Skip to content

土曜日の安息日

7日目: 安息日のイエス

ユダヤ人の印象的な特徴の一つは、毎週土曜日に行われる安息日を守ることです。ユダヤ人が安息日を守ることは、モーセが 7 つの特別な祭りを制定した 3500 年前に遡ります。レビ記 23 章には、これら 7 つの祭りすべてが記述されており、そのうちの 6 つは毎年祝われます ( 前回紹介した過越祭を含みます)。   安息日の起源 しかし、その祭りの中で最初に挙げられるのは安息日でした。現代では、この日は土曜日と呼ばれており、週に一度この日は、ユダヤ人は仕事は行わず、休息をとるように命じられていました。その中には使用人や重荷を負う獣も含まれていました。すべての人々は、 7 日間ある週のサイクルのうち 1 日は休息を楽しむことになっていました。この 7 日間のサイクルが週の労働の基礎になったため、現代の私たちにとって祝福となりました。私たちが今楽しんでいる土日の週末は、モーセが命じたこの安息日の制度に由来しています。     モーセは次のように命じました。 1-2 主はモーセに命じました。「主の祭りを毎年欠かさず守るよう、人々に言いなさい。その時には全国民が集まり、主を礼拝するのだ。 3 この祭りは安息日とは別のものである。毎週六日間は仕事をし、七日目は休み、集まるのは礼拝のためだけとしなさい。あとは家で静かに過ごしなさい。この安息日は、どこにいても守らなければならない。 レビ記 23:1-3 イエスは安息日を守る… Read More »7日目: 安息日のイエス