Skip to content

蟹座

古代の星座から見た蟹座の星占い

黄道十二星座はもともと 12 個の星座に基づいていました。それは単に12頭の動物が12年間を循環しているだけではありません。ここでは、その十二星座が描いた本来の物語を進めていきます。今回は、蟹座です。 蟹座は一般にカニとして描かれ、ラテン語でカニを意味する言葉に由来しています。今日の星占いでは、6月22日から7月23日の間に生まれた人は蟹座です。この古代星座を使った現代の星占いでは、蟹座の星占いのアドバイスに従い、愛、幸運、健康を見つけ、自分の性格について洞察を得ることができます。 しかし、古代人は初め、蟹座をどのように解釈したのでしょうか?そしてそれは,彼らにとって何を意味したのでしょうか? 注意! この疑問に答えると、予期せぬ展開が生じ、星座占いをチェックするだけのつもりが、思いがけない旅に導かれることになるかもしれません… 蟹座の占星術 これは蟹座の写真です。星の中にカニのようなものが見えますか? 蟹座の星を線で結んだとしても、カニを「見る」のはまだ困難です。Yを逆さにしたような形が見えると思います。 これはナショナル・ジオグラフィックの星座のポスターの写真で、北半球の蟹座を示しています。  人々は,ここからどのようにしてカニを思いついたのでしょうか?蟹座は私たちが知る限り人類の歴史と同じぐらい古いのです。 他の星座と同様、蟹座のイメージは星座自体からはわかりません。それは星座の中で生まれつき備わったものではないのです。むしろ、カニのアイデアが先にありました。その後、最初の占星術師はこの考えを星の上に重ねて、繰り返し現れる星座としました。 それはなぜでしょうか?そして、それは古代人にとって何を意味したのでしょうか? 蟹座の星座 ここでは、いくつかの蟹座の一般的な占星術の画像を示します。 これはエジプトのデンデラ神殿にある2000年以上前の黄道十二星座で、蟹座が赤丸で囲まれています。 スケッチでは「カニ」となっていますが、実際にはカブトムシのように見えます。約4000年前のエジプトの記録には、蟹座は不死の神聖な象徴であるスカラベ(カブトムシ)であると記載されています。 古代エジプトでは、スカラベは再生または更生を象徴していました。エジプト人はよく、日の出である神ケプリ、カブトムシ、またはカブトムシの頭を持つ人間として描きました。 古代の物語における蟹座 聖書には、神が星座を作ったと書かれていることが分かりました。星座は、書面による啓示が与えられるまで、彼らに導きを与えました。このようにして、アダムとその息子たちは、神の計画を教えるために、子供たちに星座を教えました。おとめ座は物語を始め、処女の子の到来を預言しました。 蟹座がこの物語をさらに進めます。現代の星占いの蟹座ではないとしても、蟹座の占星術の物語は知る価値があります。 蟹座の本来の意味 古代エジプト人は、星座が最初に描かれた時期にはるかに近いため、現代の星占いのカニではなくカブトムシが、古代の蟹座の意味を理解する鍵となります。エジプト学者ウォーリス・バッジは、古代エジプト人のケペラとカブトムシについてこう述べています。 ケペラは古い原始の神であり、新しい存在に生まれ変わろうとしている生命の芽を内包する物質の一種です。したがって、ケペラは霊的な体が死から復活する様子を表しました。彼は頭にカブトムシを持った男性の姿で描かれており、この昆虫が自力で生まれ、自ら生み出したものであると考えられていたため、この昆虫が彼の象徴となりました。 W・バッジ卿。エジプトの宗教… Read More »古代の星座から見た蟹座の星占い