Skip to content

伝道者の書

大金持ちのプレイボーイはマヤの知恵をどのように教えますか?

マヤは「存在しないもの」を意味するサンスクリット語に由来しており、したがって「幻想」を意味します。さまざまな賢者や学派がさまざまな方法でマヤの幻想を強調してきました。彼らは一般に、物質的または物理的なものが私たちの魂を惑わし、それによって魂を絡め取り、束縛に陥らせる可能性があると警告しています。私たちの魂は物質をコントロールし、楽しむことを望んでいます。しかし、そうすることで私たちは情欲、強欲、怒りに仕えることになります。多くの場合、私たちは努力を倍増させ、間違いに間違いが重なり、幻想やマヤにさらに陥ってしまいます。したがって、マヤは渦のように作用し、その力が増すにつれて、ますます人を巻き込み、絶望に導きます。マヤは、結果的に、一時的なものを永続的な価値があるものとして受け入れることになります。それはこの世界では得られない永続的な幸福を求めるのです。 ヘブライ語聖書には、この幻想、つまり虚栄心を探求する知恵の文献が含まれています。この知恵の詩の作者は、ダビデ王の息子ソロモンでした。彼は「太陽の下」で暮らしながら、マヤをどのように体験したか、そしてその影響を記録しています。それは、物質だけに価値があるかのように生きることです。太陽の通り道の下、この物理的な世界でのみ永続的な幸福を求めます。 ソロモンの「太陽の下で」のマヤ体験 伝道の書の中で、ソロモンは人生に満足感を得るために行ったことすべてを説明しました。彼はこのように書き記しています: 2 1-2 それで私は、「愉快に生きよう。思う存分楽しむのだ」と思いました。ところが、こうした生き方も実にむなしいことがわかりました。一日中笑っているのは愚かなことです。それが何の得になるのでしょう。 3 いろいろ試してみてから、私は知恵を探求し続ける一方で、酒を飲んで元気になろうと思いました。次に、もう一度考えを変えて、愚かな者になりきることにしました。多くの人が経験する幸福を味わってみようと思ったのです。 4-6 今度は、大規模な事業に乗り出して、仕事からくる充実感を得ようとしました。邸宅を建て、ぶどう園、庭園、公園、それに果樹園まで造り、良い作物を実らせるために貯水池まで造ってみたのです。 7-8 次に、男女の奴隷を買いました。私の家で生まれた奴隷たちもいます。ほかに家畜の群れも飼ってみましたが、その数は以前のどの王よりも多かったのです。さらに、多くの州や国から、税金として金銀をかき集めました。また文化的な活動として、混声コーラス・グループやオーケストラを組織しました。そのうえ私には、大ぜいの美しいそばめがいたのです。 9 こうして、歴代のエルサレムの王もしなかったような、あらゆることをやってみました。両眼をしっかり見開いて、これらのものの価値を見極めようとしたのです。 10 欲しいものは何でも手に入れ、したい放題の楽しみをしてみました。つらい仕事にも大きな喜びがあることを知りました。この喜びこそ、実に、あらゆる労働に共通した報酬なのです。 伝道の書 2:1-10 富、名声、知識、プロジェクト、女性、快楽、王国、キャリア、ワイン…ソロモンはすべてを持っていました。そしてそれは、当時の誰よりも、あるいは私たちの時代の誰よりも遥かに多くを持っていたのです。アインシュタイン並みの賢さ、ジャック・マー並みの富、ボリウッドスター並みの社交的/性的生活、そして英国王室のウィリアム王子並みの王室の血統。すべてがひとつになりました。誰がその組み合わせに勝てるでしょうか?誰よりも彼は満足しただろうとあなたは思うでしょう。 聖書にも登場する彼の別の詩『雅歌』では、エロティックで赤々と燃えるような恋愛が記録されています。まさに、生涯にわたる満足感をもたらす可能性が最も高いと思われる追求です。約 3000 年前のこの詩には、ボリウッドの最高の恋愛映画のようなロマンチックな激しさが備わっています。  聖書には、彼がその計り知れない権力と富で700人の愛人を得たと記録されています。これは、ボリウッドやハリウッドの愛人たちをはるかに超えています。しかし、そのすべての愛、すべての富、すべての名声、知恵があっても、彼はこう結論づけました。 1 ダビデ王の子で、エルサレムの王であり、「伝道者」と呼ばれたソロモンの教え。 2 思うに、この世に価値のあるものなどない。 すべてがむなしい。 3-7 人はあくせく働いた報酬として、 何を手に入れるというのか。 一つの時代が去り、新しい時代が来るが、 少しも変わらない。 太陽は昇っては沈み、また昇ろうと、 急ぎ元の所に帰って行く。… Read More »大金持ちのプレイボーイはマヤの知恵をどのように教えますか?