Skip to content

神聖な建造物

犠牲によって山はすべての人にとって神聖なものとなる

山は聖地として理想的な場所を生み出し、巡礼の目的地または寺院の場所として機能します。日常生活から遠く離れ、その高さは、信者に天国に近いという感覚を与えます。そのため、ほとんどすべての国が国家および宗教の中心地を山の上に築いてきました。以下の例をいくつか考えてみましょう。 アジアの聖なる山 ブルカン・ハルドゥン (Бурхан Халдун) ブルカン・ハルドゥンには、これをモンゴルで最も神聖な山であると宣言したチンギス・ハンの墓があります。チンギス・ハンはブルカン・ハルドゥンで定期的に礼拝を行っていました。今日、モンゴル人はブルカン・ハルドゥーン周辺の指定されたルートに沿って、3つの主要な聖なるオボーへの定期的な巡礼を行っています。したがって、この山は「モンゴルの遊牧民の遺産と伝統的な生活様式」を表しています。(wiki) アダムスピーク スリランカのシンハラ仏教徒はアダムスピークを最も神聖な場所の1つと呼んでいます。頂上には仏陀 (シュリ・パダ、または ශ්‍රී පාද) の足跡であると信じられている自然の地層があります。そのため巡礼者は、数千段の階段を登るようなさまざまな困難なルートをたどって山を登ります。 ( wiki ) プノン・クーレン ( ភ្នំគូលែន ) カンボジアのヒンズー教徒も仏教徒もプノン・クーレンを古代クメール帝国発祥の地として巡礼します。クメール王朝の創始者は、プノン・クーレンで神聖な統治権(デヴァラージャ)を宣言しました。近くには、国内最大の涅槃像のある仏教僧院、プレア・アン・トムがあります ( wiki ) 白頭山 (백두산; 白頭山; 长白山; 長白山) 長白山とも呼ばれる、韓国人にとっても、中国人にとっても神聖な白頭山は、中国と北朝鮮の国境に位置しています。火口の上に湖がある火山であり、韓国人はこの火山とその湖に神話的な性質を見出しています。彼らはその湖を天国の湖と呼び、自分たちの国の精神的な故郷であると考えています。韓国と北朝鮮の国歌はどちらも白頭について言及しています。北朝鮮の国章には白頭山が描かれており、白頭山を「革命の聖山」と呼んでいます。満州族の中国人は長白(別名)を神聖な祖先の故郷とみなしています。彼らはこの山を清朝の帝国権力を象徴するために使用していたのでした。( wiki ) ドイステープ(ดอยสุเทพ) タイのチェンマイ郊外のドイステープには、ワット プラタート ドイステープという寺院があります。敬虔なタイの仏教徒は、この寺院を礼拝の重要な場所としています。… Read More »犠牲によって山はすべての人にとって神聖なものとなる

人類のドゥカの呪い

私たちは、創造主である神の敵対者(悪魔またはマーラ)が最初の人類を不従順に導いたことを学びました。人類は後で見てみましょう。ここでは、神がどのようにして物質的な宇宙、具体的な形の領域、または色界 (Rūpadhātu) に輪廻を確立したかがわかります。   宇宙の輪廻 – そしてその中のすべて 創造主は神に似せて男と女として創造されましたが、この一体性は崩れてしまいます。むしろ、二人の間に対立とライバル関係が起こることになったのです。出産や子育てという役割は、満足のいくものではなく、「苦痛」を伴うものとなってしまったのです。 この分離は、羞恥心、隠れること、そして非難という形で現れました。人は無知な思考(クレーシャ)と渇望(ターニャ)の奴隷となってしまったのです。 ダートゥスの分離 以下のように考えることもできます。仏教の宇宙論は、存在の精神的な面が 3 つの領域、つまりダートゥに分かれると提唱しています。 初めに、形のない領域または霊界は、物質界または形相界と一体でした。しかし、邪悪な欲望が生じたとき、神の霊の領域 である無色界( Ārōpyadhātu ) が色界 ( Rōpadhātu ) から分離され、霊的な死が生じました。男はその日に霊的に亡くなりました。そのため、肉体的な死が始まったのです。 世界最大の仏教寺院であるボロブドゥール寺院は、仏教の宇宙論の 3 つの領域を映し出すように設計されています。各領域はそれぞれの色で強調されており、中心の白は仏陀の境地を象徴しています。下の図は、ボロブドゥール寺院が 3 つの領域を巡る様子を表しています。 別居と離婚 何が起こったのかを理解するための手段として結婚と離婚を使うこともできます。聖書はこの比喩を使って、創造主である神と人間との関係を説明しています。結婚相手が離婚を申請すると、夫婦は財産を分割し、別々の生活を送ります。最初の人間が木の実を食べたとき、彼らは創造主に離婚を申し出ました。 しかし、どのように資産を分ければよいのでしょうか?… Read More »人類のドゥカの呪い

宇宙の仏塔の敵

古代より、ストゥーパ、または仏塔(サンスクリット語: स्तूप、=「山」)は、仏教の儀式と帰依において重要な役割を果たしてきました。丸みを帯びた土製の半球またはドームである仏塔には、崇敬された僧侶や尼僧の骨などの遺物が納められています。また、巡礼者が歩き回ったり、瞑想したりすることができるように、ドームの周りには踏み固められた道があります(プラダクシナ)。仏教がアジア全土に広まるにつれて、元の仏塔の構造は、チベットではチョルテン、東アジアではパゴダ、東南アジアではチャイティヤへと変化しました。構造は進化しましたが、基本的なレイアウトは、土製のドーム、正方形の台座、中央の尖塔、および前述した、信者が仏塔の周りを周回するための小道で構成されています。 この基本構造は、聖書の天地創造の物語に描かれている宇宙の構造を反映しています。この記述は、創造主である神が人間を黄道帯を構成する星々は、プラダクシナを行う巡礼者と同じように、地球のドーム状の仏塔の周りを回るように夜空を移動します。 仏塔には亡くなった僧侶の骨と遺灰が納められていますが、この宇宙の仏塔には次のような特徴があります。 7 やがて、主なる神が人を造る時がきました。まず、地のちりで体を造り上げ、それにいのちの息を吹き込んだのです。そこで人は、生きた人格を持つ者となりました。 創世記 2:7 最初の人間の骨は生き返って神が人間に内在させた自身の姿を台無しにしようと企てました。聖書には、他の多くの天使たちが彼の反乱に従ったと記されています。このようにして、彼らは悪魔またはアスラとなり、悪となりましたが、依然としてその美しさ、素晴らしさ、力を保っています。ルシファーは、その狡猾な知恵によって、人間を誘惑して、不従順にすることができれば、完全な宇宙を破壊できることを知っていました。ヘブライ語の聖書はこの霊をサタンまたは悪魔と呼んでいますが、他にも多くの名前で知られています。 ゴータマ・ブッダが瞑想をしているときに誘惑した、世界をさまよう死の霊であるマーラもまた、別の一般的な名前です。  彼はどのようにして全宇宙を破滅させ、全宇宙に死と輪廻を撒き散らしたのかを

神の似姿で

ブッダの基本的な洞察の 1 つは、プラティチャサムットパーダ(サンスクリット語: प्रतीत्यसमुत्पाद、パーリ語: paṭiccasamuppāda ) の洞察でした。これは、すべての現象は以前起こった他の現象から生じるというものです。私たちが観察するものはすべて、先立って起こった原因から生じています。この洞察は、四諦の中で、業(カルマ)と輪廻を説明するために広がっています進化の理論に基づく説明でも、人間の芸術的で神秘的な性質を完全に説明することは困難です。同様に、東洋の執着から生じる無知に基づく説明だけでも、これらの性質を十分に説明することは困難です。 …古代ヘブライ語聖書からの答え 世界で最も古い文書の中に、これらの人間の特徴を簡単に説明しているものがあります。それはなぜあなたはここにいるのか、そして何の目的でここにいるのかを説明しています。それは人類の歴史の初めに、パーリ語やサンスクリット語よりも古い言語で書かれました。そしてその起源は、古い歴史を持つという点で中国語に匹敵します。ヘブライ人というある特有の民族がこれらの文書を作成し保存し、壮大な物語を形成しました。  この著作集は、一般に聖書と呼ばれる 1 冊のわかりやすい本にまとめられています。聖書はどのように叙事詩を始めるのでしょうか? あなたが誰であるかをどのように明らかにしているのでしょうか?聖書は単純に次のような言葉で始まります。  1 まだ何もなかった時、神は天と地を造りました 創世記 1:1 数文後に聖書はこう述べています。 26 そして最後に、神はこう言われました。「さあ、人間を造ろう。地と空と海のあらゆる生き物、家畜動物、野生動物そして地面を這う生き物すべてを支配させるために、われわれに最も近い、われわれのかたちに似せて人間を造ろう。」  27 このように人間は、天地を造った神の特性を持つ者として、男と女とに創造されました。 創世記 1:26-27 「神の似姿で」 創造主である神が人類を「神のかたちに」創造したとはどういう意味でしょうか? それは、神が二本の腕や頭などを持つ肉体的な存在であるという意味ではありません。むしろ、より深いレベルで、人間の基本的な特性は神と同様の特性から生じることを意味しています。すなわち、プラティチャサムットパーダの原則を私たちに適用します。したがって、たとえば、創造主である神(聖書の中の)と人間(観察によると)は両方とも知性、感情、意志を持っています。聖書では神は、私たち人間が経験するのと同じように、時に悲しみ、傷つき、怒り、または喜ぶと描かれています。そして私たちが日々、選択や決断を行っているのと同じように、聖書における神は選択をし、決断を下します。私たちの推論し、抽象的に考える能力は神から授けられたものです。私たちが知性、感情、意志の能力を持っているのは、神がそれらを備えており、神が私たちを神の似姿に創造されたからなのです。 私たちは何不自由なく、自分が、自己認識し、「私」と「あなた」の意識を持つ、知覚的存在であると理解しています。私たちは、非個人的な「それ」ではありません。聖書は、私たちがこのような存在であるのは、神が人格的であり、私たちが神の似姿に造られたからだと教えています。 私たちの中にあるアーティストの誕生 また、私たちは生来、前述の仏像のような芸術を創造し、鑑賞することもできます。人々は自然に美しさを称賛し、それを必要とさえします。仏像の芸術を称賛するのと同じように、私たちは雄大な山々、感動的な夕日、蓮の色など、美しい世界にも称賛します。聖書は、神が世界の創造者として、山々、沈む太陽、そして蓮を造られたと説明しています。神はそれらを機能させるためにだけでなく、美しい芸術としても作りました。私たちは神の似姿に造られたので、これらの芸術を高く評価します。また私たちが仏像のような芸術を創作するのも、私たちは神の似姿に創造された結果、神の持つ能力を自然に備えているからです。これは、音楽や文学などの芸術形式を含む単なる視覚芸術にとどまりません。私たちにとって音楽がどれほど重要であるか、さらにはダンスへの愛がどれほどのものであるかを考えてみましょう。音楽は私たちの生活を豊かにしてくれます。私たちは、小説でも演劇でも、今日では一般的に映画でも、素晴らしい物語を好みます。物語にはヒーロー、悪役、ドラマがあり、よくできた物語はこれらのヒーロー、悪役、ドラマを私たちの想像力に焼き付けます。したがって、私たちが芸術をさまざまな形で利用したり鑑賞したりするのは自然なことです。神は芸術家であり、私たちは神の似姿であるため、私たちは芸術で自らを楽しませ、活気づけ、リフレッシュさせます。 芸術、演劇、音楽、ダンス、文学などにおいて、私たちはなぜ自然に美的になるのでしょうか? これはとても価値のある疑問です。率直な無神論者であり、認知科学の権威であるダニエル・デネットは、唯物論的な観点から次のように答えています。 「しかし、この研究のほとんどは依然として音楽を当然のことと考えています。「なぜ音楽は存在するのか?」と問うことはめったにありません。短い答えはありますが、今のところそれが真実です。音楽は、私たちが愛しているから存在しており、それゆえに私たちはさらに多くのものを存在させ続けています。しかし、なぜ私たちは音楽を愛するのでしょうか?それは私たちは音楽が美しいと感じるからです。しかし、なぜ音楽が私たちにとって美しいのでしょうか?これは生物学的には非常に良い質問ですが、まだ良い答えはありません。」… Read More »神の似姿で