Skip to content

出エジプト記

新年の満月祭りのなぞなぞ

元宵節(元宵節、元宵节、Yuánxiāo jié ) または上元節(上元節、上元节、Shàngyuán jié ) は、中国の新年のお祝いを締めくくります。元宵節は、伝統的な中国暦の新年の最初の満月に祝われます。中国の暦や他のアジアの暦は、太陰月と太陽年を組み合わせた太陰太陽暦を使用しています。月が地球の周りを12回転するには354日かかります。そのため、太陰太陽暦では、19 年間にわたって特定の年に閏月が追加されます。したがって、太陰月と太陽年は、この繰り返しの期間によって同期するのです。 元宵節のクライマックスは、夜に提灯を持って出かけ、提灯にある謎を解くことです。これらには、幸運、家族の再会、豊作、繁栄、愛のメッセージが含まれていることがよくあります。  古代の新年祭りの起源 元宵節の起源についてはさまざまな伝説があります。その 1 つは、玉皇大帝がお気に入りの鳥を殺されたことに激怒し、人々を火で滅ぼそうとしたという物語です。玉皇大帝の裁きを受けた人々は、赤い提灯、花火、かがり火を灯すことにしました。そうすれば、彼らを滅ぼすために送られた天使たちは、火の裁きがすでに下ったと騙されます。この計画は功を奏し、人々は裁きから逃れることができました。他の伝説では、最初の月の満月に提灯がどのように神の裁きを退けたとされています。    ヘブライ暦は太陰太陽暦でもあり、中国の暦と同じくらい古いものです。同様に、その年の最初の満月に祝祭が行われます。3500 年以上前に始まったこの祭りには、謎解きは含まれていません。代わりに、神はそれをすべての人々のための謎解きとして定めました。この謎が解けるまでに1500年がかかりました。この謎解きは、すべての人々にとってカルマと死からの解放がどのように達成されるかを示したのでした。   この記事では、この祝祭と、その謎、その解決策、そしてなぜこれが私たちの人生に影響を与えるのかについて説明します。私たちは古代ヘブライ語聖書の記録を調べ、過越祭に辿り着きました。 出エジプトの過越祭 私たちは前回、4000年前に起こったアブラハムの犠牲について見ました。彼の息子イサクを通じた彼の子孫はイスラエル人と呼ばれ、広大な民となっていきました。しかし、エジプト人は彼らを奴隷にしていました。 ここで、イスラエルの指導者モーセが挑んだ劇的な闘争に迫ります。ヘブライ語聖書の出エジプト記にはこの出来事が記録されています。アブラハムから500年後、今から約3500年前、モーセがどのようにしてイスラエル人をエジプトの奴隷制から導いたのかが記録されています。創造主なる神はモーセに、エジプトのファラオ(統治者)と対峙するよう命じました。その結果、彼らの間に激しい紛争が生じ、エジプトに9つの疫病、つまり災いをもたらしました。しかしファラオはまだイスラエル人を解放することに同意していませんでした。そこで神は、10番目で最後の災いをもたらそうとしたのです。 第10の災いに関する内容はこの記事を読んでみてください。ここでは、過越祭の謎とその解決策について取り上げます。 過越祭の詳細… それは、一年の始まりを定義する次の出来事から始まります。 12 さて、主はモーセとアロンに言いました。 2 「これから今月をユダヤの一月(太陽暦の三月中旬から四月中旬)とし、一年で最も重要な月とする。 出エジプト記 12:1-2 そこでイスラエル人は次のことを行うことになりました。… Read More »新年の満月祭りのなぞなぞ