Skip to content

死海文書の重要性

死海文書と旧約聖書の信頼性

私たちは以前、テクスト批評の分野で使用される基本原則について見てきました。次に、これらの原則を新約聖書に適用しました。これらの尺度によって、新約聖書の信頼性は他の古代の書物の信頼性を上回ります。 しかし、旧約聖書はどうでしょうか?それらは新約聖書と同じくらい信頼でき、変化していないのでしょうか?この点において死海文書はどのような役割を果たしているのでしょうか? 旧約聖書: 古代の図書館 旧約聖書の独自性はいくつかの点で表れます。まず、多くの著者が旧約聖書のさまざまな本を執筆しているため、図書館として考える必要があります。第二に、彼らは非常に昔に書いたものです。旧約聖書の文書の計り知れない古さを理解するために、それらを他の古代の文書と年表で比較します。 上の年表は、アブラハム、モーセ、ダビデ、イザヤを歴史上に位置づけています。彼らは旧約聖書の主要な登場人物です。歴史家が最初期の「歴史の父」とみなしているトゥキディデスやヘロドトスと、彼らがタイムライン上のどの位置に位置するかを比較してください。ヘロドトスとトゥキディデスは、マラキが旧約聖書の最後の本を書いたときにのみ生きていました。彼らの著作は、ギリシャの都市国家間、およびギリシャとペルシャの間の紛争を当時の約 100 年前に遡ったものにすぎませんでした。ローマの建国、アレキサンダー大王、仏陀など、他の重要な歴史上の人物や出来事はすべて、旧約聖書の登場人物よりもずっと後に登場します。基本的に、世界の他の国々が歴史に目覚めたのは、旧約聖書がそのかなり広範なコレクションに最後の本を加えたときだけです。 旧約聖書のマソラ本文の本文批判 旧約聖書 39 冊の著者は、紀元前 1500 年から紀元前 400 年の間に書きました。彼らはヘブライ語で書き、後の本の一部はアラム語で書かれました。青い帯は、旧約聖書のさまざまな本が書かれた 1100 年間の期間 (紀元前 1500 ~ 400 年) を示しています。 これらのオリジナルの文書は、今日マソラ本文として知られるヘブライ語写本のコピーとして保存されています。現代の聖書翻訳者は、ヘブライ語の旧約聖書を今日の言語に翻訳するためにマソラ本文を使用しています。それでは、本文批判の原則を使用すると(詳細はここを参照)、マソラ本文はどの程度信頼できるのでしょうか?… Read More »死海文書と旧約聖書の信頼性