Skip to content

祝福

西遊記: アブラハムからあなたへ

西遊記(中国語: 西遊記;ピンイン: Xī Yóu Jì ) は、中国の古典小説の中で最も偉大なものの 1 つであり、明の時代に出版されました。2016年には『玄奘』という映画にもなりました。 この小説は、歴史上の僧侶玄奘(玄奘; 602–664)の伝説的な巡礼を描いています。彼は仏教の聖典 (経典)を入手するために、中国から中央アジアを経てインドへ旅しました。彼は多くの試練を経て帰国し、大唐西域记にその旅の記録を書きました。 『西遊記』では、ゴータマ・ブッダが架空の僧侶、唐三蔵に旅を課します。その後、仏陀は過去の罪の功徳を積むために彼に協力することに同意する3人の守護者を与えました。これらの弟子は、孫悟空、朱八傑、沙武京であり、唐の三蔵法師の馬として行動する龍王子と並んでいます。この巡礼者たちは、力と協力の徳によって目的地と悟りを目指して旅をします。途中、彼らは三蔵法師の純粋な肉を食べることで罪を打ち消すことを望むさまざまな悪魔に遭遇します。  娯楽小説ではありますが、その設定は暗いものです。ゴータマ・ブッダは、中国が「貪欲、快楽主義、乱交、罪しか知らない」ため、聖典を取り戻してくれる立派な僧侶を探していました。唐の三蔵法師の仲間である豚、猿、砂の怪物、龍は、過去の罪を償う功徳を得るために彼を助けます。悪霊や動物の霊が巡礼者を襲うのは、彼らが罪縛られているからなのです。 アブラハムの西方への旅 小説としてではなく実際の歴史として書かれていますが、古代ヘブライ語聖書にも同様に暗い物語が記録されています。そこには罪、クレーシャ、ドゥカに陥った古代世界を描かれています。洪水で世界を破壊し、国々を分散させた後、創造主は敵を倒すために仕事を続けました。初めに、神は来たる「彼」を中心とした約束を通して自分の計画の概要を説明しました。そして創造主は、「彼」を生み出す「女性」を育てる過程を開始します。  彼は西へ旅する巡礼者を呼び寄せることでそれを実現しました。唐の三蔵法師と同じように、この巡礼者たちも多くの困難に直面することになります。アブラハム(またはアブラム)と名付けられた彼は、この旅から決して故郷に戻ることはありませんでした。西遊記の小説とは異なり、今日の私たちは彼の旅の結果として良いカルマを経験することができています。彼の旅がもたらした影響については、今日のニュースで定期的に耳にすることもあるため、これは架空の小説ではないのです。私たちはこの旅の良いカルマを得ることができますが、それを認識できた場合に限ります。アブラハムは文字通りの肉体的な旅をしましたが、同時に霊的な旅もしました。それが私たちに道(マルガ)を開いたのです。その方法については次回以降に記事で紹介します。   人間の問題 – 神の計画 創造主なる神には計画がありました。この計画は、あまりにも小規模で取るに足らないもののように思われるため、私たちが期待するようなものではありませんでした。しかし、これが神が選んだ計画でした。この計画は紀元前約 2000 年 (つまり 4000… Read More »西遊記: アブラハムからあなたへ