Skip to content

観音菩薩

古代の預言は今日どのようなことを語っていますか?

ダライ・ラマは依然としてチベット仏教徒の最も重要な精神的指導者である。信者は彼を慈悲の菩薩である観世音菩薩の化身であると考えています。現在のダライ・ラマ14世は、インドで難民として暮らすテンジン・ギャツォです。彼は今日世界で最も認められた宗教指導者の一人になりました。彼は非暴力と普遍的価値観をカリスマ的に擁護し、1989 年にノーベル平和賞を受賞しました。   精神的指導者として、ダライ・ラマは特にチベットの新年に神託を仰ぎます。「神託」とは、霊が男性または女性に入り込むことを指します。その後、神託は予言的な 予測、特に将来の予測を与えることができます。来年に向けて、私たち全員がこの能力を身につけたいと願っています。ダライ・ラマは、チベットのロサル正月にネチュン神託を仰ぎます。ダライ・ラマはまた、若いチベット女性が12人の山の女神の霊媒となる天魔神託にも相談しています。 未来を知る: 神の力の鍵 未来を知ることは人間の能力を超えています。人間にはこの先見の明がないため、未来を予測することは依然として霊の特徴であると私たちは認識しています。これは、ダライ・ラマ自身さえネチュン・オラクルに相談する理由を説明しています。この神託は、彼の魂が彼に取り憑いたときの未来だけを、そして来年だけ見ると主張しています。  私たちはこの預言能力を利用して、単なる人間からのメッセージと霊から来るメッセージを区別することができます。未来を予知する能力を主張するすべての人々の中で、古代ヘブライ人の預言者は、彼らが未来を見据えているという点で独特です。彼らは来年だけを予測するのではなく、数千年先の未来も見据えています。これらの預言者は、私たちの時代を超えて歴史の終わりまでを見据えています。彼らは自分たちの預言を創造主である神から受け取ったと主張しました。だからこそ、彼らは深い歴史から時の終わりまでを予知できたのです。創造主である神が預言者を通してどのように語られると主張しているかを見てください。 8 わたしは主である。これがわたしの名だ。 わたしは、ほかの者に栄光を譲るようなことはしない。 わたしの栄誉を、彫刻した偶像たちに 与えるようなことは絶対にしない。 9 わたしが今まで預言したことは すべてそのとおりになった。 再び預言しよう。 未来のことを、それが起こる前に知らせよう。」 イザヤ書 42:8-9 6 イスラエルの王である主、 イスラエルを救う全能の主は、こう言います。 「わたしは初めであり、終わりである。 わたしのほかに神はいない。 7 わたし以外にだれが、 これから先何が起こるかを言いあてることができるか。 もしそのような者がいたら、遠慮なく名乗りを上げ、 大きな力があるところを見せてみよ。… Read More »古代の預言は今日どのようなことを語っていますか?