Skip to content

進化論の議論

進化論について:私たちは進化したのか、それとも創造されたのか?

私は学生時代、熱心な科学の読書家でした。星や原子、そしてその間にあるほとんどのことについて読んだことがあります。学校で学んだことや読んだ本から、進化が科学的に確立された事実であると教えられました。進化論は、今日存在するすべての生命は長い年月をかけて、共通の祖先から派生したと提唱し、自然選択が偶然の突然変異に作用することで進化したと提唱しています。進化論は私が自分の周りで見たり、経験したりした世界の多くを解明してくれたため、私にとって魅力的でした。  社会が教える進化論 たとえば、進化論では次のようなことが説明されています。 進化論は人間の生き方、つまり闘争、競争、欲望を説明してくれました。それは、突然変異、種の変化、種間の類似性など、生物界で確認できるものと一致しています。何百万年にもわたって私たちの共通の祖先に作用した偶然と自然選択が、今日私たちが目にするさまざまな子孫をもたらしました。 教科書には、進化のさらなる科学的証拠の可能性として、移行化石が記載されています。移行化石は、過去の動物が中間化石を介して進化した子孫とどのようにつながったかを示しました。私は、そのような変遷が数多く存在し、時代を経て、私たちの進化の順序を証明していると考えていました。 事実: 事実: 移行化石と中間生物の欠如 マクマスター大学で、進化に関する公開討論が進化論の教授との間で行われました。ストーン博士の進化論を支持する30分間のプレゼンテーションで始まり、私はそれに続いて批判的な見解を述べました。その後、聴衆からの反論や質問に答えました。討論のテーマは、ドブジャンスキーの「進化を考慮しない生物学は何も意味をなさない」という声明に関するものでした。 よく見てみると、まったくそうではないことがわかり、非常に驚​​きました。実際のところ、教科書的な進化経路(単細胞→無脊椎動物→魚類→両生類→爬虫類→哺乳類→霊長類→人類)を示す移行化石が存在しないことは、進化論に直接矛盾していました。例えば、単細胞生物から海洋無脊椎動物(ヒトデ、クラゲ、三葉虫、二枚貝、ウミユリなど)への進化には、おそらく20億年かかったと考えられています。もし生命が偶然と自然選択によって細菌から複雑な無脊椎動物に進化したなら、存在していたであろう無数の中間体について考えてみましょう。今日、化石として保存されているそれらの数千が発見されるはずです。しかし、進化の専門家はこれらの変化について何と言っているのでしょうか? なぜこのような複雑な有機形態[つまり無脊椎動物]が約6億年前の岩石の中に存在し、それ以前の20億年の記録には存在しないか認識されないのでしょうか?M. ケイと E.H. コルベア、層序学と生活史(1965 年)、p. 102. 化石記録は、無脊椎動物綱の系統経路の直接的な証拠を提供するのにはほとんど役に立ちません。…中間化石タイプを介して他の門と接続されている門はありません。J. バレンタイン、「ダーウィンの始まりにおける複雑な動物の進化」 、L.R. ゴッドフリー編、Allyn & Bacon Inc. 1985 p. 263. したがって、実際の証拠は、無脊椎動物で頂点に達するような進化の順序を示していません。完全に形成された化石記録に突然現れるだけです。そしてこれにはおそらく… Read More »進化論について:私たちは進化したのか、それとも創造されたのか?