Skip to content

Uncategorized

神の存在の証拠は何ですか?

それとも単に「信仰」という言葉で捉えているのでしょうか? 多くの人は、神は本当に存在するのか、そして神の存在は合理的な方法で検出できるのかを尋ねます。結局のところ、誰も神を見たことがありません。したがって、神という概念は単に私たちの心に作用する心理学に過ぎないのかもしれません。神の存在は私たち自身、私たちの将来、人生の意味についての理解に影響を与えるため、探求する価値があります。神が存在するかどうかをかなり決定的にテストする、単純明快で合理的な証拠が 3 つあります。 テスト 1. 私たちの起源の科学的証拠は創造主を証明します あなたと私は存在し、私たちは自分たちが素晴らしく構築され、他の生命の多様性をサポートする世界にいることを発見します。この世界は、一緒に機能するように微調整された機械のコンポーネントのように相互接続され、微調整されています。最初にヒトゲノムの配列を解読したチームを率いた科学者は、DNA について次のように説明しました。 「したがって、最初の近似として、DNA は、何千ものコード文字で構成される、命令スクリプト、ソフトウェア プログラムであると考えることができます。 フランシス・コリンズ。神の言語。2006. p102-103 プログラムは実際にどのように「実行」されるのでしょうか?… 工場 [リボソーム] の洗練された翻訳者のチームが… この分子内の情報を特定のタンパク質に変換します同上 p104 これについて考える別の方法は、言語のメタファーを考慮することです。…これらの単語[タンパク質]は、複雑な文学作品を構築するために使用できます… 同上 p125 「ソフトウェアプログラム」、「工場」、「言語」は知的存在によってのみ生み出されます。したがって、私たちの起源についての最初の、そして最も可能性の高い説明は、知的な設計者、つまり神が私たちを作ったということであると直感的に思われます。ここでは、これを、知性なしで生物学的複雑性を説明しようとする進化論と対比させて検討することで、さらに詳しく検討します。 テスト 2. イエスの歴史的な死者の中からの復活の事例。… Read More »神の存在の証拠は何ですか?

グローバル化した世界における国々の正義: 聖書はそれをどのように予測していますか?

航空旅行の出現に続き、ソーシャルメディアを備えたインターネットにより、世界は縮小したように思えます。今、私たちは地球上の誰とでも瞬時にコミュニケーションをとることができます。私たちは24時間以内に世界中のどこにでも旅行できます。Google と Bing の翻訳アプリにより、人々はさまざまな言語でコミュニケーションできるようになりました。グローバリゼーションは、テクノロジー、輸送、通信、経済統合の進歩によって推進されています。それは世界を地球村に変え、世界のある地域での出来事が他の地域に広範囲に影響を与える可能性があります。 グローバリゼーションは現代の現象であり、第二次世界大戦後急激に加速しました。インターネットとソーシャルメディアが国境を越えて、各国の人々が絶えず衝突しているように見えます。戦争や飢餓から逃れ、子供たちに明るい未来を確保したいと切望する人々が、命を危険にさらして飛行機やバスに乗り、安全な場所にたどり着くために何日もかけてトレッキングする中で、国境を越える大規模な移民が見られる。 文化的には、グローバリゼーションは考え方、価値観、ライフスタイルの広がりをもたらしました。それは世界的なブランドの人気、文化的慣習の交換、伝統の融合につながりました。しかし、文化的多様性の喪失と西洋的価値観の支配に対する懸念も生じています。批評家は、グローバリゼーションが不平等を悪化させ、労働者を搾取し、国家主権を損なうと主張している。彼らは地元の産業と労働者を保護する政策を求めています。 混乱に陥った地球村に貧しい人々に正義が訪れることはあるだろうか? 聖書の中で予見されている 聖書は古い本ではありますが、国家とその正義を常にその範囲の中心に据えてきました。聖書がユダヤ人によって誕生したことを考えると、これは注目に値します。歴史的に、彼らは非常に閉鎖的であり、他の国家よりもむしろ自分たちの宗教的特徴に関心を持っていました。しかし、4000年前のアブラハムにまで遡り、神は彼に次のように約束されました。 3 わたしは、あなたを祝福する者を祝福し、あなたをのろう者をのろう。アブラムによって、全世界が祝福されるのです。」 創世記 12:3 ここで、聖書の範囲にはすでに4000年前に「地上のすべての民族」が含まれていたことが分かります。神は世界的な祝福を約束されました。神はアブラハムの人生の後半、息子の犠牲という預言的な劇を演じたばかりのときに、この約束を繰り返しました。 18 世界中の国々に祝福をもたらす。それはみな、あなたがわたしの言うことに従ったからだ。」 創世記 22:18 ここでの「子孫」は単数形です。アブラハムからのたった一人の子孫が「地上のすべての国民」を祝福するでしょう。グローバリズムは確かにその範囲に浸透しています。しかし、そのビジョンはインターネットのずっと前から構想されていました。現代の旅行とグローバリゼーションが到来しました。それはまるで、マインドが遠い未来を予見し、今日起こるグローバリゼーションを想像できたかのようです。また、そのビジョンは人々の利益のためであり、搾取のためではありませんでした。 ジェイコブに続く 数百年後、アブラハムの孫ヤコブ(またはイスラエル)は、この幻を息子のユダに語りました。ユダはイスラエル人の主要な部族となり、現代の「ユダヤ人」という呼称はこの部族に帰せられることになった。 10 その王位はシロ(権威を持つ者、メシヤとも解される)が来る時まで続く。人々がみなシロに従うその時まで、ユダは安泰である。 創世記 49:10 これは、アブラハムが以前に垣間見たあのたった一人の子孫が、いつか「諸国民の従順」を獲得するであろう諸国民の時代を予見しています。 そして預言者たち それから数百年後、紀元前… Read More »グローバル化した世界における国々の正義: 聖書はそれをどのように予測していますか?

進化論はどうですか?私たちは進化したのでしょうか、それとも創造されたのでしょうか?

私は学生時代、熱心な科学の読書家でした。私は星や原子、そしてその間にあるほとんどのことについて読んでいます。私が読んだ本や学校で学んだことは、科学的知識が進化を事実として確立していることを教えてくれました。進化論は、今日のすべての生命は長い年月をかけて共通の祖先から派生したと主張しています。それは、偶然の突然変異に基づく自然選択のプロセスを通じて行われました。進化論は私が自分の周りで見たり経験したりした世界の多くを意味するものであったため、私にとって魅力的でした。  社会が教える進化 たとえば、次のように説明されています。 進化論は人間の生活、つまり闘争、競争、欲望を説明しました。それは、突然変異、種の変化、種間の類似性など、生物界で観察されるものと一致します。何百万年にもわたって私たちの共通の祖先に作用した偶然と自然選択が、今日私たちが目にするさまざまな子孫をもたらしました。 教科書には、進化のさらなる科学的証拠の可能性として移行化石が記載されていました。移行化石は、過去の動物が中間化石を介して進化した子孫とどのようにつながったかを示しました。私は、そのような変遷が数多く存在し、時代を通じた私たちの進化の順序を証明していると考えていました。 事実: 移行期の化石と中間生命体の欠如 進化論はマクマスター大学で進化論教授と公開討論された。ストーン博士は進化論を支持する 30 分間のプレゼンテーションで始まり、私はそれに続いて批評しました。その後、聴衆からの反論や質問がありました。ドブザンスキーの声明「進化の観点からでなければ生物学に意味のあるものは何もない」をめぐって議論が行われた よく見てみると、まったくそうではないことがわかり、非常に驚​​きました。実際のところ、教科書的な進化経路(単細胞→無脊椎動物→魚類→両生類→爬虫類→哺乳類→霊長類→人類)を示す過渡化石が存在しないことは、進化論に直接矛盾していた。例えば、単細胞生物から海洋無脊椎動物(ヒトデ、クラゲ、三葉虫、二枚貝、ウミユリなど)への進化には、おそらく20億年かかったと考えられています。もし生命が偶然と自然選択によって細菌から複雑な無脊椎動物に進化したなら、存在していたであろう無数の中間体について考えてみましょう。今日、化石として保存されているそれらの数千が発見されるはずです。しかし、進化の専門家はこれらの変化について何と言っているのでしょうか? なぜこのような複雑な有機形態[つまり無脊椎動物]が約6億年前の岩石の中に存在し、それ以前の20億年の記録には存在しないか認識されないのでしょうか?M. ケイと E.H. コルベア、層序学と生活史(1965 年)、p. 102. 化石記録は、無脊椎動物綱の系統経路の直接的な証拠を提供するのにはほとんど役に立ちません。…中間化石タイプを介して他の門と接続されている門はありません。J. バレンタイン、「ダーウィンの始まりにおける複雑な動物の進化」 、L.R. ゴッドフリー編、Allyn & Bacon Inc. 1985 p. 263.… Read More »進化論はどうですか?私たちは進化したのでしょうか、それとも創造されたのでしょうか?

愛に満ちた神はなぜ苦しみ、痛み、死を許されるのでしょうか?

全能で愛に満ちた創造主の存在を否定するさまざまな理由の中で、これがしばしばリストのトップに挙げられます。ロジックは非常に簡単なようです。もし神が全能で愛に満ちたお方であれば、神は世界を支配することができ、私たちの幸福のために世界を支配するでしょう。しかし、世界は苦しみ、痛み、死に満ちているので、神は存在しないか、すべての力を持っていない、あるいはおそらく愛を持っていないはずです。この点を主張した人々の考えをいくつか考えてみましょう。  「自然界における年間の苦しみの総量は、まともに考えても計り知れません。私がこの文章を書いている間に、何千頭もの動物が生きたまま食べられ、他の多くの動物が恐怖に泣き叫びながら命からがら逃げ、他の動物は耳を荒らす寄生虫によって内側からゆっくりと食い荒らされ、あらゆる種類の動物が何千匹も死んでいる。飢え、渇き、そして病気。」リチャード・ドーキンス、「God’s Utility Function」、Scientific American、vol. 273 (1995 年 11 月)、80 ~ 85 ページ。 厳しく避けられない現実は、すべての人生は死を前提としているということです。すべての肉食動物は、他の生き物を殺し、貪り食わなければなりません…愛に満ちた神がどうしてそのような恐怖を生み出すことができたのでしょうか?…確かに、苦しみも死もなく維持し永続できる動物の世界を創造することは、全知の神の能力を超えるものではないでしょう。チャールズ・テンプルトン『神よさらば』1996 p 197-199 しかし、この疑問を掘り下げてみると、それが最初に思われるよりも複雑であることがすぐにわかります。Creator を削除すると矛盾によりクラッシュします。しかし、この質問に対する聖書の完全な答えを理解することは、苦しみと死に直面したときに希望を与えてくれます。 聖書の世界観を構築する 聖書の世界観を注意深く展開しながら、この疑問を考えてみましょう。聖書は、神が存在し、神は確かに全能であり、正義であり、聖であり、愛に満ちたお方であるという前提から始まります。簡単に言えば、神は常にそうであるということです。彼の力と存在は他の何物にも依存しません。最初の図はこれを示しています。 神は、ご自身の意志と力によって、無から自然を創造されました(ex nihilo)。2 番目の図では、自然を丸い茶色の長方形として示しています。この長方形には、宇宙のすべての質量エネルギーと、宇宙を動かすすべての物理法則が含まれています。さらに、生命を創造し維持するために必要なすべての情報がここに含まれています。このように、化学や物理学の物理法則を利用したタンパク質をコードするDNAも自然界に含まれます。この箱は巨大ですが、重要なことに、それは神の一部ではありません。自然は神とは異なり、神を表す雲とは別のものとして「自然」ボックスで表されます。神はその力と知識を使って自然を創造したので、これを神から自然へ向かう矢印で説明します。 人類は神の似姿に創造された それから神は人間を創造しました。人間は物質エネルギーと、他の創造物と同じ生物学的 DNA… Read More »愛に満ちた神はなぜ苦しみ、痛み、死を許されるのでしょうか?

福音書の物語に耳を傾ける – オーディオファイルをダウンロード

シンプル&力強い イエスの犠牲とはどういう意味か?

私たちが堕落から逃れ、神様に再びつながるため、イエスは私たちすべての人間のために犠牲として自分自身をささげました。この出来事は、人間の歴史の始まりに記させています。イエスの犠牲が行われた場所であるモリヤの山を指し示すことによって、アブラハムの犠牲の中に神様によって指示されました。そして、ユダヤ人の過越祭の犠牲は、イエスが犠牲となった時のその年の日を指し示すサインでした。

なぜ彼の犠牲はそんなに大切なのでしょう?これは質問するに価値のあるものです。聖書はそれが述べられるとき、神の教えを宣言しました。

罪の報いは死である。。。(ローマ人への手紙6章 23)

「死」という意味は、文字通り「分離」という意味です。私たちの魂が体から分離する時、私たちは肉体的に死にます。それと同じく、私たちは精神的に神様からもまた分離しています。これは真実です。なぜなら神様は神聖であるが、私たちは最初の創造物ら堕落し、そして私たちもであるからです。

このことは、底知れない穴によって分離された私たちから、反対側の崖の上にいる神様、という図で表すことができます。それはちょうど、木から切られた枝が死んでしまうのと同じです。私たちは神様から切り落とされ、精神的に死んでいるのです。

私たちは二つの崖で分離されている裂け目のような罪によって神様から分離しています。

私たちは二つの崖で分離されている裂け目のような罪によって神様から分離しています。

この分離は罪悪感と恐怖感の原因になります。だから私たちが自然に行おうとすることは、私たちの場所(死)から神様の場所まで橋をつなごうとします。私たちはこれをいろんな方法で行います;例えば、教会や神社、寺院に行ったり、宗教信者になったり、良い人になったり、貧乏人を助け、瞑想したり、もっと助けようとしたりお祈りしたり…功績を増やすためのこのような行為は、とても難しいです。そしてそれをやり抜くのはとても複雑です。このことは、次の形で説明されます。

いい努力ー多分役に立つでしょうーしかし神様と私たちの分離に橋を架けることはできません

いい努力ー多分役に立つでしょうーしかし神様と私たちの分離に橋を架けることはできません

問題は、私たちの熱心な努力や功績、行動は間違ってはいないけれど、それは不十分なのです。なぜなら、私たち罪のためのに要求される報酬は、「死」であるからです。私たちの努力は、神様から分離された私たちの溝をつなごうとする「橋」のようなものなのです。しかし最終的にはつながらないのです。いい功績は根本的な問題を解いてはいないからです。それは、ベジタリアンフードを食べることで癌(死の原因)を克服しようとしていることと同じです。ベジタリアンフードを食べることは悪いことではありません、むしろいいことでしょう。しかし、それは癌を克服はしません。癌には、全く異なった治療法が必要なのです。

この神様の教えは、悪いニュースです。私たちはそれを聞きたくはありませんし、この教えがなくなるように活動したり望んだりします。しかし聖書はこの罪の教え、シンプル で力強い解決策に集中するため、私たちの注意を引くための死を強調します。

罪の報酬は死である、しかし、、、(ローマ人への手紙 6章23)

メッセージの支持を示しているこの小さな言葉である「しかし」は、福音書の良い知らせー解決策 でまさにその方向を変えようとしています。それは、神様の愛と有徳を表しています。

罪の報酬は死であるが、神様の贈り物は私たちの主であるイエス・キリストにおける永遠の命である。(ローマ人への手紙6章23)

イエスの犠牲である良い知らせは、私たちと神様を分離する架け橋をするのに十分であります。私たちはこのことを知っています。なぜなら、彼の死の3日後、イエスは肉体的に甦りました。ほとんどの人々は、この復活の証拠を知りません。とても強い真実が、私が大学で行った講義で示されています。(ビデオのリンクはここ-English)イエスの犠牲は予言的にアブラハムの犠牲と過越祭の中に表されています。イエスを示しているこのようなサインは、解決策を見つける手助けをするためにあるのです。

イエスは罪のない人生を送った人間です。それ故に、彼は人間と神の両側を「触る」ことができ、神様と人間との間の分離を埋めることができます。彼は以下にに示されるような、人生の架け橋なのです。

イエスは、神様と人間の間の裂け目をつなぐ橋である

イエスは、神様と人間の間の裂け目をつなぐ橋である

このイエスの犠牲がどのようにして私たちに与えられたか気づいてください。それは、「ギフト」として提供されました。「ギフト」について考えてください。それがどんなものであれ、本当に「ギフト」なのであれば、それは何か仕事をして得るものでもなく、功績によって稼ぐものでもないのです。もしあなたがそれを稼ぐのであれば、それはもはや「ギフト」ではなくなります。それは給料です。同じく、あなたはイエスの犠牲に値したり稼いだりはできないのです。それは私たちに「ギフト」として与えられるのです。とてもシンプルです。

そして、「ギフト」とは何ですか?それは、「永遠の命」です。その意味は、私たちの与えられた罪の死は今取り消されました。イエスの人生の架け橋が永遠に続く人生を受け取り再び神様につながることを可能にします。神様はあなたと私をそれほど愛しているのです。それはとても力強いのです。

では、どのように私たちはその人生の橋を渡るのでしょうか?もう一度、「ギフト」を思い出してください。もし誰かがあなたに「ギフト」を渡したいなら、あなたはそれを「受け取る」べきなのです。いつも「ギフト」には二つの選択があります。ギフトを断る(いいえ、いりません)か、受け取る(ギフトをありがとう。受け取ります)かです。そしてこの提供されたギフトは受け取られるべきなのです。それは、ただ精神的に信じるのでも、勉強したり理解したりすることではありません。このことは、神様が私たちに与えたギフトを受け取り、神様に向かう橋を「歩く」様子を描いた次の図で示されます。

イエスの犠牲は私たちすべてが受け取るべきであるギフトである

イエスの犠牲は私たちすべてが受け取るべきであるギフトである

そしてどのように私たちはこのギフトを受け取ればいいのでしょう?聖書はこう言っています。

主の名を呼び求めるものすべてのものは報われる。(ローマ人への手紙 10章 13)

この約束は「すべてのもの」ということに気づいてください。イエスが死から甦ってから彼は今でも生きており、「主」なのです。もしあなたが彼を呼び求めると、彼はそれを聞き、あなたにギフトをもっと与えるでしょう。あなたは彼を呼び、彼と会話をすることで聞きます。たぶんあなたは今までにこのようなことをしたことがないでしょう。下にあるものは、あなたを導くお祈りです。それはマジックのおまじないではありません。それは力を与える特別な言葉でもありません。それは、私たちがこのギフトを受け取るために置き換えられたアブラハムの行ったような信用です。私たちが彼を信じれば、彼は私たちを聞き、それに答えます。良い知らせは力強く、そしてシンプルです。もし役に立つと思ったら、このガイドに従ってみてください。

主であるイエス様。私は神様から分離した罪を理解します。私は最善を尽くすことができますが、努力や犠牲はこの分離を埋めることはできません。しかしあなたの犠牲が私たちすべての人間のための罪を消し去るものであることを理解しています。あなたの犠牲のあと、あなたが甦ったことを信じ、あなたの犠牲は十分なものであることを知っています。私は神様に届き、罪から洗われることを受け取ります。私は罪のとりこになる人生はいりません。どうか罪から解放してください。ありがとうございます。私のためにすべてのことをしてくださり、私の人生を導き続ける主、イエス様。なので私はあなたを主として従うことができま

す。

アーメン