Skip to content

創世記

犠牲によって山はすべての人にとって神聖なものとなる

山は聖地として理想的な場所を生み出し、巡礼の目的地または寺院の場所として機能します。日常生活から遠く離れ、その高さは、信者に天国に近いという感覚を与えます。そのため、ほとんどすべての国が国家および宗教の中心地を山の上に築いてきました。以下の例をいくつか考えてみましょう。 アジアの聖なる山 ブルカン・ハルドゥン (Бурхан Халдун) ブルカン・ハルドゥンには、これをモンゴルで最も神聖な山であると宣言したチンギス・ハンの墓があります。チンギス・ハンはブルカン・ハルドゥンで定期的に礼拝を行っていました。今日、モンゴル人はブルカン・ハルドゥーン周辺の指定されたルートに沿って、3つの主要な聖なるオボーへの定期的な巡礼を行っています。したがって、この山は「モンゴルの遊牧民の遺産と伝統的な生活様式」を表しています。(wiki) アダムスピーク スリランカのシンハラ仏教徒はアダムスピークを最も神聖な場所の1つと呼んでいます。頂上には仏陀 (シュリ・パダ、または ශ්‍රී පාද) の足跡であると信じられている自然の地層があります。そのため巡礼者は、数千段の階段を登るようなさまざまな困難なルートをたどって山を登ります。 ( wiki ) プノン・クーレン ( ភ្នំគូលែន ) カンボジアのヒンズー教徒も仏教徒もプノン・クーレンを古代クメール帝国発祥の地として巡礼します。クメール王朝の創始者は、プノン・クーレンで神聖な統治権(デヴァラージャ)を宣言しました。近くには、国内最大の涅槃像のある仏教僧院、プレア・アン・トムがあります ( wiki ) 白頭山 (백두산; 白頭山; 长白山; 長白山) 長白山とも呼ばれる、韓国人にとっても、中国人にとっても神聖な白頭山は、中国と北朝鮮の国境に位置しています。火口の上に湖がある火山であり、韓国人はこの火山とその湖に神話的な性質を見出しています。彼らはその湖を天国の湖と呼び、自分たちの国の精神的な故郷であると考えています。韓国と北朝鮮の国歌はどちらも白頭について言及しています。北朝鮮の国章には白頭山が描かれており、白頭山を「革命の聖山」と呼んでいます。満州族の中国人は長白(別名)を神聖な祖先の故郷とみなしています。彼らはこの山を清朝の帝国権力を象徴するために使用していたのでした。( wiki ) ドイステープ(ดอยสุเทพ) タイのチェンマイ郊外のドイステープには、ワット プラタート ドイステープという寺院があります。敬虔なタイの仏教徒は、この寺院を礼拝の重要な場所としています。… Read More »犠牲によって山はすべての人にとって神聖なものとなる

解放を達成するためのアブラハムのシンプルなマルガ

解脱 (またはヴィムッティ) に到達するための古典的な仏道 (マルガまたはマッガ) は、八正道です。『スッタ・ピタカ』(経蔵)は八正道を次のように示しています。 「世尊は仰せられた。『僧侶たちよ、八正道とは何ですか?』正見、正思、正語、正業、正命、正精進、正念、正定[サマーディ]」 タニサロ・比丘。1996. Magga-vibhanga Sutta: 道の分析。 古典的な仏教の教えでは、これらの8つの徳についてさらに説明しています。 高貴とは何か? 道なのかそれともその道を行く人か? 八正道は仏教徒にとって唯一の道やマルガではありません。他の伝統には、チベット仏教のサルヴァスティヴァーダ、菩薩、ラムリムの道などがあります。これらは正しい努力の数と順序が異なるだけで、よく知られている八正道とそれほど変わりません。 多くの人が気がついていませんが、パーリ語の原典では、「高貴な」という形容詞が道やマルガを指しているのではなく、八正道を歩む人を指しています。『Noble Eight-fold path』 のより適切な翻訳は、「高貴な者の八正道」となるかもしれません。 パーリ語の文書に示されている道を検討すると明らかですが、この8つの徳の道に挑戦することすら望むことができるのは、非常に高貴な人だけです。 アブラハムと高貴でない者ための道 しかし、それでは、それほど高貴ではない残りの大部分の人々はどうなるでしょうか?これらの徳をうまく守るための高貴な心と精神を持たない人はいるのでしょうか? 私たちは古代ヘブライ語の聖典である聖書に示された創造主である神の計画に従ってきました。私たちに慈悲を差し伸べる神の計画の中心は、神がアブラハムに約束を告げてから、数年が経過しました。アブラハムはその約束に従って、約束の地、つまり今日のイスラエルに移住しました。その後、彼が望んでいた出来事以外の出来事が起こりました。彼には子供がいなかったため、神が約束を果たせる息子がいませんでした。そこで、アブラハムの訴えから話を続けます。 15 そののち主が幻の中でアブラムに現れ、こう語りかけました。「アブラムよ、心配することはない。わたしがあなたを守り、大いに祝福しよう。」 2-3 「ああ神様、私に息子がないのはご存じでしょう。どんなに祝福していただいても、子どもがいなければ、全財産は一族のだれかほかの者が相続することになるのです。」 創世記 15:1-3… Read More »解放を達成するためのアブラハムのシンプルなマルガ

西遊記: アブラハムからあなたへ

西遊記(中国語: 西遊記;ピンイン: Xī Yóu Jì ) は、中国の古典小説の中で最も偉大なものの1つであり、明の時代に出版されました。2016年には『大唐玄奘』という映画にもなりました。 この小説は、歴史上の僧侶玄奘(玄奘; 602–664)の伝説的な巡礼を描いています。彼は仏教の聖典 (経典)を入手するために、中国から中央アジアを経てインドへ旅しました。彼は多くの試練を経て帰国し、大唐西域記にその旅の記録を書きました。 『西遊記』では、ゴータマ・ブッダが架空の僧侶、三蔵法師に旅を課します。その後、ブッダは過去の罪の功徳を積むために、協力することにした3人の守護者を与えました。これらの弟子は、孫悟空、猪八戒、沙悟浄、そして、唐の三蔵法師の馬として行動する玉竜です。この巡礼者たちは、力と協力することによって、目的地と悟りを目指して旅をします。途中、彼らは、三蔵法師の純粋な肉を食べることで罪を打ち消そうとするさまざまな悪魔に遭遇します。  娯楽小説ではありますが、その設定は暗いものです。ゴータマ・ブッダは、中国が「貪欲、快楽主義、混乱、罪」しか知らないため、聖典を取り戻してくれる立派な僧侶を探していました。唐の三蔵法師の仲間である豚、猿、砂の妖怪、龍は、過去の罪を償う功徳を得るために彼の手助けをします。悪霊や動物の霊が巡礼者たちを襲うのは、彼らが罪で捕らわれているからなのです。 アブラハムの西方への旅 小説としてではなく実際の歴史として書かれていますが、古代ヘブライ語聖書にも同様に暗い物語が記録されています。そこには罪、ドゥッカに陥った古代世界が描かれています。国々を分散させた後、創造主は来たる「彼」を中心とした約束を通して自分の計画の概要を説明しました。そして創造主は、「彼」を生み出す「女性」を育てる過程を開始します。  創造主は西へ旅する巡礼者を呼び寄せることでそれを実現させました。唐の三蔵法師と同じように、この巡礼者たちも多くの困難に直面することになります。アブラハム(またはアブラム)と名付けられた彼は、この旅から決して故郷に戻ることはありませんでした。西遊記の小説とは異なり、現在の私たちは彼の旅の結果として良いカルマを経験することができています。彼の旅がもたらした影響については、今日のニュースで定期的に耳にすることもあります。つまり、これは単なる架空の小説ではないのです。私たちはこの旅によって生み出された、良いカルマを得ることができますが、それを認識できた場合に限ります。アブラハムは文字通りの物理的な旅をしましたが、同時に霊的な旅もしました。それが私たちに道(マルガ)を開いたのです。その方法については次回以降の記事で紹介します。   人間の問題 – 神の計画 創造主なる神には計画がありました。この計画は、あまりにも小規模で取るに足らないもののように思われたため、私たちが予期できるようなものではありませんでした。しかし、これが神が選んだ計画でした。この計画は紀元前約 2000 年 (つまり 4000 年前) に起こり、一人の男とその家族を召しました。神は彼と、祝福を受けることを選んだ人々を祝福すると約束しました。聖書にはアブラハムに対する神の約束が次のように記録されています。… Read More »西遊記: アブラハムからあなたへ

人種と言語: どこから来たのか? 人種差別への答え

人はしばしば心の中で他者を人種ごとに分類します。肌の色のような身体的特徴は、ある集団の人々、つまり「人種」を他の集団から区別するもであり、簡単に気づくことができます。つまり、白人は「肌が白い」ですが、アジア系やアフリカ系の人々は肌はより暗い色なのです。 このように人々のグループを互いに区別する特徴は、人種差別につながりやすくなります。これは他民族に対する差別、虐待、敵意です。人種差別は今日の社会をより辛辣で憎悪に満ちたものにする一因となっており、その傾向はさらに悪化し​​ているようです。人種差別と闘うために私たちは何ができるでしょうか? 人種差別の問題には、関連した疑問が生じます。人種はどこから来たのでしょうか? なぜ人間の間に人種の違いが存在するのでしょうか? さらに、人種は祖先の言語と強い相関関係がありますが、なぜさまざまな言語があるのでしょうか? 古代ヘブライ語聖書には、私たちが耳にする言語の多様性と、今日目にするさまざまな「人種」の両方を説明する、人類史初期に起こった歴史的出来事が記録されています。この物語は知っておく価値があります。 私たちの遺伝的祖先につながる人類における遺伝的類似性 この物語を探る前に、人類の遺伝子構成について知っておくべき基本的な事実がいくつかあります。  私たちのDNA内の遺伝子は、私たちの見た目や身体的特徴を決定する設計図を提供します。人間は、動物種の中で見られる多様性と比較して、異なる人々の間で遺伝的多様性をほとんど示しません。これが意味するのは、2 人の間の遺伝的差異は非常に小さい (平均 0.6%) ということです。これは、たとえば 2 匹のマカクザル間の遺伝的差異に比べてはるかに小さいです。 実際、人間は遺伝的に非常に均一であるため、現在生きているすべての女性から、その母親、さらにその母親といった具合に、祖先をたどることができます。そうすることで、すべての系統がミトコンドリア イブとして知られる 1 つの祖先の遺伝的母親に収束していることがわかります。また、同じように、Y染色体アダムとして知られる男性も存在します。彼は、現在生きているすべての人類の系統である最も新しい祖先の男性です。彼に遡る男性の祖先は途切れることなく続いています。聖書は、現在生きているすべての人間は、最初の古代中国人だけでなく、現代の遺伝学もアダムが私たちの共通の祖先であることを証明しています。 聖書による人類の起源 それでは、どのようにしてさまざまな人類が誕生したのでしょうか? 占星術が盛んに研究されていたため、この塔は星の動きを観察し追跡するためのものでした。しかし、創造主なる神は次のような評価をされました。 6 「なんということだ。同じことばを使い、一致して事に当たると、人間はこれだけのことをやすやすとやり遂げてしまう。この分だと、これからもどんなことを始めるか、わかったものではない。思ったことを何でもやってのけるに違いない。 7 地上へ降りて行って、彼らがそれぞれ違ったことばを話すようにしてしまおう。そうすれば、互いの意思が通じなくなるだろう。」 8 こうして、神は人間を世界の各地に散らしたので、都市建設はもうできなくなりました。 9 この都の名がバベル〔「混乱」の意〕と呼ばれたのは、このためです。つまり、神がたくさんの国語を与えて人間を混乱させ、各地に散らしたのが、この地だったからです。 創世記 11:6-9 歴史は、文明が古代バビロン(現在のイラク) で始まり、そこから地球全体に広がったと記録しています。この物語’はその理由を記録しています。言語が混乱していたため、この祖先集団は氏族の流れに沿ってさまざまな言語グループに分かれました。… Read More »人種と言語: どこから来たのか? 人種差別への答え

大洪水から学んだ教訓

中国の正式な56の少数民族の1つであるミャオ族は、長い間そこに住んでいます。彼らの起源は多くの議論と憶測の対象となっています。何世紀にもわたって、漢民族は彼らをさらに南に押しやりました。このようにして、モン族と呼ばれるミャオ族の有力な氏族がベトナム、ラオス、タイに流出しました。中国の清朝時代、ミャオ族は常に漢民族と戦っていました。その後、20 世紀にはモン族はインドシナ戦争でベトナム軍やラオス軍と戦ったため、モン族の歴史は中国、ベトナム、ラオス、タイの歴史と一体となっています。  モン族の洪水の伝統 ミャオ族 (またはモン族) は、何千年もの間、口承による神話の伝承を守り続けてきました。彼らの神話の1つは、遠い昔の大洪水が彼らの起源であると説明しています。ミャオ族の氏族ごとにバージョンは異なりますが、通常は次のようになります。 誰が悪い性質を持って、火を放ち、丘を燃やしたのでしょうか?誰が悪い性質を持って、水を送って地球を破壊するようになったのでしょうか?こう歌う私には分かりません。 ジーは知っていました。ジーは性格が悪く、ジーは火を放って丘を焼き払いました。雷はそうでした。雷の性質は悪く、雷は水を送り、地球を破壊しました。なぜ知らないのですか? ETCヴェルナー。1922年。中国の神話と伝説。 この洪水から逃れられたのは兄と妹だけでした。彼らは大きなひょうたんをボートとして使って逃げたのです。彼らは兄弟だったので結婚することに消極的でしたが、最終的には結婚しました。ミャオ族だけでなく地球上のすべての民族は彼らから生まれました。この伝承のバリエーションは「ベトナムのほぼすべての東南アジア民族グループ」に見られます。 タイの洪水の伝統 タイ族にも、非常によく似た天地創造と洪水の神話があります。それは次のようになります: 「最高神プー・ルトゥア(ผู้รู้ทั่ว)は最初の男性と女性を創造しました。神は彼らをプー・サンカサ・ヤ・サンカシ(タイ語: ปู่สังกะสา-ย่าสังกะสี)、またはサンカサじいさんとサンカシばあさんと名付けました。千年が経ち、彼らの子孫は邪悪で粗野であり、最高神を崇拝することに興味がありませんでした。神様は怒って、彼らに大洪水の罰を与えました。幸いなことに、巨大な魔法のひょうたんの中に逃げ込んだため生き残った子孫もいます…」 シラポーン・ナタラン。1996. タイ語族の創世神話の分析。 やがて水は引き、乾いた土地が現れ、生き残った人々は耕作を学びました。彼らからタイ人が生まれました。 中国の洪水の伝統 中国の民話「天を繕う女媧 (中国語: 女娲补天)」では、女媧は大洪水による破壊から世界を救いました。天界では神々の間の争いが洪水を引き起こしましたが、彼女は地上に水を注いでいる宇宙の穴を塞ぎ、洪水を止めました。 アジア各地には、彼らの先祖を飲み込んだ洪水についての伝説が残っています。物語は一貫して、少数の人々だけが生き残り、その後人類はそこから、人口が増え、繁栄していったと主張しています。同様の洪水の伝承は世界中の文化に見られます。 女媧像、邯鄲、中国ギュスターヴ・ドレ、パブリックドメイン、ウィキメディア・コモンズ経由 古代ヘブライ語の聖書にも同様の記述がありますが、これは口頭伝承としてではなく、洪水の生存者による書面による記録として残っています。聖書に書かれた記録は、今日地球上のすべての民族はその生き残った家族の子孫であると主張しています。おそらく、アジアの洪水神話は、聖書に記された同じ洪水のかすかな記憶なのかもしれません。 輪廻と苦悩をもたらした、人類の歴史を方向づける謎かけのような約束を解き明かしました。 … Read More »大洪水から学んだ教訓

アパレル: なぜ単なる衣類ではないのか?

なぜ自分に服を着せるのでしょうか?サイズが合えば何でもいいわけではなく、自分らしさを表現できるおしゃれな服を求めています。暖かさを保つためだけでなく、視覚的に自分を表現するために、本能的に服を着る必要があるのはなぜなのでしょうか? 言語、人種、教育、宗教に関係なく、地球上で同じ本能を見つけるのは奇妙ではないでしょうか? おそらく男性よりも女性の方が多いでしょうが、女性も同様の傾向を示します。2016 年、世界の繊維産業は 1.3 兆ドルを輸出しました。 服を着たいという本能的な欲求はごく普通で、自然なものであるため、多くの人は立ち止まって「なぜ?」と尋ねることはあまりありません。 私たちは、地球がどこから来たのか、人々がどこから来たのか、そしてなぜ大陸が離れてしまうのかについて議論を繰り広げてきました。しかし、衣服の必要性がどこから来るのかについての理論を読んだことはありますか? 人間だけ – 暖かさだけではない 明らかなことから始めましょう。動物にはこのような本能はありません。彼らは皆、私たちや他の人の前で常に全裸になることに完全に満足しています。これは高等動物にも当てはまります。私たちが単に高等動物よりも高等であるならば、これは腑に落ちません。 私たちの服を着たいという欲求は、暖かさへの欲求だけではありません。私たちのファッションや衣類の多くは、ほとんど耐えられないほどの暑さの場所で作られているからです。衣服は機能的であり、私たちを暖かく保ち、守ってくれますが、これらの理由は、謙虚さ、性表現、自己アイデンティティなどの私たちの本能的なニーズに応えてくれるものではありません。 衣服 – ヘブライ語聖書より 私たちが服を着て、そしてそれを上品に着こなすかを説明する一つの記述は、古代ヘブライ語聖書にあります。これらの聖書は、歴史的であると主張する物語の中に私たちを位置付けます。それは、あなたが誰であるか、なぜその行動をするのか、そしてあなたの将来に何が待ち受けているのかについての洞察を与えてくれます。この物語は人類の黎明期にまで遡りますが、なぜ衣服を纏うのかといった日常的な現象についても説明しています。この物語をよく知ることは、自分自身について多くの洞察を与え、より豊かな生活に導くものであるため、価値があります。 私たちは、しばしば聖書と呼ばれるヘブライ語聖書から、ここで、創造主である神が宇宙を創造したことを学び、次のように続きます。 27 このように人間は、天地を造った神の特性を持つ者として、男と女とに創造されました。 創世記 1:27 アジア各地の壮大な仏像から、最初の楽園で最初の人間に、神に従うか従わないかの選択を与えました。彼らは従わないことを選び、従わなかったとき、創造の記述は次のように語っています。 7 はっと気がつくと、なんと、二人とも裸ではありませんか。急に恥ずかしくなって、とっさにいちじくの葉をつなぎ合わせ、腰の回りを覆いました。 創世記 3:7 この時から、人間は… Read More »アパレル: なぜ単なる衣類ではないのか?

偉大なナーガ・ドラゴンとの対決: 歴史の始まり、しかし終わりを見据える

蛇またはナーガは、アジアの民間伝承、芸術、神話に深く根付いています。それは、神話の中で蛇と多くの類似点を共有するドラゴンに匹敵します。アジアの神話もヘブライ語聖書も、ナーガとドラゴンを一緒にグループ化しています。ヘブライ語の聖典には、人類の歴史の黎明期における蛇/竜と創造主なる神との対決も記録されています。私たちはここで、これが歴史と今日の私たちの生活にどのような影響を与えたかを見ていきます。 アジアで描かれるナーガとドラゴン アジアのさまざまな国でナーガや蛇の描かれ方は異なりますが、彼らは常に強力で賢いものとして描写されています。ナーガは水と関連しており、伝統的に地下の洞窟や穴に住んでいると信じられています。このような役割から、彼らは冥界(パタラまたはナーガ・ロカ)とつながっています。仏教神話では、ナーガをナーガ・ロカと呼んでいますが、それは、忉利天の支配者である 帝釈天 (サンスクリット語: शक्र; パーリ語: सक्क) がナーガ を倒したからです。 仏教の伝統の中で、ムカリンダは最も重要なナーガです。彼はかつて、激しい嵐の中、仏陀が瞑想している間、風雨から仏陀を守りました。アジアの芸術では、ナーガは複数の頭を持つ蛇のような姿、または半分が人間で半分が蛇の姿で描かれています。 ナーガと同様、ドラゴンは水と関係があります。アジアの芸術では、一般的に、長く、螺旋状の蛇のような体と4本の足を持つドラゴンが描かれています。ドラゴンは、それにふさわしい人々の力、強さ、幸運の象徴でもあります。仰韶龍の像の発見は、アジア文化における龍の起源が数千年前に遡ることを証明しています。 聖書の中のナーガ・ドラゴン この出会いにおいて、霊は蛇に憑依し、創造主である神に従わないように人間を誘惑したため、人間は神の似姿から腐敗してしまいました。それ以来、聖書はドゥーカの呪いを解決してくれると考えてきました。しかし、子孫は「彼」なので、国家であろうと、ヒンズー教徒、仏教徒、キリスト教徒、イスラム教徒などの特定の宗教に属する人々であろうと、人々の集団ではありません。 「彼」であるため、子孫は「それ」ではありません。むしろ子孫は人間です。 「彼」の意味 その意味について少し考えてみましょう。歴史を通じて、最も聡明で賢明な人々が、新しい哲学、政治システム、経済モデル、先進技術を開発してきました。通貨制度の発展、過去 200 年間に開発された新技術、医学の飛躍的進歩、民主主義の進歩について考えてみましょう。これらすべては、良いことであり歓迎すべきことかもしれませんが、「それ」のさまざまな形態です。人間の最も聡明な頭脳は、ほとんどの常に、人類の状況を助けるために、より新しくてより良い「それ」を探してきました。ゴータマ・ブッダの洞察と教えは、この膨大な貢献の一部です。 しかし、ここではこの約束はまったく異なる方向を向いています。より良い「それ」を期待しているのではなく、むしろ「彼」を期待しているのです。この「彼」は、クレーシャを世界に解き放った蛇との闘いを何らかの形で担うことになります。 これにより、その子孫が特定の哲学、教え、テクノロジー、政治制度、または宗教である可能性が排除されます。このような種類の「それ」は、おそらく今も昔も、世界を修復するために私たちが好んで選択するものであるでしょう。私たちは、自分たちの状況を解決してくれるのは、ある種の「それ」だと考えています。そのため、人類の最高の思想家たちは何世紀にもわたって、さまざまな政治制度、教育制度、技術、宗教などを主張してきました。しかし、この約束はまったく異なる方向を指しているのです。神は別の何か、つまり「彼」を念頭に置いていました。そして、この「彼」は蛇の頭を砕くことになります。 女と「彼」 神が言わなかったことに注目してみましょう。創造主である神は、「彼」が男性と女性から生まれるとは約束していません。また神は人間が子孫を残すとも約束していません。この謎は、女性が子孫、つまり「彼」を産むことを単に約束しているだけです。神はこのことを、人間が子孫を残す役割を果たすことは示唆せずに述べています。特に古代世界では父親を通してのみ息子が生まれることが重視されていたことを考えると、これは極めて異例なことです。しかしこの場合、男性から子孫(「彼」)が生まれるという約束はありません。そこには、女性から子孫が生まれるとだけ書かれており、男性については言及されていません。 歴史的にも神話的にも、これまでに生きたすべての人間の中で、母親はいたものの物理的な父親はいなかったと主張されているのはたった一人だけだからです。それがイエス・キリストであり、数千年後に書かれた新約聖書ではこのことは、イエスがその後死からよみがえったことから、 蛇の子孫? しかし、彼のもう一つの敵であるこのサタンの子孫はについてはどうでしょうか?それを徹底的に追跡するスペースはありませんが、聖書の後の書物には、ある人物の登場が預言されています。次の記述に注目してみましょう。 2 1-2 さて、主イエス・キリストがもう一度来られることと、その時、一堂に集められた私たちが主にお会いすることについて、どう考えていますか。愛する皆さん。主の日はもう来たなどといううわさを耳にして、興奮したり、あわてたりしないでください。たとえ、このことについて幻を見たとか、神から特別のお告げを受けたとか言う人が現れても、また、私たちから送られたもののように偽造した手紙を見せられても、信用してはいけません。 3 どんなことを言われても、惑わされたり、だまされたりしないように気をつけなさい。なぜなら、主の日は、次の二つの現象が起こるまでは実現しないからです。まず、世をあげて神に逆らう時代が来ます。それから、反逆者である反キリスト、すなわち滅びの子が現れます。 4 彼は、神と名のつくものにはことごとく反抗し、また、礼拝の対象をすべて打ちこわします。そして神殿に入って神の座につき、自分こそ神だと宣言します。 テサロニケ人への手紙Ⅱ… Read More »偉大なナーガ・ドラゴンとの対決: 歴史の始まり、しかし終わりを見据える

人類のドゥカの呪い

私たちは、創造主である神の敵対者(悪魔またはマーラ)が最初の人類を不従順に導いたことを学びました。人類は後で見てみましょう。ここでは、神がどのようにして物質的な宇宙、具体的な形の領域、または色界 (Rūpadhātu) に輪廻を確立したかがわかります。   宇宙の輪廻 – そしてその中のすべて 創造主は神に似せて男と女として創造されましたが、この一体性は崩れてしまいます。むしろ、二人の間に対立とライバル関係が起こることになったのです。出産や子育てという役割は、満足のいくものではなく、「苦痛」を伴うものとなってしまったのです。 この分離は、羞恥心、隠れること、そして非難という形で現れました。人は無知な思考(クレーシャ)と渇望(ターニャ)の奴隷となってしまったのです。 ダートゥスの分離 以下のように考えることもできます。仏教の宇宙論は、存在の精神的な面が 3 つの領域、つまりダートゥに分かれると提唱しています。 初めに、形のない領域または霊界は、物質界または形相界と一体でした。しかし、邪悪な欲望が生じたとき、神の霊の領域 である無色界( Ārōpyadhātu ) が色界 ( Rōpadhātu ) から分離され、霊的な死が生じました。男はその日に霊的に亡くなりました。そのため、肉体的な死が始まったのです。 世界最大の仏教寺院であるボロブドゥール寺院は、仏教の宇宙論の 3 つの領域を映し出すように設計されています。各領域はそれぞれの色で強調されており、中心の白は仏陀の境地を象徴しています。下の図は、ボロブドゥール寺院が 3 つの領域を巡る様子を表しています。 別居と離婚 何が起こったのかを理解するための手段として結婚と離婚を使うこともできます。聖書はこの比喩を使って、創造主である神と人間との関係を説明しています。結婚相手が離婚を申請すると、夫婦は財産を分割し、別々の生活を送ります。最初の人間が木の実を食べたとき、彼らは創造主に離婚を申し出ました。 しかし、どのように資産を分ければよいのでしょうか?… Read More »人類のドゥカの呪い

三毒と最初の煩悩の起源

三毒(サンスクリット語: triviṣa ; チベット語: dug gsum ) または三不善根(サンスクリット語: akuśala-māla ; パーリ語: akusala-māla ) は、他の精神状態、つまり煩悩を引き起こす 3 つの根本的な精神状態を指します。煩悩は心を曇らせ、有害な行動を引き起こします。賢者や僧侶は昔から、三毒の破壊的な力、そしてそこからさらに二次的な煩悩が生じることをを理解しています。  これら 3 つの主要な煩悩、または精神的な毒は次のとおりです。 これらの三毒は、すべての人が生まれつき持つ 3 つの特徴的な欠陥です。仏教の中核的な洞察によると、これらから、私たちは苦悩、苦痛、さらには死を永続させる渇望、つまり渇愛(タンハー)が生まれます。 聖書に描かれた煩悩と渇愛のサイクル 聖書には、渇望が罪につながり、そして死に至るという同じ洞察が記されています。イエス・キリストの兄弟であるヤコブは、聖書に収録されている著書の中で次のように書いています。 14 人は、自分の欲や悪い考えに引かれて誘惑されるのです。 15 その欲や悪い考えが悪へと駆り立て、ついには、神から永遠に引き離される死の刑罰へと追いやるのです。 ヤコブの手紙 1:14-15 ヤコブは、すべての人が経験するこの進行中の同じサイクルについて説明しています。まず邪悪な欲望や渇望が生じ、それが罪や有害な行為を引き起こし、その結果として死に至ります。 煩悩と渇愛の起源 仏教における基本的な洞察の 1 つは、すべての現象は以前の現象から生じるというプラティーティヤサムットパーダ(縁起)です。もしそうなら、私たちが皆、このような破壊的な精神状態に陥り、その結果として渇望、悪行、そして死が引き起こされるこの今日の状況は、何によって引き起こされたているのでしょうか? いくつかの現象は、単に現在進行中の物理法則の結果として生じます。重力はそのような法則の… Read More »三毒と最初の煩悩の起源

宇宙の仏塔の敵

古代より、ストゥーパ、または仏塔(サンスクリット語: स्तूप、=「山」)は、仏教の儀式と帰依において重要な役割を果たしてきました。丸みを帯びた土製の半球またはドームである仏塔には、崇敬された僧侶や尼僧の骨などの遺物が納められています。また、巡礼者が歩き回ったり、瞑想したりすることができるように、ドームの周りには踏み固められた道があります(プラダクシナ)。仏教がアジア全土に広まるにつれて、元の仏塔の構造は、チベットではチョルテン、東アジアではパゴダ、東南アジアではチャイティヤへと変化しました。構造は進化しましたが、基本的なレイアウトは、土製のドーム、正方形の台座、中央の尖塔、および前述した、信者が仏塔の周りを周回するための小道で構成されています。 この基本構造は、聖書の天地創造の物語に描かれている宇宙の構造を反映しています。この記述は、創造主である神が人間を黄道帯を構成する星々は、プラダクシナを行う巡礼者と同じように、地球のドーム状の仏塔の周りを回るように夜空を移動します。 仏塔には亡くなった僧侶の骨と遺灰が納められていますが、この宇宙の仏塔には次のような特徴があります。 7 やがて、主なる神が人を造る時がきました。まず、地のちりで体を造り上げ、それにいのちの息を吹き込んだのです。そこで人は、生きた人格を持つ者となりました。 創世記 2:7 最初の人間の骨は生き返って神が人間に内在させた自身の姿を台無しにしようと企てました。聖書には、他の多くの天使たちが彼の反乱に従ったと記されています。このようにして、彼らは悪魔またはアスラとなり、悪となりましたが、依然としてその美しさ、素晴らしさ、力を保っています。ルシファーは、その狡猾な知恵によって、人間を誘惑して、不従順にすることができれば、完全な宇宙を破壊できることを知っていました。ヘブライ語の聖書はこの霊をサタンまたは悪魔と呼んでいますが、他にも多くの名前で知られています。 ゴータマ・ブッダが瞑想をしているときに誘惑した、世界をさまよう死の霊であるマーラもまた、別の一般的な名前です。  彼はどのようにして全宇宙を破滅させ、全宇宙に死と輪廻を撒き散らしたのかを

神の似姿で

ブッダの基本的な洞察の 1 つは、プラティチャサムットパーダ(サンスクリット語: प्रतीत्यसमुत्पाद、パーリ語: paṭiccasamuppāda ) の洞察でした。これは、すべての現象は以前起こった他の現象から生じるというものです。私たちが観察するものはすべて、先立って起こった原因から生じています。この洞察は、四諦の中で、業(カルマ)と輪廻を説明するために広がっています進化の理論に基づく説明でも、人間の芸術的で神秘的な性質を完全に説明することは困難です。同様に、東洋の執着から生じる無知に基づく説明だけでも、これらの性質を十分に説明することは困難です。 …古代ヘブライ語聖書からの答え 世界で最も古い文書の中に、これらの人間の特徴を簡単に説明しているものがあります。それはなぜあなたはここにいるのか、そして何の目的でここにいるのかを説明しています。それは人類の歴史の初めに、パーリ語やサンスクリット語よりも古い言語で書かれました。そしてその起源は、古い歴史を持つという点で中国語に匹敵します。ヘブライ人というある特有の民族がこれらの文書を作成し保存し、壮大な物語を形成しました。  この著作集は、一般に聖書と呼ばれる 1 冊のわかりやすい本にまとめられています。聖書はどのように叙事詩を始めるのでしょうか? あなたが誰であるかをどのように明らかにしているのでしょうか?聖書は単純に次のような言葉で始まります。  1 まだ何もなかった時、神は天と地を造りました 創世記 1:1 数文後に聖書はこう述べています。 26 そして最後に、神はこう言われました。「さあ、人間を造ろう。地と空と海のあらゆる生き物、家畜動物、野生動物そして地面を這う生き物すべてを支配させるために、われわれに最も近い、われわれのかたちに似せて人間を造ろう。」  27 このように人間は、天地を造った神の特性を持つ者として、男と女とに創造されました。 創世記 1:26-27 「神の似姿で」 創造主である神が人類を「神のかたちに」創造したとはどういう意味でしょうか? それは、神が二本の腕や頭などを持つ肉体的な存在であるという意味ではありません。むしろ、より深いレベルで、人間の基本的な特性は神と同様の特性から生じることを意味しています。すなわち、プラティチャサムットパーダの原則を私たちに適用します。したがって、たとえば、創造主である神(聖書の中の)と人間(観察によると)は両方とも知性、感情、意志を持っています。聖書では神は、私たち人間が経験するのと同じように、時に悲しみ、傷つき、怒り、または喜ぶと描かれています。そして私たちが日々、選択や決断を行っているのと同じように、聖書における神は選択をし、決断を下します。私たちの推論し、抽象的に考える能力は神から授けられたものです。私たちが知性、感情、意志の能力を持っているのは、神がそれらを備えており、神が私たちを神の似姿に創造されたからなのです。 私たちは何不自由なく、自分が、自己認識し、「私」と「あなた」の意識を持つ、知覚的存在であると理解しています。私たちは、非個人的な「それ」ではありません。聖書は、私たちがこのような存在であるのは、神が人格的であり、私たちが神の似姿に造られたからだと教えています。 私たちの中にあるアーティストの誕生 また、私たちは生来、前述の仏像のような芸術を創造し、鑑賞することもできます。人々は自然に美しさを称賛し、それを必要とさえします。仏像の芸術を称賛するのと同じように、私たちは雄大な山々、感動的な夕日、蓮の色など、美しい世界にも称賛します。聖書は、神が世界の創造者として、山々、沈む太陽、そして蓮を造られたと説明しています。神はそれらを機能させるためにだけでなく、美しい芸術としても作りました。私たちは神の似姿に造られたので、これらの芸術を高く評価します。また私たちが仏像のような芸術を創作するのも、私たちは神の似姿に創造された結果、神の持つ能力を自然に備えているからです。これは、音楽や文学などの芸術形式を含む単なる視覚芸術にとどまりません。私たちにとって音楽がどれほど重要であるか、さらにはダンスへの愛がどれほどのものであるかを考えてみましょう。音楽は私たちの生活を豊かにしてくれます。私たちは、小説でも演劇でも、今日では一般的に映画でも、素晴らしい物語を好みます。物語にはヒーロー、悪役、ドラマがあり、よくできた物語はこれらのヒーロー、悪役、ドラマを私たちの想像力に焼き付けます。したがって、私たちが芸術をさまざまな形で利用したり鑑賞したりするのは自然なことです。神は芸術家であり、私たちは神の似姿であるため、私たちは芸術で自らを楽しませ、活気づけ、リフレッシュさせます。 芸術、演劇、音楽、ダンス、文学などにおいて、私たちはなぜ自然に美的になるのでしょうか? これはとても価値のある疑問です。率直な無神論者であり、認知科学の権威であるダニエル・デネットは、唯物論的な観点から次のように答えています。 「しかし、この研究のほとんどは依然として音楽を当然のことと考えています。「なぜ音楽は存在するのか?」と問うことはめったにありません。短い答えはありますが、今のところそれが真実です。音楽は、私たちが愛しているから存在しており、それゆえに私たちはさらに多くのものを存在させ続けています。しかし、なぜ私たちは音楽を愛するのでしょうか?それは私たちは音楽が美しいと感じるからです。しかし、なぜ音楽が私たちにとって美しいのでしょうか?これは生物学的には非常に良い質問ですが、まだ良い答えはありません。」… Read More »神の似姿で