Skip to content

八正道

解放を達成するためのアブラハムのシンプルなマルガ

解脱 (またはヴィムッティ) に到達するための古典的な仏道 (マルガまたはマッガ) は、八正道です。『スッタ・ピタカ』(経蔵)は八正道を次のように示しています。 「世尊は仰せられた。『僧侶たちよ、八正道とは何ですか?』正見、正思、正語、正業、正命、正精進、正念、正定[サマーディ]」 タニサロ・比丘。1996. Magga-vibhanga Sutta: 道の分析。 古典的な仏教の教えでは、これらの8つの徳についてさらに説明しています。 高貴とは何か? 道なのかそれともその道を行く人か? 八正道は仏教徒にとって唯一の道やマルガではありません。他の伝統には、チベット仏教のサルヴァスティヴァーダ、菩薩、ラムリムの道などがあります。これらは正しい努力の数と順序が異なるだけで、よく知られている八正道とそれほど変わりません。 多くの人が気がついていませんが、パーリ語の原典では、「高貴な」という形容詞が道やマルガを指しているのではなく、八正道を歩む人を指しています。『Noble Eight-fold path』 のより適切な翻訳は、「高貴な者の八正道」となるかもしれません。 パーリ語の文書に示されている道を検討すると明らかですが、この8つの徳の道に挑戦することすら望むことができるのは、非常に高貴な人だけです。 アブラハムと高貴でない者ための道 しかし、それでは、それほど高貴ではない残りの大部分の人々はどうなるでしょうか?これらの徳をうまく守るための高貴な心と精神を持たない人はいるのでしょうか? 私たちは古代ヘブライ語の聖典である聖書に示された創造主である神の計画に従ってきました。私たちに慈悲を差し伸べる神の計画の中心は、神がアブラハムに約束を告げてから、数年が経過しました。アブラハムはその約束に従って、約束の地、つまり今日のイスラエルに移住しました。その後、彼が望んでいた出来事以外の出来事が起こりました。彼には子供がいなかったため、神が約束を果たせる息子がいませんでした。そこで、アブラハムの訴えから話を続けます。 15 そののち主が幻の中でアブラムに現れ、こう語りかけました。「アブラムよ、心配することはない。わたしがあなたを守り、大いに祝福しよう。」 2-3 「ああ神様、私に息子がないのはご存じでしょう。どんなに祝福していただいても、子どもがいなければ、全財産は一族のだれかほかの者が相続することになるのです。」 創世記 15:1-3… Read More »解放を達成するためのアブラハムのシンプルなマルガ

中つ国のオークのように…腐敗した今

私たちは、聖書が私たちと他者をどのように描いているかについて追求し、創造主である神がもともと私たちを創造主なる神に背き、すべての人にクレーシャが生じたかが記録されています。詩篇は、古代ヘブライ人が礼拝で使用した神聖な歌と賛美歌を集めたものです。紀元前 1000 年頃にダビデ王によって作られた詩編14篇は、神の視点から見た現在の状況が記録されています。以下は、他の著名な聖書の登場人物と比較して、いつダビデ王がこのようなことを行ったかを示す年表です: 2 主は天からすべての人々を見下ろし、 神を喜ばせたいと願う 賢い者をお探しになります。 3 しかし、だれもいないのです。 すべての人が道を踏みはずし、 罪のために腐りきっています。 正しい人はいません。ただの一人もいません。 詩篇 14:2-3 「腐敗する」という言葉は人類全体を表しています。それは私たちが「なった」ものであるため、腐敗はその最初の「離婚)(「すべての人」が「神を求める」ことから「背を向けた」)、また「善」を行わないことに現れているのです。 考えるエルフとオーク このことをより深く理解するには、『ロード ・オブ・ザ・リング』と『ホビット』の中つ国のオークを思い浮かべてください。オークは、見た目、行動、そして地球に対する扱いにおいて、恐ろしい生き物です。しかし、オークはサウロンによって堕落させられたエルフの子孫です。エルフが持っていた堂々たる威厳、調和、自然との関係について思い返してみましょう(レガロスを思い浮かべてください)。そして、堕落したオークもかつては「堕落した」エルフであったことに気づき、ここで私たちについて言われていることが理解できるでしょう。神はエルフを創造しましたが、彼らはオークになりました。‎‎‎ 今、中つ国では、たとえ血縁関係にあるとしても、エルフはオークと一緒に暮らしていません。オークの邪悪さ、腐敗、そして憎しみによって、彼らと共存することを不可能にしているのです。絶え間なく口論、戦い、殺人が起こり、エルフが切望する平穏な生活は完全に破壊されてしまいます。こうしてエルフはオークから離れ、裂け谷やロスローリエンのような美しい場所に住むようになったのに対し、オークは薄暗い山の中の暗い洞窟に住むようになりました。聖書にも似たようなことが書かれています。私たちが自らを堕落させた後、聖書は、人間は知覚的で、個人的で、創造的で道徳的であると書き始め私たち自身も自覚しているように、腐敗しているとも描いています。聖書は人々に対する評価において、抜け目なく的確です。聖書は私たちの中に内在する道徳的性質も認識しています。しかし、私たちはこの道徳的性質を簡単に見逃してしまいがちです。なぜなら、私たちの行動はこの性質が私たちに求めるものと実際には一致しないからです。その代わりに、最も賢明な人々の洞察は、ドゥッカ(苦しみ) と アニッカ(無常)の中に生きていることがわかるのです。私たちのクレーシャへの隷属は非常に強いので、私たちに意図された八正道を見失ってしまいます。なぜでしょうか?。