Skip to content

生まれ変わる

イエスはメタバースについて語る: メタノイドへの制約

Facebook (Meta に改名) の創設者であるマーク ザッカーバーグ(1984 〜 ) は、21世紀の数少ないテクノロジー起業家のうちの 1 人であり、その功績は非常に大きく、20年前と比べて現代人の生き方を変えただけではなく、現実に対する私たちの認識さえ変えつつあります。 ザッカーバーグは、ドイツ、オーストリア、ポーランドから米国に移住した曽祖父母を持つユダヤ人です。その努力は、モーセにまで遡ることができるユダヤ人の人類への貢献、すなわち、社会とそこに住む人々の関係を改善する道筋を描くという、長期にわたる貢献を続けています。このような社会の改善に重点を置く姿勢は、一般に Facebook、WhatsApp、Instagram を説明するために使用される「ソーシャル・メディア」の「ソーシャル」によって捉えられています。 ザッカーバーグの製品は、単に選ばれたコンテンツ作成者から多数のコンテンツ消費者への一方向の情報の流れを可能にするものではありません。そのため、それらはテレビ、新聞、映画のような伝統的な「メディア」ではありません。ザッカーバーグの IT プラットフォームは、個々が他人と情報を発展させ、共有する社会を可能にします。このように Facebook は、複雑で常に変化する社会的関係のネットワークを可能にするのです。皆さんは、もうすでにこれらを経験しているので、知っているのではないでしょうか。 メタバースの問題 ザッカーバーグ氏はITを活用するというビジョンを掲げていますが、彼の功績は2000年前に指摘された障壁を露呈させました。彼もまた、社会を変革するという使命感に燃え、当時それを指摘しました。皆さんもソーシャルメディアを体験する中で、この根本的な欠陥部分に遭遇したことがあるのではないでしょうか。ソーシャルメディアの技術力が向上するにつれて、よりそれを実感するようになります。 ソーシャルクエスト これがあなたにとって何を意味するかを理解するには、3500 年前のモーセの時代まで遡る必要があります。彼らの社会は「国家の光」になるどころか、崩壊してしまいます。そこで社会改革者たち、旧約聖書のユダヤ人の預言者たちは、 洞察力は、他の多くの人が果たせなかったような、時間の試練に耐える方法を持っていました。したがって、彼の人生に対する理解を深めてみる価値はあるかもしれません。死海を背景にした、人生、生命の水、悔い改めについての女性との対話は、その