Skip to content

毎日の星占い

古代の星座から見た蟹座の星占い

黄道十二星座はもともと 12 個の星座に基づいていました。それは単に12頭の動物が12年間を循環しているだけではありません。ここでは、その十二星座が描いた本来の物語を進めていきます。今回は、蟹座です。 蟹座は一般にカニとして描かれ、ラテン語でカニを意味する言葉に由来しています。今日の星占いでは、6月22日から7月23日の間に生まれた人は蟹座です。この古代星座を使った現代の星占いでは、蟹座の星占いのアドバイスに従い、愛、幸運、健康を見つけ、自分の性格について洞察を得ることができます。 しかし、古代人は初め、蟹座をどのように解釈したのでしょうか?そしてそれは,彼らにとって何を意味したのでしょうか? 注意! この疑問に答えると、予期せぬ展開が生じ、星座占いをチェックするだけのつもりが、思いがけない旅に導かれることになるかもしれません… 蟹座の占星術 これは蟹座の写真です。星の中にカニのようなものが見えますか? 蟹座の星を線で結んだとしても、カニを「見る」のはまだ困難です。Yを逆さにしたような形が見えると思います。 これはナショナル・ジオグラフィックの星座のポスターの写真で、北半球の蟹座を示しています。  人々は,ここからどのようにしてカニを思いついたのでしょうか?蟹座は私たちが知る限り人類の歴史と同じぐらい古いのです。 他の星座と同様、蟹座のイメージは星座自体からはわかりません。それは星座の中で生まれつき備わったものではないのです。むしろ、カニのアイデアが先にありました。その後、最初の占星術師はこの考えを星の上に重ねて、繰り返し現れる星座としました。 それはなぜでしょうか?そして、それは古代人にとって何を意味したのでしょうか? 蟹座の星座 ここでは、いくつかの蟹座の一般的な占星術の画像を示します。 これはエジプトのデンデラ神殿にある2000年以上前の黄道十二星座で、蟹座が赤丸で囲まれています。 スケッチでは「カニ」となっていますが、実際にはカブトムシのように見えます。約4000年前のエジプトの記録には、蟹座は不死の神聖な象徴であるスカラベ(カブトムシ)であると記載されています。 古代エジプトでは、スカラベは再生または更生を象徴していました。エジプト人はよく、日の出である神ケプリ、カブトムシ、またはカブトムシの頭を持つ人間として描きました。 古代の物語における蟹座 聖書には、神が星座を作ったと書かれていることが分かりました。星座は、書面による啓示が与えられるまで、彼らに導きを与えました。このようにして、アダムとその息子たちは、神の計画を教えるために、子供たちに星座を教えました。おとめ座は物語を始め、処女の子の到来を預言しました。 蟹座がこの物語をさらに進めます。現代の星占いの蟹座ではないとしても、蟹座の占星術の物語は知る価値があります。 蟹座の本来の意味 古代エジプト人は、星座が最初に描かれた時期にはるかに近いため、現代の星占いのカニではなくカブトムシが、古代の蟹座の意味を理解する鍵となります。エジプト学者ウォーリス・バッジは、古代エジプト人のケペラとカブトムシについてこう述べています。 ケペラは古い原始の神であり、新しい存在に生まれ変わろうとしている生命の芽を内包する物質の一種です。したがって、ケペラは霊的な体が死から復活する様子を表しました。彼は頭にカブトムシを持った男性の姿で描かれており、この昆虫が自力で生まれ、自ら生み出したものであると考えられていたため、この昆虫が彼の象徴となりました。 W・バッジ卿。エジプトの宗教… Read More »古代の星座から見た蟹座の星占い

古代の星座から見た双子座の星占い

黄道十二星座はもともと 12個の星座に基づいていました。それは単に12頭の動物が12年間を循環しているだけではありません。ここでは、その十二星座が描いた本来の物語を進めていきます。今回は、双子座です。 ジェミニ(双子座の英語表記)はラテン語で双子を意味します。今日の星占いでは、5月22日から6月21日の間に生まれた人は双子座です。双子座は、通常(常にではありませんが)双子である男性の2人を形成します。この現代の古代十二星座を使ったの占いでは、双子座の星占いのアドバイスに従い、愛、幸運、健康を見つけ、自分の性格について洞察を得ることができます。 星の中の双子座 しかし、古代人は双子座を最初からどのように解釈したのでしょうか?そしてそれは彼らにとって何を意味したのでしょうか? 注意! この疑問に答えると、予期せぬ展開が生じ、星座占いをチェックするだけのつもりが、思いがけない旅に導かれることになるかもしれません… これは双子座を形成する星座の写真です。星の中に双子のようなものが見えますか? 双子座の星を線で結んだとしても、双子を「見る」のはまだ困難です。二人の人物が見えますが、「双子」はどのようにして生まれたのでしょうか? これは、北半球で見られる双子座を示すナショナル・ジオグラフィックの星座のポスターの写真です。  星が線で結ばれていても、双子を見るのは依然として難しいままです。双子座は私たちが知る限り人類の歴史を遡ります。 昔のカストルとポルックス 福音書は、パウロと彼の仲間が船でローマに旅行していたときの双子座について言及しています。 11 難破してから三か月後、今度は、この島で越冬していた、アレキサンドリヤの「ふたごの兄弟号」という船に乗り込むことになりました。 使徒行伝 28:11 カストルとポルックスは、双子座の二人の双子の伝統的な名前です。これは、双子の神という考えが約 2000 年前には一般的であったことを示しています。 これまでの星座と同様に、2 人の双子のイメージは星座自体からは分かりません。それは星座の中で生まれつき備わったものではないのです。むしろ双子というアイデアが先に生まれました。その後、最初の占星術師はこの考えを星に重ね合わせました。しかし、それはもともとは、どういう意味だったのでしょうか? 黄道十二星座の双子座 下の画像は、エジプトのデンデラ神殿の黄道十二星座で、赤丸で囲まれた双子座を示しています。側面のスケッチにも二人の姿が見えます。 古代デンデラの黄道十二星座では、2人のうち1人が女性です。この星座では、2人の男性の双子のでなく、男女のカップルを双子座として示しています。 ここでは、双子座の一般的な占星術のイメージをいくつか紹介します。 古代から占星術師たちは、なぜ双子座をペア、つまり常にではありませんが、男性の双子と結び付けてきたのでしょうか?… Read More »古代の星座から見た双子座の星占い

古代の星座から見た牡牛座の星占い

黄道十二星座はもともと 12 個の星座に基づいていました。それは単に12頭の動物が12年間を循環しているだけではありません。ここでは、その十二星座が描いた本来の物語を進めていきます。今回は、牡牛座です。 牡牛座は、強力な角を持った猛々しく突進する雄牛のイメージです。今日の星占いでは、4月21日から5月21日までに生まれた人は牡牛座です。現代的な星占いの解釈では、牡牛座の星占いのアドバイスに従うことで、愛、幸運、富、健康、そして自分の性格についての洞察を得ることができます。 しかし、雄牛はどこから来たのでしょうか?どのような意味を持つのでしょうか? 注意! この疑問に答えると、予期せぬ展開が生じ、星座占いをチェックするだけのつもりが、思いがけない旅に導かれることになるかもしれません… 古代の星座では、牡牛座は占星術の 12 星座の 9 番目であり、一緒になって偉大な物語を形成しているのです。乙女座から射手座までは、偉大な救い主と彼の敵との死の闘争についての章を形成しています。山羊座から牡羊座までは、この救い主の働きに焦点を当てた別の章を形成しています。次に、牡牛座は、救い主の帰還とその完全な勝利に焦点を当てた、3 番目で最後の占星術章を幕開けます。この章は雄牛で始まり、ライオン (レオ) で終わるため、力と権威に関係しています。 古代の星座では、牡牛座はすべての人に影響を与える出来事を預言するため、すべての人のためのものでした。したがって、たとえ現代の星占いで牡牛座でなくても、牡牛座の星に込められた古代の占星術の物語は理解する価値があります。 占星術における牡牛座 牡牛座は、立派な角を持つ雄牛を形成する星々の星座です。これが牡牛座の星たちです。この画像の中に角を持つ雄牛のようなものが見えるでしょうか?  これは、ナショナル・ジオグラフィックの牡牛座と他の星座の画像です。雄牛はよりはっきりと見えますか? 線で結ばれた牡牛座の星々を観察してみましょう。角を持つ雄牛がよく見えるでしょうか?むしろ宇宙の文字のように見えるのではないでしょうか。 しかし、この星座は私たちが知る限り人類の歴史に遡ります。これはエジプトのデンデラ神殿にある2000年以上前の星座で、牡牛座は赤で囲まれています。 これまでの星座と同様に、牡牛座の雄牛のイメージは星座自体からはわかりません。それは星に生まれつき備わっていたわけではありません。むしろ突進する雄牛のアイデアが最初にありました。その後、最初の占星術師はこの考えを星に重ね合わせました。しかし、なぜそのようなことをしたのでしょう?そしてそれは古代人にとって何を意味したのでしょうか? 牡牛座の雄牛 牡牛座の占星術の画像には、立派な角を持ち、頭を下げて突進する雄牛が示されています。雄牛は激しい怒りを表しているかのようです。その行く手には誰でも襲いかかり、迅速かつ無限のエネルギーで突進しそうです。 赤い丸で囲まれたのは、牡牛座の首の真ん中にあるプレアデス星団(または七人姉妹)として知られる星団です。プレアデス星団への最も古いの直接的な言及は、聖書のヨブ記にあります。ヨブはアブラハムの時代、約 4000… Read More »古代の星座から見た牡牛座の星占い

古代星座から見た牡羊座の星占い

黄道十二星座はもともと 12 個の星座に基づいていました。それは単に 12 頭の動物が 12 年間を循環しているだけではありません。ここでは、その十二星座が描いた本来の物語を進めていきます。今回は牡羊座です。 牡羊座は8 番目の星座であり、来たる者の勝利の結果を明らかにする星座の章を締めくくっています。牡羊座は頭を高く上げて元気に生きている雄羊のイメージです。今日の星占いでは、3月21日から4月20日の間に生まれた人は牡羊座です。したがって、古代星座を使う現代占星術の星占いでは、牡羊座の星占いのアドバイスに従い、愛、幸運、富、健康を見つけ、自分の性格についての洞察を得ることができます。 しかし、牡羊座は最初どういう意味だったのでしょうか? 注意! この疑問に答えると、予期せぬ展開が生じ、星座占いをチェックするだけのつもりが、思いがけない旅に導かれることになるかもしれません… 聖書には、神は人類の初めから星座をしるしとして作ったと書かれていることが分かりました。この星からの古代の物語では、各章はすべての人々のためのものでした。したがって、たとえ現代の星占いの牡羊座でなくても、古代の占星術における牡羊座の物語は知っておく価値があります。 星の中の牡羊座 これが牡羊座を形成する星々です。この写真の中に、頭を高く上げたラム(雄の羊)のようなものが見えるでしょうか?   牡羊座の星を線で結んだとしても、雄羊の姿は見えません。初期の占星術師たちは、これらの星から生きた雄羊をどのように考え出したのでしょうか?  しかし、この星座は私たちが知る限り人類の歴史に遡ります。これはエジプトのデンデラ神殿にある2000年以上前の星座で、牡羊座が赤で囲まれています。 以下は、占星術で使用されてきた伝統的な牡羊座のイメージです。 雄羊は何を意味するのでしょうか? わたしたちにとって重要なことは何でしょうか? 牡羊座の本来の意味 山羊座では、魚たちが生きられるように、ヤギの前身が死にました。しかし、魚座の帯はまだ魚を捕らえていました。そのため肉体的な衰退と死への束縛がまだ残っています。私たちは多くの困難を乗り越えて生き、老いて死んでいきます。しかし、私たちは肉体的な復活という大きな希望を持っています。牡羊座の前脚が魚座の帯まで伸びていることは、これがどのように起こるかを明らかにしています。死んだヤギ(山羊座)に驚くべきことが起こりました。聖書はそれを次のように説明しています。 6 それから私は、二十四人の長老と王座と四つの生き物との間に、小羊が立っているのを見ました。小羊には、かつてささげられた時の傷跡がありました。この方は、七つの角と七つの目を持っていました。その目は、全世界に遣わされる神の七つの霊です。 7 小羊は前に進み出て、王座に座っておられる方の右手から巻物を受け取りました。 8 その時、四つの生き物と二十四人の長老は、それぞれハープと香のたちこめる金の鉢とを手にして、小羊の前にひれ伏しました。この香は、神の民の祈りです。 9 彼らは新しい歌を、高らかに歌っていました。「あなたこそ、巻物を受け取って封印を解き、それを開くのにふさわしい方。あなたは殺されましたが、その血によって、あらゆる民族の中から、神のために、人々を買い取ってくださいました。 10 そして、その人々を神の国に集め、神の祭司、地上の支配者とされました。」 11 それからまた、私は幻によって、王座と生き物と長老たちとの回りで歌う、数えきれない天使たちの声を聞きました。 12 彼らは大声で、「小羊こそ、ささげられるためにふさわしい方。殺された小羊こそ、力と、富と、知恵と、強さと、誉れと、栄光と、祝福とを受けるにふさわしい方」と歌っていました。 13 それからまた、私は、天地のすべての者、地下や海中に眠る死者全員の叫び声を聞きました。「祝福と誉れと栄光と力とが、王座に座っておられる方と小羊とに、永遠にありますように。」 14 すると、四つの生き物は「アーメン」と言い、二十四人の長老はひれ伏して礼拝しました。 ヨハネの黙示録… Read More »古代星座から見た牡羊座の星占い

古代星座から見た魚座の星占い

黄道十二星座はもともと12個の星座に基づいていました。それは単に 12 頭の動物が 12 年間を循環しているだけではありません。ここでは、その十二星座が描いた元の物語を進めていきます。今回は、魚座です。 魚座は 7 番目の星座であり、星座のグループの中で、来たる者の勝利の結果を明らかにしています。魚座は、長い帯で結ばれた2匹の魚のイメージを形成しています。今日の星占いでは、2月20日から3月20日の間に生まれた人は魚座です。この古代星座を使った現代占星術では、魚座の星占いのアドバイスに従い、愛、幸運、富、健康、そして自分の性格についての洞察を得ます。 しかし、それは古代人にとって何を意味したのでしょうか? なぜ古来、魚座は長い帯でつながった二匹の魚を描いたのでしょうか? 注意! この疑問に答えると、予期せぬ展開が生じ、星座占いをチェックするだけのつもりが、思いがけない旅に導かれることになるかもしれません… 聖書には、神自身が人類の初めに、星座を「しるし」として創造したと書かれていることが分かりました。この古代の星の占星術では、各章はすべての人々を対象としていました。したがって、たとえ、現代の星占いで魚座「ではない」としても、魚座の星々の古代の物語を知る価値があります。 星の中の魚座 これが魚座を形成する星々です。この写真の中に、長い帯で繋がれた2匹の魚のようなものが見えるでしょうか?   「魚座」の星を線で結んでも、魚の姿は見えません。初期の占星術師たちはこれらの星からどのように2 匹の魚を思いついたのでしょうか?  しかし、この星座は私たちが知る限り人類の歴史に遡ります。これはエジプトのデンデラ神殿にある2000年以上前の黄道十二星座で、魚座の二匹の魚が赤い丸で囲まれています。側面のスケッチからも、帯が二匹を結んでいることがわかります。 以下は、占星術で使用されてきた伝統的な魚座のイメージです。 二匹の魚にはどんな意味があるのでしょうか? そして、その二つの尾を固定する帯は何を意味するのでしょうか? 私たちとって重要なことは何ですか? 魚座の本来の意味 私たちは山羊座で、魚の尾がヤギの瀕死の頭から命を受け取ったのことを知りました。水瓶座は魚、魚座オーストリヌスに水を注ぐ様子を示しました。魚は生ける水を受け取る群衆を表していたのです。これは、アブラハムの時代、神が彼に次のように約束したときに予見されていました。 3 …アブラムによって、全世界が祝福されるのです。」… Read More »古代星座から見た魚座の星占い

古代の星座から見た水瓶座の星占い

黄道十二星座はもともと 12 個の星座に基づいていました。それは単に 12 頭の動物が 12 年間を循環しているだけではありません。その十二の星座が描いた本来の物語を進めていきます。今回は水瓶座です。 水瓶座は6番目の星座であり、来たる者の勝利の結果を明らかにする星座の章の一部です。この星座は、天の壺から水を川に注ぐ男のイメージを形成しています。水瓶座はラテン語で水を運ぶ者を意味します。現代の星占いでは、1月21日から2月19日の間に生まれた人は水瓶座です。したがって、古代の星座を使うこの現代の占星術では、水瓶座の星占いのアドバイスに従って、愛、幸運、健康を見つけ、自分の性格についての洞察を得ることができます。 水瓶座は、富、幸運、愛における幸福への渇望が不十分であることを示しています。私たちの渇きを満たす水を提供できるのは、水瓶座の男だけです。古代の星座では、水瓶座がすべての人々に水を与えています。したがって、たとえ私たちが現代の星占いで水瓶座ではないとしても、彼の水を飲むかどうかを選択できるように、水瓶座の星々の古代占星術の物語は知る価値があります。 星の中の水瓶座 ここでは水瓶座を形成する星を紹介します。この星の写真の中に、容器から水を注いでいる男のようなものが見えますか?   たとえ水瓶座の星々を線で結んだとしても、そのようなイメージを「見る」のは依然として困難です。ここから魚に水を注ぐ男性をどうやって思い浮かべることができるのでしょうか?  しかし、この星座は私たちが知る限り人類の歴史に遡ります。これはエジプトのデンデラ神殿にある2000年以上前の星座で、水を運ぶ水瓶座が赤で囲まれています。横のスケッチでも、水が魚に向かって流れていることがわかります。 これは、南半球で見られる水瓶座を示すナショナル・ジオグラフィックの星座のポスターです。  たとえ水瓶座を構成する星々を線で結んで星座を示したとしても、この星座の中に人や瓶や水を注ぐようなものを「見る」のは困難です。しかし、以下は水瓶座の一般的な占星術のイメージです。 水瓶座と水の川 他の星座と同様、水を運ぶ人のイメージは星座自体からはわかりません。それは星座の中で生まれつき備わったものではないのです。むしろ、水を運ぶ者のアイデアは、星以外のものから最初に生まれました。そして後に、最初の占星術師はこの考えを星の上に重ねて、繰り返し現れる星座としました。 しかし、なぜでしょう?  それは古代人にとって何を意味したのでしょうか?なぜ古代から水瓶座は南の魚座と関連付けられており、水瓶座から流れる水は魚座に流れ込むのでしょうか? 注意! この疑問に答えると、予期せぬ展開が生じ、星座占いをチェックするだけのつもりが、思いがけない旅に導かれることになるかもしれません… 古代の星座の物語 乙女座の場合、聖書には神が星座を作ったと書かれていることが分かりました。神は星座を、書面による啓示がなされるまで人類を導く物語の”しるし”として与えました。このようにして、アダムとその息子たちは、神の計画を教えるために星座をその子供たちに教えました。乙女座は、処女の子イエス・キリストの到来を預言しました。私たちは、大紛争を説明する物語を進めてきましたが、今は第二章に入り、イエスの勝利がもたらした恩恵を明らかにしています。 水瓶座の本来の意味 水瓶座は古代人に、現代の私たちにとって知恵となる2つの偉大な真実を語りました。… Read More »古代の星座から見た水瓶座の星占い

古代の星座から見た山羊座の星占い

星座もともと 12 個の星座に基づいていました。それは単12頭の動物が12年間を循環しているだけではありません。その12の星座が描いた本来の物語を進めていきます。今回は山羊座です。 今日の星占いでは、12月22日から1月20日の間に生まれた人は山羊座です。この現代的な星占いの解釈では、山羊座に対する星占いのアドバイスに従い、愛、幸運、富、健康、そして自分の性格についての洞察を得ます。「ヤギ魚」はどこから来たのでしょうか? それは最初から何を意味していたのでしょうか?  注意! この疑問に答えると、予期せぬ展開が生じ、星座占いをチェックするだけのつもりが、思いがけない旅に導かれることになるかもしれません… 古代の星座において、山羊座は、偉大な物語を形成した 12 の占星術星座の 5 番目に位置しています。私たちは、最初の 4 つの星座が、偉大な救い主の人物とその敵との死闘に関する占星術の章であることがわかりました。 山羊座は、私たちに影響を与えるこの救い主の働きに焦点を当てる第2章を開始します。この章では、敵に対する救い主の勝利の結果、つまり私たちへの祝福がわかります。この章はヤギで始まり、雄羊 (牡羊座) で終わり、中央の 2 つの星座は魚 (水瓶座と魚座) に関係します。山羊座が常にヤギの前部と魚の尾部とつながっている姿であるため理にかなっています。 古代の星座において、山羊座は誰にでも恩恵を与えると預言していたので、すべての人にとっての星座でした。したがって、たとえ私たちが現代の星占いの意味での山羊座ではないとしても、山羊座の星々に込められた古代の占星術の物語は理解する価値があります。 占星術における山羊座 山羊座は、ヤギと魚の尾が融合したようなイメージを作る星座です。以下の図は、山羊座を形成する星々を線で結んだものです。この画像の中にヤギ魚のようなものが見えますか? 私には見えません。これらの星からヤギと魚が融合した生き物をどうやって想像できるでしょうか?  ヤギと魚は自然界ではほとんど関係がありません。しかし、この星座は私たちが知る限り人類の歴史に遡ります。これはエジプトのデンデラ神殿にある2000年以上前の星座で、ヤギと魚の山羊座のが赤で囲まれています。 これまでの星座と同様に、山羊座のヤギ魚のイメージは星座そのものからはわかりません。それは星座の中で生まれつき備わったわけではありません。むしろ、ヤギと魚が融合するというアイデアは、星以外の何かから最初に生まれました。その後、最初の占星術師はこの考えを星の上に重ねて、繰り返し現れる星座としました。しかし、なぜでしょう?それは古代人にとって何を意味したのでしょうか?… Read More »古代の星座から見た山羊座の星占い

古代の星座から見た射手座の星占い

星座はもともと12個の星座に基づいていました。それは単に12頭の動物が12年間を循環しているだけではありません。その12星座が描いた本来の物語を読み進めていきます。次の星座は射手座です。 射手座はの4 番目の星座で、騎馬射手の星座です。射手座はラテン語で「射手」を意味します。今日の星占いでは、11月23日から12月21日の間に生まれた人は射手座です。古代占星術の星座を読み解くこの現代の星占いでは、射手座の星占いのアドバイスに従い、愛、幸運、健康、そして自分の性格についての洞察を得ます。 しかし、古代人は最初から星座をこのように読んだのでしょうか?  注意! この疑問に答えると、予期せぬ展開が生じ、星座占いをチェックするだけのつもりが、思いがけない旅に導かれることになるかもしれません… 射手座の起源 射手座は、よくケンタウロスとして示される騎馬射手のイメージを形成する星座です。以下が射手座を形成する星たちです。この星の写真の中に、ケンタウロス、馬、射手などに似たものが見えますか? 「射手座」の星を線で結んだとしても、騎馬の射手を「見る」のは依然として困難です。しかし、この星座は私たちが知る限り人類の歴史に遡ります。  これはエジプトのデンデラ神殿にある2000年以上前の星座で、射手座が赤丸で囲まれています。 ナショナル・ジオグラフィックの星座ポスターには、南半球で見られる射手座が示されています。射手座の星を線で結んでも、この星座に騎手、馬、ケンタウロスを「見る」のは困難です。 これまでの星座と同様に、射手のイメージは星座自体に生まれつき備わっているものではありません。むしろ、騎馬射手のアイデアは、星以外のものから最初に生まれました。その後、最初の占星術師はこの考えを星の上に重ねて、繰り返し現れる星座としました。以下は、射手座の典型的なイメージで、単独でのみ描かれています。私たちがその意味を知るのは、射手座と周囲の星座を見たときです。 本来の星座の物語 本来、星座は、生年月日と惑星の動きに基づいて、幸運、健康、愛、幸運に向けて毎日の決断を導くための星占いではありませんでした。それは私たちを神の道に導くために神が約束した計画でした。黄道十二星座は、この計画を人々に視覚的に思い出させるために記録したものです。占星術はもともと、この星の物語の研究と知識だったのです。 この物語は乙女座の処女の子から始まりました。それは天秤座に続き、私たちの行いの天秤が軽すぎることを思い出させます。  蠍座は、乙女座の子と蠍座の間の凄まじい闘争を示しました。彼らの戦いは支配権をめぐる戦いなのです。 星座の物語における射手座 射手座は、この闘いがどのように終わるかをように終わるかを予言しています。射手座と周囲の星座を見るとそれが分かります。射手座の意味を明らかにするのは、この占星術の文脈です。 射手座に描かれた矢は蠍座の心臓を直接指しています。中国の天文学では、これを心 (Xīn)、つまり龍の心と呼んでいます。つまり、馬に乗った射手が不倶戴天の敵を滅ぼす様子がはっきりと描かれています。これが古代の星座における射手座の意味でした。デンデラ星座 (上) と、星座が互いに並んで配置されているすべての星座も、蠍座に対する射手座の勝利を示しています。 書かれた物語の射手座の章 処女の子であるイエス・キリストの敵に対する最終的な勝利は、射手座で描かれているように起こると聖書に預言されています。ここに、キリストが地上に再臨するという預言が書かれています。 11 それから天が開かれ、私は、そこに白い馬を見ました。その馬に乗っているのは、「忠実、また真実」と呼ばれ、正しいさばきをし、戦いをなさる方です。 12 目は炎のように輝き、頭にはたくさんの冠をかぶっていました。額には名前が記されていましたが、その意味を知っているのは自分だけでした。 13 この方は血に染まった衣を着ていて、「神のことば」という名で呼ばれました。 14 天の軍勢はきよく真っ白な麻布を身につけ、白馬にまたがって彼に従いました。 15 この方は、諸国の民を打つために、鋭い剣をくわえておられました。そして、鉄のような手で、国々を完全に支配なさり、また、全能の神の激しい怒りに満たされた酒ぶねを踏まれます。 16 その衣とももには、「王の王、主の主」という名が記されていました。 17 そのとき私は、光の中に立つ一人の天使が、大声で空高く飛んでいるすべての鳥に呼びかけるのを見ました。「さあ、集まりなさい。偉大な神の祝宴の始まりです。 18 さあ、王、司令官、偉大な将軍、馬と乗り手、それから大きい者と小さい者、奴隷と自由人のすべての肉を食べなさい。」 19 それから私は、悪い獣が地の支配者と軍勢とを召集し、馬に乗っておられる方とその軍勢とに、戦いをいどんでいるのを見ました。 20 しかし、悪い獣は捕らえられ、続いて偽預言者も縛り上げられました。この偽預言者は、悪い獣と手を組んで人々を奇跡で驚かせ、獣の刻印を受けた者や、獣を拝む者たちを惑わしていたのです。結局、悪い獣も偽預言者も、硫黄の燃えさかる火の池に、生きたまま投げ込まれました。 21 彼らに従った軍勢もまた、白い馬にまたがる方の鋭い剣で殺されました。すると、天の鳥がむさぼるように、その肉をついばんでしまいました。… Read More »古代の星座から見た射手座の星占い

古代の星座から見た蠍座の星占い

黄道十二星座はもともと、星々からなる12の星座に基づいており、単に12年で12匹の動物が周期するというものではありませんでした。私たちは今、その星座が描いた本来の物語をたどっていきます。さて、次の星座は蠍座です。 蠍座は3番目の星座であり、毒を持つサソリのイメージです。蠍座は、小さな星座(十分角)のへびつかい座、へび座 、かんむり座とも関連しています。中国の星座では、蠍座の中心は心(Xīn)です。青龍の東の星座のひとつでもあります。これらのサソリ、蛇、ドラゴンのイメージは、宇宙の闘争における同じ敵を表しています。 今日の星占いでは、10月24日から11月22日の間に生まれた人は蠍座です。この現代の星座占いでは、蠍座の星占いのアドバイスに従うことで、愛、幸運、健康を見つけ、自分の性格についての洞察を得ることができます。 しかし、古代人は初めから、このように読んでいたのでしょうか? 注意! この疑問に答えると、予期せぬ展開が生じ、星座占いをチェックするだけのつもりが、思いがけない旅に導かれることになるかもしれません… 蠍座の起源は? これは蠍座を形成している星々の写真です。この星の写真の中にサソリが見えますか? おそらく想像力が必要になるでしょう!  「蠍座」の星を線で結んでも、サソリを見るのは難しいでしょう。しかし、この星座は私たちが知る限り、歴史を遡ることができます。  これは、エジプトのデンデラ神殿にある 2000 年以上前の星座です。この星座のサソリの絵が赤で囲まれています。 ナショナル・ジオグラフィックの星座のポスターには、南半球で見られる蠍座が示されています。ナショナル・ジオグラフィックは、蠍座を形成する星々を線で結んでいますが、この星座の中にサソリを「見る」のは依然として困難です。 他の星座と同様に、今にも攻撃しそうなサソリの星座である蠍座は、星自体から作成されたわけではありません。むしろ、攻撃的なサソリのアイデアが最初に思い浮かびました。その後、最初の占星術師はこの考えを星の上に重ねて、繰り返し現れる星座としました。そうすることで、古代人は子供たちに蠍座を指さし、それにまつわる物語を聞かせることができたのでした。 古代の星座の物語 星座は一緒になって星々で書かれた占星術の物語を形成しています。蠍座の星座は12章のうちの3番目の章です。私たちは乙女座で、神が星座を作ったと聖書に述べられていることを知りました。したがって、物語は神のものであり、人類の歴史の初めに与えられたものでもあるのです。最初の人類が読んだのは、今私たちが知っている黄道十二星座として知られる、この占星術の物語です。 本来の星座は、私たちの生年月日と惑星の動きに基づいて、幸運、健康、愛、幸運への日々の決断を導く星占いではありませんでした。神は私たちに自身の道を示すためのガイドとして星座を置いたのです。神は、人々が毎晩これらの星座を見て記憶することを望んでいました。物語は乙女座の処女の子孫の約束から始まりました。それは天秤座の天秤に続き、天国にとって私たちの行いの天秤は軽すぎ、そして私たちのカルマは重すぎると宣言しました。このカルマを償還するには代償を支払わなければなりません。  古代の星座の物語における蠍座 しかし、誰がこの代償を要求しているのでしょうか?蠍座は私たちに、乙女座の子孫と蠍の間の天上の争いを示し、明らかにしてます。この対立を理解するには、さそり座とそのデカン (それに接続されている付属の星座)であるへびつかい座を見る必要があります。 この星座は、巨大なサソリ (蠍座) が屈強な男 (へびつかい座) のかかとを刺そうとしている様子を描いている一方で、へびつかい座がサソリを踏みつけ、同時に巻き付いている蛇と格闘している様子も描いています。この巨大なサソリは怒りで尻尾を振り上げ、今にも男の足を襲おうとしています。この星座は、この戦いが死と隣り合わせなものであることを示しています。蠍座では、私たちは天秤座、つまり正義の天秤から、罪を償うための代償の本質を学び始めます。蠍座と蛇(蛇)は、同じ敵である悪魔の 2… Read More »古代の星座から見た蠍座の星占い

古代の星座から見た天秤座の星占い

黄道十二星座は、もともと12個の星座に基づいていたことがわかりました。本来星座は、単に12年で12匹の動物が周期するというものではありませんでした。私たちは今、その星座が描いた本来の物語を探ろうとしています。 天秤座は2番目の星座で、「秤」を意味します。したがって、今日の星占いでは、9月24日から10月23日の間に生まれた人は、天秤座になります。今日の星占いでは、私たちの生年月日と12の星座に基づいて決まる運勢と祝福を導き、性格についての洞察を得ることができます。現代の占星術は、星占いを使用して、真実の愛に導いたり、人間関係、健康、富における幸運と成功に向けての決断を促したりしています。しかし、それが本来の目的だったのでしょうか? 注意! この疑問に答えると、予期せぬ展開が生じ、星座占いをチェックするだけのつもりが、思いがけない旅に導かれることになるかもしれません… 天秤座 天秤座は、はかりや天秤をかたどっている星座です。これは天秤座の星の写真です。この星の写真の中に「秤」があるのが見えますか?ーいいえ、見えないと思います。  実際、「天秤座」の星々を線で結んでも、まだ天秤を見ることは難しいでしょう。しかし、私たちが知る限りこの天秤の星座は、人類の歴史を遡ります。  これは古代エジプトのデンデラ神殿にある星座の図で、天秤座の天秤が赤で囲まれています。 下のナショナル・ジオグラフィックの星座ポスターは、南半球で見られる天秤座を示しています。三角形はまったく天秤のようには見えません。 つまり、天秤の天秤座は、星そのものから生まれたものではないということになります。むしろ、天秤のアイデアが最初に生まれました。そして、最初の占星術師たちは、記憶の手助けとしての繰り返し現れる星座として、この考えを星に重ね合わせました。そして古代の人々は子供たちに天秤座を指して、天秤に関連する話を聞かせることができました。これが占星術の本来の目的だったのです。 星座の作者 黄道帯の星座が集まって、星に書かれた物語を形成しています。しかし、この物語を書いたのは誰なのでしょうか? 聖書の中で最も古い本は、モーセの本よりも前に書かれた『ヨブ記』です。ヨブ記は星座についても言及し、神が星座を作ったと断言しています。 9 牡牛座、オリオン座、スバル座、それに、南の星座も、みな神が造った。 ヨブ 記 9:9 黄道十二星座は、創造主によって授けられた物語を形成します。この物語は、創造主とその敵対者との間に起こった宇宙規模の闘いの物語です。乙女座は、その物語の第1章「処女の子孫の到来」で語られており、すべての人々が見ることができるように夜空に描かれています。 古代星座における天秤座の章 これは物語の第 2 章です。天秤座はすべての人々のために夜空にもう一つのサインを描きました。そこには神の正義のしるしが見られます。天秤は義、正義、秩序、政府、そして神の王国の支配制度を描いています。したがって、天秤座では、私たちは永遠の正義に直面し、私たちの罪の罰と償いの代償を秤にかけることになるのです。 残念ながら、その判決は私たちにとって好ましいものではありません。最も明るい星は天秤の上腕にあり、私たちの善行の天秤は軽いことを示しています。 9 身分の高い者も低い者も、神の目から見ればみな無に等しく、天秤で計れば、空気より軽いことがわかります。 詩篇 62:9… Read More »古代の星座から見た天秤座の星占い

古代の星座から見た乙女座の星占い

私たちは、占星術の歴史を古代の起源にまで遡りながら、12種類の動物を含む現代の星座がどのようにして生まれたのかを探りました。12匹の動物が12年周期で循環する前は、星座は12の占星術の星座を中心にしていました。さて、私たちは乙女座からこれらの星座を探求し始めます。乙女座を観察すると、常にそこにあった矛盾が見えてきます。 乙女座は若い処女の女性です。以下が乙女座を形成する星々の写真です。しかし、星の中に乙女座(この処女の女性)を「見る」ことは不可能です。星自体が女性のイメージを自然に形成しているわけではありません。  このウィキペディアの画像のように乙女座の星を結んだとしても、女性を「見る」ことはまだ困難です。そして、この星座はどのように「処女」の女性を描いているのでしょうか? しかし、これは記録が残る限りずっと前からこの星座でした。乙女座はよく詳細に描かれますが、その詳細は星座自体から来るわけではありません。    古代エジプトのデンデラ星座における乙女座 以下は、デンデラの古代エジプト神殿にある星座の全体図です。この星座には12星座が含まれています。赤丸で囲ってあるのが乙女座です。右側のスケッチは、星座のイメージを鮮明に示しています。乙女座が穀物の種を持っていることがわかるでしょう。この穀物の種は、乙女座で最も明るい星であるスピカです。この星は、うしかい座の星アークトゥルス、または歳星の伴星です。 これは、乙女座の星々が線で結ばれた、スピカの夜空の写真です。 中国占星術のスピカ スピカは中国の占星術において特別な地位を占めています。  アジアの星座は、12 年間を循環する 12 匹の動物に焦点を当てていることがわかりました。しかし、古代中国の天文学では、二十八星座(宿と呼ばれる)を使用して後世を背景に地球の周りの月の動きを反映していました。 古代中国の天文学者は、天空を四神として知られる四つの区画に分け、それぞれに神秘的な動物を配置しました。東は青龍、北は玄武、西は白虎、南は朱雀です。各地域には 7 つの宿または星座があり、合計 28 の星座があります。 スピカ角 (Jiào) は、これら 28 星座のうちの最初の星座です。したがって、乙女座のスピカが、この28星座の先頭に立っています。古代中国では、角は権力と権威を象徴するものでした。そして古代ギリシャ人にとって、スピカは穀物の種を象​​徴していました。中国名に見られる種の力と権威は、顕著な角を持つ雄牛である牡牛座に描かれています。 乙女座の処女の謎 古代人は乙女座が処女の女性を象徴していることをどのようにして知ったのでしょうか? それは星座自体からは明らかになりません。これは乙女座の矛盾です。イメージは星座の中に生まれつき備わっているものではありません。そして、スピカは古代中国人にとっては角を象徴し、古代ギリシャ人にとっては穀物の種を象​​徴するのはなぜでしょうか?… Read More »古代の星座から見た乙女座の星占い