Skip to content

受難週の出来事

神だけが踊れる宇宙のリズム 創造から十字架刑まで

ダンスとは何ですか?演劇ダンスにはリズミカルな動きが含まれており、観客が鑑賞し、物語を伝えることを目的としています。そのため、ダンサーは自分の体のさまざまな部分を使いながら他のダンサーと動きを調整し、その動きによって視覚的な美しさを生み出し、リズムを際立たせます。通常、この調整は、メーターと呼ばれる繰り返しの時間間隔の中で行われます。私たちの生活のにおいて、リズムが重要な役割を果たしていることは、研究者たちによって証明されています。したがって、私たちは神の似姿に造られているので、神の働きにおいても同様のリズムの傾向が見られるとしても、驚くことではありません。 十字架: 蛇の頭の上で踊る 福音書は、 イエスの十字架と復活は、神が敵対者を打ち負かしたものであると強調しています。このことは人類の歴史の始まり、アダムが蛇に屈した瞬間に見られます。当時の聖典(詳細はこちら)は蛇に次のように預言していました。 15 これからのち、おまえと女は敵対するようになる。おまえの子孫と女の子孫も同じだ。女はおまえを恐れるだろう。子孫同士も、互いに相手を敵視するようになる。おまえは彼(キリストを暗示する)のかかとにかみついて傷を負わせるが、彼に頭を踏み砕かれてしまうのだ。」 創世記 3:15 したがって、これは蛇と女の子孫との間に来たる闘争を預言していました。イエスは受難週の一日目に、自分は「その女の子孫」であると宣言しました。そして彼は、この争いを十字架において最高潮に達させました。そのため、イエスは最終的な勝利を確信して、蛇が自分を攻撃することを許しました。そうすることで、イエスは蛇の頭を踏みつけ、 命への道を切り開いたのです。聖書は神の勝利と私たちの生き方を次のように説明しています。 13 あなたがたは、以前は罪の中で死んでいましたが、神は、そんなあなたがたをキリストと共に生かしてくださいました。それは、すべての罪を赦し、 14 神の定めに違反したことが記されているあなたがたに不利な証書を、塗りつぶしてしまわれたからです。この罪の証書は、キリストの十字架と共に釘づけにされて無効となったのです。 15 こうして神は、罪を犯したあなたがたを責め立てるサタンの力をくじかれました。そして、十字架上でのキリストの勝利を、公然と示されたのです。この十字架によって、罪はすべて取り除かれました。 コロサイ人への手紙 2:13-15 彼らの闘いは「七」、「三」のリズミカルな拍子に合わせて、ダンスのように展開しました。「創造」という視点からイエスの受難週の出来事を見ると、このことがはっきりと分かります。 時の初めに明らかにされた神の予知能力 これが神の計画であったのか、それとも最終的な目的を持たないただの偶然な出来事であったのかどうかをどうやって知ることができるのでしょうか? 同様に、福音書の物語も人間によって作り出された可能性はあるでしょうか? 私たちは、どんなに賢くて、才能があり、雄弁で、権力があり、お金持ちであっても、未来を予見することはできないことを知っています。何千年も先の出来事を調整する能力を持っている人は誰一人いません。遠い未来を予知し、あらかじめ運命づけることができるのは神だけです。したがって、歴史の中でこのような「調整」の証拠を発見できれば、神がこのドラマの振り付けを行ったことを証明することができます。したがって、福音の背後にある偶然や賢明な人物を除外することができるのです。 実際、聖書全体の中で、 その週の毎日の出来事が語られるのは2 週間だけです。聖書の最初に記録されている第 1 週では、神がどのようにして万物を創造したかが記されています。  毎日の出来事が記録されている唯一の週は、イエスの受難週です。聖書の登場人物の中で、丸一週間にわたって毎日の活動が詳細に描かれている人は他にいません。天地創造週のすべての物語は、 ここで読むことができます。同様に、私たちはイエスの受難週間の毎日の出来事を見てきました。以下の表は、この 2 週間の各日を並べたものです。一週間を構成する「7」という数字は、基本的な拍子またはリズムとなっています。時間的には何千年も離れているにもかかわらず、毎日の出来事がすべて互いに対応していることが分かります。少なくとも、死海文書には天地創造週が含まれているため、天地創造の物語は、イエスが地上を歩む何百年も前にすでに書かれていたことになります。また、新約聖書の文献の批判的分析から、新約聖書は変更、または破損していないことが判明しています。 では、これらの「調整」をどう説明すればいいのでしょうか? 2週間のリズム 曜日… Read More »神だけが踊れる宇宙のリズム 創造から十字架刑まで

1日目: イエス – 諸国民への光

ロシアがウクライナへの侵攻を開始して以来、ウクライナ大統領ウォロディミル・ゼレンスキーのような活気に満ちた人物は、世界各国にとって身近な存在となりました。「ナチス政権を排除するためにウクライナを侵略した」というロシアの主張に対し、ゼレンスキー大統領は自分はユダヤ人だと反論しました。それなのにどうして彼の政府がナチス政権になり得るのか、と彼は問いました。ゼレンスキー大統領はそれ以来、世界各国の権力中枢をバーチャルツアーし、多くの国の政府機関で完璧な演説を行ってきました。ゼレンスキー氏は英国議会、米国議会、ドイツ連邦議会、イスラエル国会、カナダ議会、イタリア議会、日本国会、国連総会などで演説してきました。彼はチェコで最高の栄誉を与えられたほか、ラトビア、リトアニア、ポーランドでも国家栄誉を授かっています。      ユダヤ人 – 諸国民への光 ゼレンスキー大統領は世界各国の議会や権力の中枢をバーチャルツアーしてきました。彼らを非難し、励まし、懇願し、ウクライナのために道徳的な行動をとるよう促しているのです。彼は、イザヤが2700年前にユダヤ人について預言したことを見事に実現しています。イザヤはこう預言しました。 6 「主であるわたしが、わたしの正義をはっきり示すために、あなたを呼んだ。わたしはあなたを守り、あなたを支える。わたしの民と結んだ契約を確かなものとするために、わたしはあなたを彼らのもとへ送った。あなたはまた、国々の民をわたしのもとへ導く光となる。 イザヤ書 42:6 3 国々の民は、あなたの光を慕って来る。力ある王たちは、その上に輝く主の栄光を見るために来る。 イザヤ書 60:3  それ以来、ユダヤ人は2700年前にイザヤによって与えられた「諸国民の光」という役割を担ってきました 。彼らはその意味を熟考しています。イスラエルの人気ウェブサイトの検索結果からもそのことがわかります。 これは TimesOfIsraelの「諸国民への光」の結果であり、  同様にエルサレム・ポストの結果も  ここにあります。 「諸国民への光」であるという主張 ゼレンスキー氏は今日、各国を前にして、その発言力が際立っているのにもかかわらず、自分が「国民の光」であると主張したことは一度もありません。それはおこがましいでしょう。歴史上、その区別を主張したユダヤ人として記録に残っているのはイエスです。しかし、際立っているのは、彼がそのような「光」であるという主張だけではありません。むしろ、彼がそれをいつ、どのように作ったかに注目にすべきです。ここではこのことに注目し、彼の遺産がこの主張を正当化するかどうかを考えてみましょう。 枝の主日のエルサレム入城後 イエスは 500年前に預言されたとおり、 ロバに乗ってエルサレムに入城したところでした。その日は、預言者 ダニエルが 550 年前に預言した通りの日でした。ユダヤ人たちは過越祭を控えており、そのために多くの国からやって来ていました。そのため、ユダヤ人の巡礼者たちがエルサレムに押し寄せてきていたのです。 イエスの到着の様子はユダヤ人たちを動揺させました。しかし、彼の到着に気づいたのはユダヤ人だけではありませんでした。福音書には彼がエルサレムに入城した直後の出来事が記録されています。 20 さて、過越の祭りに加わろうとエルサレムに来ていた数人のギリシヤ人が、 21 ベツサイダ出身のピリポのところへ来て、「先生。ぜひともイエス様にお会いしたいのですが」と頼み込みました。 22 ピリポはアンデレにそのことを話し、二人でお願いしようということになりました。 ヨハネの福音書 12:20-22  古代のギリシャとユダヤ人の障壁 ギリシャ人(つまり異邦人または非ユダヤ人)が過越祭のようなユダヤ人の祭りに参加することは非常に珍しいことでした。ユダヤ人は当時のギリシャ人やローマ人を異教徒であり、不浄であると考え、敬遠していました。そして、ギリシャ人の多くは、唯一の(目に見えない)神とその祭りを持つユダヤ教を愚かなものと考えていました。そのため、これらの人々は定期的にお互いに距離を置いていました。異邦人、つまり非ユダヤ人社会はユダヤ人社会よりも何倍も大きかったため、ユダヤ人は世界の大部分からある種孤立して暮らしていました。異なる宗教、コーシャーの食事、そして独自の本が、ユダヤ人と異邦人の間に障壁を生み出しました。それぞれが相手側に対して敵意を示していたのです。(マカベア と バル・コクバで見たように)… Read More »1日目: イエス – 諸国民への光