Skip to content

笑う仏陀

笑う仏陀の幸運、しかしプレータのように呪われる:モーセの祝福と呪いは今日にどう響くか

布袋 (포대; Bố Đại ) は、 通常、幸運と縁に恵まれた中国の僧侶です。仏像や物語では、彼はおいしい食べ物をたくさん食べるため、陽気で太った姿で描かれています。このことから「笑う仏陀」と「太った仏陀」というニックネームがあります。彼の姿はアジア文化の至る所に現れ、幸福感と豊かさの両方を象徴しています。今日の人々は、彼の幸運の一部を得て、彼の幸運から恩恵を受けることを望んでいます。 プレータは笑う仏陀とは対照的です。プレータ、または餓鬼は、大きな苦しみを受けている霊です。人々は、プレータは前世で偽り、腐敗し、強迫的で、欺瞞的で、嫉妬深く、貪欲だったと信じています。蓄積された悪いカルマの結果、彼らは特に不快な物質に対する飽くなき飢えに悩まされるようになりました。また、不安なビジョンもプレータを悩ませます。 人間の目には見えませんが、精神状態が変化した人間は、プレータの存在を識別できると信じる人もいます。 彼らはプレータを人間に似ているが、陥没してミイラ化した皮膚、細い手足、巨大に膨らんだ腹、そして長く細い首をしていると説明しています。この姿は彼らの精神的な状況を象徴しています。彼らの巨大な腹は彼らの莫大な食欲を表していますが、細い首はその食欲を満たす能力の限界を象徴しています。プレータの苦しみは地獄(ナラカ)の苦しみに似ています。実際、人々は地獄の呪われた者とプレータを混同しやすいです。しかし、地獄では人間が外を歩き回ることが許可されていませんが、プレータは地上を自由に移動できます。 したがって、神話は、笑う仏のような祝福と、プレータのような呪いの両方を伝えているのです。 祝福と呪いを…イスラエル人に…私たちを教えてくれたこと。 しかし、単なる神話を超えた現実世界に、祝福や呪いを与える能力を実証できる精霊は存在するのでしょうか?私たち自身の運命だけでなく、周囲の人々の運命をも支配する権威を持つ人物はいるのでしょうか? 創造主なる神は、ヘブライ語聖書の著者たちにそのような祝福と呪いを明らかにしました。彼の祝福も呪いも、笑う仏陀やプレータのそれとは比較になりません。神は何千年も前に祝福と呪いを与えましたが、それらが今日でも機能しているのがわかります。創造主である神は、自身の祝福と呪いの両方を自身が選んだ民、イスラエル人に向けました。神はそのようにして、他のすべての国々が彼らを観察し、神の力の現実を認識することを意図していました。破壊と呪いを避け、繁栄と祝福を望む私たち全員が、イスラエル人の経験から学ぶことができます。  モーセは約 3500 年前に生き、ヘブライ語聖書を構成する最初の本を書きました。モーセはエジプトでイスラエル人を奴隷から解放に導き、その後創造主である神から十戒を受けました。彼の最後の著書である申命記には、亡くなる直前に書かれた最後の言葉が含まれています。これらにはイスラエル人(ユダヤ人)に対する彼の祝福だけでなく、呪いも含まれていました。モーセは、これらの祝福と呪いが世界の歴史を形成し、他のすべての国々がそれらに気づくだろうと書きました。これらの祝福と呪いはあらゆる歴史に影響を与えてきました。したがって、それらについてよく考えることが賢明でしょう。私たちはここに完全な祝福と呪いを記録します。要約は次のとおりです。 モーセの祝福 モーセは、イスラエル人が律法(十戒)に従った場合に受けられる祝福について説明することから始めました。神からの祝福は他のすべての国がその祝福を認めるほど偉大なものです。これらの祝福は次のような結果をもたらします。 10 世界中の国々は、あなたが主のものであることを知って恐れるでしょう。 申命記 28:10 …そして呪い しかし、イスラエル人が戒律に従わなかった場合、神は祝福と同じように、似たような方法でイスラエル人を呪うでしょう。周囲の国々はその呪いを目にし、イスラエル人は次のようになります。 37 こうして主に追い払われ、国々の恐怖、物笑いの種とされるのです。 申命記 28:37 そして呪いは歴史を通して広がっていくことになる。… Read More »笑う仏陀の幸運、しかしプレータのように呪われる:モーセの祝福と呪いは今日にどう響くか