Skip to content

聖書の預言

約束された王:「7」の兆しが現れる

「7」という数字は、古くから文化や国家を超えて、特にアジアで大きな尊敬と神秘的な驚異を呼び起こしてきました。仏教の伝統によれば、ゴータマ シッダールタは菩提樹によって悟りを達成した後、自分の悟りの経験を考えるためにその後の7週間を7つの場所で過ごしました。7月7日に開催される七夕祭りには、少なくとも2600 年前まで遡る伝統があります。 孔子が編纂した『詩経』では七夕について言及しています。七夕祭りは東アジア全域に広がりました。日本では七夕(たなばた)、韓国では七夕(칠석)、ベトナムではThất Tịchとして祝われます。前述のように 7 月 7 日に祝われるこれらの祭りは、二重七夕または、七夕の夜とも呼ばれます。 七夕祭りの「七」 七夕祭りの背後にある物語は国によって多少異なりますが、主なストーリーラインは一貫しています。織女の女神、Zhinü (織女) は、牛飼いの少年、Niulang (彦星または牛郎) に恋をします。しかし、玉皇大帝は少女を天に連れ戻し、恋人たちを引き離し、彼らの心は引き裂かれてしまいます。しかし、彦星の牛は彦星に、自分を殺してその皮を持って天国に行くように言いました。玉皇大帝は二人の恋人を星の中で引き離し、二人の間に天の川を置きました。しかし、カササギは彼らの誠実な愛を認識し、7月7日に恋人たちのために橋を架けたので、恋人たちは毎年この日にだけ会って愛を新たにすることができました。アジア人はこの 7 月 7 日を愛の日として祝います。これは西洋におけるバレンタインデーに似ています。  ヘブライ語聖書における神秘的な「7」 数字の 7 と愛と再生との関連性は、ヘブライ語の預言者の文書にも顕著に現れています。彼らは、「7」に包まれた謎を予言的に書き留めました。この謎は、数百年後の歴史において初めてのみ、理解できるものでした。この謎は、私たち全員に対する創造主なる神からの愛の救いをまとめたものであり、それは今日でも機能しています。 。切り株から枝のしるしを預言しました。そしてゼカリヤは、イエスがこの世に生まれる500年前に、これは「油注がれた者」(=キリスト=王)の到来の預言です。創造主である神は、いつ来るかについての予定表を示しました。その予定表では 7 つの周期が使用されていました。預言によれば、カウントダウンは「エルサレムを修復し再建する布告の発布」から始まります。神は紀元前… Read More »約束された王:「7」の兆しが現れる

過去の偉大な世界帝国…そして来たる約束の世界王国

チンギス・ハン(本名テムジン、鐵木眞、西暦 1162 年 – 1227 年)は、モンゴル帝国の創始者であり初代大ハーンでした。この帝国は彼の死後、史上最大の領土を持つ単一帝国となりました。歴史上最も重要な征服者の一人である彼は、優秀かつ冷酷な軍人であり、その軍勢はアジア全域、西はヨーロッパ、東は中国と朝鮮を征服しました。モンゴル軍は日本を攻撃し、ベトナム、ミャンマー、タイまで南下して戦いました。チンギス・ハンと彼の征服物語は、アジア各地の郷土史において恐るべき評判を持っています。一部の歴史家は彼の軍事作戦で6,000万人が死亡したと推定しています。しかし、彼の征服はシルクロードを切り開き、ヨーロッパ、中国、中東の間の貿易と思想の交流を活性化させました。 万能の支配者への危険な始まり チンギス・ハンは「万能の支配者」を意味する名誉称号です。しかし、テムジンは、幼い頃にライバルたちに父親が殺害され、危険に隣り合わせでした。このため彼は逃走を余儀なくしました。貧困と奴隷生活の後、彼はゲリラ軍を組織し始め増田。彼は実の兄弟や血のつながった弟ジャムカとの対立や陰謀を乗り越えました。チンギス・ハンは最終的にモンゴルのすべての紛争部族を征服し、統一しました。そこから彼は西、南、東を征服し、中国の晋王朝にまで至りました。彼の目標は、全方位を征服して世界帝国を確立することでした。  1227年に彼が亡くなると、彼の息子と後継者はモンゴル帝国の拡大を続けました。彼らは中国の宋王朝、朝鮮、カシミール、パキスタンを征服しました。彼の孫のフビライ・ハンは中国全土を征服し、元王朝を建国しました。そして彼は現在の北京に首都を再建しました。彼はまた、ミャンマーのバガン帝国を攻撃し、その崩壊を引き起こしました。今日のアジアに住むすべての人々は、チンギス・ハンとモンゴル帝国から何らかの影響を受けています。 チンギス・ハーンとモンゴル帝国の遺産 しかし、彼の死後 200 年も経たないうちに、モンゴル帝国は地域の王国に分裂していました。相続人たちは互いに争い、地元住民は反乱を起こしました。中国の明王朝は 1368 年にモンゴルの元王朝を打倒しました。その後、明王朝はモンゴル人が再び侵略しないように万里の長城を拡張しました。ゴータマ・ブッダは無常と輪廻の現実を教えましたが、チンギス・ハンの遺産と、彼が築いた 200 年足らずのモンゴル帝国は、このことを鮮明に示しています。 イスラエルのダビデ王とチンギス・ハン チンギス・ハンの経歴は、イスラエルのダビデ王の経歴と比較する価値があります。ダビデ王 (西暦前 1035 ~ 970 年) は、チンギス・ハンと同様、若い頃にイスラエルの初代王サウルによって氏族間の対立で脅迫されました。サウルはダビデを逃亡させ、さまざまな場所に隠れながら、後に軍隊の中核となる部下を集めました。ダビデは巧みな戦士であり、恐れを知らない戦略家でした。彼はイスラエル全土に恐怖をもたらした巨人ゴリアテと戦い、殺したことで有名です。この点においてダビデはチンギス・ハンに似ていました。 … Read More »過去の偉大な世界帝国…そして来たる約束の世界王国

古代の預言は今日どのようなことを語っていますか?

ダライ・ラマは依然としてチベット仏教徒の最も重要なスピリチュアルリーダーです。信者は彼を慈悲の菩薩である スピリチュアルリーダーとして、ダライ・ラマは特にチベットの新年に神託を仰ぎます。「神託」とは、霊が男性または女性に入り込むことを指します。その後、神託は予言的な 予測、特に将来の予測を与えることができます。来年に向けて、私たち全員がこの能力を身につけたいと願っています。ダライ・ラマは、チベットのロサル正月にネチュン神託を仰ぎます。ダライ・ラマはまた、若いチベット女性が12人の山の女神の霊媒となる天魔神託にも相談しています。 未来を知る: 神の力の鍵 未来を知ることは人間の能力を超えています。人間にはこの先見の明がないため、未来を予測することは依然として霊の特徴であると私たちは認識しています。これは、ダライ・ラマ自身さえネチュン・オラクルに相談する理由を説明しています。この神託は、彼の魂が彼に取り憑いたときの未来だけを、そして来年だけ見ると主張しています。  私たちはこの預言能力を利用して、単なる人間からのメッセージと霊から来るメッセージを区別することができます。未来を予知する能力を主張するすべての人々の中で、古代ヘブライ人の預言者は、彼らが未来を見据えているという点で独特です。彼らは来年だけを予測するのではなく、数千年先の未来も見据えています。これらの預言者は、私たちの時代を超えて歴史の終わりまでを見据えています。彼らは自分たちの預言を創造主である神から受け取ったと主張しました。だからこそ、彼らは深い歴史から時の終わりまでを予知できたのです。創造主である神が預言者を通してどのように語られると主張しているかを見てください。 8 わたしは主である。これがわたしの名だ。 わたしは、ほかの者に栄光を譲るようなことはしない。 わたしの栄誉を、彫刻した偶像たちに 与えるようなことは絶対にしない。 9 わたしが今まで預言したことは すべてそのとおりになった。 再び預言しよう。 未来のことを、それが起こる前に知らせよう。」 イザヤ書 42:8-9 6 イスラエルの王である主、 イスラエルを救う全能の主は、こう言います。 「わたしは初めであり、終わりである。 わたしのほかに神はいない。 7 わたし以外にだれが、 これから先何が起こるかを言いあてることができるか。 もしそのような者がいたら、遠慮なく名乗りを上げ、 大きな力があるところを見せてみよ。 わたしが昔からしてきたのと同じことをしてみよ。… Read More »古代の預言は今日どのようなことを語っていますか?