遡ることを証明しています。 聖書の中のナーガ・ドラゴン この出会いにおいて、霊は蛇に憑依し、創造主である神に従わないように人間を誘惑したため、人間は神の似姿から腐敗してしまいました。それ以来、聖書はドゥーカの呪いを解決してくれると考えてきました。しかし、子孫は「彼」なので、国家であろうと、ヒンズー教徒、仏教徒、キリスト教徒、イスラム教徒などの特定の宗教に属する人々であろうと、人々の集団ではありません。 「彼」であるため、子孫は「それ」ではありません。むしろ子孫は人間です。 「彼」の意味 その意味について少し考えてみましょう。歴史を通じて、最も聡明で賢明な人々が、新しい哲学、政治システム、経済モデル、先進技術を開発してきました。通貨制度の発展、過去 200 年間に開発された新技術、医学の飛躍的進歩、民主主義の進歩について考えてみましょう。これらすべては、良いことであり歓迎すべきことかもしれませんが、「それ」のさまざまな形態です。人間の最も聡明な頭脳は、ほとんどの常に、人類の状況を助けるために、より新しくてより良い「それ」を探してきました。ゴータマ・ブッダの洞察と教えは、この膨大な貢献の一部です。 しかし、ここではこの約束はまったく異なる方向を向いています。より良い「それ」を期待しているのではなく、むしろ「彼」を期待しているのです。この「彼」は、クレーシャを世界に解き放った蛇との闘いを何らかの形で担うことになります。 これにより、その子孫が特定の哲学、教え、テクノロジー、政治制度、または宗教である可能性が排除されます。このような種類の「それ」は、おそらく今も昔も、世界を修復するために私たちが好んで選択するものであるでしょう。私たちは、自分たちの状況を解決してくれるのは、ある種の「それ」だと考えています。そのため、人類の最高の思想家たちは何世紀にもわたって、さまざまな政治制度、教育制度、技術、宗教などを主張してきました。しかし、この約束はまったく異なる方向を指しているのです。神は別の何か、つまり「彼」を念頭に置いていました。そして、この「彼」は蛇の頭を砕くことになります。 女と「彼」 神が言わなかったことに注目してみましょう。創造主である神は、「彼」が男性と女性から生まれるとは約束していません。また神は人間が子孫を残すとも約束していません。この謎は、女性が子孫、つまり「彼」を産むことを単に約束しているだけです。神はこのことを、人間が子孫を残す役割を果たすことは示唆せずに述べています。特に古代世界では父親を通してのみ息子が生まれることが重視されていたことを考えると、これは極めて異例なことです。しかしこの場合、男性から子孫(「彼」)が生まれるという約束はありません。そこには、女性から子孫が生まれるとだけ書かれており、男性については言及されていません。 歴史的にも神話的にも、これまでに生きたすべての人間の中で、母親はいたものの物理的な父親はいなかったと主張されているのはたった一人だけだからです。それがイエス・キリストであり、数千年後に書かれた新約聖書ではこのことは、イエスがその後死からよみがえったことから、 蛇の子孫? しかし、彼のもう一つの敵であるこのサタンの子孫はについてはどうでしょうか?それを徹底的に追跡するスペースはありませんが、聖書の後の書物には、ある人物の登場が預言されています。次の記述に注目してみましょう。 2 1-2 さて、主イエス・キリストがもう一度来られることと、その時、一堂に集められた私たちが主にお会いすることについて、どう考えていますか。愛する皆さん。主の日はもう来たなどといううわさを耳にして、興奮したり、あわてたりしないでください。たとえ、このことについて幻を見たとか、神から特別のお告げを受けたとか言う人が現れても、また、私たちから送られたもののように偽造した手紙を見せられても、信用してはいけません。 3 どんなことを言われても、惑わされたり、だまされたりしないように気をつけなさい。なぜなら、主の日は、次の二つの現象が起こるまでは実現しないからです。まず、世をあげて神に逆らう時代が来ます。それから、反逆者である反キリスト、すなわち滅びの子が現れます。 4 彼は、神と名のつくものにはことごとく反抗し、また、礼拝の対象をすべて打ちこわします。そして神殿に入って神の座につき、自分こそ神だと宣言します。 テサロニケ人への手紙Ⅱ… Read More »偉大なナーガ・ドラゴンとの対決: 歴史の始まり、しかし終わりを見据える

罪…聖なる道を踏み外す

最も有名な仏教の洞察、または般若は、よく「八正道」(パーリ語: ariya aṭṭhaṅgika magga、サンスクリット語: āryāṣṭāṅgamārga)と呼ばれるものに関するものです。これは、ゴータマ・ブッダの古代の教えを保存するパーリ語とサンスクリット語の仏教経典に由来しています。『スッタ ピタカ』は八正道を要約し、「正しい集中力」(サマーディ(三昧)状態)は「正しい見解」、「正しい決意」、「正しい発言」、「正しい行動」、「正しい生活」、「正しい努力」「正しいマインドフルネス」における能力の結果であることを強調しています。「正しい集中」(サマーディの状態)は、八つの戒律の 1 つですが、その他の戒律の洞察を包括し、要約しています。 「八正道」という言葉で伝えられるこの考えは、道そのものが高貴である(アーリヤ)ということではなく、むしろこの道を歩む人々(マッガ)が高貴であるということです。道自体は、仏陀と仏教の般若が私たちのために守ってきた 8 つの「正しい」(サンマ)意図と行動で構成されています。この道は、功徳に沿っているという点で「正しい」のです。したがって、この道を歩む者は、功徳を積んで高貴な人(アーリヤ)となります。「正しい言葉」、「正しい行動」、「正しい生活」は道徳的美徳(サンスクリット語: śīla、パーリ語: sīla)を指しますが、「正しい見方」と「正しい決意」は洞察力と知恵(サンスクリット語: prajñā、パーリ語:paññā)を指しています。最後に、「正しい努力」、「正しいマインドフルネス」、そして最も重要なことに「正しい集中」は瞑想(サンスクリット語とパーリ語:サマーディ)に分類されます。 しかし、この道を歩み続けることができる高貴な人がどれだけいるでしょうか? 私たちは、古代ヘブライ語の聖書が、神のイメージからどのように腐敗したかを記録したのかを見ました。  聖書を誤解して、この最初の反逆の責任は私たちにあると解釈する人もいます。実際、非難されているのはアダムだけですが、私たちはその反逆の結果の中で生きています。それを遺伝的に考えてみましょう。子供は遺伝子を受け継ぐことによって、両親の特徴(善と悪)を身につけます。人々はアダムの反逆的な性質を受け継いでおり、したがって自然に、ほとんど無意識のうちに、しかし意図的に彼が始めた反乱を続けているのです。私たちは宇宙の神になりたいわけではないかもしれませんが、自分たちの環境の中で神になりたいのです。これにより、私たちは聖なる道を踏み外すことになります。 社会で目に見える罪の影響 そしてこれは、私たちが当たり前だと思っている人間の生活の多くを説明しています。これが、どこでもドアに鍵が必要になる理由です。なぜ警察、弁護士、そして銀行取引の暗号化パスワードが必要なのでしょうか? なぜなら、今の状態では、私たちはお互いから盗み合っているからです。すべての帝国の国民が衰退する傾向があるため、帝国と社会が最終的に崩壊するのはこのためなのです。そしてこれは、すべての政府と経済システムが、他のシステムよりうまく機能するものがあるにもかかわらず、最終的にはすべて崩壊してしまう理由を説明しています。このようなイデオロギーを生きる人々には腐敗していく傾向があり、最終的にはシステム全体を崩壊に追いやります。私たちの世代はこれまでで最も教育を受けた世代ですがが、問題は教育よりもはるかに深いものであるため、依然としてこれらの問題を抱えているのです。  どの宗教も社会に対するビジョンを完全に実現できていないのもこのためです。しかし、無神論者も同じです(スターリンのソ連、毛沢東の中国、ポル・ポトのカンボジアを思い浮かべてください)。私たちのあり方についての何かが、私たちのビジョンを見逃してしまう傾向があります。仏教、イスラム教、キリスト教、ヒンズー教の国では、社会は戒律に定められたビジョンを見逃しています。実際、「見逃す」という言葉が私たちの状況を要約しています。 罪 – 「見逃すこと」へ 聖書の一節は、このことをよりよく理解するための例を示し、次のように述べています。 16 ベニヤミン軍には、左ききの石投げの名手が七百人いました。その腕まえは大したもので、一本の毛をねらっても的をはずさないほどでした。… Read More »罪…聖なる道を踏み外す

中つ国のオークのように…腐敗した今

私たちは、聖書が私たちと他者をどのように描いているかについて追求し、創造主である神がもともと私たちを創造主なる神に背き、すべての人にクレーシャが生じたかが記録されています。詩篇は、古代ヘブライ人が礼拝で使用した神聖な歌と賛美歌を集めたものです。紀元前 1000 年頃にダビデ王によって作られた詩編14篇は、神の視点から見た現在の状況が記録されています。以下は、他の著名な聖書の登場人物と比較して、いつダビデ王がこのようなことを行ったかを示す年表です: 2 主は天からすべての人々を見下ろし、 神を喜ばせたいと願う 賢い者をお探しになります。 3 しかし、だれもいないのです。 すべての人が道を踏みはずし、 罪のために腐りきっています。 正しい人はいません。ただの一人もいません。 詩篇 14:2-3 「腐敗する」という言葉は人類全体を表しています。それは私たちが「なった」ものであるため、腐敗はその最初の「離婚)(「すべての人」が「神を求める」ことから「背を向けた」)、また「善」を行わないことに現れているのです。 考えるエルフとオーク このことをより深く理解するには、『ロード ・オブ・ザ・リング』と『ホビット』の中つ国のオークを思い浮かべてください。オークは、見た目、行動、そして地球に対する扱いにおいて、恐ろしい生き物です。しかし、オークはサウロンによって堕落させられたエルフの子孫です。エルフが持っていた堂々たる威厳、調和、自然との関係について思い返してみましょう(レガロスを思い浮かべてください)。そして、堕落したオークもかつては「堕落した」エルフであったことに気づき、ここで私たちについて言われていることが理解できるでしょう。神はエルフを創造しましたが、彼らはオークになりました。‎‎‎ 今、中つ国では、たとえ血縁関係にあるとしても、エルフはオークと一緒に暮らしていません。オークの邪悪さ、腐敗、そして憎しみによって、彼らと共存することを不可能にしているのです。絶え間なく口論、戦い、殺人が起こり、エルフが切望する平穏な生活は完全に破壊されてしまいます。こうしてエルフはオークから離れ、裂け谷やロスローリエンのような美しい場所に住むようになったのに対し、オークは薄暗い山の中の暗い洞窟に住むようになりました。聖書にも似たようなことが書かれています。私たちが自らを堕落させた後、聖書は、人間は知覚的で、個人的で、創造的で道徳的であると書き始め私たち自身も自覚しているように、腐敗しているとも描いています。聖書は人々に対する評価において、抜け目なく的確です。聖書は私たちの中に内在する道徳的性質も認識しています。しかし、私たちはこの道徳的性質を簡単に見逃してしまいがちです。なぜなら、私たちの行動はこの性質が私たちに求めるものと実際には一致しないからです。その代わりに、最も賢明な人々の洞察は、ドゥッカ(苦しみ) と アニッカ(無常)の中に生きていることがわかるのです。私たちのクレーシャへの隷属は非常に強いので、私たちに意図された八正道を見失ってしまいます。なぜでしょうか?。

人類のドゥカの呪い

私たちは、創造主である神の敵対者(悪魔またはマーラ)が最初の人類を不従順に導いたことを学びました。人類は後で見てみましょう。ここでは、神がどのようにして物質的な宇宙、具体的な形の領域、または色界 (Rūpadhātu) に輪廻を確立したかがわかります。   宇宙の輪廻 – そしてその中のすべて 創造主は神に似せて男と女として創造されましたが、この一体性は崩れてしまいます。むしろ、二人の間に対立とライバル関係が起こることになったのです。出産や子育てという役割は、満足のいくものではなく、「苦痛」を伴うものとなってしまったのです。 この分離は、羞恥心、隠れること、そして非難という形で現れました。人は無知な思考(クレーシャ)と渇望(ターニャ)の奴隷となってしまったのです。 ダートゥスの分離 以下のように考えることもできます。仏教の宇宙論は、存在の精神的な面が 3 つの領域、つまりダートゥに分かれると提唱しています。 初めに、形のない領域または霊界は、物質界または形相界と一体でした。しかし、邪悪な欲望が生じたとき、神の霊の領域 である無色界( Ārōpyadhātu ) が色界 ( Rōpadhātu ) から分離され、霊的な死が生じました。男はその日に霊的に亡くなりました。そのため、肉体的な死が始まったのです。 世界最大の仏教寺院であるボロブドゥール寺院は、仏教の宇宙論の 3 つの領域を映し出すように設計されています。各領域はそれぞれの色で強調されており、中心の白は仏陀の境地を象徴しています。下の図は、ボロブドゥール寺院が 3 つの領域を巡る様子を表しています。 別居と離婚 何が起こったのかを理解するための手段として結婚と離婚を使うこともできます。聖書はこの比喩を使って、創造主である神と人間との関係を説明しています。結婚相手が離婚を申請すると、夫婦は財産を分割し、別々の生活を送ります。最初の人間が木の実を食べたとき、彼らは創造主に離婚を申し出ました。 しかし、どのように資産を分ければよいのでしょうか?… Read More »人類のドゥカの呪い

三毒と最初の煩悩の起源

三毒(サンスクリット語: triviṣa ; チベット語: dug gsum ) または三不善根(サンスクリット語: akuśala-māla ; パーリ語: akusala-māla ) は、他の精神状態、つまり煩悩を引き起こす 3 つの根本的な精神状態を指します。煩悩は心を曇らせ、有害な行動を引き起こします。賢者や僧侶は昔から、三毒の破壊的な力、そしてそこからさらに二次的な煩悩が生じることをを理解しています。  これら 3 つの主要な煩悩、または精神的な毒は次のとおりです。 これらの三毒は、すべての人が生まれつき持つ 3 つの特徴的な欠陥です。仏教の中核的な洞察によると、これらから、私たちは苦悩、苦痛、さらには死を永続させる渇望、つまり渇愛(タンハー)が生まれます。 聖書に描かれた煩悩と渇愛のサイクル 聖書には、渇望が罪につながり、そして死に至るという同じ洞察が記されています。イエス・キリストの兄弟であるヤコブは、聖書に収録されている著書の中で次のように書いています。 14 人は、自分の欲や悪い考えに引かれて誘惑されるのです。 15 その欲や悪い考えが悪へと駆り立て、ついには、神から永遠に引き離される死の刑罰へと追いやるのです。 ヤコブの手紙 1:14-15 ヤコブは、すべての人が経験するこの進行中の同じサイクルについて説明しています。まず邪悪な欲望や渇望が生じ、それが罪や有害な行為を引き起こし、その結果として死に至ります。 煩悩と渇愛の起源 仏教における基本的な洞察の 1 つは、すべての現象は以前の現象から生じるというプラティーティヤサムットパーダ(縁起)です。もしそうなら、私たちが皆、このような破壊的な精神状態に陥り、その結果として渇望、悪行、そして死が引き起こされるこの今日の状況は、何によって引き起こされたているのでしょうか? いくつかの現象は、単に現在進行中の物理法則の結果として生じます。重力はそのような法則の… Read More »三毒と最初の煩悩の起源

宇宙の仏塔の敵

古代より、ストゥーパ、または仏塔(サンスクリット語: स्तूप、=「山」)は、仏教の儀式と帰依において重要な役割を果たしてきました。丸みを帯びた土製の半球またはドームである仏塔には、崇敬された僧侶や尼僧の骨などの遺物が納められています。また、巡礼者が歩き回ったり、瞑想したりすることができるように、ドームの周りには踏み固められた道があります(プラダクシナ)。仏教がアジア全土に広まるにつれて、元の仏塔の構造は、チベットではチョルテン、東アジアではパゴダ、東南アジアではチャイティヤへと変化しました。構造は進化しましたが、基本的なレイアウトは、土製のドーム、正方形の台座、中央の尖塔、および前述した、信者が仏塔の周りを周回するための小道で構成されています。 この基本構造は、聖書の天地創造の物語に描かれている宇宙の構造を反映しています。この記述は、創造主である神が人間を黄道帯を構成する星々は、プラダクシナを行う巡礼者と同じように、地球のドーム状の仏塔の周りを回るように夜空を移動します。 仏塔には亡くなった僧侶の骨と遺灰が納められていますが、この宇宙の仏塔には次のような特徴があります。 7 やがて、主なる神が人を造る時がきました。まず、地のちりで体を造り上げ、それにいのちの息を吹き込んだのです。そこで人は、生きた人格を持つ者となりました。 創世記 2:7 最初の人間の骨は生き返って神が人間に内在させた自身の姿を台無しにしようと企てました。聖書には、他の多くの天使たちが彼の反乱に従ったと記されています。このようにして、彼らは悪魔またはアスラとなり、悪となりましたが、依然としてその美しさ、素晴らしさ、力を保っています。ルシファーは、その狡猾な知恵によって、人間を誘惑して、不従順にすることができれば、完全な宇宙を破壊できることを知っていました。ヘブライ語の聖書はこの霊をサタンまたは悪魔と呼んでいますが、他にも多くの名前で知られています。 ゴータマ・ブッダが瞑想をしているときに誘惑した、世界をさまよう死の霊であるマーラもまた、別の一般的な名前です。  彼はどのようにして全宇宙を破滅させ、全宇宙に死と輪廻を撒き散らしたのかを

神の似姿で

ブッダの基本的な洞察の 1 つは、プラティチャサムットパーダ(サンスクリット語: प्रतीत्यसमुत्पाद、パーリ語: paṭiccasamuppāda ) の洞察でした。これは、すべての現象は以前起こった他の現象から生じるというものです。私たちが観察するものはすべて、先立って起こった原因から生じています。この洞察は、四諦の中で、業(カルマ)と輪廻を説明するために広がっています進化の理論に基づく説明でも、人間の芸術的で神秘的な性質を完全に説明することは困難です。同様に、東洋の執着から生じる無知に基づく説明だけでも、これらの性質を十分に説明することは困難です。 …古代ヘブライ語聖書からの答え 世界で最も古い文書の中に、これらの人間の特徴を簡単に説明しているものがあります。それはなぜあなたはここにいるのか、そして何の目的でここにいるのかを説明しています。それは人類の歴史の初めに、パーリ語やサンスクリット語よりも古い言語で書かれました。そしてその起源は、古い歴史を持つという点で中国語に匹敵します。ヘブライ人というある特有の民族がこれらの文書を作成し保存し、壮大な物語を形成しました。  この著作集は、一般に聖書と呼ばれる 1 冊のわかりやすい本にまとめられています。聖書はどのように叙事詩を始めるのでしょうか? あなたが誰であるかをどのように明らかにしているのでしょうか?聖書は単純に次のような言葉で始まります。  1 まだ何もなかった時、神は天と地を造りました 創世記 1:1 数文後に聖書はこう述べています。 26 そして最後に、神はこう言われました。「さあ、人間を造ろう。地と空と海のあらゆる生き物、家畜動物、野生動物そして地面を這う生き物すべてを支配させるために、われわれに最も近い、われわれのかたちに似せて人間を造ろう。」  27 このように人間は、天地を造った神の特性を持つ者として、男と女とに創造されました。 創世記 1:26-27 「神の似姿で」 創造主である神が人類を「神のかたちに」創造したとはどういう意味でしょうか? それは、神が二本の腕や頭などを持つ肉体的な存在であるという意味ではありません。むしろ、より深いレベルで、人間の基本的な特性は神と同様の特性から生じることを意味しています。すなわち、プラティチャサムットパーダの原則を私たちに適用します。したがって、たとえば、創造主である神(聖書の中の)と人間(観察によると)は両方とも知性、感情、意志を持っています。聖書では神は、私たち人間が経験するのと同じように、時に悲しみ、傷つき、怒り、または喜ぶと描かれています。そして私たちが日々、選択や決断を行っているのと同じように、聖書における神は選択をし、決断を下します。私たちの推論し、抽象的に考える能力は神から授けられたものです。私たちが知性、感情、意志の能力を持っているのは、神がそれらを備えており、神が私たちを神の似姿に創造されたからなのです。 私たちは何不自由なく、自分が、自己認識し、「私」と「あなた」の意識を持つ、知覚的存在であると理解しています。私たちは、非個人的な「それ」ではありません。聖書は、私たちがこのような存在であるのは、神が人格的であり、私たちが神の似姿に造られたからだと教えています。 私たちの中にあるアーティストの誕生 また、私たちは生来、前述の仏像のような芸術を創造し、鑑賞することもできます。人々は自然に美しさを称賛し、それを必要とさえします。仏像の芸術を称賛するのと同じように、私たちは雄大な山々、感動的な夕日、蓮の色など、美しい世界にも称賛します。聖書は、神が世界の創造者として、山々、沈む太陽、そして蓮を造られたと説明しています。神はそれらを機能させるためにだけでなく、美しい芸術としても作りました。私たちは神の似姿に造られたので、これらの芸術を高く評価します。また私たちが仏像のような芸術を創作するのも、私たちは神の似姿に創造された結果、神の持つ能力を自然に備えているからです。これは、音楽や文学などの芸術形式を含む単なる視覚芸術にとどまりません。私たちにとって音楽がどれほど重要であるか、さらにはダンスへの愛がどれほどのものであるかを考えてみましょう。音楽は私たちの生活を豊かにしてくれます。私たちは、小説でも演劇でも、今日では一般的に映画でも、素晴らしい物語を好みます。物語にはヒーロー、悪役、ドラマがあり、よくできた物語はこれらのヒーロー、悪役、ドラマを私たちの想像力に焼き付けます。したがって、私たちが芸術をさまざまな形で利用したり鑑賞したりするのは自然なことです。神は芸術家であり、私たちは神の似姿であるため、私たちは芸術で自らを楽しませ、活気づけ、リフレッシュさせます。 芸術、演劇、音楽、ダンス、文学などにおいて、私たちはなぜ自然に美的になるのでしょうか? これはとても価値のある疑問です。率直な無神論者であり、認知科学の権威であるダニエル・デネットは、唯物論的な観点から次のように答えています。 「しかし、この研究のほとんどは依然として音楽を当然のことと考えています。「なぜ音楽は存在するのか?」と問うことはめったにありません。短い答えはありますが、今のところそれが真実です。音楽は、私たちが愛しているから存在しており、それゆえに私たちはさらに多くのものを存在させ続けています。しかし、なぜ私たちは音楽を愛するのでしょうか?それは私たちは音楽が美しいと感じるからです。しかし、なぜ音楽が私たちにとって美しいのでしょうか?これは生物学的には非常に良い質問ですが、まだ良い答えはありません。」… Read More »神の似姿で