Skip to content

苦しみと死の中の希望

愛に満ちた神はなぜ苦しみ、痛み、死を許すのか?

全能で愛に満ちた創造主の存在を否定するさまざまな理由の中で、これがしばしばリストのトップに挙げられます。ロジックは非常に簡単なようです。もし神が全能で愛に満ちたお方であれば、神は世界を支配することができ、私たちの幸福のために世界を支配するでしょう。しかし、世界は苦しみ、痛み、死に満ちているので、神は存在しないか、すべての力を持っていない、あるいはおそらく愛を持っていないはずです。この点を主張した人々の考えをいくつか考えてみましょう。  「自然界における年間の苦しみの総量は、まともに考えても計り知れません。私がこの文章を書いている間に、何千頭もの動物が生きたまま食べられ、他の多くの動物が恐怖に泣き叫びながら命からがら逃げ、他の動物は耳を荒らす寄生虫によって内側からゆっくりと食い荒らされ、あらゆる種類の動物が何千匹も死んでいる。飢え、渇き、そして病気。」リチャード・ドーキンス、「God’s Utility Function」、Scientific American、vol. 273 (1995 年 11 月)、80 ~ 85 ページ。 厳しく避けられない現実は、すべての人生は死を前提としているということです。すべての肉食動物は、他の生き物を殺し、貪り食わなければなりません…愛に満ちた神がどうしてそのような恐怖を生み出すことができたのでしょうか?…確かに、苦しみも死もなく維持し永続できる動物の世界を創造することは、全知の神の能力を超えるものではないでしょう。チャールズ・テンプルトン『神よさらば』1996 p 197-199 しかし、この疑問を掘り下げてみると、それが最初に思われるよりも複雑であることがすぐにわかります。Creator を削除すると矛盾によりクラッシュします。しかし、この質問に対する聖書の完全な答えを理解することは、苦しみと死に直面したときに希望を与えてくれます。 聖書の世界観を構築する 聖書の世界観を注意深く展開しながら、この疑問を考えてみましょう。聖書は、神が存在し、神は確かに全能であり、正義であり、聖であり、愛に満ちたお方であるという前提から始まります。簡単に言えば、神は常にそうであるということです。彼の力と存在は他の何物にも依存しません。最初の図はこれを示しています。 神は、ご自身の意志と力によって、無から自然を創造されました(ex nihilo)。2 番目の図では、自然を丸い茶色の長方形として示しています。この長方形には、宇宙のすべての質量エネルギーと、宇宙を動かすすべての物理法則が含まれています。さらに、生命を創造し維持するために必要なすべての情報がここに含まれています。このように、化学や物理学の物理法則を利用したタンパク質をコードするDNAも自然界に含まれます。この箱は巨大ですが、重要なことに、それは神の一部ではありません。自然は神とは異なり、神を表す雲とは別のものとして「自然」ボックスで表されます。神はその力と知識を使って自然を創造したので、これを神から自然へ向かう矢印で説明します。 人類は神の似姿に創造された それから神は人間を創造しました。人間は物質エネルギーと、他の創造物と同じ生物学的 DNA… Read More »愛に満ちた神はなぜ苦しみ、痛み、死を許すのか?